ウイイレ 神 データ 入れ 方。 【PS4】ウイニングイレブン2019の神データのまとめ

ウイイレ2013の神データについてどこから何をダウンロード...

ウイイレ 神 データ 入れ 方

ここから記事本編です! まず、神データとは何なのかについて解説します。 神データとは、ライセンスの問題で偽名になっている選手やチーム名を正しいものに直したエディットデータのことです。 ご存知の通りウイイレには、ライセンスの問題で搭載できなかったり、偽名になっているリーグやチームがあります。 神データを導入することで、通常ウイイレでは搭載されていないブンデスリーガを追加したり、イングランドリーグをプレミアリーグに直したりできます。 何故、このようなことが出来るのかと言うと、ウイイレのエディットモードにインポートと呼ばれる機能があり、他の人が作ったデータを取り込むことができるからで コンシューマ機シリーズではお馴染みですが、スマホ版では神データを使うことができるかですが現時点ではどちらとも言えません。 容量が大きいので、最低でも2GBは欲しいところです。 また、スマホに直接導入する場合はZIPファイルを解凍するなどの手間も必要になるでしょう。 ゲームデータそのものが大容量になっていますので、使用している端末によっては導入が難しい場合もあります。 また、入手した神データをゲームデータがインストールされているフォルダにコピーするなどの作業も必要になります。 ファイルマネージャーなどのアプリがあれば可能でしょうが、スマホだけで利用するのは難しいとも言えます。 PCがあればダウンロード、ZIPファイル解凍、ゲームフォルダにコピーなどは簡単に行えます。 しかし、それらの作業に慣れていない方は最悪の場合、不具合を起こす可能性もあります。 これらを考慮すると、スマホ版ウイイレに神データを導入することはおすすめしません。 しかし、参考までにコンシューマー版のウイイレをプレイしている方向けに神データ導入の方法を載せておきます。 もしスマホ版にも導入してみたい場合はチャレンジしてみるのも良いでしょうが、自己責任で行ってください。 ウイイレ2020 神データのダウンロード場所 神データのダウンロード場所を紹介していきます。 下記のサイトから神データをダウンロードしてください。 WEPESJPのウイイレnote 様 1. 以下のサイトを開く 2. ダウンロードした神データのページに移動して、「ダウンロードはこちら」をクリック 3. 「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まります。 ウイイレ2020にはJリーグの神データは存在するのか 2019. 導入方法については以下のサイトで詳しく紹介されているのでどうぞ。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 神データ導入の方法 事前に、序盤で紹介したWEPESJPのウイイレnote様からダウンロードしておいてください。 ダウンロードしたWEPES. zipフォルダを解凍(すべて展開) 2. 解凍したWEPESフォルダをUSBメモリに転送。 USBメモリを持っていない場合、データ導入は行えません。 SONY製のUSBがおすすめです、データの転送速度が他と比べてかなり速いです。 PS4に「WEPES」フォルダの入っているUSBメモリを差し込む。 ウイイレ2020のエディットモードを開く。 両方とも同じ手順でできます。 取り込みたいチームデータを選択して、詳細設定へ進んでください。 「選手詳細、在籍情報を適用する」にチェックをいれてOK。 以上で神データのインポートが開始されます。 画面が高速で切り替わっていくのでおかしくなってように感じますが正常です。 容量にもよりますが、通常30分程ですべてのデータの取り込みが完了します。 選手情報を反映させる場合は、チェックも忘れないようにしましょう。 Jリーグだけでなく世界規模のデータも入手できますので、興味のある方はチャレンジしてみましょう。 容量がいっぱいでインポートに失敗するときの対処法 神データを何回か入れ直していると、画像容量がいっぱいになりインポートに失敗する場合があります。 画像容量がいっぱいになって失敗するときは、一度現在の画像データを削除して再度インポートしてみてください。 まとめ いかがだったでしょうか、ここまで神データのダウンロード場所、方法。 神データの導入方法を紹介してきましたがわからない点があれば気軽にコメントしてください! 序盤でも説明した通り、スマホ版に導入する際は自己責任で細心の注意をはらってください。 それは、コンシューマーも同様で紹介したからといって責任はとれませんのであしからず。

次の

【ウイイレ2020】神データの入れ方を3ステップでやさしく解説!

ウイイレ 神 データ 入れ 方

ここから記事本編です! まず、神データとは何なのかについて解説します。 神データとは、ライセンスの問題で偽名になっている選手やチーム名を正しいものに直したエディットデータのことです。 ご存知の通りウイイレには、ライセンスの問題で搭載できなかったり、偽名になっているリーグやチームがあります。 神データを導入することで、通常ウイイレでは搭載されていないブンデスリーガを追加したり、イングランドリーグをプレミアリーグに直したりできます。 何故、このようなことが出来るのかと言うと、ウイイレのエディットモードにインポートと呼ばれる機能があり、他の人が作ったデータを取り込むことができるからで コンシューマ機シリーズではお馴染みですが、スマホ版では神データを使うことができるかですが現時点ではどちらとも言えません。 容量が大きいので、最低でも2GBは欲しいところです。 また、スマホに直接導入する場合はZIPファイルを解凍するなどの手間も必要になるでしょう。 ゲームデータそのものが大容量になっていますので、使用している端末によっては導入が難しい場合もあります。 また、入手した神データをゲームデータがインストールされているフォルダにコピーするなどの作業も必要になります。 ファイルマネージャーなどのアプリがあれば可能でしょうが、スマホだけで利用するのは難しいとも言えます。 PCがあればダウンロード、ZIPファイル解凍、ゲームフォルダにコピーなどは簡単に行えます。 しかし、それらの作業に慣れていない方は最悪の場合、不具合を起こす可能性もあります。 これらを考慮すると、スマホ版ウイイレに神データを導入することはおすすめしません。 しかし、参考までにコンシューマー版のウイイレをプレイしている方向けに神データ導入の方法を載せておきます。 もしスマホ版にも導入してみたい場合はチャレンジしてみるのも良いでしょうが、自己責任で行ってください。 ウイイレ2020 神データのダウンロード場所 神データのダウンロード場所を紹介していきます。 下記のサイトから神データをダウンロードしてください。 WEPESJPのウイイレnote 様 1. 以下のサイトを開く 2. ダウンロードした神データのページに移動して、「ダウンロードはこちら」をクリック 3. 「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まります。 ウイイレ2020にはJリーグの神データは存在するのか 2019. 導入方法については以下のサイトで詳しく紹介されているのでどうぞ。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 神データ導入の方法 事前に、序盤で紹介したWEPESJPのウイイレnote様からダウンロードしておいてください。 ダウンロードしたWEPES. zipフォルダを解凍(すべて展開) 2. 解凍したWEPESフォルダをUSBメモリに転送。 USBメモリを持っていない場合、データ導入は行えません。 SONY製のUSBがおすすめです、データの転送速度が他と比べてかなり速いです。 PS4に「WEPES」フォルダの入っているUSBメモリを差し込む。 ウイイレ2020のエディットモードを開く。 両方とも同じ手順でできます。 取り込みたいチームデータを選択して、詳細設定へ進んでください。 「選手詳細、在籍情報を適用する」にチェックをいれてOK。 以上で神データのインポートが開始されます。 画面が高速で切り替わっていくのでおかしくなってように感じますが正常です。 容量にもよりますが、通常30分程ですべてのデータの取り込みが完了します。 選手情報を反映させる場合は、チェックも忘れないようにしましょう。 Jリーグだけでなく世界規模のデータも入手できますので、興味のある方はチャレンジしてみましょう。 容量がいっぱいでインポートに失敗するときの対処法 神データを何回か入れ直していると、画像容量がいっぱいになりインポートに失敗する場合があります。 画像容量がいっぱいになって失敗するときは、一度現在の画像データを削除して再度インポートしてみてください。 まとめ いかがだったでしょうか、ここまで神データのダウンロード場所、方法。 神データの導入方法を紹介してきましたがわからない点があれば気軽にコメントしてください! 序盤でも説明した通り、スマホ版に導入する際は自己責任で細心の注意をはらってください。 それは、コンシューマーも同様で紹介したからといって責任はとれませんのであしからず。

次の

ウイイレ2020 神データ 入れ方まとめ(動画付き)

ウイイレ 神 データ 入れ 方

「神データ」製作者の方に感謝して使おう! 「神データ」とは、ウイイレ2020で搭載されていないブンデスリーガや、チームが仮名・仮ユニフォームになっているレアルマドリードやチェルシーなどを本物のようにできる、ウイイレ愛好家の有志の方がご厚意で作ってくれたデータです。 この記事で紹介させていただくサイトはその有志の方たちのサイトです。 なので、作ってくださったことに感謝して使用するようにしてください! こんな人に「神データ」がおすすめ• マスターリーグをメインにプレイする方• マイクラブで好きなチームが偽名チーム• 製品版ご購入の方(Lite版では入れられません) 「神データ」の入れ方 前準備 神データをPlayStation4に入れるには、下記のものを用意する必要があります• パソコン(Macでも可だけど、できたらWindows)• USBメモリ(一応、4GB以上がおすすめ)• 製品版のウイニングイレブン2020 パソコン作業 前準備が終わったら、まずはパソコンでの作業を行います。 1.神データを有志のサイトからダウンロードする まずは、「 神データ」を配布しているサイトからデータをダウンロードします。 この「WEPES」と名前を付けると、PS4のウイニングイレブン内でデータをインポート(導入)するときにゲームへ反映させることが可能となります。 3.WEPESフォルダへゲームに反映させたいデータを移行する 有志のサイトからダウンロードしたウイイレ2020の神データを入れます。 フォルダごと入れても問題はありません。 なお、ウイイレ2019のデータを入れようとすると、データ反映時にエラーになりますので、間違えないようにご注意ください。 4.USBメモリにWEPESフォルダを移す PS4へデータ移行するために、WEPESフォルダをUSBメモリに移動させましょう。 5.PS4にUSBを指してデータ導入準備 PlayStation4にUSBを指しましょう この時点ではほかの作業はありません。 6.ウイイレ2020を起動して設定画面を開く ウイイレ2020を起動し、設定画面を開きましょう。 設定画面はメインメニュー画面の一番右端にあります。 そして、エディットメニュー内にある【インポート/エクスポート】を選択してください。 8.チームインポートを選択する チームのデータを入れるので【チームインポート】を選択します。 9.WEPESフォルダが入ったUSBメモリを選択する チームエクスポートを選択すると、USBの選択画面に移ります。 今回、導入する神データが入っているUSBを選択します。 10.反映させたいチームを選択し、神データをインポートする 導入したい【〇〇. ted】というファイルを選択してください。 11.選手情報も反映させる場合はチェックを忘れないこと 最後に【選手情報、在籍情報を適用する】を選択しましょう。 有志が作成してくれた神データには、在籍情報も入っているのと選手の情報も入っているので、きちんと選択して反映させる必要があります。 あとは、ダウンロードが終了するまで待ちましょう。 神データ導入データ 神データ提供サイト WEPESJPのウイイレnote 配布内容• プレミアリーグ• チャンピオンシップ• セリエA ブレシア• リーガエスパニョーラ• 大会ロゴ 国際大会、イングランド、イタリア、スペイン、ポルトガル サイトリンク JPES EDIT 配布内容 JPES EDIT OF V1. プレミアリーグ• Sky Betチャンピオンシップ• LaLiga• サイトリンク chrono0520.

次の