大樹生命。 三井生命が社名変更し大樹生命に!理由は?財閥ならではの掟のせい?

大樹生命保険株式会社|商品ラインナップ|ほけんの窓口【公式】|保険比較・見直し・無料相談

大樹生命

多彩な生保ビジネスを体感するインターンシップ 運用、引受、商品設計、営業など多彩なフィールドを持つ生命保険ビジネス。 それらを実際の職場で、講義および職務体験を通して体感していくプログラムです。 プログラム内容 運用、アンダーライティング、商品設計、営業など多彩なフィールドを持つ生命保険ビジネス。 それらを実際の職場で、講義および職務体験を通して体感していくプログラムです。 当社のインターンシップは2008年よりCSR活動(企業の社会的責任)の一環として実施しており、「生命保険の入り口から出口までを知る」をコンセプトとして大規模なインターンシップが多い中で少人数制で実施しております。 エントリー後、メールにてマイページと詳細のご案内を致します。 昨年度3daysインターンシップ参加者の声一部抜粋 2019年11月実施) ・少人数制のプログラムだからこそ、社員の皆さまと話す機会が多く大変有意義でした。 また、生命保険業界の全体像を講義で学ぶだけでなく、様々な業務体験を通して仕事の深い部分まで知ることができました。 今後のインターンシップもぜひこの少人数制で実施していただきたいです。 素晴らしい3日間を本当にありがとうございました。 (青山学院大学 現4年) ・生命保険会社は営業のイメージが強かったですが、商品開発や企画、運用など多くの職種や部門で成り立っていることがわかりました。 部署は違っていても社員の皆さんが共通してお客さま.

次の

大樹生命保険(株)の新卒採用・会社概要

大樹生命

回答者 3. 3 まず「人の三井」という言葉がある通り、職場内人間関係は概ね良好だと思う。 誰かを蹴落として自分が昇格するような考えを持つ人はごく少数だと感じる。 裏を返せば、まったりとしている人が多いといえなくもない。 本社部門と現場の空気感の違いはあると思う。 収益の多角化が叫ばれてはいるが、この業界(特に国内生保)は営業職員による保険料収入が会社利益の柱となっており、役員も現場に足繁く通い意見を吸い上げようとしている。 が、なぜか現場の人にとってそれが有効に働いているとは感じにくい。 日本生命文化の(強制)輸入もあると思う。 当たり前といえば当たり前だが、親会社の意向には逆らえない。 うちが立てた方針(そもそもそれが親会社を意識しているが)も、親がyesと言わなければ通らないし、指摘され直される。 当社が独自性をもって進めることは難しい。 回答者 3. 8 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 119万円 9万円 -- 5万円 -- 給与制度: 新人は保証給があります 保証給がなくなってからは完全歩合制です ですので自分に厳しくスケジュール管理ができ 新人の時に 顧客を多く獲得していれば 給料は安定します。 毎回査定があるの それがクリアできれば 基本の 職階手当が上がっていきます 職階手当が上がって なおかつ 毎月 新規顧客 2名以上 獲得していけば 毎月 30万以上の給料にはなります その他 損保代理店 営業も できるので 損害保険の契約も 別口から給料がもらえます なので生命保険と損害保険 毎月 獲得できれば 高収入が狙えます。 評価制度: 毎月 奨励や企画をたててくれるので 条件をクリアするたびに賞金や お菓子等貰えます。 回答者 2. 6 子供がいる人や、シングルマザー、身内の介護をしている方はとても働きやすいと思う。 介護出社といって、公に遅刻が認められている。 なので、女性の働きやすさでいうとかなりいいと思う。 有給もいつでも取れるし、あまりよくはないが、15時に退勤のIDをきれるので、家の用事やお迎えも余裕でできると思う。 お給料は固定給プラスインセンティブ方式で、頑張り次第ではあるのだが、20代独身となると一人暮らしをするのは難しい。 毎月波があるので、とてもじゃないけど、実家暮らしや、同棲、同居してないと難しい。 別でがっつりバイトなどしていれば別だが、基本的には副業は認められていない。 お給料の制度としてはとても複雑で分かりにくく、どれだけすればこれだけもらえるなどは明確ではない。 なので、モチベーション維持はなかなか難しい。 さらに女性の職場なので、不平不満グチも多いので、頑張りたい人はあまり周りとも深く関わりすぎず、自分のペースでするのがよいと思う。 お給料は本当に低いので、目先で安定して稼ぎたければパートの方が確実ではある。 メリット ・営業職なので、中抜けできる。 ・正社員として厚生年金など保険に加入できる ・保険の知識が身につく 女性でも管理職にはつけるが、相当頑張らないとむずかしい 回答者 3. 0 他人の気持ちなど何も考えないただただ自分のノルマや目標だけを気にする方、心底大樹生命の保険に自信を持つ方なら長くやっていけると思うがどれかひとつでも欠ければ難しい仕事だと思う。 もし、自分に身内が多い、また社長さんやお金持ちの方が知人にいる方はそこから契約をとり、さらに紹介で契約が取れてとんとん拍子でだろうからそういった意味では楽してお金がもらえる仕事ととらえる方もいるかもしれないが私はとにかく、保険の話を切り出した途端に鬱陶しがられたり嫌な顔されたり、昔職場が一緒だった人に保険の話をしたことによりその人たちが自分から離れてしまったこと、人間関係が壊れてしまったり自分に対して風当りが強いことがつらくて退職しました。

次の

大樹生命保険 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

大樹生命

本社() 市場情報 非上場 略称 大樹生命 本社所在地 〒135-8222 一丁目1番20号 (オフィスタワー) 本店所在地 〒100-8123 二丁目1番1号 設立 (3年) (高砂生命保険株式会社) 9838 代表者 社長執行役員 資本金 1,672億80百万円(2017年3月末) 発行済株式総数 1万株(2017年3月末) 純利益 301億07百万円 (2017年3月期) 純資産 4,775億34百万円 (2017年3月末) 総資産 7兆958億10百万円(2017年3月末) 従業員数 連結10,342人(2017年3月末) 主要株主 82. に社名変更するまでの名称は「 三井生命保険」。 歴史 [ ] 、 高砂生命保険株式会社として、東京・街の商店主たちを主な発起人として、日吉町12番地(現・東京都銀座8丁目)に創業。 11月、同社の大株主となったは、ほか6名の新役員を選んで経営権を掌握。 翌2月、を 三井生命保険株式会社と改めることを決議。 同年3月、そのを完了した。 戦後、となり、、 三井生命保険相互会社として営業を開始する。 の影響で、同年10月から1952年6月までは 中央生命保険相互会社の商号で営業していたが、その後、三井生命保険相互会社に戻る。 4月、相互会社から株式会社にし、 三井生命保険株式会社となる。 かつては、も持っており、トップリーグで活躍していたが、は1999年、も2002年に休部となった。 財閥系であったもののやと並ぶ業界中位の規模であり、期から保険料収入の減少と運用損失計上により業績は低迷を続けるようになり、2004年には財閥系生保では初となる相互会社から株式会社への転換を行った。 当初は生き残りかけて財閥の枠を超えたやの発足を起因とした、同じ融資系列にあるとの連携あるいは、やのようにを睨んだものとされていたが特に進展は無かった。 しかしながら2008年の発生による運用損失の拡大により財務基盤が脆弱化したため、三井住友銀行・住友生命保険・・ら・企業を引受先とする600億円のを実施し、三井住友銀行が筆頭株主となった。 なお、株式会社転換時の契約者には一定条件のもとで株式が割当てられている。 一方、投資運用を主業務とする子会社の三井生命グローバルアセットマネジメントは2002年に住友生命、三井住友海上、三井住友銀行の各子会社と統合してになった。 また、住友生命とは2009年に医療保険を主に扱うを共同出資で設立した。 2010年に本社を三井生命大手町ビルからと三井生命御茶ノ水ビルに、2013年にはオフィスタワーに移転した(ただし、本店は大手町野村ビルに留まる)。 8月、が買収に乗り出して交渉中であることが報道された。 同年9月11日に両社の経営統合が基本合意され 、日本生命保険は同年11月9日から12月21日までを行い、同年12月29日付で普通株式の92. その後優先株式の普通株式への転換により日本生命保険の議決権割合は96. 、三井グループの社長会であるを退会した。 三井系の77社が所属する月曜会には残り、引き続き三井グループには留まるものの、社名を使い続けることが難しくなったため、、商号を同社が扱っている保険ブランド「大樹」(たいじゅ)から 大樹生命保険株式会社(たいじゅせいめいほけん)に変更。 英文表記は「TAIJU LIFE INSURANCE COMPANY LIMITED」。 社名変更により、終戦後の一時期を除き約90年間名乗ってきた「三井」の名称に幕を下ろした。 三井グループ関連の保険会社 [ ]• 直販系損保である「」は、当社も出資しているがが設立母体であり、現在は(旧:三井住友海上ホールディングス)の子会社である。 1996年のの規制緩和時に当社が設立した生保系損保子会社である「三井ライフ損害保険株式会社」は、2003年に保険契約を三井住友海上火災保険へ移転し、清算となった。 逆に三井海上火災保険が設立した損保系生保子会社である「三井みらい生命保険株式会社」は、2001年に住友海上ゆうゆう生命保険と合併し三井住友海上きらめき生命保険となり、2011年にと合併しとなった。 関連会社 [ ]• 三生保険サービス株式会社 - 保険契約確認業務• 株式会社三生オンユー・インシュアランス・マネジメント - 保険代理業務• 三生キャピタル株式会社 - 業務• 三友サービス株式会社 - 物品販売業務• 株式会社 - ビル管理業務• エムエルアイ・システムズ株式会社 - システム開発・運行等のシステム関連業務• 三生収納サービス株式会社 - 収納代行業務• 日本企業年金サービス株式会社 - 企業年金の契約管理・システム開発にかかる業務 番組スポンサー [ ] 殆どが番組終了、および過去である。 また、正月の特番に提供する事がある。 『』(系) - 当番組の特番(映画のテレビ放送や1時間スペシャルなど)にてスポンサー。 『』(TBS系) - 2014年10月4日より番組スポンサー。 2016年9月24日放送をもって降板。 同年10月1日放送より親会社の日本生命が後任スポンサーを務める。 ただし、2017年3月末をもって降板。 『』(制作・系)- 同社とがスポンサー。 『』(テレビ朝日系) - からにかけて番組スポンサーだった。 『』(系) - 同社とがスポンサー。 『』(系)• 『』(TBS系)• 『』(日本テレビ系)• 『』(制作・TBS系)- 2014年4月5日から末期にかけて番組スポンサー。 CM出演者 [ ] 現在• ほか 脚注 [ ] []• 日本経済新聞. 2015年8月26日. 産経新聞. 2015年8月26日. 日本経済新聞. 2015年8月26日. 『』2016年4月2日号、43-44頁。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2019年4月1日. 2019年4月4日閲覧。 三井生命 2019年1月29日. 2019年11月3日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月21日. 産経新聞. 2018年11月29日. プレスリリース , 三井生命保険, 2018年11月29日 , 2019年1月2日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』号 関連項目 [ ]• - 日本のテニス黎明期の名選手で、から三井生命へ転籍し、神戸支店長や本社取締役を務めた。 - 実写版映画では三井生命が協賛した。 - 2019年より冠スポンサー。 外部リンク [ ]•

次の