引っ越し大名実話。 【映画】引っ越し大名のキャスト一覧と役どころ!片桐春之介役の星野源の配役ついて考察

引っ越し大名!

引っ越し大名実話

あらすじ 姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、書庫にこもりっきりで人と話すのが苦手な引きこもり侍。 あるとき、藩主の松平直矩(及川光博)は、幕府に姫路(兵庫)から日田(大分)への国替え(引っ越し)を言い渡される。 しかも藩の財政は逼迫しているため、引っ越しを成功させるためには家財を減らし、人も減らし(リストラ)、さらには商人から借金までしなければならない。 全ては国替えの総責任者、【引っ越し奉行】の手腕にかかっている。 お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから色んな知識があるだろうと、なんと春之介に白羽の矢が立った! 突然の大役に怖気づく春之介は、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。 こうして前代未聞の引っ越し準備が始まった!移動人数10,000人!距離600km!予算…なし!? 果たして春之介はこの超難関プロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!! (公式ホームページから引用) 原作は土橋章宏の小説 映画の原作は土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」。 今回の映画化を機に、一度は読んでおきたいものですね。 鷹村源右衛門/高橋一生 春之介の幼馴染。 腕っぷしの強さと豪傑さで春之介を支える相棒。 春之介を引っ越し奉行に推薦する御刀番。 於蘭(おらん)/高畑充希 前任の引っ越し奉行・板倉の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する。 気丈でしっかりものの娘として春之介をサポートし、引っ越しを仕切っていく。 中西監物/濱田岳• 山里一朗太/小澤征悦• 松平直矩/及川光博• 本村三右衛門/松重豊• 藤原修蔵/西村まさ彦• 仲田小兵衛/山内圭哉• 佐島竜五郎/正名僕蔵• 高橋四郎/飯尾和樹• 田中衆三郎/和田聰宏• 和泉屋新吉/岡山天音• 波津/富田靖子• 大野の妾/丘みどり 柳沢吉保/向井理• 人物相関図 スタッフ情報 監督/犬童一心 代表作に映画『ジョゼと虎と魚たち』、『メゾン・ド・ヒミコ』、『グーグーだって猫である』、『のぼうの城』、『』など 脚本/土橋章宏 代表作に映画『超高速!参勤交代』、ドラマ『謎解きはディナーのあとで』など 主題歌/ユニコーン「でんでん」.

次の

引っ越し大名のロケ地・撮影場所まとめ!星野源主演の時代劇コメディの舞台はどこ?

引っ越し大名実話

この記事では、こんなことでお困りの方のために、私がいろいろ調べてきた最新極秘情報を紹介していきます!• 『引っ越し大名!』の公開日や上映劇場が気になっている方• 『引っ越し大名!』の 特典付き前売り券やお得な割引チケットを探してる方 といった情報が気になる方向けに、知りたいと思っている情報をまとめてました! すっごい待たされましたが、 ついに特典付き前売り券の発売情報をゲットしましたので、ここで紹介しておきます!! 引っ越し大名の前売り券は、オリジナルクリアファイル付前売り券が劇場3万部限定で6月28日金曜より発売開始しました!! そうとう待ちに待った感じですが、ついにかぁ~~、って感じですね。 当日はキャスト・スタッフによる舞台挨拶を予定しています。 引っ越し大名!の公開日や上映劇場、前売り券販売情報はこちら! ということで、まずは『引っ越し大名!』の基本的な情報を紹介していこうと思います。 引っ越し大名!の公開日は8月30日! 『引っ越し大名!』の公開日は、夏休み最後の8月30日に公開されます。 星野源ちゃんと高畑充希さん、高橋一生さん、となかなかにメジャーな俳優さんが出演しているので、なぜにこんな夏休み終わりに上映しちゃうんですかね~~ って感じです。 また夏休みの映画の情報が決まり始めたら、また紹介していきますね。 なお、ここでは、調査して記事を書いている 2019年6月29日時点での最新情報となります。 このあたりの情報は、もう少し近づいてきたら、更新していきますね。 【ネタバレ注意!】引っ越し大名!のあらすじや予告編紹介! ネタとなったのは、実際に徳川家康の血を引く譜代大名でありながら、生涯に七度の国替えをさせられ、付いた渾名が「引っ越し大名」という不運の君主・松平直矩。 この人は、ほんとになんでこんなに領地変更を命じられたのか?!なんて不思議でならないですね。 いつものように幕府から国替えを命じられたものの、度重なる激務によって引っ越し奉行が亡くなってしまい、急きょ代役が必要となります。 ひきこもり侍と人には馬鹿にされながらも、「人無し・金無し・経験無し」の最悪の状況で、姫路播磨から豊後日田への御引っ越し業務をこなしていく、ドタバタ時代劇コメディ! となっています。 まとめ:引っ越し大名!の上映日や特典付き前売り券の販売状況、イベント日程紹介 いかがでしたか? まだ上映日まで時間がありますし、イマイチ情報が出そろってませんね。 映画タイトル 引っ越し大名! 公開日 2019年8月30日 特典付き前売り券販売状況 2019年6月28日より劇場窓口で特典付き前売り券発売中 公開映画館 松竹系 映画来場者プレゼント 無し 映画上映イベント&舞台挨拶 確認中 ってな感じが上映情報のまとめになります。 なるべく最新状況を載せていますが、調査して記事を書いている2019年6月時点での最新情報となります。 舞台挨拶のスケジュールやイベントプロモーション情報、番宣、追加特典や在庫状況など、追加情報が手に入り次第、更新したとわかるようにして紹介していきます。

次の

映画引っ越し大名に原作や元ネタはある?実話でノンフィクションなのかについても

引っ越し大名実話

さん hikkoshi. movie がシェアした投稿 — 2019年 8月月17日午前4時29分PDT 国替えは史実に基づく実話? 「引っ越し大名!」に出てくる国替えは実際の江戸時代にありました。 ですから史実に基づく実話です。 ごくかんたんに国替えを説明すると 大名の領地を交代することです。 「転封(てんぽう)」「所替(ところがえ)」「国替(くにがえ)」などと言われていました。 国替えは一部の人だけが江戸と領地を行き来する参勤交代にくらべ、莫大な金も労力も必要とします。 ですから国替えを命じらると藩の財政は一気に苦しくなってしまいます。 藩の規模にもよりますが、一説によると藩の引っ越しには10,000両以上の費用が必要だったとも言われています。 何度も国替えを命じられ、財政が破たんした藩もあるそうです。 幕府は各藩の力を抑えるために、参勤交代とともに国替えを利用していたことがわかりますね。 なお 大名3家の領地を互いに交換する三方領知替え(さんぽうりょうちがえ)というものもありました。 最も有名なものでは、天保11年の川越藩、庄内藩、長岡藩が国替えを命じられた三方領地替えがあります。 この三方領地替えは実現しませんでしたが、幕府の権威が落ちたということで高校日本史の教科書にも載っています。 由来は、江戸幕府より何度も国替えを命じられたため。 また直矩が何度も国替えを命じられていたことも史実に基づく実話です。 ただ映画に登場する姫路藩の松平直矩以外は架空の人物、つまりフィクションと言っていいでしょう。 直矩は父親・直基の代になんと4回も国替えを命令されます。 そんな苦労がたたってか、松平直基は姫路藩へ行く旅の途中で死んでしまいます。 その結果財政は破たん状態に。 そのため「引っ越し大名」と呼ばれるようになったのです。 原作者の土橋章宏さんはこの事実を基に小説を書き上げ、その小説を映画にしたわけです。 武士の桜の紋は史実に基づく? さん hikkoshi. movie がシェアした投稿 — 2019年 8月月16日午後9時20分PDT ここで補足的な情報として片桐春之介の裃の紋を取り上げます。 上のインスタグラムの画像を見ると、星野源演じる片桐春之介の裃に桜の紋があることがわかります。 では江戸時代の武士が桜の紋を使っていたのは史実に基づくものなのでしょうか? 以下のアエラドットの記事をご覧ください。 戦国武将が使っていた家紋は無数にあるが、この中にこれほど愛されている桜をモチーフにしたものがひとつもないのだ。 100種以上の家紋の図版に用いられている梅とは、扱いがずいぶん異なる。 「短命」や「儚さ」といったイメージが家督に関しては相応しくなかったのだろう。 asahi. html? でも調べてみると江戸時代には桜を家紋として使っていた大名はいたようです。 例えば清和源氏の流れをくむと称した大名の仙谷氏は九曜桜を家紋として使っていました。 また清和源氏足利氏の流れをくみ、江戸時代に肥後五四万石の大名だった細川氏は、有名な九曜紋以外に桜紋を使っていました。 ですから桜の紋は史実に基づくと言えますし、片桐春之介の裃に桜の紋があってもおかしくないと考えられます。 ただし桜の紋を使う武将は実際には少なかったようです。 桜はすぐに散ってしまうことから短命をイメージさせるためです。 同じように椿(つばき)も家紋として使うことはきらわれていました。 椿の花は散る間際にポトリと落ち、それが首を落とされることを連想したからのようです。 映画「引っ越し大名!」の片桐春之介はのモデルや元ネタは実在する? 結論を書くと、映画「引っ越し大名」の主人公・ 片桐春之助にはモデルになった人物や元ネタは存在しないと考えれます。 映画「引っ越し大名!」や小説「引っ越し大名三千里」で、片桐春之介は書庫番という仕事をしています。 今でいうと図書館の職員や司書です。 人と接するのが苦手で(コミュニケーション障害?)本ばかり読んでいたため、こいつだったら国替のことをよく知っているだろう、ということで引っ越し奉行に任命されます。 つまり片桐春之介は歴史の表舞台ではなく裏方の人物です。 国替を担当した人物は藩にいたはずですが、裏方の人物の資料や情報は乏しく名前など残ってはいません。 片桐春之介もモデルや元ネタではなく、小説や映画の架空の人物として考えるのが妥当です。 まとめ• 「引っ越し大名!」の国替え、松平直矩、桜の紋は史実に基づく• 「引っ越し大名!」の片桐春之助のモデルや元ネタは実在しない 楽しい映画になりそうですね。 公開が楽しみです。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の