ソフトバンク 5g スマホ。 “ソフトバンク”初となる5G対応スマートフォンを4機種発売

ソフトバンク5G対応スマホ4機種まとめ|5G基本料金は今なら無料?

ソフトバンク 5g スマホ

ソフトバンクは、3月27日に開始予定の5G商用サービスに対応するスマートフォンを発表しました。 国内ですでに発表済みの「AQUOS R5G」に加え、「ZTE Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の計4機種を用意。 このうち「OPPO Reno3 5G」は、国内の通信事業者としてソフトバンクだけが取り扱います。 なお、全ての製品が端末購入補助プログラム「トクするサポート+」に対応します。 8Kで撮った動画から被写体を認識し、自動でフォーカスする機能を搭載します。 背面カメラは約4800万画素の超広角を含む4眼仕様です。 画面サイズは約6. 5インチのPro IGZO液晶ディスプレイを搭載。 HDR動画で10億色表示が可能な点に加えて、画面輝度がAQUOS R3比で1. 2倍向上している点もポイントです。 本体の一括価格は12万9600円(税込)です。 本体にサブディスプレイ付きの専用ケースを装着することで、簡単に2画面化できます。 また、ソフトバンクが新たに提供するコンテンツ配信サービス「5G LAB」の「FR SQUARE」にも対応。 2画面での視聴は、ゲームプレイやマップの閲覧だけでなく、5G時代の音楽ライブやスポーツ観戦などでも活用できそうです。 バッテリー容量は4機種の中で最も多い5000mAhです。 その代わりに重量は本体のみで約218g、専用ケース込みで約353gと超ヘビー級です。 カラーはクラッシーブルーの1色のみです。 本体の販売価格は未定です。

次の

ソフトバンクおすすめ最新スマホ機種ランキング2020年【口コミ・評判まとめ】

ソフトバンク 5g スマホ

MVNO(格安SIM)による取り扱いも今のところありません。 またメーカー直販のSIMロックフリーモデルとして、ファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」が発売済みです。 カメラに特化したフラッグシップモデルですが、Googleの各種アプリがインストールされておらず、Google Play Storeも利用できないため一般的なAndroidアプリがインストールできないスマホです。 MNPなど通信事業者の乗り換えの手間や、現在使っているアプリやサービスの移行を考えると、現時点で5Gスマホに買い替えやすいのは3キャリアでAndroidスマホを利用しているユーザーといえるでしょう。 「5Gスマホ」購入ポイント:エリアは限定的でもスペックの高さが魅力 各社の5G対応エリアはまだまだ限定的で、人口密集地の一部で使えるという段階です。 5Gサービスの恩恵をフルに受けられるのは、エリアが充実する数年以上先になると予測されています。 しかし 5Gスマホは新サービスに対応する機種だけに、機能や性能が高いハイスペックモデルが多く、5G以外の見どころが多いのも魅力です。 全国でほぼカバーされた4Gも最新の高速仕様をサポートしたり、カメラや処理能力、内蔵メモリ、Wi-Fiなど、この先長く使える要素を持ち合わせたりしています。 先行投資として5G対応スマホを購入する選択肢もあるでしょう。 「5Gスマホ」購入ポイント:端末価格や月額料金など気になるコストは? 5Gスマホはハイスペックモデルが多いこともあり、支払総額が10万円から13万円台半ば(税込、以下同)という高額な機種がほとんどです。 買いやすい価格帯のモデルも一部ありますが、今のところ選択はわずか。 ただし、夏ごろの発売を控えている機種がいくつかあるため、そのタイミングまで待つのも手でしょう。 大手キャリアは高額なスマホ購入の負担感を軽くできるよう、それぞれで購入プログラムを用意しています。 分割払いと一定期間後の買い替え(端末の回収込み)が必要ですが、条件を満たせば月々の負担額を低くおさえて最新スマホを購入できます。 また月々の料金プランは、各社とも5G用の専用料金を契約します。 基本的に従来の4G向けプランから月額で500〜1000円ほど高く設定されていますが、サービス開始キャンペーンやエリアの狭さを理由にした無料措置もあり、極端なコストアップにはならないでしょう。 いずれも高速・大容量という5Gサービスを生かせるよう、使い放題やそれに近い大容量のデータ通信量に対応しているのが特徴。 もちろん、Wi-Fiを活用してあまりモバイルデータ通信を使わないユーザーに合わせて、月1GBから設定できるプランもあります。 またauは動画配信サービス「Netflix」が付いたプランを用意。 ソフトバンクも「YouTube」や「Amazon Prime Video」のデータ通信容量をカウントしない仕組みを用意しています。 「5Gスマホ」おすすめモデル3選 3キャリアが取り扱う「AQUOS R5G」 シャープの「AQUOS R5G」は、ドコモ、au、ソフトバンクの3社がそろって取り扱っている5Gスマホです。 支払総額は11万台前半から12万円台後半です。 「AQUOS R5G」のソフトバンク向けモデル 高速通信を生かすためかビジュアル関連のスペックが充実しています。 ディスプレイは大画面の約6. さらに、8Kの静止画や動画を撮影できる超広角カメラ、広角カメラ、光学2倍ズーム対応の望遠カメラ、背景ボカシ用のToFカメラセンサーを備えています。 プロセッサーはSnapdragon 865、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GBと処理能力もハイスペック。 最大1TBのmicroSDXCメモリーカードを搭載することもできます。 防水・防塵(じん)やおサイフケータイにも対応しています。 大画面だけどスリム、高解像度カメラも特徴の「Galaxy S20 5G」 サムスン電子の「Galaxy S20 5G」は、NTTドコモとauが販売する5Gスマホです。 端末価格の総額は10万〜13万円台です。 「Galaxy S20 5G」のドコモ向けモデル 搭載する6. 2型有機ELディスプイは、120Hzのリフレッシュレートで表示が非常に滑らか。 ディスプレイの縁を細くするベゼルレスデザインが進化し、大画面でありながら幅69ミリというスリムさも魅力です。 カメラは1200万画素の超広角と広角、なんと6400万画素の望遠というトリプル構成です。 プロセッサーはSnapdragon 865で、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは128GB。 最大1TBのmicroSDXCメモリーカードを搭載することもできます。 防水やおサイフケータイにも対応しています。 ソニーのフラッグシップモデル「Xperia 1 II」 ドコモとauが取り扱う「Xperia 1 II(マークツー)」は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の5G対応フラッグシップモデル。 auは5月22日の発売で、総額は13万3600円。 ドコモは5月下旬の販売開始を予定しています。

次の

SIMはそのまま使える? 4Gに戻したいときは?――「5G」の契約で気になることを聞いてみた

ソフトバンク 5g スマホ

2 mm) 重量 約353g (本体のみ:約218g) ディスプレイ 約6. 9x75. 7x8. 3mm 重量 194g ディスプレイ 約6. 3Dtouch非搭載、引き続き顔認証(Face ID)のみ搭載で指紋認証はありません。 メインカメラは、デュアルカメラ構成です。 XRにはなかった超広角カメラが魅力的です。 サブカメラはシングルカメラで1200万画素を搭載しています。 初のナイトモードに対応するなど、上位モデルにも劣らないカメラ性能です。 多くのユーザーが十分満足出来る買いやすいiPhoneとなっています。 iPhone 11シリーズで迷ったらまず、間違いなくiPhone 11が最もコスパに優れているのでおすすめです。 9x75. 7x8. 3mm 約158. 0x77. 8x8. 1mm 重量 194g 226g ディスプレイ 約5. 8インチ Super Retina XDRディスプレイ 有機EL 約6. 3x70. 1x8. 2mm 重量 147g ディスプレイ 5. 5インチ超縦長スマートフォンになっています。 大画面により2つのアプリを見やすく同時に表示して、SNSしながら、YouTubeなんてことも縦長だから容易に出来ます。 瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳 AF オートフォーカス 」は、高級ハイエンドカメラに搭載されていたものなのでやはり期待値は高いですね!また、シリーズ初となる標準・望遠・超広角のトリプルレンズカメラを搭載しているのも、カメラが強いXperiaが戻って来てくれた印象です。

次の