まぶた の 腫れ かゆみ。 顔や目もとがかゆいのはなぜ?かゆみの原因と対処方法|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

【花粉症対策】まぶたの腫れに効く薬の選び方・腫れの原因と原因別の治し方を解説

まぶた の 腫れ かゆみ

すぐに引く腫れは心配なし まぶたは皮膚が薄く簡単に腫れます。 過労や寝不足のほか、長時間泣いたという理由でもまぶたが腫れてむくんだ状態になります。 こうしたむくみによって腫れている場合、痛みもなく、その日のうちに引いて定期的におこるようなものでなければ問題はないでしょう。 しかし、いつまでも腫れたままの状態であれば病気を疑う必要があります。 また、虫刺されやケガなどで大きく腫れることもあります。 原因がはっきりしていて、それに対して治療もしているのであれば、改めて病院に行くべきか悩む必要はあまりありません。 美容的な処置には注意 まぶたは美容的な面で気にする人も多い場所です。 皮膚の薄さに反して、お化粧をしたり、接着剤のようなもので一時的にくっつけて二重まぶたにみせるアイプチなどをしたりするなど手が加えられやすい場所です。 そのため、化粧品などによるかぶれなどで腫れている可能性もあります。 もし、そうしたことが疑われる場合は一度、使用をやめて様子を見る必要があります。 ものもらいとアレルギーによる皮膚炎はまぶたが腫れる病気の代表 病気が原因でまぶたが腫れることも多くあります。 まぶた自体の病気としてよく知られているのは「ものもらい」です。 正式名は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)ですが、地域によって「めばちこ」などたくさんの呼び方があり、それだけ身近な病気といえます。 まぶたの縁が細菌などに感染しておこり、腫れて痛みがあります。 目にあるマイボーム腺という脂分を分泌する穴が目詰まりしておこるのが霰粒腫(さんりゅうしゅ)です。 通常は痛みませんが、炎症に細菌などが感染して痛みがでることもあります。 ほかにもヘルペスなどウイルスが目に炎症をおこしてまぶたを腫らすなど、目の病気にはまぶたが腫れるものが多くあります。 まぶたを腫らす原因のもう一つの代表は皮膚炎です。 まぶたの皮膚は薄いため、触れた物質に対してアレルギーをおこす「接触性皮膚炎」がほかよりもおこりやすい部位です。 化粧品や、時には使用している塗り薬が原因で皮膚炎になることもあります。 合わせてあらわれる目の症状に注意 まぶたの腫れ以外に症状があるのであれば注意する必要があります。 たとえば目が充血していたり、痛みやかゆみなどがあったりする場合です。 アデノウイルスによる感染性結膜炎が重くなるとまぶたが腫れます。 この場合、結膜とよばれるまぶたの裏側や目の端、白目の部分が赤く充血します。 感染性結膜炎はほかの人にうつることがあるため、感染が広がらないように注意しなければいけません。 またアレルギー性結膜炎の場合も充血がおこります。 危険な病気がまぶたの腫れに潜んでいることもあります。 眼球の周囲や頭蓋骨内で眼球がおさまっている眼窩(がんか)の内部に感染が広がる眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん)や、脳底部の血管が血栓によってふさがれる海面静脈洞血栓症などには注意しなければいけません。 決して頻繁におこる病気ではありませんが、失明や脳の障害につながることがあり、発見された場合は緊急に治療をする必要があります。 痛みなど、腫れ以外の症状がある場合やいつまでも腫れが続く場合は「まぶたの腫れ」とあまり軽く考えるのはよくありません。 いつまでも続く腫れは目が原因とは限らない まぶたの腫れは目に関係がないこともあります。 たとえば腎臓におこるネフローゼ症候群ではまぶたも含めた全身がむくむため、顔の雰囲気が変わります。 腎臓は問題があると、体にむくみをおこしやすい臓器です。 また、腎臓以外にも肝臓や心臓などの機能不全でむくみがおこりまぶたが腫れた状態になります。 甲状腺機能亢進症などは眼球が突出することでまぶたが腫れて見えるようなこともあれば、甲状腺機能低下症もまぶたを含め顔が腫れた状態になります。 ほかの臓器に問題がおこり、まぶたが腫れている場合は、まぶたに痛みやかゆみもなく、赤くなることもないのが特徴です。 また、足など体のほかの部分も同時にむくみます。 白目が腫れるのはアレルギーかも まぶたではなく白目が腫れることがあります。 アレルギー性結膜炎では、白目の部分がブヨブヨとしたゼリー状になる結膜浮腫(けつまくふしゅ)をおこすことがあります。 アレルギー性結膜炎にはいくつか種類がありますが、どれも白目やまぶたの裏側の結膜が充血して突起状になります。 腫れは時間がたつと引きますが、またアレルギーを引きおこす物質と接触すると、再び同じように腫れがおこります。 花粉やハウスダストによるアレルギーでは、小学生くらいの男の子に多くおこる春季カタルという強い症状をおこすものがあります。 ほかにもコンタクトレンズを不潔な状態で使用しているとおこりやすい巨大乳頭性結膜炎などもあります。 かゆみを感じてこするとさらに目を傷つける可能性もあります。 腫れたらどうする?原因不明の腫れは早めに病院へ まぶたにしか症状がなく短時間で腫れが消えた場合はもちろん病院へ行く必要はありません。 まぶたを蚊に刺されて腫れたというような場合も、原因ははっきりしており虫刺され薬を塗るという対処法もあるので、わざわざ病院に行く必要がありません。 しかし、まぶたのように簡単に変化がおこりやすい体の部位については、病院への受診を迷うかもしれません。 そういった場合、原因がわからず腫れているなら受診しましょう。 また、腫れ以外にも痛みやかゆみ、充血、ほかの体の部位におこるむくみなどの症状がある場合は受診する必要性が高いです。 まぶたの腫れは目立つので最初に気がつく場所でもあります。 もしまぶたが腫れた場合は、冷静にほかの異常がないか確認することも重要です。 眼科?皮膚科?症状にあわせて選ぼう まぶたが腫れて、もし、目に充血やかゆみがあるなら眼科に行きましょう。 ものもらいや結膜炎などは眼科で診療する病気です。 まぶたの表側の皮膚に炎症がある場合は皮膚科です。 目の部分をぶつけた場合は、目に異常がおきていないか確認するためにも眼科を受診しましょう。 もし全身にむくみがあるような場合は内科を受診します。 簡単な腫れなら温冷法 朝起きたらまぶたが腫れぼったいという場合は、温めたおしぼりと冷たいおしぼりを交互に何度かあててみましょう。 病気によるものでなければ、これで血流が良くなり腫れが引くかもしれません。 もしひかなければ眼科を受診しましょう。

次の

目が腫れた!病気なのか見極める方法は?

まぶた の 腫れ かゆみ

まぶたのを感じても、目立つ場所のため赤くなることが気になって掻けなかったり、女性の場合にはメイクをしていて掻くことができず辛い思いをすることもあるかもしれません。 まぶたがかゆく、腫れがある• の時期に目がかゆいだけではなくまぶたもかゆい• 新しい化粧品を試したらまぶたが赤くなりが出てきた このような場合、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 まぶたのかゆみの原因となる病気 まぶたにがあるときに考えられる病気・状態はさまざまです。 結膜炎 まぶたの裏側や白目の表面をおおう粘膜を結膜といいます。 や細菌・ウイルスなどの感染症、異物による傷、ケガなどによりが起こります。 特にでは、まぶたまでかゆくなってくることがあります。 目やに、白目の充血、まぶたの腫れ、涙、痛みなども起こります。 受診の目安とポイント 掻かずにいられないようながある・悪化しているような場合は早めに受診を検討しましょう。 また、目やにや充血、目そのものの痛みなど、他の症状がある場合にも診察を受けましょう。 受診の際には眼科で、いつからどのような症状があるか、痛み・腫れ・目やになど他の症状があるかなどをできるだけ詳しく伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の原因でまぶたのが起こることがあります。 化粧・アイメイクによる刺激 化粧品、二重まぶたにするためのテープや接着剤、まつげエクステの接着剤などがまぶたに付着すると、を起こし、が出ることがあります。 化粧・アイメイクによるかぶれを予防するために 新しい化粧品を試すときには、皮膚の目立たない部分でパッチテストを行ってから使用しましょう。 今まで問題なく使用できていた製品でも、やがある時や、体調がよくないときにはを引き起こす場合があります。 良くならない時には 自分で注意していてもまぶたのがよくならないような場合には、一度診察を受けましょう。

次の

アトピーでまぶたの腫れ・かゆみ&赤みに悩んだら|ハダノコト

まぶた の 腫れ かゆみ

朝起きたら突然まぶたが痒かった事ってありませんか?鏡を見たらまぶたが腫れていたり、赤くなっている。 痒くて擦ったりすると余計悪化してしまいます。 いつの間にか出来てしまう苦しいまぶたの腫れやかゆみの改善方法を紹介していきたいと思います。 pinterest. しかし痒いからといってまぶたを掻いてしまうとすぐに腫れてしまったり赤くなってしまったり・・・「アトピーになってしまったのかしら?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 まぶたは他の部位に比べて角質層が薄く、とてもデリケートな部位です。 痒みが強い時にはついつい洗顔の時に指先で強くこすってしまったり洗顔の後にタオルでゴシゴシこすってしまうこともあると思いますが、これはさらにまぶたの角質層をはがしてしまい症状を悪化させてしまうため、絶対にやめましょう。 また乾燥してかゆみが出ているのではと、化粧品をひどく擦りこんでしまうことでも症状は悪化してしまいます。 すぐに治ればよいのですが、花粉症で目のかゆみがある時期などと重なるとつい目を擦ってしまうことも多いため、なかなか治るまでに時間がかかります。 まぶたのかゆみは、湿度が低く乾燥した時期に特に起こりやすいと言われています。 冬場は暖房を使いすぎることによって空気が乾燥しやすくなるため特にまぶたのかゆみが起こりやすいようです。 冬場以外でも秋から冬にかけての季節の変わり目の時期、また夏場は紫外線や汗の影響でかゆみが増長されることが多いようです。 まぶたの腫れやかゆみの要因となる病気とは、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは主な病気をまとめました。 初期段階であれば痛みだけで、病状が進行するにつれて赤く腫れ、かゆみが生じます。 その箇所に細菌感染が発生して炎症を引き起こすケースも見られ、その場合は痛みが出現します。 かゆみだけでなくカサカサしたり、ただれたりなどの症状が見られ、目を頻繁にこする幼少児に多く見られます。 pinterest. ステロイドはかゆみを止めるのに有効な薬としてアトピー肌の治療にも使われることが多い薬ですが、副作用も強いため安易に使うことはお勧めできません。 特にまぶたの皮膚は角質層が薄く敏感であるため、自己判断でステロイドの薬を使うことはやめたほうがよいでしょう。 安易に使うと危険?ステロイドの副作用とは ステロイドはアトピー性皮膚炎の治療薬としても使われることの多い薬であり、かゆみを抑える効果がある薬です。 しかしどんな場所に起こったかゆみでも鎮めてくれる効果があるわけではありません。 目や口の周りのように敏感な皮膚には刺激が強すぎることもあり、場合によっては症状が悪化してしまうこともあるようです。 特にステロイドはその副作用から依存性が強く、長期的に使用することは良くないとされています。 ステロイドを長期にわたって使用してしまうと、薬の使用をやめた時に激しい反発症状が起こり症状がぶり返してしまうことがあるためです。 例えば化粧品かぶれを起こして皮膚科を受診し、そこで処方されたステロイド薬を数年にわたって使用していた女性がある日突然薬の使用をやめてしまうと、それまでおさまっていたかぶれの症状が再びぶり返してしまうというような例はしばしば見られます。 私たちは薬に対して無知な部分が多く、かつ医師から十分な説明を受けないまま安易に薬を使ってしまうことが少なくありません。 先程の例でも、ステロイドを長期的に使用することは良くないということをあらかじめ理解していればこのようなことにはならなかったはずです。 薬というのは対症療法に使われるものであり、どんな薬でも副作用のないものはありません。 ですから「皮膚のかゆみ=ステロイド」を使うというのはあまりにも危険なことであり、特に目や口の周りなど敏感な皮膚に使う場合は慎重になる必要があります。 薬を使うにあたっては、その効果と副作用についてあらかじめ医師に十分説明を受け、そのうえで使用することが大切なのです。 また薬で治療することも大切ですが、それ以上に化粧品かぶれを起こした時にはまず使用している化粧品を変えることが大切です。 化粧品によっては肌への刺激が強いものもあるため、なるべく刺激の少ない自然派化粧品などを使う方がよいでしょう。 さらには化粧品かぶれを起こしている間は出来る限り目性を控えることも大切です。 pinterest. それはディセンシアのアヤナスという基礎化粧品を使用する事です。 アヤナスは、ナノセラミドによる高い保湿力に加えて、ヴァイタサイクルヴェールという特殊な人工膜で、外部からの刺激から肌を守り、 水分の蒸散を防いでくれます。 しかも炎症を抑える成分が配合されているので、痒みも緩和されて、肌がバリア機能を高めるサポートをしてくれるのです。 まぶたの痒みを治すには肌のバリア機能を高めてあげればいいのです。 角質層が正常な状態に戻ってバリア機能が高まれば、肌はターンオーバーによって自然に潤いを取り戻し、痒みや乾燥に強くなっていきます。 アヤナスは、まさしく肌のバリア機能を高めてくれるスキンケア用品です。 アヤナスは痒み、腫れを治してくれる成分がギッシリ アヤナスは、2011年~2013年の3年連続で敏感肌部門のベストコスメを受賞した大人気コスメ。 特にスキンケア大学の70名の皮膚科医が認めた「ASクリーム」は必見です! アヤナスは、敏感肌専門ブランド「ディセンシア」が開発したスキンケアです。 「大人の女性の肌」をコンセプトに、肌が急激に弱まる30代以降の世代に向けて作られています。 特徴は「保湿・バリア機能」を強力サポートすること。 年齢を重ねた肌は、水分をとどめる力がなく、肌を守る「バリア機能」がうまく働きません。 「最近、老けてきたな・・・」と感じる方は、肌の水分不足を改善してみませんか? ヴァイタサイクルヴェール ポーラ・オルビスグループとディセンシアの特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」とは、荒れて傷ついた角層の上に、もう1枚の疑似角層(バリア膜)をスキンケア成分で作り上げるものです。 疑似角層(バリア膜)で外部刺激をブロック 化粧品をつけたときにしみるのは、乱れた角層のすき間から刺激物質が肌の中へ浸透するからです。 角層が乱れている肌の内部は、ほとんどの場合、炎症を起こしています。 そこへ外部から刺激が伝わって、ピリピリしみるのです。 肌がしみないようにするには角層を修復・再生すればいいのですが、実はそう簡単ではありません。 角層を修復・再生するには、ターンオーバーを正常化させなければいけません。 ターンオーバーというのは、皮膚の新陳代謝の周期のことでですね。 正常なターンオーバーの周期は約1ヵ月です。 敏感肌はターンオーバーの周期が短く、皮膚細胞はバリア機能を担える強い角質細胞に成長することができません。 そのうえ外部刺激によって、ターンオーバーの周期は、ますます短くなっていきます。 健康な強い角層を再生させるには、外部刺激をシャットアウトして、皮膚細胞が十分成長できるだけのターンオーバーの時間を確保する必要があります。 敏感肌やアトピーの原因となる外部刺激を、疑似角層(バリア膜)でシャットアウトする技術の開発に成功したわけです。 皮膚科処方のワセリンより優れた炎症抑制力・保湿力 従来、敏感肌や乾燥肌のケアは、保湿によって角質細胞の隙間を埋めるものでした。 たしかに、セラミドなどの細胞間脂質を補うことで角層を整えることはできます。 しかし、保湿だけでは角層が修復されないケースも少なくありません。 ひどい敏感肌の場合、角層が修復・再生されるよりも、外部からの刺激で壊れていく方が早いからです。 そういうときに有効なのが、ヴァイタサイクルヴェールです。 某製薬会社の臨床試験で「これは大変な技術だ」と高い評価を得たそうです。 ヴァイタサイクルヴェールの正式名称は「変性されたクレーを含む炎症予防皮膚外用剤」(特許第5044402号)だそうです。 「炎症予防皮膚外用剤」というと何だか「塗り薬」みたいな名前ですが、皮膚科で処方される塗り薬よりも炎症抑制効果・保湿力で優れているのですから、その実力は容易に想像できるでしょう。 ディセンシア化粧品は、これまで化粧品で肌がしみるからとエイジングケアや美白ケアをあきらめていた方に、おすすめしたい化粧品です。 コウキエキス 敏感肌の悪循環を断ち切るため、ディセンシアは肌内部で起こる微弱炎症を抑える各種成分を研究。 その結果、中国南部に自生するクルミ科の常緑高木「黄杞葉(こうきよう)」に優れた成分が含まれていることがわかりました。 この注目成分である黄杞葉は、中国ではお茶として飲まれ、肥満予防・解毒・解熱に効果があるとされています。 黄杞葉のエキスに含まれるアスチルビンという成分はフラボノイドの一種であり、抗酸化作用、抗アレルギー作用、肌の糖化を防ぐ作用が期待できます。 体内に広く分布するヒアロニターゼは、皮膚の水分を保持するヒアルロン酸を分解する酵素で、炎症時に活性化され、アレルギー反応が起こるときに放出されるヒスタミンを活性化させます。 また、局所ホルモンPGE2という生理活性脂質は、マスト細胞(血球細胞の中でアレルギー反応を引き起こす原因細胞のひとつ)を活性化させ、ヒスタミンを介して炎症を引き起こします。 これらの炎症のメカニズムに対して、黄杞葉由来のコウキエキスが炎症を抑え、敏感肌で繰り返される微弱炎症を防ぐのです。 肌の表面では、バリア機能の強化によって肌への刺激を防ぎ、内部では微弱炎症を抑えるといったダブルの作用により、敏感肌をすこやかな状態へと導いてくれます。 また、紫外線を浴びた際に起こる炎症にも働きかけ、敏感肌特有のメラニン生成の原因にアプローチすることが期待されています。 CVアルギネート CVアルギネートはポーラ研究所が開発した海藻由来の粘度成分。 表皮より奥の真皮にある弾力成分コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを作り出している繊維芽細胞を活性化する働きがあります。 ハリや弾力がある若々しい肌を維持するために必要なコラーゲンをたくさん作り出せるようにサポートしてくれるわけですね。 CVアルギネートを繊維芽細胞に添加したところ、無添加の状態と比べてコラーゲンの産生量が1. 7倍に増えたという実験結果も出ています。 シワ・たるみといった年齢肌の症状を抑えるために必要なコラーゲンをどんどん増やしてくれるという、まさに夢のような成分なのです! 敏感肌になっていると、肌本来の回復能力が落ちてしまっているため、一般的なアンチエイジング化粧品ではケアが間に合いません。 CVアルギネートのようにコラーゲンの生成力そのものを底上げしてくれる成分を用いたほうが効果的だと思います。 まぶたのかゆみや腫れを治すのはディセンシアのアヤナス!.

次の