飯島 愛 ホロスコープ。 吉松育美

飯島愛とコンクリート事件犯人は元彼?現在は…

飯島 愛 ホロスコープ

遺体の発見状況と進まない死因の特定 (以下引用) 「遺体は全体にどす黒く、腐乱が進んでいた。 とくに左の腰回り上部のあたりがグチャッとした状態で完全に腐っていて、ベロンと皮が剥がれていた。 指でうっかり触ろうものなら、もろく崩れそうな感じだった。 何よりもかわいそうだったのが、顔の状態。 上唇の腐敗が進んでいて、歯の一部が唇から外側に突き出していた。 とてもあの飯島愛には見えなかった。 うつぶせに倒れたときに床に当たって歯が唇を突き破ったのかとも思ったが、 出血の跡はなかった。 腐敗が進むにつれて、歯が剥きだしになっていったようだ」 室内には異様な臭気が充満し、耐えられないほどだったという。 飯島さんの遺体は、翌25日には東京・大塚の観察医務院で行政解剖され、死後1週間が経過していたことが判明した。 しかし、 依然、死因は特定されていない。 「警察は、行政解剖の後に肝臓、腎臓など臓器の病理検査までやっている。 現時点では自殺の線は薄いと見られているが、ハルシオンなど複数の薬が部屋から発見されており、 酒と薬の服用で意識不明となった後に死に至ったとの見方が強い」(社会部記者) だが、別の捜査関係者によれば、組織検査の詳しい結果が出るまで、 現在も事件の可能性を視野に入れた捜査が続けられているという。 それは、彼女の人生が、とくに最近の生活があまりに波瀾に富むものだったからだ。 「『 プラトニック・セックス』による多額の印税収入があったはずなのに、 貯金はほぼゼロだったようだ。 「彼女は昨年秋、渋谷署に 『 精神的におかしくなった。 1人で寂しいから話を聞いてほしい。 薬を飲んでおかしくなった』 と相談をもちかけている。 また死後の検査で、 彼女の体内から予想外の薬物が検出されたんだ。 体調が悪かったこと、金銭的に苦しんでいたこと、人間関係で苦しんでいたことなど、いろいろなことが取りざたされています。 引退前に相談していた霊能者・木村藤子 女性セブンに、飯島さんが引退前に相談していたという霊能者・木村藤子さんの話が載っていました。 (以下引用) 「引退を決めたといっていても、彼女は悩んでいましたし、必死だった。 そんななか、 彼女はたったひとつの、二文字の言葉をいったのです。 私が、とても残念だと思う言葉でした。 人間として残念だった。 何でそれに、そんなにこだわらなければいけないの?・・・・と。 そこで人生を外れてしまった。 いったい飯島さんに何があったのか。 どうして亡くなってしまったのか・・・。 真実が明らかになる日は、来るのでしょうか・・・。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 まだ残されています。

次の

スクープ!親友ホステスが激白「飯島愛を殺した」私!(1)「秘密をバラすと脅した」と・・・

飯島 愛 ホロスコープ

タレントとして活動されていた飯島愛さん!そんな飯島愛さんが、2008年12月24日15時15分ごろに東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室で亡くなっていたのを知人が発見し、警察に通報。 その後警察の捜査によって、死後1週間ほど経過していたそうなのです。。 死亡推定時刻は12月17日前後であると考えられるそうです。 2009年2月4日に東京都監察医務院による病理検査の結果、飯島愛さんの死の原因は肺炎だったそうです。 実は飯島愛さんはこの突然死の前の2007年3月末に、突然芸能界を引退していました。 今回はこの芸能界引退についていくつか噂になっている事を踏まえ、飯島愛さんの死因と噂真相を検証をいくつかに分けて紹介します。 引退後の2008年8月から急死の一か月前まで 赤坂六本木診療所産婦人科に通われていたそうです。 某週刊誌は、この赤坂六本木診療所産婦人科の院長である赤枝恒雄院長に取材をしたそうです!そこで飯島愛さんを最後に見た時の状況にコメントを残しています! 院長のコメント 記事によると飯島愛さんは急死の一か月前まで、赤坂六本木診療所の2階に居住に居住していたそうです。 飯島愛さんはいつも精神的に追い詰められていましたが、しっかりと生きていかなくてはいけないと奮起していたそうです。 赤枝院長は、飯島愛さんがエイズ感染の可能性があったので3回に渡り、血清抗体検査などを行いましたがいずれも陰性。 睡眠薬も常用していましたが死因には繋がってはおらず、何かを避けたい突発的な不慮の事故だったのでは?と話しています。 飯島愛さんは「てめぇ馬鹿野郎!」という耳鳴りに怯えていたため、赤枝院長は精神科を紹介しましたが完治しなかったそうです。 午前1時頃に突然診療所をノックしてきた飯島愛さん。 3~4時間は放心状態で座っていましたが、朝4~5時頃に「うん、もう大丈夫。 大丈夫だから・・」と言い残して帰っていったそうです。 夜中に真っ暗なエレベーターの隅で、膝を抱えてうずくまる姿も目撃されていました。 警察の死亡推定時刻や赤枝医院長のコメントを見る限り、飯島愛さんは12月15日の早朝から数日内に死亡したと考えて間違いはないと思います。 さらに彼女の不審な行動を見ると、鬱に伴う精神錯乱状態だったのかも。 ここである噂が・・ ここで赤枝院長がコメントしていた、『飯島愛さんは「てめぇ馬鹿野郎!」という耳鳴りに怯えていた』『何かを避けたい突発的な不慮の事故』というワードに違和感を感じて調べて見たのですが、飯島愛さんの芸能界の引退に関して様々な噂があったのです。 次の記事はそんな飯島愛さんの噂についてお話しします。 実はこの助言の内容が、飯島愛さんの芸能界引退のいくつかの線を結んでいる、適格なのでは?と噂になりました。 飯島愛さんの引退について、飯島愛さん自身は「腎臓病の悪化」が理由だと語る飯島愛さんに対し木村藤子さんはこう語っています。 「あなたは嘘を言っている」 「あなたは病気が悪くなったくらいで、芸能界を辞めるような責任感のない人間じゃない」と言い切り、飯島愛さんに続けて『あなたが今抱えている問題は、病気じゃない。 今引退せずに、乗り切れば2・3年後に違う考えが出てくる。 今引退したら、今後のあなた自身が凄く公開することになる事が起こる」と話しています。 飯島愛さんにこう告げた木村藤子さんに、中居正広さんが「飯島愛ちゃんが悪くなくても芸能界を引退しなきゃいけない事情があるの?」と木村藤子さんに聞くと「そこまでは言えない」と発言しました。 その後、木村藤子さんと飯島愛さんはピンマイクを外してスタジオの陰に行き 木村藤子さんが飯島愛さんに何かを話していました!!木村藤子さんの発言に飯島愛さんは「本当!?怖ぇぇー!!私帰る!!」と怯えていました。 2人がピンマイクを外して一体何を語っていたのでしょうか・・。 未だ明かされてはいませんが、予言通り今は亡き飯島愛さんにとって後悔する出来事だったと思います。 その放送後、ネットではある事件に飯島愛さんが関与していたのでは?と噂が広がっています。 ネットでは「足立女子高校生コンクリート事件の犯人グループの一味」と関係があるのではないかと噂になっていたのです! 飯島愛さんの著書『プラトニックセックス』に「高校一年生の時、八潮で同棲していた」と記述されていたのですが、どうやら『足立女子高校生コンクリート事件』の事件現場のすぐそばに当時の飯島愛さんが住んでいて、事件の主犯格である犯人もここに住んでいたのです。 共通点が多いことからこの噂は話題になりましたが真相は分かっていません。 『噂が広まった当時』 この噂が広がった当時、飯島愛さんは否定をしています。 がしかし某週刊誌では「飯島愛がホステス時代に知り合った倉地明美さん。 彼女が飯島愛さんがコンクリート事件に関与していたとほのめかす 証言をしていたことからこの噂が広がった」と証言しています。 さらに、倉地明美さんは「飯島愛子さんが綾瀬女子校生コンクリート詰め事件」に関与していたから、病気になったのは自業自得」と話していたと記事にしています。 「しばらくは噂は消えていたけど、最近になってまた蒸し返された」とも語っていたのですが・・・。 なんと飯島愛さん、当時蒸し返された理由として「綾瀬女子校生コンクリート詰め事件」の関係者に脅されていたのだそうです。 「しばらくは噂は消えていたけど、最近になってまた蒸し返された」とも語っていたのですが・・・。 なんと飯島愛さん、当時蒸し返された理由として「綾瀬女子校生コンクリート詰め事件」の関係者に脅されていたのだそうです。 綾瀬女子校生コンクリート詰め事件の弱みを握られて1億円近いお金をゆすられていたという噂と、飯島愛さんが最近大金を失ったと聞いていた芸能関係の人が供述していることから話が繋がっているのでは?と語っています! 否定はするものの・・ この事は飯島愛さんが引退報道後に聞かれたとうですが、飯島愛さんは否定しています。 がしかし、その後に語っていた「想像を絶する金額」を事務所の経理担当者に横領されたと話しており、その額が1億円近いこともあって1億近いと供述していることから『ゆすられた噂の額』と一致しています。 さらに、お金が大好きと語る飯島愛さんが 警察にこの事実を届けていないことにも、疑問が広がったのです。 飯島愛さんの芸能界引退は2007年、綾瀬女子校生コンクリート詰め事件の犯人の出所は2008年。 飯島愛さんは、引退の1年以上前から事務所は出演依頼を断っていたそうで、飯島愛さんがこのトラブルを予見して引退へと動いたらしいと噂になりました。 飯島愛 芸能界に入ったキッカケ 東京都江東区の亀戸に生まれた飯島愛さんは、教育熱心で厳しい両親に育てられたそうです!!小学校の頃は成績もいとても良くおとなしい子だった飯島愛さんは、中学に入ってからも成績は常に10番以内を保っていました!! 中学1年生の頃に飯島愛さん精神的な支えとなっていた祖父が亡くなり、バランスを保てなくなった飯島愛さんは両親のプレッシャーに耐えられなくなってしまい非行に走るようになります。 祖父がもし生きていたとしたら、もう少し飯島愛さんの人生も違っていたのかもしれないですね。。 非行を続け・・ 中学在学中にたくさんの非行を繰り返した飯島愛さんは、中学卒業前後には既に家出同然の状態でした。 この家出後に彼氏と出会い、同棲生活などを経て飯島直子さんはホステスとして働きだします。 ホステスとして働いていた当時の飯島愛さんは、六本木でスカウトをされて1992年にAV女優としてデビューしました。 芸名である「飯島愛」は水商売時代のお店のママに付けてもらったそうです!! 飯島愛さんのAVデビュー後、『とんねるずのみなさんのおかげです』のスタッフと、とんねるずの木梨憲武さんが彼女のファンであったことからハプニングゲストとして出演し、飯島愛さんのテレビ番組初出演を飾りました!! 1992年2月からテレビ東京系列 深夜番組『ギルガメッシュないと』(1991年10月5日~1998年3月28日まで放送)に初のレギュラー出演をし、スカートめくりTバックを見せるのが話題になり『Tバックの女王』と呼ばれるようになります。 AV女優引退!! 1994年頃、AV女優を引退した飯島愛さん。 それ以降はテレビ番組への出演などによってタレントとしての知名度があったことから、完全にタレント業へ転身を果たすことになったのです!!!! 2000年、半自伝的な小説『プラトニック・セックス』を出版しました。 リンチ被害・AV出演や性病感染・中絶手術、整形手術などのカミングアウトしベストセラー作品になりました。 この報道後に、例の『金スマ』での放送の話になってくるのです・・・。 最後に 最後までご覧頂きありがとうございました!!いかがだったでしょうか?楽しく読まれて頂けたでしょうか!?あくまでも全てが真実ではなく、噂もありますので全てが事実ではりません!その辺りはご了承ください!! 飯島愛さんの過去の情報について、死因に関して、新しい情報が入りましたら是非ともまた記事を追加していこうと思います!!またその時は読まれていただければ幸いです!!本当に最後まで読んで頂き、ありがとうございました!! あなたにオススメ.

次の

酒井法子被告のホロスコープ

飯島 愛 ホロスコープ

90年代に最もCDを売りながら、一転して奈落の底へ叩き落とされたASKA(58)。 それは飯島愛(享年36)の訃報の翌日のこと。 08年12月25日付のブログに、こんな記述がある。 「週刊文春」6月5日号には、こんな見出しが躍った。 〈ASKA転落のきっかけは飯島愛変死と『麻薬性交ビデオ』騒動〉 要約すればASKAは、飯島が亡くなる数カ月前に彼女のマンションでMDMA(合成麻薬)を使って飯島とセックスをし、その様子をビデオに撮られていた。 飯島が亡くなったことでビデオの流出を怖れ、そこから重度の薬物依存が始まったというものだ。 飯島のAVデビュー以前から親しく、晩年も交流があった女性・S子さんから、こんな話を聞いた。 「愛ちゃんからASKAさんと特別な関係にあったという話は聞いていません。 ただ、愛ちゃんが亡くなった直後、昔はヤクザ組織にいた男性と食事する機会があったんですよ」 その男は飯島とも親しかった。 そして、必死の形相で「クスリを売ってくれない?」と頼まれたというのだ。 S子さんが続ける。 「愛ちゃんが芸能界を辞めた直後でした。 その男もカタギになっているから『俺はクスリは売れないし、そんなことはやめなよ』って注意したそうです。 最初は彼の話を信じられなかったけど、でも、彼がわざわざウソをつく理由もない。 くしくも遺体発見のちょうど1年前、07年のクリスマスイブにはコンサートで感激した様子を無邪気につづっているのだ。 記者の直撃にデヴィ夫人の事務所はこう回答した。 「ブログを書いたことは事実ですが、今回の文春報道との関連についてはノーコメントです」 現在も閲覧が可能な当該ブログだが〈映像や写真を撮られ、所持していた人達に〉の部分だけ削除されている。 また飯島の運転手を務めた人物を、没後にASKAが雇ったという別報道もある。

次の