アメリカ 大統領 予備 選挙。 【初心者向け】3分でわかるアメリカ大統領選挙の仕組み

アメリカ大統領選挙の仕組みとは?問題点やなぜ?を簡単に解説!【図解】

アメリカ 大統領 予備 選挙

アメリカ合衆国憲法第2条:大統領と副大統領の任期 [ ] 大統領選挙は第2条の第1節、、及びに規定される。 大統領及びは4年の任期を務める。 選挙の規定 [ ] 選挙権と被選挙権 [ ] 大統領選挙のは アメリカ国籍者 に限り、永住権者には選挙権が無い。 加えて 18歳以上であることと、通常 選挙人登録を行っていることが要件となる。 アメリカは日本のようなが無いため、自動的にに登録されることは無く、選挙人名簿(がこれにあたる)に自己申告で登録しなければ選挙人名簿には登録されず、投票資格が生じない。 なお選挙権が無いにも関わらず選挙人登録をすると刑法犯罪になる。 は 35歳以上であること、 アメリカ合衆国内で生まれたアメリカ合衆国市民(両親がアメリカ国籍であればアメリカ合衆国外で生まれても構わない)であって、 14年以上アメリカ合衆国内に住んでいることが憲法上の要件である。 また、憲法修正第22条により、大統領に3度選出されること、昇格や職務代行により2年以上大統領の職務を行った人物が複数回大統領に選出されることが禁止されている。 この他、多くの州では2大政党(と)以外の立候補に一定数の有権者によるを必要としている。 そのため、2大政党以外の候補者にとって立候補のハードルは高い。 第三勢力の候補者は署名が揃わず、一部の州でしか立候補できない事例が多い。 の事例では、立候補者は31組いるが、2大政党以外の候補者で全州で立候補できた者はののみである。 第三勢力で全州で立候補できた候補は、の( ())以来20年ぶりである。 これらの候補は過半数のを擁立しており、大統領に当選する可能性があるのは、全州立候補のゲーリー・ジョンソン、ほぼ全国規模のジル・スタインら7名、それに2大政党の候補者(民主党のと共和党の)を含めた10名ということになる。 また、立候補した州でも初めから名簿(リスト)に名前が掲載されている候補と、有権者が任意でによるをする必要がある候補に分けられている場合がある(2大政党候補は必ず名前が掲載される)。 例えばカリフォルニア州では2012年の選挙から、全ての立候補者から選ぶ事が出来るように改正され、2012年の候補者6名全てが名簿に載っている。 アメリカ合衆国の選挙法 では、外国籍の人間(永住権保有者を除く)によるいかなる選挙への関与(選挙関連活動及び寄付)を認めておらず 、これらの行為は違法である。 選挙方法と最終決定 [ ] 「」も参照 通常、の勝利を確実とした大統領候補が、自らとは支持基盤・政策・キャラクターなどが異なる人物を副大統領候補に内定し、党大会において正副大統領候補が正式指名を受ける。 大統領選挙は形式上であり、有権者は一般投票日に、 Electoral College に票を投じる。 選挙人(elector、選挙人団の個々のメンバー)は前もって、本選挙において特定の大統領候補と副大統領候補のペアへ投票することを誓約しており、この候補者ペアを ()(ticket、党公認候補者名簿などとも訳す)と呼ぶ。 選挙人が本選挙で誓約通りの候補者に投票することは、いくつかの州で義務付けられているが、や連邦法レベルでは存在せず、ごくまれに誓約違反がある。 もっとも、実際の投票では大統領候補と副大統領候補の名前のペアとその公認政党の組み合わせの書かれた選択肢に記入して投票すると、その候補ペアへの投票を誓約する選挙人団への票とみなされる投票方式がとられる。 各州には人口に応じた(ただし比例はしていない)選挙人の定数があり、と以外では、他の選挙人団より1票でも多くの票を獲得した選挙人団がすべての選挙人を出すことができる。 つまり実質的には、州の一般投票で最多得票の大統領候補がその州の全ての選挙人を獲得するである。 全州で獲得した選挙人の数を合計し、獲得総数が多い候補者が勝利する。 有権者の投票数の比が直接反映される制度ではないため、、、、、 の選挙では、一般投票での次点候補が当選している。 投票日 [ ] 有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は、4年ごとに11月の第1月曜日の翌日( - のうち火曜日)に行われる。 その後12月の第2水曜日の次の月曜日( - のうち月曜日)に、各州で選挙人団が集会し「選挙人投票」が行われる。 選挙人による投票は1回のみである。 どの候補者も全選挙人過半数票を獲得できなかった場合、大統領は大統領候補高得票者3名以下の中から下院が、副大統領は副大統領候補高得票者2名から上院が選出する。 下院での投票は通常議決と異なり、選出州ごとに議員団として投票し、各議員団は議員数に関わらず1票を有する。 議会による投票で選出された者として、大統領としては(1825-1829年)、副大統領としては、(1837-1841年)がいる。 大統領選挙人 [ ] 詳細は「」を参照 各州から選出される選挙人の数は、その州の上院との議員数に等しい人数(合計535人)と決められている。 上院議員は各州から2名ずつ、下院議員は州の人口に基づいて決められる。 人口は10年毎に行われるのデータを使用する。 カリフォルニア州から選出される下院議員が最多の53名であることから、選挙人の人数も最も多く55人となる。 など下院議員の選出数の最も少ない州は3人の選挙人を選出することとなる。 首都ワシントンD. は下院1議席だが、最も少ない州と同じ3名の選挙人が選出される。 現在、ほとんどの一般投票有権者はあらかじめ投票先候補者を誓約している代議員団に対して投票する。 そのため事実上、選挙人が投票する候補者は一般投票によって決まる。 しかし、連邦法およびアメリカ合衆国憲法では選挙人が誓約に従って投票するよう義務付けているわけではなく(一部の州では州法によって義務付けている)、選挙人は一般投票と異なる候補者に投票することも可能である。 ただし、選挙人が一般投票の結果とは異なった投票を行った例は数の上で極めて少なく、現在の選挙の慣行が形成されて以来、誓約に反した投票が当選者決定に影響を及ぼした例は無い。 また特定候補への投票を誓約しない選挙人団の立候補・被選出も可能だが、1960年を最後に非誓約選挙人が選出された例はない。 なお現在では選挙人は、すべて直接選挙で選ばれているが、選挙人選出は州の権限であるため、連邦法上は必ずしも直接選挙で選出する必要はなく、歴史的には州議会によって選ばれていた例もある。 近年でも一般投票のでの、一般投票結果の確定が選挙人投票日に間に合わない場合に備えてフロリダ州議会が独自に選挙人を決定する構えを見せていた。 また、ほとんどの州では勝者総取り方式を採用しているものの、の時点で、メイン州とネブラスカ州では、上院議員議席分の2名の枠を州全体での最多得票の陣営に与え、残りの下院議員議席分の枠を、下院選挙区ごとに最多得票の陣営に1名ずつ与える。 は勝者総取り方式だが、2004年の選挙と同時に行われる住民投票の結果次第で「比例割当方式」に変更される可能性があった。 しかし住民投票の結果は反対多数だったことから、従前通りの方式にとどまることが決まった。 開票 [ ] 開票は1月6日にでアメリカ合衆国大統領選挙同日に行われた、で当選した議員による上下両院の総合議会であるので選挙人の投票を開票して、正式にアメリカ合衆国大統領の当選・就任が決まる。 注:、ミラード・フィルモア、、、リンドン・ジョンソンおよびジェラルド・フォードは選挙で選ばれなかった大統領(副大統領からの昇格)。 うち、フォードは副大統領選挙を経ていない(副大統領の辞職に伴う就任のため)。 タイラーと両ジョンソンは、現職候補として再選に出馬しなかった。 フィルモアは退任後の出馬(現職としての立候補では無い)。 投票数 [ ] 年 有権者数 注1 投票数 投票率 2008 2億3122万9580 1億3261万8580 56. その数は永住権をもつ者や重犯罪で服役中の囚人といった投票資格のない者をかなりの数含んでいるため、実際の有権者数は多少低くなる。 1994年の永住権所持者はおよそ1300万人、1996年の重犯罪で服役中の囚人は約130万人だった。 さらに、投票資格をもつ者でも、有権者登録手続きを事前に済ませなければ投票権を得られない。 改革の動き [ ] NPVICの法制化の予定がない州 最終的に選挙人の選出方法を規定することができる各州・DCが ()( NPVIC)を結び、全国の一般投票最多得票者に協定を結んだ州の選挙人枠を与えようという動きがある。 NPVICは、これを州法等で法制化した州・DCの選挙人枠合計が過半数270以上となった時点をもって発効する。 発効後は、NPVICを拒み従来通りの方法で選挙人を選出する州があろうとも、一般投票最多得票者が270票以上の選挙人票を得て当選することとなる。 発効条件を満たさない間は、NPVICを法制化した州・DCにおいても従来通りに選挙人が選ばれる。 2017年の段階では、10州とDCがNPVICを法制化し、これらの選挙人枠は総数の約3割に当たる165である。 脚注 [ ] []• 米国籍は、1)米国内での出生、2)親のどちらかもしくは両方が米国籍者(出生地は問わず)、3)帰化 などによる取得があるが、被選挙権と違い選挙権はどの方式で米国籍を取得したかは問わない• About. com• この規定に関して生まれのため現行法では大統領選挙の立候補資格がない元知事が、「合衆国内生まれ」という憲法規定を修正するよう求めている。 うち、名簿登載は24州• うち、名簿登載は12州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は15州• うち、名簿登載は2州• うち、名簿登載は1州• 20 Prohibition on contributions, donations, expenditures, independent expenditures, and disbursements by foreign nationals 52 U. 30121, 36 U. 510. A foreign national shall not, directly or indirectly, make a contribution or a donation of money or other thing of value, or expressly or impliedly promise to make a contribution or a donation, in connection with any Federal, State, or local election. は一般選挙の勝者として選挙運営者の確認を得た大統領候補を ()と規定し、次期大統領としての活動のためのオフィスやスタッフの給与等を公費で賄うべきことを定めている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

スーパーチューズデーとは? アメリカ大統領候補者選びのヤマ場と呼ばれるワケ

アメリカ 大統領 予備 選挙

アメリカ合衆国大統領選挙は4年に1度のビッグイベントです。 アメリカの大統領は世界に大きな影響力があるため、毎回世界中が注目しますよね! 日本の場合は頼りない人ばかり、総理大臣に選ばれてしまいます。 その時に議席数の多い党から、その党の都合で選ばれてしまいます。 アメリカみたいに自分の国のリーダーは、自分達の投票で決めたいよな~って思うのは、私だけじゃないかもしれませんね。 そんなわけで、大統領選挙になるといつも注目するわけですが、ニュースで見ていても、大統領選挙の仕組みはよく分からない事ばかりです。 なんだかアメリカ中の州で何回も何回も選挙をやっていて、いったいいつ候補者が決まって、どうやって大統領が選出されるのか分からないことばかりですよね。 」なんてニュースでよく聞きますが、いったいそれがどんな影響があるって言うんでしょうか? そこで、今回はアメリカ合衆国大統領選挙の仕組みについて調べてみました。 やっぱりややこしかったので、分かり易く解説していきます! 【アメリカ大統領選挙の流れ】 アメリカの大統領になるには、共和党か民主党のどちらかの党から候補者に指名され、党の代表となる必要があります。 その党の代表候補を決めるための選挙が予備選挙です。 この予備選挙は大統領選挙のある年の 2月~6月にかけて行われます。 」というのは、実はこの予備選挙のことなんですね。 大統領候補達は、予備選挙前の準備期間も含めれば、本選挙まで1年以上も選挙活動を行います。 その間アメリカ中を飛び回って支持を訴えるわけです。 タフじゃないと大統領なんて務まりませんね。 サラリーマン生活ですら、続けられなかった貧弱な私には、絶対に無理ですね…。 こうして、各党の候補者が選出されると、それぞれの党の候補者が大統領の座をかけて一騎打ちの選挙を行います。 これを本選挙といいます。 本選挙は 7月~11月にかけて行われます。 というわけで、次は、予備選挙と本選挙のそれぞれを説明していきます。 スポンサーリンク 予備選挙 大統領選挙の候補者になるためには、まず、民主党か共和党の公認を受けなければいけません。 つまり、本番の大統領選挙の前にそれぞれの党の中で公認を受けるための予選を勝ち抜かなければならないわけです。 これが 予備選挙です。 2080年の民主党の予備選挙では、ヒラリー・クリントン氏とバラク・オバマ氏が熾烈な争いをして、連日ニュースを賑わせました。 そのため、共和党の予備選挙のことはおまけ程度しか報道されず、あたかも二人の争いが本選挙かのような錯覚を覚えるくらいの勢いでしたね~。 大統領選挙を争ってるのは、この2人だと思った人も多いのではないでしょうか?少なくとも私はそうでしたよ…。 予備選挙の仕組み 予備選挙は各党の党員が中心となる有権者が投票して候補者を選ぶわけですが、有権者が直接候補者を選べるわけではなく、 各党の代議員と呼ばれる人の投票によって候補者を決める 間接選挙の方式をとっています。 党の代表となるのは一番多い代議員の票を得た候補者です。 【代議員とは?】 共和党、民主党、それぞれの大統領候補者は、両党ともに7月~8月に行われる全国党大会での選挙により選出される。 代議員とはその選挙の投票権を持つ人の事を指す。 この代議員の数は、各州の人口に応じて配分されている。 各州での予備選挙では、あらかじめ自分が投票する大統領候補を公表している代議員候補がおり、投票結果の各大統領候補の得票数の比率によって、その候補に投票することを約束している代議員が選出される。 代議員の選出方法は基本的には、どの州もこのような比例配分で選出されるが、共和党の場合は、最も得票数の多かった候補が、代議員を総取りする州もある。 また、民主党の場合は、全国党大会で自分の意思で投票先の候補を決められる特別代議員も存在している。 日本の総理大臣も国政選挙で選ばれた国会議員が、投票して選ばれるので、それと同じと考えるとイメージしやすのではないでしょうか。 この代議員の選出方法は、予備選挙以外に党員集会というものがあります。 【党員集会とは】 党員集会では共和党、民主党のそれぞれの党員が、集会を行い、党員同士の議論や投票によって、代議員を選出する。 開催されている場所も様々で、学校や個人の家などで開催される場合もあり、党員全ての意見を反映させることを目的にしている。 党員集会にはレベルがあり、投票区、郡、連邦下院選挙区、州があり、それぞれの党員集会に参加できる代議員というのが存在している。 投票区毎の党員集会で選ばれた代議員は、郡レベルの党員集会に参加して、連邦下院選挙区レベルの党員集会に参加する代議員を選出し、同じように連邦下院選挙区レベルでは州レベルの党員集会に、州レベルでは全国党大会に参加する代議員を選出する。 このように各党員の意見を反映させながら、何段階にも分けて代議員を選出するため、その州の代議員が確定するまでには、数カ月もの時間を要する。 こうして予備選挙や党員集会で選出される代議員は、最初から投票予定の候補を決めているので、有権者が、自分の希望する候補に投票すると、各候補者はその得票数に応じて、自分に投票してくれる代議員を獲得することになります。 この予備選挙と党員大会を全ての州で実施し、最終的に最も多くの代議員を獲得した候補が、7月に実施される党大会で、その党の 公認候補に選出されるのです。 党の公認候補になると 晴れて党から公認を受けることができれば、民主党、共和党、それぞれの党公認の大統領候補として、本選挙に立候補できます。 そこで、疑問なのが民主党か共和党のどちらかに所属してないと大統領に立候補できないのかということですが、それについては後述します。 【選挙人とは】 選挙人とは、大統領選挙の本選挙で、大統領と副大統領のペアを選出するための選挙人集会に参加する人のこと。 選挙人は各州に割り当てられていて、その数は上院議員と下院議員の数と同数で、その数は535人である。 また、首都ワシントンD. には上下両院議員は存在しないが、選挙人だけは3人が割り当てられている。 そのため、全国の選挙人の合計は538人となる。 選挙人はあらかじめ、自分が指名する予定の候補を誓約しており、各州の大統領選挙の結果、最も多く得票した候補者が決まると、その候補者を指名予定の選挙人が選出される。 このように1票でも多く得票した候補者が、その州の全ての選挙人の枠を総取りできる仕組みになっている。 ただし、メイン州とネブラスカ州では、全選挙人の中の2人は最も多く得票した候補に割り振り、残りを下院選挙区毎に最も多く得票した候補に1人ずつ割り振る方式にしている。 選出された選挙人は、選挙人集会に参加し、自分が指名することを約束している候補者を大統領に指名し、過半数の指名を獲得した候補者が、大統領に選出される。 いずれの候補も過半数に達しなかった場合は、指名上位の候補の中から。 連邦議会議員の投票によって、大統領が選出される。 しかし、大統領選挙になるためには事実上、共和党か民主党の公認候補になるしか道が無いため、大統領選挙の立候補者が3人以上になること自体が稀である。 大統領選挙では過半数の代議員を獲得した候補が勝利するため、 270人以上の選挙人を獲得すれば、アメリカ合衆国大統領になることができるのです。 よく 「アメリカは直接リーダーを選ぶことができる」と言っているのを耳にしますが、厳密には直接選べるわけではないのです。 こういった選挙方式のため、獲得した票数が少ないのに、選挙人の数は多いので、大統領になれちゃうといったケースもあり、実際に2016年の大統領選挙では、ヒラリー・クリントン候補の方が得票数が多かったものの、獲得した選挙人の数ではドナルド・トランプ候補の方が多かったため大統領に選出されました。 ちなみに、 選挙人は約束通りの候補に投票する義務はありません 州によっては法律で義務付けている場合もあります。 過去にも約束とは違う候補者に投票したケースもありますが、それによって選挙結果に影響が出たことはまだありません。 私なんかは、率直に疑問に思うんですが、代議員って結局、何のためにいるんですかね~。 直接、得票数で決めれば分かりやすいのに…。 スポンサーリンク 二大政党以外の人は大統領になれないの? ここまでの説明を読むと、民主党と共和党の党員じゃない人は、大統領になれないように思えますよね? もちろん、そんなことありませんよ。 民主党や共和党の候補でなくとも、大統領になることは可能ですが、そのハードルはとても高いです。 二大政党以外から立候補するためには、 各州で一定数以上の署名を集めなければなりません。 署名が集められなければ、 その州では立候補できないため、最初からその州では選挙人を獲得することができない状態になり、大きなハンデを抱えた状態で戦わなければならず、事実上、二大政党以外から大統領になるのは不可能といわれています。 民主主義の代表みたいな国なのに、なんか理不尽な仕組みですね。 二大政党以外からも大統領が出た方が、良いことだってあると思うんですけどね~。 日本人にはなかなか理解しにくい仕組みですね。 まとめ というわけで、アメリカのだ投了選挙の仕組みを記事にまとめてみました。 テレビのニュースなどを見ていると、各党の候補が色んな州で選挙を繰り返していますが、実はあれは予備選挙です。 そうやって候補者は、ほぼ1年間ずっと選挙を戦い抜くのです。 アメリカの大統領選挙は、実にタフな戦いです。 これほどまでに大変な選挙を勝ち抜いてるだけでも、かなり鍛えられます。 だからこそ世界に強い影響力を発揮できるのかもしれませんね。 アメリカの大統領になろうと考えるだけでも本当に尊敬します。 私なんかには到底、務まらないですね…。

次の

アメリカ大統領選挙の仕組みとは?分かり易く解説!

アメリカ 大統領 予備 選挙

勝者未定 選挙前民主党候補 選出民主党候補 未定 2020年アメリカ合衆国大統領民主党予備選挙 2020ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょう みんしゅとうよびせんきょ、 は、に向けて、のおよび指名候補を選出する手続きのこと。 大統領候補に指名されるためには、全誓約代議員3,979人のうち、過半数に当たる1,991人を獲得する必要がある。 現職大統領は、一期目を終える共和党のであり、事実上、二期目を目指す同候補の対立候補を選ぶ予備選挙となる。 カリフォルニアの予備選がこれまでの6月上旬から「スーパーチューズデー」の3月3日に前倒しされた。 また、のアメリカ国内での感染拡大を受けて、オハイオ州をはじめとした多くの州で予備選挙や党員集会の日程が延期された。 候補 [ ] いわゆる有力候補者として扱われていた候補は、今回あわせて29人に達した。 そのうち、最初の党員集会・予備選挙である、アイオワ州党員集会が開かれる2020年2月3日時点で選挙活動を継続していたのは11名。 4月8日にが選挙戦から撤退し、が党指名獲得を確実とした。 6月5日には、バイデンが代議員数の過半数にあたる1,991人を獲得し、大統領選民主党指名獲得が確定した。 暫定大統領指名候補 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明 獲得代議員数 選挙運動の記録 1942-11-20 (77歳) 前 (2009年 — 2017年) 2019年4月25日 2,144 予備選挙等の開始後に撤退表明をした主要候補 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明 撤退表明 獲得代議員数 選挙運動の記録 1941-09-08 (78歳) 選出 (2007年 - ) 2019年2月19日 2020年4月8日 1,047 1981-04-12 (39歳) レロアロア 選出 (2013年 — ) 2019年1月11日 2020年3月19日 2 1949-06-22 (70歳) 選出 (2013年 — ) 2019年2月9日 2020年3月5日 63 1942-02-14 (78歳) 前 (2002年 — 2013年) 2019年11月24日 2020年3月4日 49 1960-05-25 (60歳) 選出 (2007年 — ) 2019年2月10日 2020年3月2日 7 1982-01-19 (38歳) 前市長 (2012年 — 2020年) 2019年4月14日 2020年3月1日 21 () 1957-06-27 (62歳) ヘッジファンド・マネージャー 2019年7月9日 2020年2月29日 0 () 1956-07-31 (63歳) 前知事 (2007年 — 2015年) 2019年11月11日 2020年2月12日 0 () 1964-11-28 (55歳) 選出 (2009年 — ) 2019年5月2日 2020年2月11日 0 1975-01-13 (45歳) 実業家 2017年11月6日 2020年2月11日 0 予備選挙等の前に撤退表明をした主要候補 [ ] 候補 生年月日と出生地 経歴 地盤 出馬表明 撤退表明 選挙運動の記録 1969-04-27 (51歳) 選出 (2013年 — ) 2019年2月1日 2020年1月13日 1952-07-08 (67歳) 、活動家 2019年1月28日 2020年1月10日 1974-09-06 (45歳) (2014年 — 2017年) (2009年 — 2014年) 2019年1月12日 2020年1月2日 1964-10-20 (55歳) 選出 (2017年 — ) 2019年1月21日 2019年12月3日 1966-04-11 (54歳) (2013年 — ) 2019年5月14日 2019年12月2日 1972-09-26 (47歳) 前選出 (2013年 — 2019年) 2019年3月14日 2019年11月1日 1961-05-08 (59歳) (2019年 — ) 2019年5月16日 2019年9月20日 1966-12-09 (53歳) 選出 (2009年 — ) 2019年3月17日 2019年8月28日 1951-02-09 (69歳) (2013年 — ) 2019年3月1日 2019年8月21日 1930-05-13 (90歳) 元選出 (1969年 — 1981年) 2019年4月8日 2019年8月6日 など(以下略) 党主催の候補者討論会 [ ] 2019年 [ ]• 第1回(~):20名の候補を2日に分けて開催。 第2回(~):20名の候補を2日に分けて開催。 第3回():10名の候補で開催• 第4回():12名の候補で開催。 第5回():10名の候補で開催。 第6回():7名の候補で開催。 2020年 [ ]• 第7回():6名の候補で開催(参加候補:ウォーレン、サンダース、クロブシャー、ブティジェッジ、バイデン、ステイヤー)。 第8回():7名の候補で開催(参加候補:ウォーレン、サンダース、クロブシャー、ブティジェッジ、バイデン、ステイヤー、ヤン)。 第9回():世論調査(所定の世論調査中4つで10%以上支持、または所定の予備選等先行州の世論調査2つで12%以上支持)充足か、アイオワ・ニューハンプシャー州のいずれかで代議員を獲得した候補で開催(ブティジェッジ、サンダース、ウォーレン、クロブシャー、バイデン、ブルームバーグの6候補が要件充足し参加)。 ブルームバーグが討論会に初参加。 第10回(): 日程 [ ] 現在予定されている民主党の予備選挙と党員集会の日程 2月 3月3日 3月10日 3月14-17日 4月7-17日 4月26-28日 5月 6月 7月-8月 下記の・が予定されている。 0 3 168,695 17. 2019年11月22日. 2020年2月3日閲覧。 2020年4月9日. 2020年4月9日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月20日. 2020年3月20日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月5日. 2020年3月5日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月3日. 2020年3月3日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 時事ドットコム. 2020年2月12日. 2020年2月12日閲覧。 2020年1月19日閲覧。 2020年1月19日閲覧。 2020年1月19日閲覧。 2020年1月19日閲覧。 2020年1月19日閲覧。 2020年2月10日閲覧。 Putnam, Josh 2019-01-18. Frontloading HQ. 2019年3月13日時点のよりアーカイブ。 2019年2月23日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の