ヴィン ランド サガ ウェールズ。 ヴィンランド・サガはなぜ面白いのか。その理由を分析してみた

ヴィンランド・サガ

ヴィン ランド サガ ウェールズ

ふらふらトルフィンのエコ暴力 アシェラッドやクヌート達が御前会議に参加する中、トルフィンは男三人をエコロジカルにノックアウト。 アシェラッドとの決闘に敗北したダメージは未だ大きく、トルフィンの判断能力も絶賛低下中……それでも尚アシェラッドへの執着だけは異常に強い。 アシェラッドと見間違えられたばっかりに、ボコボコにされてしまった野郎三人は少し気の毒だったけれど、あんまり態度がよろしくなかったので自業自得か。 それにしてもトルフィンふらふらしててもホント強いな。 エコ暴力であっという間に三人のしていく姿はとても爽快だった。 「またお前か」と即座に連行されてたのも笑えた。 そんなトルフィンを一番うまく使いこなせるのがアシェラッドというのも随分と皮肉な話ですよね。 レイフの誇りとけじめが胸熱 監禁中のトルフィンに語るレイフの誇りとけじめが胸熱でしたね。 厳しい冒険を生き抜いてきたレイフの言葉はとても優しく、説得力があると同時に、船乗りとしての強い誇りひしひしと感じました。 トルフィンがまだ幼い頃の家族の様子を語る姿はまるで肉親のように温かかったし、トルフィンを故郷に連れて帰るのは自分のためだと断言するところも超ステキ。 何よりそれがトールズとのけじめだと言う姿にもう好感度爆上がりですよ。 レイフってこんなに凄い人物だったんだ……改めて実感させらる一幕だったと思います。 今回ばかりはさすがのトルフィンもかなり堪えてるように感じました。 今回のレイフ、ホント胸熱だったなぁ。 ハゲるまで考えろ スヴェン王のウェールズ侵攻の発言を受け、アシェラッドが脳みそフル回転させてましたね。 一瞬見せた思考停止状態からは打って変わり、ハゲそうなくらいにウェールズ侵攻を阻止する方法を考えるも、やっぱりどこか冷静さを欠いている…。 戦場でどんなに怪我を負ってもクールな印象が強かったアシェラッドがここまで余裕を無くすとは……これは過去最大級のピンチですよ。 隣ではトルケルが美味しそうにバクバク食べ漁ってるというのに……なんて対照的なんだろう…このハゲとのっぽ。 でもトルケルも決して頭悪くないんですよね…むしろグイグイ核心を突いてくる。 特にアシェラッドとウェールズの関係について尋ねるシーンがとてもいい。 アシェラッドもそんなトルケルのことをわかっているのか…無下にあしらうこともせず正直に話すんですよね。 アシェラッドとトルケルの会話…とても印象に残る隠れた名シーンだったと思います。 でも、とりあえずアシェラッドはもっとハゲるまで脳みそを使い続けるしかなさそうです。 ヴィンランドだ! ここにきてようやく「ヴィンランド」という存在が強く意味を持つようになってきましたね。 もともとはレイフの語る夢物語的な部分があったものの、今の闇落ちしたトルフィンにとって、レイフの「ヴィンランドだ!」は実に効果てきめんだった。 戦いを避けるためアイスランドに逃げてきたトールズも生きていればきっとヴィンランドを目指したはず…これはレイフだけでなくトルフィンもそう思っていたようで。 ヴィンランドの草原を歩くトールズの後ろ姿に思わず胸が熱くなってしまいました。 今まで復讐のみに生きてきたトルフィンにとって、今回のレイフとの邂逅は暗闇の中にほんのりとですが光が挿し込む出来事だったんじゃないでしょうか。

次の

ヴィンランド・サガはなぜ面白いのか。その理由を分析してみた

ヴィン ランド サガ ウェールズ

(18. 13更新) こんにちは!ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。 ヴィンランド・サガは中世のヨーロッパを舞台としたヴァイキングの漫画で、これまでに21巻まで発売されています。 ヴィンランド・サガを既に読んでファンになっている人も多いと思いますし、これから読んでみようと思っている方もいると思います。 僕もヴィンランド・サガに魅了され、いつもワクワクしながら読んでいます。 なぜヴィンランド・サガは面白いのか? 僕なりに分析をして皆さんにお伝えしたいと思います。 この記事とともに、さらにヴィンランド・サガを楽しんでくだされば幸いです。 時代は11世紀の前半、ヨーロッパ中を荒らして略奪を繰り返していたのが、デンマークなどを拠点とするヴァイキングでした。 そのヴァイキングの中で、父親を殺されて復讐に燃える少年がいました。 この少年が主人公のトルフィンです。 「本当の戦士」とは何なのか? 「心休まる平和な日」を手にすることができるのか? がテーマとして描かれており、残虐な戦闘シーンや哲学的な考え方も見どころです。 ヴィンランド・サガの興味深いポイント3つ 僕はヴィンランド・サガの面白さを簡潔に表現するとこの3点になると思います。 トルフィンの変化とストーリー展開、そこには哲学があった 主人公トルフィンは成長するにしたがって大きく性格が変わってきます。 またその時その時を象徴するかのような言葉があり、生き方の教訓にもなっています。 特に僕が印象に残った言葉を3つ取り上げます。 歴史的な背景に沿っており、歴史の勉強にもなる ヴィンランド・ サガは11世紀の初めのヨーロッパを舞台にしており、 当時の歴史の状況が良く理解できます。

次の

漫画ヴィンランド・サガ最大の分岐点を考察する

ヴィン ランド サガ ウェールズ

ヴィンランド・サガという漫画の説明 どうも、マスクド・ニシオカです。 最近、目薬の使用量が増えた気がします。 ヴィンランド・サガという漫画について、もしかしたら説明は不要かもしれません。 それくらい有名であり、それくらいいろんな人が感想や考察を書かれている作品です。 自分は歴史に疎い人間であり、それほど興味がありません。 しかし、この漫画にはそんな歴史を全く理解していない自分をも惹きつける魅力があるのです。 2005年に週刊少年マガジンで始まりましたが、その後、執筆が追いつかず、一旦終了した後、月刊アフタヌーンで連載を再開し、今に至ります。 2016/10/4現在で18巻まで刊行されていて、作者は幸村誠という方です。 ヴィンランド・サガのストーリー もの凄く簡単に言うと、11世紀頃に実際に存在したヴァイキングたちの生き様を描いた漫画です。 主人公は自分のせいで父親を殺されたトルフィン。 その父親をトルフィンの目の前で殺したのがアシェラッド。 目の前で父親を殺されたトルフィンは復讐を誓いアシェラッドの船団に取り入ります。 このときトルフィンは、まだ6才。 それから10年、トルフィンはアシェラッドの船団で生き延び、ヴァイキングの一員として活躍するまでに成長し、手柄を立てその褒美にアシェラッドに決闘を挑むのだが・・・。 スポンサーリンク 実在の話を元にしたストーリー? 自分は歴史に疎いので、詳しくはわかりませんが、どうやらこの漫画に出てくるキャラクターは実在する人がモデルとなっているようで、その人たちのことを書かれているサイトもあります。 個人的には、この漫画で物語がどうなるか見てみたいので、ネタバレしないように封印しています。 このサイトは、漫画に登場する舞台でもある、イギリス・ウェーズの歴史に詳しい方が書かれており、自分なんかよりもヴィンランド・サガに対する造詣が深く内容が濃いので、自分のブログよりも面白いです。 物語の大きな分岐点 主人公トルフィンが、父の仇であるアシェラッドを倒すために、アシェラッドの部下としてそのチャンスを狙っていました。 アシェラッドが率いるのは蛮族であり100人ほどの傭兵の集まりで、国からお金をもらって戦っていました。 そんなこんながあって、戦乱の中、アシェラッドは王の息子(王子)を救出して国に取り立ててもらおうと画策します。 (この辺については簡単にまとめています) しかし、この王子には兄がいて第二王子だったので、王からは戦乱の中で死んでくれたら、と思われていました。 そこで、今まで敵だった人なんかを巻き込みつつ、第二王子が覚醒したりして、「王を討とう!」という目的でまとまります。 しかし、王も馬鹿じゃないから王子の思惑を見抜くのですが、お互いバレたら民衆からの指示が得られなくなりますので、そう簡単には手が出せない状態になります。 そこで、作戦を練ってじっくり進めていこうとしていたのですが、偉い人が集まる場所でアシェラッドが王の首をはねてしまいます。 これがこの物語の大きな分岐点なのです。 王が死んだことで、王子は第二王子であったにもかかわらず、王になることが出来ました。 しかし、父親の仇を取るために生きてきた主人公のトルフィンは、生きる目標を失い錯乱し王子に斬りかかります。 事情を知っている王(元王子)は、トルフィンは無罪を言い渡されて放り出され、その後、奴隷として売られてしまいます。 アシェラッドがなぜ王の首をはねたか? さて、アシェラッドがなぜ王の首をはねたか?これにはちゃんと理由があります。 実はアシェラッドはウェールズという土地の出身で、さらに母親が王族の血を継ぐ人で、アシェラッドは偉い人の子孫でした。 そんなアシェラッドに王はこう言います。 「王子か、ウェールズか、どちらかを選べ」つまり、王はまだ王子に死んでもらいたいと思っていて、それを裏で操っているアシェラッドに寝返るように仕組んだのです。 そのために王はウェールズに進軍すると言い出し、アシェラッドはそれを聞いて「困った~!」となります。 だから、「王子か、ウェールズか、どちらかを選べ」ということになるわけです。 王子の首を差し出して王に寝返るか、母親の墓がある故郷ウェールズを守るか、究極の選択を迫られたアシェラッドは、錯乱したふりをして王の首をはねます。 そのことによって王子は王になり、ウェールズに進軍している場合じゃない!とウェールズへの進軍を取りやめウェールズを守ります。 確かに、このことによって王子は王になることが出来て、ウェールズは進軍されることなく両方守られるのですが、あまりにも大きな分岐点であり、もし、こうならなかったらどうなっていたのか?と思うのです。 スポンサーリンク もし、アシェラッドが王の首をはねていなかったら 単純に、アシェラッドが首をはねなかったら、この物語は全く違う話になっていたでしょう。 王が王子の命を狙い、王子は王の暗殺を企てる。 そこに物語が変わる要素はありませんが、問題はアシェラッドの死です。 アシェラッドが生きていればどうなっていたか?ということになります。 アシェラッドが生きている状態で、王子が王になった場合、いつか王を暗殺してアシェラッドが表舞台に出るようなことはなかったでしょうか?アシェラッドのセリフで「アルトリウスの血を引き、我はルキウス・アルトリウス・カストゥスだ!」というシーンがありますが、アシェラッドはウェールズこそが本命であり、自分は王の血を引いているから、我こそは!ってなっていたはずです。 しかし、そうなるとトルフィンはどうしましょう?アシェラッドが生きている間、仇であるアシェラッドを狙い続けるはずです。 しかし、「本当の戦士に剣など要らぬ」と言った父の血を引くトルフィンですから、実際の今の物語と同様、戦を好まず、王冠と父親の亡霊に取り憑かれた王(元王子)を説き伏せたときと同じように、アシェラッドへの復讐を止め、許していたのではないか?と考えるのです。 めちゃくちゃ簡単に言うと、『負けるが勝ち』みたいな感じです。 アシェラッドはなぜ、王子を王にしたかったのか? アシェラッドが王の首をはね、散々暴れているところを止めを刺したのは王子です。 この一撃でアシェラッドは事切れます。 そして王子にこう言います。 「上出来だ」と。 これによってそこにいた人は、王子が王の仇を討った!となり、一気に王子を王として認めます。 アシェラッドが王子を王にするために打った芝居の仕上げですから「上出来だ」というのはそういうことでしょう。 しかし、なぜそこまで王子という神輿を担いだのか?そこがわからないのです。 確かに王子は豹変しました。 完全に人が変わってしまいました。 それが理由なのでしょうか?あのままアシェラッドが生きていて、王を暗殺して王子が王になっていたら、アシェラッドの望みは叶ったのでしょうか?やはり、アシェラッドとしては自分が・・・・。 ということでしょうか? なぜ、あの会議にトルフィンは行かなかったか 分岐点となる偉い人が集まる会議に、主人公であるトルフィンはいません。 これは、何かの伏線なのでしょうか?この画像の最後のコマでしゃべっているのがアシェラッドです。 「さすがにこの場で刃傷沙汰に及ぶバカはおらんでしょう」と自分で言っておいて、その後、自分が思いっきり刃傷沙汰に及びます。 しかし、ここではソレは置いておいて、トルフィンがこの屋敷には入っていません。 この数コマ前に、この屋敷のことを「薄っ気味の悪い家だぜ」と表現していて、だまし合いばかりする人たちを非難しています。 たしかにそういう複線はあるのですが、もし、あの場面にトルフィンがいればどうなっていたのか?妄想が膨らみます。 もし、トルフィンがあの場面にいたならば、アシェラッドが王に剣を向けた時点で、トルフィンの方が後先考えずに飛び掛っていたかもしれませんし、それ以前に、アシェラッドは王の愚弄に耐えていたのかもしれません。 もし、そうだとしたら、トルフィンはあの場面にいなかったことを後悔しているのではないでしょうか?.

次の