アイデンティティ ネタバレ。 映画『ボーンアイデンティティー』評価は?ネタバレ感想考察/記憶喪失男がCIA暗殺者を倒せる理由

アイデンティティー (映画)

アイデンティティ ネタバレ

映画『ボーンアイデンティティー』評価は? 17更新 『ボーンアイデンティティー』あらすじ概要 シリーズ1作目。 マルセイユ沖で、1人の男が海上を漂っているのを漁船が見つける。 男は記憶喪失だったが、唯一の手がかりのチューリヒ銀行の貸金庫から、ジェイソン・ボーン名義のパスポートや高額の現金や銃などを見つける。 一方CIAでは、政治家ウォンボジ暗殺に失敗したボ.. 0億円 () 世界興行収入 2. 批評家と一般は単純平均 ネタバレ感想『ボーンアイデンティティー』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 CIAの暗殺部隊で育てられた青年が、なぜか記憶喪失になってしまい、組織から追われることになるという、サスペンス・アクションです。 記憶喪失になった課程や、任務を遂行できなかった理由も最後に明かされるため、ミステリー要素もあります。 マット・デイモンのファンなら『』『』などと共に、はずせない作品です。 アクション要素に関しては、このボーンシリーズが一番だと思います。 続編『』も含めた4作品でマット・デイモンは活躍しますが、 記憶喪失ものは、そうなった理由が最大の謎なので、明かされた後にはミステリー感は薄くなりがちです。 でもボーンの圧倒的強さや先読みや仕掛けなどで楽しめるので、おすすめシリーズです。 この映画のおすすめ、6つのポイント• ボーンの正体がミステリー• 次々と暗殺者を倒すアクション• CIAの内部抗争• ボーンとマリーの関係• ボーンの先読みや戦闘能力• 記憶喪失や任務失敗の理由 少し残念? つっこみどころ、4つのポイント• ストーリーはありきたり• CIA無能すぎ。 殺しすぎ• CIAの内部抗争がわかりづらい• ボーンは安全の担保を考えるべき 『ボーン・アイデンティティー』あらすじにそってネタバレ感想 フランスのマルセイユ沖で、 漂流している記憶喪失の男(マット・デイモン)が発見されます。 銃で撃たれていて、漁船で治療され、皮膚に埋め込まれたチューリッヒの銀行口座を示すマイクロチップのみが手がかりなので、男はスイスへと向かいます。 一方、CIAではアレクサンダー・コンクリン(クリス・クーパー)が指揮する「トレッド・ストーン計画」(踏み石)により、CIA機密を暴露しようとしている某国の政治家ウォンボシの暗殺を実行したけど失敗します。 その工作員は行方不明になったので、コンクリンは探し出して暗殺しようとします。 記憶喪失の男はスイスの銀行の貸金庫で、ジェイソン・ボーン名義のアメリカ人のパスポートを含む数種類の偽造パスポートや紙幣や銃を見つけ、パリでマイケル・ケイン名義で暮らしてたこともわかります。 ボーンは警官や警備員を簡単な体術で倒せるし、数ヶ国語も話せるし、銃も扱えるようです。 ボーンは追っ手を簡単にまいて外へ出ると、車を持つマリーという女性に出会い、大金を渡してパリまで乗せてもらうことになります。 パリでも暗殺者にねらわれますが、ボーンは自分でも驚くくらい格闘に強くて倒します。 2人は警察にも指名手配されていて、激しいカーチェイスの末、なんとか逃げ切ります。 ボーンは自分がウォンボシを殺害する予定だったことを知ります。 結局ウォンボシはコンクリンの差し向けた暗殺者により殺害されて、CIAのアボットへはその犯人はジェイソン・ボーンだと報告されます。 ボーンはマリーの元カレの別荘へ行き、子ども連れの元カレに滞在を了承してもらいます。 CIAの暗殺者はそこへもやってきますが、ボーンの作戦により倒されます。 彼もボーンと同じトレッドストーン計画の工作員だったようです。 ボーンはCIA本部のコンクリンに電話して1人で来いと伝えます。 そしてCIAパリ支局の位置を突き止めます。 パリ支局にはコンクリンとニッキーがいて警報システム作動や停電の後、ボーンが潜入してコンクリンに銃を突きつけ、ボーンや任務について聞き出します。 ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)はCIAのトレッド・ストーン計画の特殊工作員で、任務中にウォンボシの子どもを近くに見たため、情がわいて殺害できなかったことを思い出します。 ボーンはCIAを抜けると宣言しますが、コンクリンが付けてた無線機で暗殺者たちがやって来ます。 ボーンは1人の暗殺者を倒し、その遺体を下敷きにして飛び降り、階段を上がってくる暗殺者も倒します。 このアクションシーンはかっこいいのですが、普通に階段を降りても時間的にも差はないし傷つくこともなかった気はします。 ボーンはなぜか暗殺者にねらわれることなく逃走が成功します。 しかし コンクリンは、同じCIAのアボットが差し向けた暗殺者に射殺されます。 アボットは委員会でトレッドストーン計画はコストがかかりすぎる理由で終了を宣言します。 そして新たにブラックブライヤー計画(黒バラ)を提案します。 ジェイソン・ボーンは、海の近くでレンタルバイク屋をはじめたマリーのもとを訪れます。 マリーはボーンに抱きつき、一緒に暮らしはじめます。 ラストは美しいのですが、 CIAが人の命を軽くあつかいすぎるのが残念です。 「裏切り者は絶対に許さん!」というのがヤクザやマフィアと同レベルに感じます。 CIA工作員が記憶をなくして組織と戦うというストーリーはよくある気がしますが、この映画はジェイソン・ボーンの戦闘力の高さを表現するのが上手なので、アクション映画としてとても楽しめます。 ぜひ1度は観ることをおすすめしたいです!• 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 『ボーンアイデンティティー』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞•

次の

【アイデンティティ5】全キャラ背景推理まとめ!【第五人格】

アイデンティティ ネタバレ

医師 この狂った世界で生き残るには、ただ善行を積むだけでは足りないーーすべての患者が適切な処置を受けられるわけもなく、すべての医師に慈愛の心があるとも限らない。 弁護士 たとえすべてを失ったあの訴訟で打ちのめされても、フレディは疑ったことさえなかったーー法律の目的は、「しても良いこと」の許可ではなく、「してはならないこと」の規定であると。 しかし今となっては、「してはならないこと」など残されているのだろうか? 庭師 彼女の完璧な園芸技術は、ただ愛するカカシ様をお世話するためのものである。 ほら、夢の中の恋人を着飾らせるのに、何の問題もないでしょう?ただ十分な金さえあればいい。 泥棒 オフェンス ラグビーが注目を集める中、この新しいスポーツの創始者を自認するウィリアム・エリスのことは忘れられつつあるエウリュディケ荘園の主人は、そんな彼に救いの手を差し伸べてくれるかもしれない。 傭兵 退役した一傭兵として、ナワーフ・サベダーは銃弾の降り注ぐ生活に慣れていた。 この危険なゲームは、彼に戦場と同じような体験をさせてくれるかもしれない。 マジシャン 人体消失マジックを得意とするこのマジシャンは、まだ世間にその名を知られていなかった。 もしかしたら、かつて無数の芸術家を輩出したエアリュディケ荘園で、彼は新しい公演の霊感を得ることができるかもしれない。 冒険家 彼は帆船でイギリス海峡を横断し、熱気球に乗って森林を飛び越え、たくさんの奇妙な国々を訪れた…カート・フランクの生活は、旅行記と同じくらい素晴らしい! 空軍 地上で着陸誘導を行う日々にうんざりし、マーサは自分の飛行機を操縦してみたくなった。 もしこのゲームに勝利したら、彼女の願いは叶うのだろうか? 機械技師 招待状には巨額の賞金が約束されていたが、トレイシーの興味を引いたのは、むしろ荘園に隠された秘密の装置だった。 機械技師に金は必要だが、より必要なのはインスピレーションだ! 幸運児 このゲームの参加者がどれほどいるか分からないが、彼もその中のひとりである。 心眼 ヘレナは病に視力を奪われたが、聴覚によって外界の様子を感知することができる。 彼女はこのゲームで杖を固く握りしめ、勝利を手にする方法を考えている。 祭司 フィオナ・ギルマンは神秘主義者で、自分がこの宗園にやってきたのは神の導きによるものだと主張する。 しかし、彼女の言葉を信じる者はいない。 調香師 闇市で手に入れた神秘的な香水のレシピにインスピレーションを得て、独特の「忘却の香水」を調合した。 しかし香水はまだ不完全なため、彼女はそのレシピの由来を追って荘園に来た。 カウボーイ アメリカ大陸から来た冒険家のカウボーイ。 彼はかつて神秘的なインディアン部族と共に生活し、驚くべき投げ縄の技術を習得した。 踊り子 感情的なもつれから夫と離婚して以来、経済的に安定したことがなかったマルガレータは、「自由」には別の一面があることを理解した。 億万長者になれるチャンスを、彼女は逃したりはしなかった。 占い師 イライ・クラークは天眼を持つ占い師だが、この不思議な能力が彼の従える使い鳥と密接に関連しているのは明らかだ。 納棺師 人生という旅の終点に然程の差はない。 しかしイソップ・カールは多くの者が理想としている送り人だろう。 彼は一歩一歩の過程を厳密に守り、終点へたどり着いた旅の客に最大の尊敬を抱いている。 断罪狩人 ベインはかつて、親切な狩場の番人だった。 いつも優しく密猟者を逃がしてやった。 しかし彼の優しさは報われなかった。 それから、ベインは自分の領地に侵入した人間に対し、それがいかなる理由であっても容赦しなくなった。 結魂者 優れた役者は永遠に色褪せることがない。 ヴィオレッタ嬢の最新演目ーー神秘のスパイダーショーが開園!当然ながら、近距離で観覧しないことをオススメする。 芸者 美智子はかつて、素晴らしい芸者だった。 赤い着物を着た彼女がひらひら舞うと、それはまるで羽根を広げた赤い蝶のようだった。 しかし今となっては、彼女の舞を直視する勇気のある者はいない。 黄衣の王 太陽が湖へと沈み、黒々とした星々が空に昇ると、ボロの黄衣をまとった使者が、湖底から蘇る。 彼に名は無く、好奇心に満ちたたましいを求めている。 白黒無常 謝必安と范無咎は傘に魂を宿している。 かわるがわる生まれ変わり、かわるがわるすれ違い、憂う思いは断ちがたい。 写真家 ジョゼフの世界では、すべての写真が時間の標本だ。 狂眼 エウリュディケ荘園バルクの実験場で、彼が地下にどれだけのトラップを仕掛けたのか、知り得る者はいない。 夢の魔女 彼女は信者に永遠の命を与える。 しかし、新たな人生を手に入れるまで、その代償がなんなのかを知る者はいない。

次の

アイデンティティー 映画についての ネタバレ

アイデンティティ ネタバレ

ストーリー [ ] 死刑囚マルコム・リバースは多重人格障害の疑いがあり死刑執行の前夜、彼の罪を問う再審議が行われようとしていた。 一方、大雨のために裏寂れたに一晩閉じ込められることになった11人の男女。 彼らは何者かに襲われ、次々と殺されて行く。 11人の一人、女優の運転手であるエドは自分たちの中に凶悪犯が混じっていると気づく一方で、次第に連続殺人の奇怪さを感じ始めていた。 やがてこの場に居合わせた11人の奇妙な符合に気づくエド。 そこで彼を待ち受けていたのは…… 登場人物 [ ] エド(女優の運転手) わがままな女優の運転手をしている元警官。 携帯を探して脇見運転をしたところアリスを轢いてしまい、モーテルにやってきた。 警官時代に自殺した女性を止められず、そこから精神を病み、休職する。 ロード(囚人を護送中の警官) 囚人を護送中の警官、雨の中で身動きとれずモーテルに来た。 パリス(娼婦) 故郷の土地を購入するため娼婦をしていた。 ラリー(モーテルの主人) モーテルの主人。 一人部屋代30ドルを取る。 娼婦が嫌いらしく、バリスを嫌悪する。 実はモーテルの主人ではなく、主人は既に死亡していて、主人に変装をしていた。 ジニー(新妻) 妊娠しているとルーに嘘をつく。 ジョージ・ヨーク アリスの後夫。 ティミー・ヨーク(アリスの連れ子 無口な子供。 アリス・ヨーク(ジョージの妻) 雨の日に急ぐところをエドに轢かれてしまう。 カロライン(女優) わがままで落ち目の女優。 撮影現場でよくトラブルを起こす ルー(ジニーの夫) ジニーと数時間前に結婚した。 ロバート・メイン(護送中の囚人) ロードが護送してきた囚人 マルコム・リバース(死刑囚) 上記の人格の所有者。 多重人格者であり、多くの人間を殺害してきた。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 エド(女優の運転手) ロード(囚人を護送中の警官) パリス(娼婦) ラリー(モーテルの主人) ジニー(新妻) ジョージ・ヨーク アリス・ヨーク(ジョージの妻) マリック医師 テイラー判事 カロライン(女優) ルー(ジニーの夫) ロバート・メイン(護送中の囚人) マルコム・リバース(死刑囚) ティミー・ヨーク(アリスの連れ子) 被告側弁護人 テリー地区検事 地区検事のアシスタント• ソフト版 その他日本語吹き替え:、、、横堀悦夫、• テレビ東京版:初回放送2007年2月22日『』 その他日本語吹き替え:、、、 脚注 [ ].

次の