カワウソ ブリーディング。 ボス猿のメガピテクス攻略!立ち回りと必要戦力、難易度は?

日本で会えるカワウソは5種類!知っておきたいカワウソの生態と特徴

カワウソ ブリーディング

コンゴツメナシカワウソをツメナシカワウソから分割する説あり ノドブチカワウソを独立種とする説あり ニホンカワウソをユーラシアカワウソから分割する説あり それぞれのカワウソには、それぞれの特徴があります。 まず、カワウソに共通する生態や特徴を見ていきましょう。 カワウソの生態 生息地 水族館で飼育されていることから、カワウソが水好きなのはご存知でしょう。 一方で、陸で過ごすことも多く、動物園でも飼育されています。 南極やオーストラリアなどの一部を除き、世界中の水辺にカワウソは生息しています。 水域から遠く離れた場所では、あまり確認されていません。 群れ 単独生活を好むものと、群れ生活を好むものが存在します。 それぞれの個体もしくはグループは、確立したテリトリー内で活動します。 カワウソのコミュニケーション カワウソは声を出して、コミュニケーションを取ることで知られています。 ピーピー、チューチュー、グーグーなど10種類以上もの声を使いわけて、あいさつや注意喚起を行います。 また、嗅覚も重要なツール。 しっぽの付け根にある肛門腺から強烈な匂いの分泌物を出し、縄張りをアピールしたり繁殖期を示したりします。 さらに、匂いは排泄物にも含まれるため、トイレは決まった場所で行います。 群れで生活するカワウソは全員が同じところで排泄し、縄張りを築き上げていきます。 カワウソの臭気は特に強いとされ、動物園や水族館でも感じることができます。 ストレスや興奮によっても分泌されるため、驚かさないようご注意ください。 食事 カワウソは肉食。 魚類や貝類、甲殻類などを捕獲します。 エサを探す際には、振動をキャッチできるヒゲを利用します。 カワウソは代謝が速いため、一日に何度も食事を摂ります。 かわいい外見とは対照的に、大きな歯で殻や骨を噛み砕きながらワイルドに食べる姿が印象的です。 【YouTube】 獺祭とは? カワウソは捕らえた獲物をすぐに食べないことがあります。 なんと、行儀よく岸に並べ、ある程度たまってから頂くのです。 その様子を見た中国人がお供えをしているようだと思い、カワウソ祭り、つまり、獺祭(だっさい)と呼び始めたと言われています。 獺祭は飼育下でも観察できる行動です。 運が良ければ獺祭中のカワウソに会えるかもしれませんね。 繁殖 カワウソの赤ちゃんは体重200グラム以下、体長30センチ以下。 母親はおよそ60日の妊娠期間を経て、1度に3頭ほど出産します。 体毛は明るいグレー、目は閉じたまま。 キューキューと、か細い声で鳴きます。 生後1か月ごろに目が開き、3か月ごろには泳げるようになります。 体毛もおとなと同じように濃く変化します。 1歳前後でひとり立ちし、2歳ごろ性成熟を迎えます。 多くは1年中繁殖可能となります。 寿命は? 野生のカワウソの寿命は、およそ10年。 捕食動物なので天敵は少ないと言われています。 すばやく動きまわることのできない幼獣は、ワニやヘビなどに標的とされます。 飼育下では15年ほど。 なかには20年以上生きた個体も確認されています。 カワウソの特徴 カワウソの毛は、全体的に茶や灰色。 通常、背側は濃く、首や腹側は薄い色をしています。 泳ぎが得意 カワウソの手足には爪や水かきがある種がほとんど。 また、短い四肢と細長い胴、先細りの平たい尾は、すばやく泳ぎまわるのに適しています。 目、鼻、耳は一直線上に並んでおり、体が水の中に入っていても周りの様子をうかがうことができます。 水中でも陸上でも行動するカバやカピバラと、同じ仕組みです。 カワウソは、水中で鼻と耳を閉じることができます。 海獣であるアシカと同じ特徴です。 二重構造の毛 わたしたちが普段目にしているカワウソの毛は、防水性の外毛。 内側には密度の高い毛が生えています。 そのため、直接肌を濡らすことなく、水中で行動できます。 また、毛と毛の間には空気が入り込み、浮力を与えるとともに、体温の低下を防いでくれます。 泳ぐカワウソを観察していると、空気がぽこぽこ出てくるのがわかります。 水中ではキラキラ光って、とても綺麗です。 【YouTube】! カワウソに共通する生態と特徴を把握したうえで、ここからは、国内の動物園や水族館で飼育されているカワウソを詳しく紹介します。 種名とともに、とにおける位置づけを表記しています。 小さな手に小さな爪が生えているコツメカワウソですが、分類上はツメナシ。 カワウソの中で最も小さく、体重は4キロ、体長は60センチほどです。 おもに東南アジアの流域や沼地などに生息しています。 田んぼなど人工的な水場にも住みつきます。 コツメカワウソの生態 野生では、15頭ほどの大家族で暮らしています。 国内でも複数頭飼育している施設が多く、コツメカワウソが一斉に動きまわる姿を見ることができます。 体の小さいコツメカワウソの赤ちゃんは非常にか弱く、体重はおよそ50グラム。 父親を含む、群れのみんなで子育てを手伝う理想的な家族です。 【YouTube】! 食事と狩り カニや貝類を好みますが、魚や昆虫も食します。 飼育下では小魚を与えていることが多いです。 大きく丈夫な歯は、殻や骨を噛み砕くのに適しています。 触覚が優れているため、前足で砂や沼を掘り起こしてエサを見つけます。 貝を食べる際には手で殻を割ったり、太陽光で温めて開かせたり。 飼育下では芸を覚えるコツメカワウソ。 自然界でも非常に利口です。 コツメカワウソのペット化 近年では、ペットとして人気があるコツメカワウソ。 しかし、ワシントン条約で規制されているため、輸出国の許可書がなければ輸入することはできません。 そのため、ペットとして販売されているのは、国内の施設で繁殖した個体です。 コツメカワウソは群れで行動するため、1頭で飼育することはおすすめしません。 また、肉食のうえ、独特の体臭があります。 さらに、水辺に生息する動物なので、当然プールが必要になります。 コツメカワウソにとって、窮屈な環境での単独生活は幸せでしょうか? さらに、カワウソのペット需要は密猟や密輸を招いています。 イヌやネコももちろん。 ペットを飼うときは、よく考えてから行動しましょう。 コツメカワウソに会える施設 日本全国の動物園と水族館、およそ50施設でコツメカワウソに会うことができます。 国内での飼育数が多く、最も親しみのあるカワウソです。 カワウソを覗くとき、カワウソもまた覗いているのだ… — 智光山公園こども動物園【公式】 ChikozanZoo 2018年10月、池袋・サンシャイン水族館でメスの赤ちゃん1頭(もみじ)が誕生しました。 マハロとラジャにとって初めての子となります。 2019年8月、姫路セントラルパークで4頭の赤ちゃん(オス1頭、メス3頭)が誕生しました。 体重の増加が乏しかったため、人工哺育にて管理されました。 その後、すくすく成長し、10月より一般公開されています。 2020年4月、那須どうぶつ王国で4頭の赤ちゃん(オス1頭、メス3頭)が誕生しました。 6月より一般公開が始まっています。 小さな小さなカワウソに会いに行きたいですね。 森に近い水辺を好みます。 ツメナシカワウソは、1日の大半を水中で過ごします。 そのため、水域から離れた場所で確認されることはめったにありません。 マングローブなどの河口域に加え、磯にも生息しています。 海岸では、生きていくために必要な淡水が得られる場所を選んでいます。 ツメナシカワウソの生態 コツメカワウソとは異なり、単独もしくは少数の群れで生活します。 群れの中でも、それぞれのスペースを確保。 各個体が強烈な匂いを出して、縄張りをアピールします。 単独行動を好むツメナシカワウソは、繁殖期のみ雌雄が会合します。 繁殖は年中可能ですが、野性では雨期の時期に行う傾向にあります。 子育ては母親のみ。 成熟を迎えるころ、オスの子どもは巣立っていきます。 食事と狩り 日中は丸太で遊んだり、ひなたぼっこしたり、動物園のカワウソと同じように過ごしています。 夜になると活発になり、狩りに出かけます。 とくに貝類や甲殻類を好みます。 口や顎に生えたヒゲを利用してエサを探し、器用な手を使って捕獲します。 日中の和やかな雰囲気とは打って変わり、狩りと食事はすばやく行われます。 ツメナシカワウソの特徴 一見コツメカワウソに似ていますが、ツメナシカワウソは体重約20キロ。 しっぽを含めると体長1メートルを優に超えます。 また、頭部が大きく、骨や殻を砕くための立派な歯を有しています。 爪がないツメナシカワウソですが、後ろ足の人差し指~薬指の3本には小さな爪が生えています。 しかし、水中生活者であるのに水かきは持っていません。 爪も水かきも退化したツメナシカワウソ。 より器用で自由に手を使うことができます。 ララ(メス) 親である個体はすべてアフリカ生まれ。 2017年、ズリの夫ブブゼラ(推定7歳)とララの夫クラ(推定11歳)は亡くなりました。 どちらもまだ若く繁殖に成功していただけに、非常にざんねんです。 ツメナシカワウソの赤ちゃんに会えるかも?! 2017年4月、で双子の赤ちゃん(きらり、ひらり)が誕生しました。 3歳になっているので、もうおとなになってしまいましたが。 若々しい姿をぜひ! 2016年には繁殖を目指して、にツメナシカワウソが新規導入されました。 まだ出産の報告はありませんが、ララの息子ソラとズリの娘くるりの今後に注目です。 他のカワウソ同様に水辺に生息しています。 ユーラシアカワウソの生態 ユーラシアカワウソは、ツメナシカワウソ同様、単独行動を好みます。 また、夜間の方が活動的。 しかし、実際にはその人生の半分を寝て過ごしていると考えられています。 おもに魚類を好み、ときには鳥や小動物も食します。 繁殖は山あり谷あり?! 繁殖期を迎えたメスの匂いを頼りに、オスは繁殖の旅へと出かけます。 しかし、メスに出会えても、すぐ交尾とはいきません。 お互い追いかけたり泳いだり、ごろごろしたりすること1~2時間。 十分に遊びまわったあと、やっと交尾することができます。 子育ては母親が行います。 一方、父親は、1週間ほど母子といっしょに過ごしたあと、新たな拠点を求めて移動します。 比較的成長が遅く、目を開けるのに1か月以上、乳離れに3か月以上要するユーラシアカワウソ。 1年以上母親とともに生活します。 生後15か月ごろに、ひとり立ちします。 ユーラシアカワウソの特徴 体長はおよそ1メートル、体重10キロ前後。 ツメナシカワウソよりは小さいですが、コツメカワウソよりは大きい。 また、手足が短く、大きな水かきと鋭い爪を持っています。 視覚、嗅覚、聴覚ともに優れており、泳ぎも狩りも上手なユーラシアカワウソ。 驚くことに、30秒ほどしか息を止めることができません。 そのため、水中から顔だけ出すことが多いようです。 動物園や水族館でも、頻繁に息継ぎする様子を確認できます。 いなわしろカワセミ水族館• アクアマリンふくしま• 上野動物園• 井の頭公園• ズーラシア• 富山市ファミリーパーク• マリンピア日本海• 安佐動物公園• のいち動物公園• 宮崎市フェニックス自然動物園 国内最高齢だった安佐動物公園のユウ(オス)は、2016年に推定26歳でその生涯を終えました。 3種類のカワウソに会える!のいち動物公園 お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、高知県のでは、3種類のカワウソを飼育しています。 同時に観察できるなんて、めちゃすごい!四国にご入用の方は、ぜひ。 ユーラシアカワウソの赤ちゃん情報! コツメカワウソより飼育数が少ないため、赤ちゃんはとても珍しいです。 お近くの方はぜひ足を運んでみてください。 2017年12月、で1頭のメス(くねこ)が誕生しました。 母親の育児がうまくいかず、人工哺育となりました。 その後は、順調に成長しています。 【YouTube】! 2018年3月、のいち動物公園では23年ぶりにユーラシアカワウソが出産しました。 双子でしたが、ざんねんながら1頭は死亡。 残る1頭のメス(ミント)は元気に育ち、現在は、親と変わらない大きさに成長しています。 【YouTube】! ユーラシアカワウソの大家族!アクアマリンふくしま 福島県いわき市・アクアマリンふくしまはユーラシアカワウソの繁殖に成功し続けている水族館です。 2008年ドイツで生まれ2010年に来日したドナウ(オス)は、前のペア相手チロルと相性が良く2012年~2015年の間に4回の繁殖に成功しています。 その後、2014年オーストリアで生まれ2015年にやって来た新しい相手まろん(メス)とも、2017年以降、毎年繁殖に成功しています。 日本にいるユーラシアカワウソの大多数は、ドナウの血を引いています。 たとえ繁殖期の個体がいても、近親交配は避けなければなりません。 しかし、現在の国内のユーラシアカワウソはドナウの子どもばかりです。 今後、新しい血統を取り入れないと繁殖ペアの形成は難しい状況にあります。 【追記】2020年5月、まろんが3頭の子を出産しました。 まもなくして1頭は死亡。 残る2頭はオスと判明し、順調に成長しています。 運が良ければ赤ちゃんに会えるので、お時間ある方はぜひ! おはようございます! 5月30日に の赤ちゃんが生まれてからほぼ一か月。 むくむく成長中。 最近はお客様から見えるところに巣穴を移して親子でくつろいでいます。 通常、河川流域に生息しますが、湖や磯でも確認されています。 体長は1メートル以上、体重も10キロ前後とユーラシアカワウソと同じくらいのサイズです。 鼻が大きいのが印象的です。 カナダカワウソの生態 カナダカワウソは、昼も夜も活発。 水中でも陸地でも身軽に動きまわることができます。 行動範囲が非常に広く、一日の大部分をマーキングに費やします。 基本的に単独で活動すると言われています。 一方、しばしば大きな群れとなり、仲良く遊ぶ姿も確認されています。 エサの90パーセントは魚。 まれに甲殻類や小動物を捕食します。 狩りは単独または雌雄で行います。 ときには、エサを求めて10キロ以上旅をします。 出産の準備をするカワウソ 一般的に冬~春にかけて繁殖を行います。 この2~3か月の間は、雌雄がいっしょに生活します。 しかし、事が済むと離れ離れ。 ペアの絆は薄いと考えられています。 着床遅延があるため、子が生まれるのは翌年の春ごろ。 妊娠したメスは土手や木のくぼみに巣穴をつくります。 つまり、カナダカワウソは妊娠を遅らせることにより、出産の態勢を整えます。 実質的な妊娠期間は、他のカワウソ同様およそ60日です。 カナダカワウソの子は約2か月間、母親とともに巣穴で生活します。 成長が早く、1歳を待たずしてひとり立ちします。 寿命は12年ほどと長め。 世界最高齢のカナダカワウソは、27歳でした。 カナダカワウソと乱獲 動物の毛皮が狙われ絶滅危機に至る例は、歴史上かつ現在も数多く報告されています。 カナダカワウソもそのひとつ。 かつては、北アメリカ大陸全土にいたカナダカワウソ。 乱獲によりその数は激減し、現在、アメリカ合衆国中部では確認されなくなりました。 生息数減を受け、アメリカの20の州で再導入が行われ、個体数は回復傾向。 ところが、施策の成果をいいことに、現在は、20のうち14の州でカワウソの法的な狩猟が行われています。 なかには、制限なく狩猟することが許されている地域もあります。 結果的に、毎年、何千頭というカナダカワウソが毛皮のために捕獲されています。 カワウソの毛皮はアメリカとカナダだけでなく、中国やイタリア、そして日本でも需要があります。 また、運悪くビーバーの罠にかかって捕らえられるカワウソも多数報告されています。 現在IUCNは、カナダカワウソを絶滅のおそれがない種と評価しています。 一方、ワシントン条約では国際間取引が規制されています。 安定していると言いながら、生息数ははっきりとしていないカナダカワウソ。 乱獲に加え水質汚染や土地開発などの影響により、カナダカワウソの将来を危ぶむ声も多くあがっています。 カナダカワウソに会える動物園 現在、日本では2か所の動物園と、1か所の水族館でのみ会うことができます。 みなさんラッコってカワウソの仲間だと知っていましたか? ラッコは食肉目イタチ科カワウソ亜科に属しています。 毛が長く陸地に上がることの少ないラッコは、他のカワウソとは違った趣です。 ラッコはしっぽまで合わせると1. 5メートルほど、体重は30キロ以上とイタチ科最大種。 全体的に濃い茶色ですが、顔は白~灰色。 ロシアからアラスカ、カナダなどの北太平洋に分布しています。 岩場の多い海岸沿いを好みます。 に掲載しておりますので、割愛させていただきます。 ラッコに会える施設 以前は多くの水族館で展示され、日本に100頭以上いたラッコ。 繁殖能力の低下とともに、その数は減りつづけ、現在、5施設で7頭しか飼育されていません。 マナ(メス8歳)• リロ(オス13歳) カワウソの将来 生息地破壊や獲物減などにより、世界的にカワウソの生息数は減少傾向にあります。 加えて、ペットや毛皮のために、密猟や密輸が繰り返されています。 周年繁殖し、通常であれば絶滅のおそれはないような動物。 しかし、農薬などの汚染物質により、オスの繁殖能力が低下しているという報告もあります。 多くの動物と同じように、人間活動によってカワウソの未来は脅かされています。 ニホンカワウソのように絶滅するカワウソも、今後出てくるでしょう。 森林破壊や水質汚染が少しでも減るよう、環境にやさしい生活を心がけたいと思います。 日本で会える5種類のカワウソ。 好みのカワウソは見つかりましたか? 同じ科の動物を照らし合わせると、共通点はもちろん、いくつもの違いも見えてきます。 それを見て学べるのが、動物園や水族館。 指や毛など細かいところに注目しながら、カワウソを観察してみましょう! 以上、カワウソの豆知識でした。 otter. iucnredlist.

次の

グリフォン交配

カワウソ ブリーディング

他の恐竜と違う点があり、名前が変えられなかったり、グリフォンに尊敬されないとテイムできなかったりと少し特殊な恐竜です。 グリフォンに尊敬されていない場合、グリフォンから受けるダメージが多くなります。 テイムできると心強い恐竜で、飛行生物の中でグリフォンだけが騎乗中に武器を使うことができます。 ブリーディングに関してはすごく時間のかかる恐竜です。 テイムもブリーディングもですが、グリフォンの名前の末尾に注意しましょう。 テイムできなかったり、ブリーディングできなかったりということが起こります。 テイム方法 グリフォンのテイム方法は昏睡テイムです。 麻酔矢や麻酔弾などで昏睡させてからテイムします。 グリフォンは特殊で尊敬されていないとテイムすることができません。 尊敬される条件 以下のどれか1つ以上の条件を満たしているとグリフォンに尊敬されテイムすることができます。 キャラクターのレベルが85以上• ゴールドクラウンを装備• グリフォンの名前の末尾と同じキャラクター名でレベルが40以上 3つ目のグリフォンの名前の末尾と同じというのは下記のパターンになります。 mir• zar• yss• ric• lot• ell• gast• den• ssa 例) キャラクターが「aaaric」の場合 「xxxxric」という名前のグリフォンをキャラクターレベル40以上でテイムすることができます。 チェインボーラ 昏睡方法 テイムするにはまずグリフォンを昏睡させます。 そのまま近づいていき、麻酔矢や麻酔弾などを打ち込んでもいいのですが、トラップを使用したほうが楽です。 近づくと追いかけてくるので、恐竜用ゲートを使用してトラップを作成しておき、そこにおびき寄せて閉じ込めてしまえばいいです。 そうすることで逃げられることもないですし、昏睡した後に野生の恐竜に攻撃される可能性も低くなります。 エサやり 昏睡させた後はエサを与えてテイムを開始します。 昏睡させても尊敬されていないとエサを食べないので注意しましょう。 以下の食べ物でテイムできます。 上から順にテイム効果の高い食べ物になります。 霜降り肉 出現場所 Far's Peak MAP右上の山 に生息しています。 他のところにはいないので、Far's Peak MAP右上の山 でグリフォンを探しましょう。 資源採取効率 グリフォンは採取効率の良い資源はありません。 資源採取は他の恐竜にまかせましょう。 運べる恐竜 下記の恐竜をつかんで運ぶことができます。 基本的には小型の恐竜で中型以上の恐竜は運べません。 コンプソナグティス• ディロフォサウルス• リストロサウルス• オヴィラプトル• トロオドン• アフリカマイマイ• カワウソ• カイルクペンギン• 始祖鳥• トビネズミ• メソピテクス 移動速度 グリフォンはアルゲンタビスとプテラノドンの間くらいの飛行速度です。 スタミナ消費はスプリントした時の1秒当たりの消費量です。 移動方法 ベーススピード スプリント 消費スタミナ 野生 テイム後 歩行 300 750 750 6 泳ぎ - - - - 飛行 750 1500 1500 0. 325 ブリーディング グリフォンの交配は特殊で、名前の末尾 最後の2~3文字 が同じグリフォン同士でないと交配できません。 グリフォンの名前の末尾のパターンは下記があります。 mir• zar• yss• ric• lot• ell• gast• den• ssa 「ssa」であれば同じ「ssa」同士のグリフォンでないと交配できないということになります。 ブリーディング目的でテイムする場合は名前の末尾に気を付けましょう。 能力 グリフォンは飛行生物の中で珍しい騎乗中に武器を使える恐竜です。 飛行中に急降下する能力もあり移動やテイム、やティタノサウルスの討伐にも役立ちます。 積載量やスタミナは低めなので、時間はかかりますがブリーディングで伸ばすとより使い勝手がよくなります。 Eerie グリフォンは、定期的に開設されるEerieサーバーでテイムすることができます。 5 - 5. 関連する記事• 2020. 29 ARKモバイルのペラゴルニス Pelagornis の特徴やテイム方法、能力、スポーン地点などを記載します。 目次 1. 基本情報2. 特徴3. テイ[…]• 2020. 28 ARKモバイルのモササウルス Mosasaurus の特徴やテイム方法、能力、スポーン地点などを記載します。 目次 1. 基本情報2. 特徴3. テイ[…]• 2020. 16 ARKモバイルのドエディクルス Doedicurus の特徴やテイム方法、能力、スポーン地点などを記載します。 目次 1. 基本情報2. 特徴3. テ[…]• 2020. 24 ARKモバイルのサーベルタイガー Sabertooth の特徴やテイム方法、能力、スポーン地点などを記載します。 目次 1. 基本情報2. 特徴3. […]• 2020. 21 ARKモバイルのマンモス Mammoth の特徴やテイム方法、能力、スポーン地点などを記載します。 目次 1. 基本情報2. 特徴3. テイム方法3. […].

次の

ARK攻略 ブリーディングのやり方は?交配や育成方法まとめ!

カワウソ ブリーディング

先日カピバラのオス2頭が那須どうぶつ王国に引っ越しました! カピバラが引っ越すたびにみなさまから「なんで他の動物園に行っちゃうの」という声をよく聞きます。 そこで今回は、動物園の裏側のお話しを書いてみたいと思います。 まず、なんで行くかという話をする前に動物はどうやって来るかという話を先にしておきます。 動物園に動物を新たに入れる場合、主に「譲渡」「寄贈」「購入」「交換」「 ブリーディングローン」の5つの方法があります。 譲渡・・・タダで譲り受ける 寄贈・・・寄付を受ける 購入・・・お金を払って買う 交換・・・動物同士を交換する(同じ動物の場合もあれば種類が違うこともあります) ブリーディングローン(BL)・・・動物を借りる <キリンの「シゲル」は日立市公園協会からの寄贈> かつては動物を入れる場合、動物輸入業者からの購入が多かったそうです。 しかし、現在では野生動物の減少によって野生から動物をいれることは非常に困難になっています。 例えばゴリラはかつて数百万円で購入できたため、全国各地の動物園で見ることができました。 しかし、現在は生息数激減から海外から導入することができなくなりました。 そのため、現在ゴリラの価値は八千万から一億円とも言われていますが、どんなにお金を出しても購入することはできません。 また、よくちびっこから「動物はどこで捕まえてくるの」という質問を受けますが、園内で野生から捕まえてきた動物はごくわずかです。 (全国的にも同じことが言えますが、水族館の魚類に限っては捕獲が多いそうです) <当園でもゴリラは購入でした> <クロサイの「メトロ」はアメリカのメトロポリタン動物園から購入> また、病気を国内に持ち込まないようにということから、数がたくさんいる動物でも日本に入れることが難しくなっています。 たとえばネズミの仲間やサルの仲間、牛の仲間などは、たとえ海外の動物園にいる動物でも日本に連れてくることが難しいです。 無理ではないのですが、法律上の問題(日本と輸出国の両国の法律をクリアする必要がある)やいくつもの規制、その間に発生する莫大な費用など現実的には不可能です。 例えば検疫施設(動物が病気を持っていないか確認する場所)がない地域から動物を入れる場合、現地に検疫施設を建設しなければなりません。 この時点でいくらかかるんだ! <ビーバーはアメリカにたくさん生息している動物ですが、アメリカから日本へのネズミの仲間の移動は全面禁止されています> 動物も年を重ねれば死んでしまいます。 なのに動物が新しく入らなければ動物園から動物がいなくなってしまいます。 野生もダメ、海外もダメということで、国内にいる動物でそれぞれの「種」を維持していくために始まったのがブリーディングローン(BL)です。 ブリーディングローンとは動物園や水族館における 繁殖(Breeding ブリーティング)を目的とした 動物の貸し借り(Loan ローン)のことです。 <レッサーパンダはBL> さて、ここでカピバラの話に戻りますが、2012年に当園にいたオスの個体が亡くなってしまったので、新しくオスとメスを入れることになりました。 オスの「コタツ」は埼玉こども自然動物園から「 譲渡」で、メスの「ハナ」は那須どうぶつ王国から「 BL」でやってきました。 <コタツとハナ> <赤ちゃん誕生> そのため、コタツの所有権はかみね動物園にありますが、ハナのは借り物なので所有権が那須どうぶつ王国にあります。 では、生まれた子供は誰のもの?というのが今回の話のミソです! 実は生まれた子供の所有権はBL契約を結ぶ際に園館の話し合いで決まります。 ハナをお借りする際には、生まれた仔を半分ずつにするという契約になりました。 (その他にもサル類など出産数が1頭の動物は、1仔目・2仔目、オス・メスなどで分けることがあります。 ) 従って、生まれた子供の半分はどうぶつ王国のものですから、毎回どうぶつ王国に引っ越ししているのです 長々と説明しましたが、なんとなくわかっていただけましたでしょうか。 今日本の動物園にいる動物たちは深刻な状況にあります。 新規動物が入らないことによって個体の高齢化や血縁が濃くなるなど様々な問題が起きています。 このまま何もしなければ動物園の動物は確実に絶滅します。 現にゴリラやアフリカゾウなどは今後数十年で日本からいなくなるといわれています。 じゃあBLで動かせば良いじゃんという単純な話にはならないのが悩みです。 <当園最後となったゴリラ「ダイスケ」。 このままだと近い将来日本中でその姿が見られなくなってしまいます> まず、動物を貸し出すということはその動物がいなくなるということです。 特にゾウやゴリラなど動物園の看板動物になると尚更です。 動物によっては1頭数千万円もするものもいます。 民間の動物園なら会社の財産、当園のように市営なら市の財産(税金)です。 それを繁殖のためだからといってハイどうぞ!とはいきません。 繁殖は大事だし協力したいけれど自分の園からいなくなるのはちょっと・・・というジレンマを抱えています。 また、移動自体に費用がかかりますし、移動中や移動先で死んでしまうリスクもあります。 無事に動かせても必ず繁殖するとも限りません。 そして何より「動物が見られなくなる」という皆さまの負担があります。 なんでいなくなるの?というのはまさにそんな思いからだと思います。 だからこそ、みなさんの理解や後押しがあってこそブリーディングローンが活発に行われるようになります。 私がこのブログでお伝えしたいのはみなさんにこの問題を知った上で、動物を喜んで送り出してあげて下さい!ということです。 かみね動物園でもカピバラを始め、キリン、チンパンジー、レッサーパンダ、コツメカワウソ、マンドリル・・・BL契約の動物が数多くいます。 感情的にはかみね動物園で一生を終えてほしいですが、動物園に残るということは繁殖の機会を失うということでもあります。 野生でも子離れがあるように、親元を離れて全国で子孫を残す事の方がその個体にとっても良い事ではないでしょうか。 少し寂しい気持ちはありますが、かみね動物園の動物が全国に出ていくのは嬉しいことなんだ!誇らしいことなんだ!と笑顔で送り出してあげて下さい!そして、寂しかったら新天地にも足を運んで会いに行ってあげて下さい! <クロサイの子供は当園からBLで九州に行きました> カピバラの話からだいぶ脱線しましたが、これを読んで何か感じていただけたら幸いです。 動物園のブログでは動物についてはよく情報発信をしますが、動物園についての情報はあまり発信してきませんでした。 今後は積極的に「動物園」についても情報を発信していきたいと(勝手に)思っていますのでお楽しみに!! カピバラ担当 中本.

次の