見っけ スピッツ 歌詞。 232時限目:見っけ

スピッツ16thアルバム『見っけ』全曲感想いきます!

見っけ スピッツ 歌詞

スピッツの16thアルバム『見っけ』がリリースされた。 本作には、先日最終回を迎えたばかりの連続テレビ小説『なつぞら』主題歌である「優しいあの子」も収められているのだが、そうしたクリティカルな要素を抜きにしても、初期衝動に溢れた素晴らしい作品になっている。 音楽ライター/ラジオパーソナリティにして小説家でもある清水浩司によるディスクレビュー。 <PR> スピッツ16作目のオリジナルアルバムが発売になる。 ただし、今回の作品はこれまでのものと比べ、多少変わった聴かれ方をするだろうことが想像される。 というのも、ご存知のようにスピッツは今年の4月から放送された連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌を担当していた。 その『なつぞら』の放送終了が9月28日。 ニューアルバムの発売日が10月9日……つまり「優しいあの子」も収録したこの『見っけ』は、何度目かの再評価の波に乗って、スピッツの音楽がより多くの人に届けられることが予想される一枚なのである。 では、『見っけ』とはどういう作品なのか? ここではその内容をわかりやすく説明するため、彼らの別の作品と並べてみたい。 前作『醒めない』である。 『醒めない』はスピッツにとって原点回帰のアルバムだった。 思春期の頃、自らが受けたロック音楽、そしてロックスピリッツの再確認。 それはアルバム1曲目に「醒めない」というタイトルトラックが置かれていることにも表れていて、ここで彼らはスピッツらしいバンドサウンドに乗せて<まだまだ醒めない/アタマん中で/ロック大陸の物語が/最初ガーンとなったあのメモリーに/今も温められてる>と歌っている。 そこから3年がすぎて発表される新作『見っけ』。 ここでも1曲目には「見っけ」というタイトルトラックが置かれ、彼らは一層ラウドに、きらびやかになったバンドサウンドに乗せて、今度はこう歌ってみせる。 〈再会へ!消えそうな/道を辿りたい/すぐに準備しよう/人間になんないで/くり返す物語/ついに場外へ〉。 つまり『醒めない』と『見っけ』は根底の部分で非常によく似ているのである。 別の視点から見れば、『見っけ』は『醒めない』の延長線上にあり、その現在形であるとも言える。 ということで『見っけ』もまた『醒めない』同様、自分たちの原点を見つめ直すような楽曲が並んでいる。 いかに余計なギミックを加えず、自分たちの身体から素直に出るものを信じられるか、バンドがナチュラルに志向するものを抽出できるか……近年のスピッツはそこに注力しているのであり、本作には五十路すぎのアイデンティティ追求の中で生まれた全12曲が収められている。 冒頭は前述した「見っけ」。 ダイナミックなギターを強調した音作りは、やはり本作がロックンロールに関する物語の幕開けであることを示している。 続いて「優しいあの子」。 ホルンやチューブラーベル(鐘)をさりげなく配したアレンジも気が利いているが、ここは草野の書くメロディの美しさだろう。 この学校のチャイムを思わせるメロディは普遍のものとして長く愛されていく気配がある。 「ありがとさん」は年齢を重ねたからこそ生まれた、彼らの新しい側面かもしれない。 スピッツ流の別れの歌。 素直で物悲しい歌詞をサビのコーラスが優しく包み込む。 素直といえばラジオへの愛を率直に歌った「ラジオデイズ」はストレートな楽曲だ。 もちろんアルバムには新たなトライアルも散見される。 「まがった僕のしっぽ」は組曲構造というか、突然のテンポチェンジと雄大なストーリーテリングに驚かされるが、こちらは古典小説のような浪漫感あふれる味わい。 「初夏の日」は初夏のまぶしい光の中で切ない追憶が切り取られる。 そしてラストは再びロック感全開の「ヤマブキ」。 バシャバシャしたリズムとうなりをあげるギターは冒頭の「見っけ」と符合し、本作をロックンロール・アルバムとして締めくくろうとしているように見える。 『見っけ』に収められたのはそのような楽曲たちだが、本作を聴いて個人的にはひとつ気になることがあった。 それは解釈によっては鬼籍に入った人たちへの思慕ともとれるが、実はこうした要素は『醒めない』の時点でも漂っていた。 「みなと」、そして「雪風」。 これらの曲で草野はもうここにはいない誰かに向けて、あてない想いを馳せていたようにも思えるのだ。 いつまでも続くように思えた音楽の旅もいつか終わりを迎える。 ラストシーンに至るまで、はたして自分に何が残せるのか? このバンドは何を伝えることができるのか?……おそらく彼らが現状、自分たちのルーツを探り、自身が得た初期衝動を確かめようとしているのは、こうした想いが根底にあるからである。 スピッツはどこから来て、どこへ向かうのか?スピッツとは一体何者で、どうしてここまで生き延びてこられたのか?……彼らは今、未来を眺め、過去を探り、答えを知ろうとしている。 (おわり) 文/清水浩司 関連記事•

次の

見っけ/スピッツ 全曲レビュー

見っけ スピッツ 歌詞

全曲レビューします 16枚目のアルバムです。 せっかく配信されたので。 で未聴アルバムはありませんが、とげまる、小さな生き物、醒めないはあまりききこんでません。 ライブは3回いった事があります。 そういうやつの全曲レビューと思ってください。 すみません… シングルカットされているのは「優しいあの子」だけなんですね では• がメインで編曲に参加してるアルバムは三日月ロック以降9枚目でしょうか。 アルバムの表題曲はその後の展開を示唆するものですが、使用する音で新しさを見せてくる感じなのかな。 バンドのはいつも通り。 曲自体は王道な気がします。 ハイトーンがフックになっているくらいでしょうか。 王道なマサムネ節をきかせつつアレンジで飽きないように意識したアルバムになる事を予感させます。 優しいあの子 42ndシングル。 主人公が幼少期を北海道で過ごすのですが それを意識してか「氷を散らす風」や「コタン」などのワードが盛り込まれてます。 OPも的な感じでしたが 楽曲の中にもチャイムの音とか、ホルンの音とかが入っていて意識した曲になってます。 歌いだしが 重い扉を押し開けたら暗い道が続いてて って暗めに始まるのが個人的には好きです。 なんか朝ドラの話ばっかりになってしまった… 3. でもRIDE要素がしっかりのこっていながら、ポップに仕上がっているのがすごいですよね。 間奏のピアノ伴奏とか、リズムを刻んでる鈴?の音とかがそういった効果を上げているんだと思うんですよ、多分。 自分達のやりたい事を尊重しつつそのように仕上げているメロディーと、アレンジが素晴らしいです。 2:00頃に入るラジオの声はロック大陸漫遊記の音源なのでしょうか? こういった形で声が入るのは「ナナへの気持ち」を思いだしますね。 あとこの曲は韻をふんでるところでくすっときます、 1番で「僕じゃなくどこかの貴族」「汚した大切な記憶」と「変だね」「テンダネス」で韻踏んでますね。 他にもあるかも。 ラストサビ前にの音がはっきり入っているのですがでがこういう風に使われるの珍しくないですか。 あとラストサビでフレーズを二回繰り返してダメ押しするのもけっこう珍しい気がします。 さっぱりしている曲なのでこういった気遣いが効いてきますね。 「大宮サンセット」とか「田舎の生活」とか「うめぼし」思いだします。 いつも 君が好き 少し前を走る 水しぶき 中休み 高くはねる とか具体的な事は出てこないのですが、登場人物の可愛さがにじみ出ていて好きです 2:53という短さも良いですね、こういう曲は長いとだるいので(失礼すぎる) 7. 若さがあふれてとまらない感じの曲で良いですね。 受験のCMとかに使って欲しいです。 この曲きになる事けっこう多くてまず、 1番サビ終わりや2番Aメロでもなのですが今回コーラスが多くないですか? あと間奏のギターソロもディレイ使ってて今までにない感じですよね。 あとこの曲、歌詞がめっちゃ気になります。 「三日月ロックその3」的な。 キメのポイントがあってかっこいいけどメロディーラインがマイナーにいくところがぐっとくる。 生き物シリーズ。 からのハードコア展開… なぜこのペルー的な音からこの展開にもっていく考えが浮かぶのか… 不思議だけど結構癖になる。 ライブでっけたら楽しそうです。 退屈させない展開になってるのはほんとにすごい。 唯一の以外の編曲。 明るい未来を予感させるような曲に仕上がっていて通しできくとぐっときます。 個人的な見解なのですが、の曲って小市民が頑張る歌詞が多いんですよね… 応援歌なのに壮大になりすぎず、日々のくだらない挑戦が少しづつ明るい未来につながる事を感じてぐっときます。 (語ってしまった…) アウトロもしつこくなくサビからスッと終わるのが潔く心地よいです。 個人的な感想 全体通して使用する音の面で新しいチャレンジはありますが、基本的なメロディーなどはいつものです。 すこし異国情緒が感じられるところが特徴でしょうか。 12曲ありますが曲時間も比較的短く通しで聞きやすいと思いました。 「見っけ」という題名のちょっとキュートな雰囲気が全体通して感じられて、 きき終わって少し前向きになれるようなそんなアルバムだと思います。 ただファン以外からするとタイアップ曲が少ないので若干しんどいかも。 初めて聞くアルバムとしてのお勧め度は微妙かも知れないです(個人の見解です) たまにはとかみたいな重いアルバムききたいな。 以上です。 fuukana11.

次の

マサムネワールドが炸裂!長い道の先で「見っけ」たものは?

見っけ スピッツ 歌詞

概要 [ ] 前作『』から3年2か月ぶり、通算16作目となるオリジナル・アルバム作品である。 前作同様に複数形態での発売となり、初回限定盤(SHM-CD+BDまたはDVD)、通常盤(CD)、アナログ盤(1LP+7インチ)、デラックスエディションSpitzbergen会員限定盤(2SHM-CD+1BDまたは1DVD)の全6形態で展開される。 のモデルは。 「」のカップリング曲だった「悪役」は未収録。 スピッツのアルバムでシングルに収録された曲が未収録になるのは、『』以来3作ぶりである。 スポット映像も製作され、が4匹の(在住の一般人宅で飼われている4兄妹)を海辺で散歩させながら「優しいあの子」を口ずさむという内容になっている。 見っけ(3:08) 本作のタイトルチューン。 「あなたの夢は、みんなの夢」篇、「日々を守る」篇CMソング。 「あしたを守る」篇CMソング。 MVが作られており、DISC2に収録されている。 (3:24) 42ndシングル。 『』主題歌。 ありがとさん(4:11) は曲名にちなんで、「ありがと 10 さん 3 」の日ということで10月3日にで公開された。 MVに出てくる金魚の名前は、「レディオのみなさん ありがとさん」企画でRNC西日本放送 「」 10月8日放送 に出演した際、『かまたま』とメンバーによって命名された。 ラジオデイズ(4:29) 4局(、、、)合同50周年アニバーサリーソング。 花と虫(3:49) もともとのタイアップ作曲依頼が来た際に「」と同時に作曲され、タイアップ候補となった曲 [ ]。 ブービー(2:53) 今回収録された楽曲の中で一番最後に作られた曲 [ ]。 快速(3:07) バッキングボーカルにのタカハシマイを招いている。 [ ]• はぐれ狼(3:46)• まがった僕のしっぽ(4:47) 曲中のハンドクラップはメンバー全員と野木弾介によってである。 仮タイトルは「プログレ」。 14年越しに今作で初音源化された [ ]。 SCANDINAVIA VOL. 7」で新曲として披露されていた楽曲で、後述のデラックスエディション Spitzbergen会員限定盤CDにその模様が収録されている。 ブランケット(3:49)《Bonus Track》 プロデュース・編曲:スピッツ に提供した楽曲(『』のSpecial Disc「歌バカだけに」収録)のセルフカバー。 初回限定盤、アナログ盤、デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤のみ収録。 「ありがとさん -Music Video-」 2. 「優しいあの子 -Music Video-」 3. 「見っけ -Music Video-」 4. 「オフショットムービー in FRANCE」 5. アナログ盤 [ ] 12inch 重量盤 収録楽曲 〈SIDE A〉 タイトル 作詞 作曲・編曲 1. 「見っけ」 2. 「」 3. 「ありがとさん」 4. 「ラジオデイズ」 5. 「花と虫」 6. 「ブービー」 〈SIDE B〉 タイトル 作詞 作曲・編曲 1. 「快速」 2. 「YM71D」 3. 「はぐれ狼」 4. 「まがった僕のしっぽ」 5. 「初夏の日」 6. 「ヤマブキ」 7inch 収録楽曲 〈SIDE A〉 タイトル 作詞 作曲・編曲 1. 「ブランケット」 DISC 3(デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤CD) [ ] Live at Zepp Tokyo 13th Oct, 2018「GO! SCANDINAVIA VOL. 7」 ライブCD タイトル 作詞 作曲・編曲 1. 「」 2. 「」 3. 「」 4. 「」 5. 「MC 1」 6. 「」 7. 「」 8. 「MC 2」 9. 「恋のバカンス」 のカバー。 ボーカル・ 10. 「」 11. 「」 12. 「ヤマブキ(GO! スカVersion)」 脚注 [ ] []• ORICON. 2020年2月1日閲覧。 RIAJ 2019年10月度• ORICON 2019年7月15日. 2019年7月15日閲覧。 音楽ナタリー 2019年7月15日. 2019年7月15日閲覧。 Billboard JAPAN 2019年7月15日. 2019年7月15日閲覧。 生越 千晴 Chiharu Ogoshi Twitter. 2019年8月16日. 2020年4月20日閲覧。 音楽ナタリー 2019年10月9日. 2020年4月20日閲覧。 rockinon. com 2019年9月20日. 2019年10月12日閲覧。 音楽ナタリー 2019年4月1日. 2019年7月15日閲覧。 ORICON 2019年6月26日. 2019年7月15日閲覧。 SPITZ OFFICIAL WEB SITE 2019年12月27日. 2019年12月27日閲覧。 TOKYO FM 2019年12月27日. 2019年12月29日閲覧。 Czecho No Republic Twitter. 2019年10月9日. 2019年10月31日閲覧。 Real Sound(深海アオミ). 2019年10月31日閲覧。 外部リンク [ ]• - SPITZ OFFICIAL WEB SITE.

次の