エリスロポエチン 製剤。 医療用医薬品 : エスポー

慢性腎不全(CKD)と治療薬

エリスロポエチン 製剤

記事の内容• 回答:腎臓で作られる、造血ホルモン 「エリスロポエチン(Erythtopoietin:EPO)」は、主に腎臓で作られ、赤血球の分化・増殖を促進する造血ホルモンです。 そのため、慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)などになると「エリスロポエチン」の産生が落ち、貧血(腎性貧血)になることが知られています。 また赤血球だけでなく、脳や心臓、腎臓、血管なども「エリスロポエチン」に感受性があり、を軽減する作用を持つことも多く報告されています1,2。 1 Am J Nephrol. 25 1 :64-76, 2005 PMID: 2 Lancet. 365 9474 :1890-2, 2005 PMID: こうした背景から「エリスロポエチン」は貧血治療薬の枠を超え、様々な組織保護の薬としての可能性が期待されています。 そのため、最も成功したバイオ医薬品の代表として挙げられることもあります。 高山病から見つかったホルモン 16世紀に、スペインがインカ帝国に攻め入った際、スペイン兵だけが呼吸困難・めまい・失神を起こしたことが記録されています。 これが世界で初めて記録された「高山病」です。 19世紀になると、高地に住む人は多血症であることが判明し、酸素濃度の低い環境が多血症を示すことが証明されました。 その後20世紀後半になって、多血症の原因である体内因子が「エリスロポエチン」と名付けられ、これが腎臓で作られていること等が次々と解明されていきます。 現在もその複雑な作用について研究が続けられている最中です。 高地トレーニングとドーピング 酸素濃度が低い環境では、簡単に酸欠状態になってしまうため、通常よりも効率よく酸素を運ぶ必要があります。 そのため、身体は「エリスロポエチン」を分泌して赤血球を増やし、酸素運搬能力を高めようとします3。 3 Blood. 74:645-51, 1989 PMID: スポーツ選手が高地トレーニングを行うのは、この身体の反応を利用し、酸素運搬能力を高めるためです。 つまり、「エリスロポエチン」を使えば高地トレーニングを行わなくとも、容易に圧倒的な持久力を手に入れることが可能です。 このことから、「エリスロポエチン」はされています4。 4 2015年禁止表 世界アンチ・ドーピング規定 貧血への適応 慢性腎不全による透析患者は30万人を越え、その多くに「エリスロポエチン」製剤が処方されています。 「エリスロポエチン」が低下して起こる腎性貧血では、赤血球の産生システムが低下しているため、。 日本透析医学会が策定する「腎性貧血治療ガイドライン2015年版」では、鉄補充療法の強化や適応患者の拡大といった内容が新たに盛り込まれる予定になっています。

次の

【全部で6種類】透析患者に使用するエポエチンなどの種類をまとめてみた

エリスロポエチン 製剤

データ無し 開始点 137,483,020 終点 137,533,242 パターン 分子機能• 細胞の構成要素• 生物学的プロセス• は約34000、165個のから構成されている。 中のエリスロポエチン濃度は、、などの鑑別診断に用いられる。 腎性貧血の治療に主に使用されているが、にも使用され問題となっている。 エポエチン ベータ ペゴル 他のタンパク質同様には困難だったが、にらが ()を用い、糖鎖を簡略化した形ではあるが初めて全合成に成功した。 これらのエリスロポエチン類似化合物は、赤血球造血刺激因子製剤(ESA)と呼ばれる。 医薬品としては、 エポエチンアルファ(商品名 エスポー)、 エポエチンベータ(商品名 エポジン)といったによるエリスロポエチン製剤があり、に用いられる。 日本では保険適応上、腎性貧血にのみ用いられているが、欧米では各種悪性疾患にともなう貧血などにも使用される。 エポエチン ベータに直鎖メトキシポリエチレングリコール(PEG)分子を化学的に結合させること PEG化 で長時間の持続作用を実現した製剤も開発されている ミルセラ:エポエチン ベータ ペゴル。 ドーピング [ ] エリスロポエチン(EPO)はの増加効果を持つことから、への供給量を高め持久力を向上させる目的で、長距離系スポーツ(、など)のに使用されている。 には複数の自転車競技選手からEPOが検出された。 また1月には、で7回優勝したがとのインタビューで、かつてEPOを使ったドーピングを行なっていたことを認めた。 元来体内に存在する自然物質でその使用の判別が難しいため、ヘマトクリット(血液中に占める血球の容積率)、、網状赤血球数などを用いてドーピングのスクリーニングを行っている場合が多い。 スクリーニング検査による疑い例は、を検体として法によって遺伝子組換えEPOを検出している。 調節機構 [ ] エリスロポエチンの産生は、血液中のによって調節されている。 EPOの転写調節機構はいくつか報告されているが、である hypoxia inducible factors が代表的なものである。 HIFは酸素濃度が高いときには分解され、低酸素のときには内に移行してEPOの転写を促進する。 つまり、慢性的な低酸素状態となった時にEPOの産生が促進されるのである。 したがって、貧血などでもEPOの産生は促進される。 EPOは赤血球上の () EpoR に結合し、(JAK2)を活性化する。 このEpoRは多くの骨髄細胞、、・に発現しており、Epoに結合することで細胞内のに関わっている。 分子構造 [ ] 分子式 C 809H 1301N 229O 229S 5 分子量 18,235. 96 配列構造 APPRLICDSRVLERYLLEAKEAE NITTGCA EHCSLNE NITVPDTKVNFYAWKRMEVGQQA VEVWQGLALLSEAVLRGQALLV NSSQPWEP LQLHVDKAVSGKRSKTTLLRALGAQKEAIS PPDAA SAAPLRTITADTFRKLFRVYSMFLR GKLKLYTGEACRTGDR 実際には、24, 38, 83番目の太字の3つのN()残基には N結合型が、126番目の斜体字のS()残基には O結合型糖鎖が付加しており、分子量は遙かに大きい。 また、糖鎖を除去するとEPOの活性はなくなる。 さらに7と161番目のC()残基間と29と33番目のシステイン残基間にはが形成されている。 脚注 [ ].

次の

多血症

エリスロポエチン 製剤

ミルセラ(エポエチン ベータ ペゴル)の作用機序:腎性貧血治療薬 腎不全として腎臓の機能が悪くなってしまうと、貧血に陥ってしまいます。 腎臓が関わる貧血であるため、この時の貧血を 腎性貧血と呼びます。 通常の貧血とは異なり、鉄製剤を服用しても症状から回復することはありません。 そこで、腎性貧血を治療するために専用の薬が使用されます。 この腎性貧血の治療薬として エポエチン ベータ ペゴル(商品名:ミルセラ)があります。 エリスロポエチンと腎臓 腎臓は尿を作るだけでなく、赤血球を作り出す働きがあります。 そのため、 腎臓の機能が弱ってしまうと赤血球が作れなくなり、貧血に陥ってしまいます。 それでは腎臓は何をしているかと言うと、赤血球の産生に関わるホルモンを分泌しています。 このホルモンを エリスロポエチンと呼びます。 腎不全患者ではエリスロポエチンが作れなくなるため、赤血球が少なくなって貧血を起こします。 そこで、このエリスロポエチンを薬として外から補ってやります。 すると、腎性貧血の症状から回復することができます。 赤血球は骨髄で作られますが、 エリスロポエチン製剤は骨髄に作用することで赤血球の産生を促します。 これによって、赤血球を増やして腎性貧血を治療できるようになります。 エポエチン ベータ ペゴル(商品名:ミルセラ)の特徴 エリスロポエチン製剤の中でも、エポエチン ベータ ペゴル(商品名:ミルセラ)はより作用時間を長くさせたエリスロポエチン製剤になります。 それまで使用されていた薬としては、エリスロポエチン ベータ(商品名:エポジン)という製品があります。 しかし、この製剤は腎性貧血の症状が改善した後も週に2~3回の投与が必要となる医薬品です。 そこで「 投与期間を4週間に1回」へと改善した薬がエポエチン ベータ ペゴル(商品名:ミルセラ)になります。 これに比べて、エポエチン ベータ ペゴルの半減期は168~217時間(7. 0~8. 9日)となります。 これは、従来のエリスロポエチン製剤に比べて、5~10倍長い事になります。 そのため、 長時間に渡って骨髄に作用し、赤血球を作り出することができます。 エポエチン ベータ ペゴル(商品名:ミルセラ)の構造 従来のエリスロポエチン製剤であるエリスロポエチン ベータ(商品名:エポジン)に対して、化学的に変化を加えた製剤がエポエチン ベータ ペゴル(商品名:ミルセラ)になります。 何を変えたかというと、エリスロポエチン ベータに対して ポリエチレングリコール(PEG)と呼ばれる長い鎖をくっつけました。 この長い直鎖があることによって、薬として作用を示すエリスロポエチン ベータの部分の分解を防ぐことができました。 これによって、半減期を大幅に長くすることに成功したのです。 なお、これらの医薬品は遺伝子組み換え品であるため、体の中に備わっている免疫系が異物として認識することがあります。 これによって、抗体が作られて薬の作用が無効化されてしまいます。 これを専門用語では 抗原性と表現します。 今回であれば、エリスロポエチンに対する抗体が作られて、骨髄で上手く赤血球を作ってくれなくなります。 エポエチン ベータ ペゴル(商品名:ミルセラ)のように ポリエチレングリコール(PEG)をくっつけると、一般的に抗原性が低下すると言われています。 そのため、エポエチン ベータ ペゴルは「免疫系によるエリスロポエチン製剤の無効化」という作用の軽減も期待されている薬です。

次の