関わら ない 方 が いい 人。 関わらない方がいい男性とは?一緒にいて幸せになれない男性の特徴 [ひかりの恋愛コラム] All About

【変な人・ヤバイ人?】絶対関わらないべき人の特徴

関わら ない 方 が いい 人

以前、私が書いた「 」という記事が大好評だったので、今度は 「底辺人間の特徴」と題しまして、皆様に喜んでいただける記事をご提供いたします。 底辺人間とは何か? ズバリ、 社会的ヒエラルキーの下層に位置する人間のことです。 人類の歴史とは、すなわち差別の歴史。 ヨーロッパの植民地政策時代の「奴隷」から、江戸時代の「えたひにん」まで、私たちの遺伝子には 「お前が下、私が上」という差別意識が刻み込まれているのです。 そして、我々が学校で学ぶことは「社会の縮図」です。 たとえば、クラス内でも「スクールカースト」という差別階級が生まれますが、あれと同じ。 頭の良い人やスポーツが出来る人、あるいは家が金持ちの人間はいい学校に通えますが、そうでない人間は底辺校に通って底辺職に就くしかないという、残酷なまでの差別社会であることは、皆様お気づきかと思います。 もっとわかりやすく言いましょうか。 我々人類は、差別が大好きなのです。 それを認めたくない人間が「差別はいけない」「人類、皆平等」などのキレイゴトを吐きますが、そんなものはただの偽善、誰一人救えません。 読者の方も、たとえばコンビニバイトの人間を見て「なんでこの人はこんな時給の安い仕事で真面目に頑張ってんだろ…」と見下していませんか? 非正規社員の人間を見て「自分は正社員だから、上だ」と心の中でほくそ笑んでいませんか? …それが、あなたが自覚していない「差別意識」ってヤツですよ。 あるいは、自分より大して努力していないボンボンが自分より稼いでてエラソーな態度でいるのを見て「クソ野郎ッ…!」と悔しい思いをしていませんか? また非正規雇用の方であったり、手取り10万~20万代のギリギリ生活であれば「自分は底辺だ…」と思って、自信なく悲観的な毎日を過ごしてませんか? …ククク。 だとすれば、残念ながらあなたは紛れもなく「底辺」「負け組」です。 ですが、何も諦めたりネガティブになる必要は何一つありません。 なぜなら、人は己を知ることで成長できるからです。 この記事では 残酷なまでの「底辺の法則」をご紹介していきますが、それを他人を見下してほくそ笑んで愉悦に浸るも、自分の非を認め成長の糧にするも、あなたの自由。 ぜひ、参考にしてみてください。 底辺人間の特徴とは? 皆様が読むだけでなんとなく安心感 または怒り を覚えるであろう「底辺人間の特徴」をご紹介して参ります。 頭が悪く、学歴や知識・教養がない 底辺の人間とは、シンプルに「頭が悪い」「学歴・知識・教養がない」人間です。 世の中とは、頭が良くて学歴も知識も教養もあるエリート階層が支配するものです。 そして、一部の頭のいい優秀な人間が作ったルールに沿って生きられる人間のみ、その施しを受けられるのです。 ところが、頭の悪い底辺層はどうでしょうか? 頭の良い優秀な人間が作ったルールに気づかず、目の前の娯楽や欲にとらわれ、貴重な人生の時間を無駄に消耗していくだけで死んでいきます。 関連: …しかしながら、世の中には 「学校が教えてくれない裏ルール」もたくさんあるので、最近は学歴があるにも関わらず、底辺職に余儀なく追い込まれることも珍しくはない。 学歴・偏差値でマウントを取り合っている人間も、上から見れば「底辺」である事実は、忘れてはいけないでしょう。 関連: マナーやモラルに欠けている 底辺層は所属しているコミュニティに礼節などないことが原因で、マナーやモラルが低くなりがちです。 言葉遣いが汚かったり、最低限のビジネスマナーも知らないなど「お里が知れる」と言ってもいいぐらい、マナーに対する意識が欠けているのです。 品性のない人間とは、野蛮な猿と見分けがつかず、著しく見るものに「不快感」をもたらします。 また、精神的にも生活的にも余裕がないことも、底辺層がマナーやモラルがないことの一因です。 品格とは圧倒的精神的余裕から生まれるため、余裕のない底辺層ほどマナーやモラルを気にしなくなるのです。 そして、マナーやモラルのない人間は「一緒にいても恥ずかしい」という羞耻心を与えるため、自然と付き合う人間も同類だけになります。 仕事のレベルが低い 底辺の人間とは、総じてレベルの低い仕事に就くものです。 関連: 一方で、上流階級の人間はホワイトカラーの職に就き、土日完全休業・デスクワークで悠々快適な環境で働く特権を与えられます。 レベルの低い仕事とは、具体的には「他人でも代替可能な仕事」「機械でも替わりが利く仕事」のことで、今や非正規雇用に押し付けられてばかりですね。 そういう仕事は「お前が辞めても、替わりはいくらでもいる仕事」「将来、AIに奪われる仕事」でしかなく、知的生命体である人間がするべきものではないのです。 しかし、今や一部の大企業とその他下請け中小企業の構図と化した日本では、ホワイトカラーなのにブラック企業も多いという、熾烈な競争社会となっているのも、無視できない事実。 もはや、正社員ですら安定しなくなってきている、この時代。 関連: 非正規だろうが正規だろうが 「もっと上」を目指さなければ、落ちぶれておしまいな時代なのです。 底辺でうずくまっている人間は、ドンドン堕落していくだけの未来しか残されていません。 趣味のレベルが低い 底辺層は、総じて趣味のレベルが低い。 パチンコなどのギャンブルにハマる• スマホゲーに課金• PC・スマホ・TVなどの無料メディアで満足してばかり• たばこ・酒などの健康を害する趣味が生き甲斐• 風俗・アダルト・ポルノなどが生き甲斐 このような趣味をコッソリ楽しむのであればとやかく言いませんが、仕事中も低俗な趣味について恥ずかしげもなくペラペラ喋る人間が、底辺層には多いのです。 しかも、その多くが「依存性」が高いもので、人間を堕落させるためのものであるのは、もはや明確ですね。 一方で、上流階級はどうでしょうか? 健康のためにスポーツをしたり、食材にこだわったり、生活レベルを上げるためにお金を使います。 また、知識や教養を高めるため、読書などの勉強に時間とお金をかけたり、あるいは芸術鑑賞で感性を育み、文化に対する理解を深めようとします。 履歴書にも「趣味」の項目がありますが、趣味で人間のレベルは測れるものなのです。 あなたも底辺層から抜け出し上流階級に加わりたければ、趣味はより高尚なものを嗜み、己のレベルを高めるものを選びましょう。 欲望に流されやすい 底辺人間とは、自制心がなく、欲望に流されやすい人間のことを言います。 我慢できずに、スマホアプリ ゲーム に課金してしまう• 我慢できずに、デザートを食べてしまう• 我慢できずに、仕事を辞めてしまう• 我慢できずに、言いたいことをすぐ口に出してしまう• 我慢できずに、就寝時間になってもスマホを見てしまう こういった欲望に流されやすい人間は、己を管理することすらままならず、見る見るうちに堕落していき、そのうち「これでいいや」と堕落した自分を許してしまいます。 一方で、自分を高めることに余念のない人間は常日頃から自己管理を徹底し、堕落を嫌います。 目先の利益にとらわれ、長期的視点で将来を考えられないことこそが、己を底辺に突き落とす原因となるのです。 向上心がなく、怠惰 底辺人間は、向上心がないので「他人の足を引っ張る」ことが大好きです。 なぜなら、他のみんなが頑張らなければ、自分も頑張らなくてよくなるからです。 また、底辺層は向上心がないため、根本的に努力を嫌います。 ひどい場合には「努力しても無駄」と、他人の努力を鼻で笑うことすらあるのです。 身内ノリが酷く、馴れ合い大好き 下層コミュニティの底辺は、お互いの傷を舐め合って、そこで満足するのが常。 そして、今やネットで仲間同士で集まって、傷を舐めあえる、いい時代になりましたよね。 その底辺コミュニティで「社会が悪い」「政治が悪い」「上司が悪い」と愚痴って満足して、何一つ変えられないのが、底辺が底辺たる所以なのです。 社会的ヒエラルキーの上位に属する人間からすれば、ネットの愚痴も抗議デモも 「痛くも痒くもない」わけですが、なぜか勝ち誇った気分になる人もいるから、これはもう上の人間からすればお笑い種でしょう。 たとえるなら、無害なハエが外を飛んでいるようなもので「少し目障りだが、気にするほどでもない」という感じです。 繁華街に飲み屋があるのも、そういった「底辺層にずっと底辺層で留まってもらうため」であり、いかに世の中が上手く出来上がっているかがおわかりいただけるでしょう。 逃げ癖が身についており、戦う気概すらない 人類の歴史とは、すなわち 「戦いの歴史」です。 弱者であっても革命を起こして政権をくつがえしたり、奴隷であっても武装蜂起で戦うコトを選んできました。 どんなに金持ちで実績のある権力者だろうが、助走をつけて思い切ってぶん殴れば、死ぬのですから。 よって、権力者は常に「持たざる物の一撃」を警戒しております。 そのあたり、上流階級や権力者は、よくわかってます。 もはや、日本の底辺は「戦う気力」すら奪われてしまっている事実に、気づいていないのです。 そうして、底辺層が選んだ逃げ場とは「仮想現実」であり、 そこではすべての弱さが許されてしまうわけですね。 関連: 真の底辺人間は「自分より下の人間」を見て喜ぶ 真の底辺人間とは 「自分より下の人間を見て喜ぶ」という、人間の残虐さを隠すことなく発揮します。 たとえば、ホームレスの人間を見て「ダセえwwwざまあww」と心の中で笑ったり、コンビニの店員に「てめぇ、仕事ナメてんのか?」と怒鳴り散らしたり、日頃の鬱憤を晴らすべく、自分より下の人間をいじめて楽しむことに快感を覚えるのです。 弱い者いじめこそ、底辺人間の最大の娯楽にして愉悦。 事実、誰でも利用できて底辺人間の対応を任されやすい「公務員」「接客業」あたりは、底辺人間のバカなクレームに律儀に対応せねばならず、著しく仕事の生産性を低下させられるハメになっております。 関連: 関連: そういう底辺人間を相手にして思うのは 「他人の足を引っ張る人間は排除すべき」という優生学思考であり、今の日本が自己責任論に寄っているのも、そういった背景があるのです。 努力もしない底辺に、チャンスを与えるべきでない…と。 底辺から抜け出すためには? このような底辺から抜け出すためには、一体どうすればいいのでしょうか? 答えは超簡単です。 自分より上の人間、全員を追い越せばいいだけです。 正々堂々と競って勝つのもいいですし、姑息な手段で上の人間を引きずり落とすのもOK。 逆に絶対にダメなのが、下の人間をいたぶったり、周りの人間とだらけあってお互いを低め合う行為ですね。 以下に、底辺から抜け出すためのシンプルな心構えを記しておきましたので、ぜひご参考ください。 復讐心を持つ 底辺から抜け出すためには、まずは復讐心を持つことが大事です。 人類の歴史とは、すなわち「復讐の歴史」だからです。 幾度となく、人間の尊厳を奪われた者たちが復讐の炎をたぎらせ、社会を変革してきました。 考えてもみてくださいよ。 あなたがいつも冷や飯を食っている間に、富裕層は美味しいご飯と高給な酒を楽しみながら味わっているんですよ? こんなにムカつくことは、ありません。 しかも今の権力者は、法律を複雑にして底辺層に歯向かう気力すら失わせ、その上で自分はボディガードをはべらせ、クレームは下請けのコールセンターにでも押し付けておけばオールOK。 一方で、弱者である底辺層は税金をガンガン搾取され、ブラック労働で人間の尊厳を奪われ、いつもマスメディアに 「お前らの貧乏暮らしと比べて、芸能人様はこんなに豊かな生活してるんだぞww」と煽られまくれ、毎日毎日、惨めな思いをしなければいけません。 どうしてそこまでされて、我々は黙って耐え忍ばなければいけないのでしょうか? 底辺層から抜け出すためには、都合よく搾取されて奴隷扱いされている事実に気づき、復讐心を絶やさずに燃やし続ける必要があるのです。 「上を見ろ!」 底辺人間が下を見て安心し、時には下の人間を徹底的にいたぶり尽くすことはご紹介したとおりです。 であれば、するべきことは単純です。 「ただ、上だけを見ろ」 これだけの、シンプルな心構えを持てばいいだけです。 時に上司に楯突いて仕事を奪い取って蹴落とすも、よし。 権力者にへーこら媚びを売るのも、よし。 逆にぎゃあぎゃあ騒いでる周りのザコや、下の人間は無視してOK。 そういう人間はすべからく 「あなたを堕落に引きずり込む天使」であり、付き合うべき人間ではありません。 底辺層から抜け出すためには、己を高め、より高みへ導いてくれる人間とのみ、関わりを持つべきなのです。 そして、下の人間をいじめるのが大好きな器量の狭い上の人間には 「その程度で怯むとでも?」と粋がっておけばOK。 「弱い犬ほどよく吠える」と言うが、強い犬は相手を虎視眈々とにらみつけ、時に噛み付いて相手に致命傷を与えるものです。 転職する 階級を上げるには、シンプルに 「仕事で大きな成果を納め、社会的に認められる」ことが大事です。 どんなに人間的クズ野郎でも、仕事で成果を出して出世すれば、それだけで上の階層の仲間になれます。 逆に人間性が聖人君子レベルでも、今はそういう仕事は搾取されまくって低賃金でひどい仕打ちにあっておしまい。 介護士・保育士などの人当たりの良さが必要とされる仕事が、総じて給料が低いことからも、それは明白ですね。 ところが、今の時代は搾取が横行していますので「上に行く手段」さえ、底辺層は奪われています。 たとえば、高卒現場仕事の人間は逆立ちしても大卒ホワイトカラーに勝てない会社もありますし、非正規雇用を正社員にさせない会社も、たくさんあります。 そんな会社であれば「頑張って仕事を評価してもらい、出世する」なんてことは、夢のまた夢なのです。 しかし、転職をすれば話は別。 転職していい職場につけば、上位層に仲間入りするための挑戦権を獲得できます。 一方で、ダラダラアルバイトレベルの仕事をしていては、いつまでも搾取されたままですし、自分と同じような底辺の仲間と底辺の客層を相手にしているせいで、ドンドン感性も感覚も鈍ってきて、落ちぶれていくのみです。 すなわち、レベルの低い職場で仕事し続けることは自分のレベルを下げることを意味するわけですね。 関連: よく「成功者と会うと人生変わる」とか「上の人間と付き合うとレベルが上がる」などと言いますが、まさにその通り。 今のしょぼい仕事や底辺暮らしに満足せず、もっと上を目指しましょう。 転職エージェントに相談して、底辺から抜け出せる転職先を探そう! ですが、底辺層はもはや「転職の仕方」や「転職する選択肢」すら、奪われている時代です。 社会的ヒエラルキーの上位に属する企業からすれば「正社員が辞めずにバカ正直に働いてくれる」という環境は、笑えるほどに彼らにとってありがたいのですから。 しかし、それも今は日本の人材不足で変わってきています。 転職エージェントに相談すれば、自分に合った転職先を紹介してもらうことが可能です。 転職エージェントについての詳細はこちら ・ ・ 転職エージェントは無料で利用できる上、どんな経歴でも登録可能、しかもスマホひとつですぐに登録できます。 努力して変わる意志があれば、どんな底辺人間でも、社会は暖かく歓迎してくれるのです。 逆に駄目なのが 「自分は色々知っているから、他の底辺層とは違う。 そのうち行動すれば変わるだろう…」と思っている人。 そういう人は結局いつまで経っても行動しないで、底辺のぬるま湯に浸かりきったままで人生終わるのが目に見えていますね。 私もかつてはそうでしたが、行動するようになって人生がドンドン上手くいくようになりました。 その経験から言えることは 人を変えるのは「行動」のみだということです。 転職エージェントは超大手の人材会社勤めの勝ち組から、転職についてマンツーマンでサポートしてもらえるので、それだけで人間レベルが上がるチャンスですし、価値観や感性も変わりますよ。 ぜひ、転職エージェントを使って底辺から抜け出しましょう!• 1…国内第1位のリクルートのエージェント。 求人数20万件以上。 対応がスピーディで3ヶ月内の転職も可。 経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。 有名企業・大手企業の求人がバンバン届く。 中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。 1…世界No. 1の外資系企業アデコの手がけるエージェント。 求人情報に一切広告色がなく精度や質が高い。 アドバイザーが利用者と企業の両面営業を担当しているため非常に融通が利く。 これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。 全て 完全無料で利用できる 採用企業側が費用を負担しているため• 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい 電話だけの面談もOK• 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能• プロのアドバイザーが多数在籍しているので、 自分と相性の良い担当者を見つけやすい• 大手でサービスの質が安定しているので、 転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる• 大手企業が運営しているので、 紹介先企業も信用できる企業ばかり• 事前調査をしているため ブラック企業はない• 効率重視なので、早ければ 最短3ヶ月での転職も可能• 逆に「 転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる• 転職サイトとしての機能もあるので、 メールで求人情報を受け取る使い方も可能• 担当者がサポートしてくれるので、 専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる 転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。 確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。 しかし、これだけメリットだらけですと 「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。 ですが、安心してください。 転職エージェントは いつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。 むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で 「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。 転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。 転職エージェントは 時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。 転職エージェントについてもっと詳しく ・ ・ 転職エージェントの登録方法 転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、 興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。 転職はタイミングが重要です。 とくに 今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので 行動は早めにしておくべきです。 転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、 5分もあれば登録は完了します。 登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

次の

【変な人・ヤバイ人?】絶対関わらないべき人の特徴

関わら ない 方 が いい 人

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。 人生を送る中で避けては通れないこと、それが「人関関係」です。 学校、職場、ママ友、地域住民…どんな環境でもコミュニケーションは発生します。 ぶっちゃけ、面倒なことも多いですよね。 もしもそんな人生で人と関わらない生き方ができたら、それは幸せだと思いますか?• 職場の同僚と飲み会に行くのが億劫で仕方がない!• 惰性で付き合っている友達と距離をおきたい!• 誰かと一緒にいるよりも一人でいる方が好き!• 最低限の人付き合いだけで生きていきたい! どれか一つでも当てはまる場合は、今回の記事を読んでみてください。 心理カウンセラーの資格を持っている筆者が、自分らしく生きる為の、人間関係に対する考え方をまとめました。 人と関わらない生き方は幸せか? 結論を言います。 人と関わるの嫌いであれば、できるだけ人と関わらないで生きれば良い。 人と一緒にいることが好きであれば、積極的に人と関わって生きれば良い。 これだけの話です。 「多くの仲間に囲まれた人生こそが幸せだ!」 そんな風に思い込んでいる人は多いかもしれません。 しかし、人は皆、性格も、価値観も、幸せを感じる基準も、理想の人生も違います。 仲間を集めて船旅に出ることに生き甲斐を感じる人もいれば、一人でのんびり船旅をすることに喜びを感じる人もいます。 一人で本を読んで過ごすことに幸せを感じる人もいれば、人と一緒におしゃべりをすることに幸せを感じる人もいます。 人の生き方に、正解も間違いもないです。 だからこそ、他人の理想や生き方に合わせる必要はありません。 あなたができるだけ人と関わらず、最低限の人付き合いだけで生きていくことが幸せだと思うならば、人と関わらない生き方を歩めば良いです。 私は、人との関わりが全くない訳ではありません。 家族と過ごすことは好きですし、尊敬できる仕事仲間がいれば関わりを持ちます。 ただ、「学校」「部活」「アルバイト」「会社」「コミュニティ」などのグループに所属することや、人付き合いは嫌いです。 その為、人間関係は極力広げずに、大切な人とだけ関わって生きています。 人と関わらない関わらずに生きている私の例 私は元々サラリーマンだったのですが、「面倒な組織や人間関係から解放されたい」という思いから、独立してWeb事業で生計を立てるようになりました。 今では法人化して経営者になりましたが、一人社長なので誰も雇っていないです。 会社経営者は人脈が多いイメージがあるかもしれませんが、人脈もほとんどありません。 オンライン上で完結するビジネスなので、リアルで人と関わることは少ないです。 顧問税理士さんとの打ち合わせ• コンサルタントの方との打ち合わせ• 経営者の先輩や仕事仲間との食事• 興味のあるセミナーに出席 こんな感じの用事が、月に3〜5回ある程度です。 1ヶ月間のうちに、家族以外の人と関わっているのは3〜5日。 25〜27日は、一人でビジネスをしています。 ここ一週間で妻以外と会話をしたのは、ジムの受付の綺麗なお姉さんと、担当美容師の綺麗なお姉さんぐらいです。 家族以外と一週間会話をしないことも、ザラにあります。 連絡先を交換しても即削除することは多いですし、名刺を貰っても帰宅後に捨てることがほとんどです。 SNSもビジネスなど明確な目的があって使うことはありますが、プライベートでは一切使いません。 昔、使っていた時期があったのですが、• 友人 家族旅行か一人旅が好きなので、わざわざ友人と一緒に出かけようとは思いません。 冷たいと思うかもしれませんが、貴重な時間を無駄にしたくありません。 もちろん、お互いに切磋琢磨できる仕事仲間など、誘いに乗ることもごく稀にあります。 ただ、どれだけ自分に利益のある誘いだったとしても、人間的に好きな人としか付き合わないと決めています。 電話帳にもLINEにも、家族の連絡先しか入っていません。 どうぞ私の寂しい電話帳をご覧くださいませ 笑 付き合いのある数名の人たちとは、チャットワークでやりとりをすることが多いです。 こんな感じで、人との関わりを極力避けながらも、幸せに生きております。 人と関わりたくない理由 私は、人が嫌いな訳でも、コミュニケーションが苦手な訳でもありません。 ごく少数ですが、家族や尊敬できる仕事仲間など、大切な人もいます。 周りからは、 とても人付き合いが嫌いなように見えないですね。 むしろ、人付き合いが好きに見えます。 と言われることが多いです。 いくら人付き合いが嫌いと言っても、人と一緒にいる時はその場を楽しく過ごそうと思います。 人見知りはしませんし、初対面の人とも仲良く話せるので、人付き合いが好きに見えるのだと思います。 あまり人と関わりたくない理由は、時間を大切にしたいからです。 人付き合いが増えると、家族と過ごす時間や自分の時間が少なくなります。 私は人と一緒にいるよりも、家族や一人でいることが好きです。 仲間と協力しながら仕事をするよりも、一人で黙々と作業をする方が好きです。 友人と旅行へ出かけるよりも、家族旅行や一人旅をする方が好きです。 私は人と会っている時間を、大切な人と過ごす時間や、自分と向き合う時間に充てたいと思っています。 だから馴れ合いだけの友人はいりませんし、人間関係は必要以上に広げたくありません。 私は、愛する妻が側にいてくれればそれで十分幸せです。 後は、お互いに高め合えて尊敬できる仲間が数名いれば、それ以上に人間関係を求めることはありません。 独立したばかりの頃は、できるだけ多くの人と関わろうと積極的に人付き合いをしていましたが、人との関わりが少なくなった今の方が幸せです。 人と関わった方が良い場面 とは言え、人と関わった方が良い場面もあります。 それが、目的を達成させる為に人の力が必要な場面です。 例えば、税理士さん。 「会社を円滑に経営する」という目的の為に、顧問の税理士さんを雇っています。 さすがに、一切人と関わらないで会社の経営はできません。 新しい物事に挑戦する際や、外部からの意見が欲しい場合は、コンサルタントを雇ったり、コミュニティに所属したり、経営者の先輩にアドバイスを求めます。 基本的には家族とだけ過ごしているが、何らかの目的があれば人と関わる。 目的を達成したら、また一人に戻る。 会社のプロジェクトチームのようなイメージですね。 目的達成に人の力が必要な場合は、人脈を活用しましょう。 詳しくは下記の記事で解説しているので、ご覧ください。 人は一人でも生きていける 「人間は一人では生きていけない」 これ、幼い頃からよく言われませんでしたか?• 友達は大切にしなさい!• 人との繋がりこそが財産です!• 嫌いな人とも仲良くしましょう! 私も学生時代、先生からこんなことを言われました。 批判覚悟で言わせてください。 大人になれば、人間は一人でも生きていけます。 今の時代、人と深く関わらなくても、生活するのに支障はありません。 住む家さえあれば、寝る場所は確保できます。 コンビニやスーパーに行けば、いくらでも食料は買えます。 インターネットに接続すれば、あらゆる情報が手に入ります。 ビジネスライクと割り切れば、職場の人たちとも深い関係にはなりません。 最低限度のコミュニケーションは必要ですが、一人でいても死ぬことはないです。 別にこれは、人との関わりを否定しているわけではありません。 私もこれまで、多くの人に迷惑をかけましたし、多くの人に助けられて生きてきました。 大切な人との関わりはあった方が良いですし、人に対して思いやりを持つのも大事です。 ただ、あなたの生き方に反してまで、無理に人と付き合ったり、 人脈を広げる必要はないと思います。 人から嫌われるのが怖くて自分の意見を言えず、人の意見ばかりに合わせて人間関係に疲れてしまう。 人からよく思われたいから、やりたくもない仕事も笑顔で引き受けてしまう。 好きでもない友人からの旅行の誘いや、会社の同僚からの飲み会が断れない。 そんな面倒な人間関係でストレスを抱えるぐらいだったら、 人からどう思われても良い! 自分は一人でも生きていける! ぐらいの意思を持って、もっと自分勝手に意見を主張したり、わがままに生きても良いと思います。 100人中100人に好かれようなんて、それは無理な話です。 どれだけ人間的に魅力のある人でも、「声が怖い!」「目つきが苦手!」「体系が嫌い」など、生理的に受け付けられないこともあります。 人間には相性があるので仕方ありません。 私は100人中1人でも好意を持ってくれれば、それで良いです。 その1人こそが、本当の意味での財産になると思います。 人と関わらない生き方まとめ 私は家族や大切な人以外とは、ほとんど関わらない生き方をしていますが、何も支障はありません。 十分幸せな人生です。 今の時代、大人は一人でも生きていけます。 無理に人と関わってストレスを感じるぐらいなら、もっと自由でわがままに生きてください。 私の意見に対しても、「確かに、そんな人生の方が楽しいですよね!」「うーん…やっぱり人は一人では生きていけないと思う!」というように、肯定意見や否定意見がたくさんあると思います。 私は、自分の意見が絶対に正しいとは思いません。 自分が正しいと思う意見を、正直に発言しているだけです。 100人中、100人から賛同されることは不可能ですし、他にも色んな意見があって当然でしょう。 そんな中で、「こんな生き方をしている人もいるんだな」と、一つの意見として参考にして頂けると嬉しく思います。 ブログ執筆者:ユウキ 株式会社GREEN 代表取締役 起業7年目 法人3期目 の31歳 人と関わるのが嫌いで社会に馴染めない為、25歳でWebマーケターとして独立。 Webメディアの運営や情報発信・デジタルコンテンツの制作や販売を手掛け、29歳で株式会社GREENを設立。 法人設立後、「自分の本当にやりたいこと、理想の人生とは何だろうか?」と考えた結果、昔の自分のように、仕事・人間関係など、生き方に迷っている人に、知識や経験を伝えたいと気付く。 現在は心理カウンセラーの資格を取得し、「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に、執筆活動に励んでいる。 趣味:筋トレ、ピアノ、旅行、ゲーム、アニメ、妻と愛犬と戯れること。

次の

底辺人間の特徴。こんな底辺層の人間とは関わらないほうがいい

関わら ない 方 が いい 人

無理に関わる必要はない 幼稚園や保育園、小学校に入った時にきっと、「友達100人できるかな」の歌を歌いましたよね? 一般に、友達は多い方がいいとされています。 きっとあなたも子どもの頃から、• 友達は多い方がいい• 人との関わり合いの中で成長ができる• コミュニケーション能力を高めなさい などと言われて来たと思います。 もしかしたらあなたも「友達は多い方がいいよね・・・」と思いつつ、そんなに友達が多くない、必要としていない自分を否定しながら生きているのではありませんか? 結論から言うと、 無理に関わる必要は、全くもってありません! 特に、内向型の人には多くの人間関係は必要ないのです! あなたは、 人付き合いが苦手なのではなくて、幸せに生きていく上で多くの人付き合いを必要としない人 なのです。 にも関わらず、 親をはじめとする大人たちの圧力や世の中の「外向型のほうが生きやすい」暗黙のルールに従って、無理に友達を作ろうとしてきた。 無理してたくさんの人と人間関係を築こうとしてきたので、それが大きなストレスを生み出していました。 内向型の人は少数の親密な関係を持てれば人生の幸福感が築けます。 無理に人間関係を広げようとする必要は、全くもってありません。 むしろ、広げない方が幸せを感じることができるんです。 人間関係の構築においては、世間一般の常識や暗黙のルールに従ってしまうと生きづらくなってしまうのが、内向型の特徴です。 多数の人と同時に良好な関係を築きます• 多くの人間関係を必要とします• 人と交流することでエネルギーを補給します これは、良いとか悪いとかではなく、単なる特徴です。 ちなみに、「コミュニケーション能力が高い」というのは外向型の人が得意とする人間関係を築くことではなく、その場・そのとき・その人に合わせて必要な関わり方ができる人のこと。 時には、黙って寄り添い一緒に涙を流すことができることもコミュニケーション能力が高くないとできないことですが、このようなコミュニケーションは内向型の人が得意とします。 一般に、口数が多い人や集団の中心にいる人がコミュ力が高いと思われがちですが、内向型の人が得意なのは相手の立場に立って相手のペースに合わせたコミュニケーションスタイルです。 外向型がリードするタイプのコミュニケーションスタイルならば、内向型は寄り添って伴走するようなスタイルといえます。 生きにくさや悩みの原因 誰でも(外向型の人でも)人間関係で悩むことはあります。 でも、それが原因で「生きにくい」と感じてしまうのは、内向型の特徴のように思います。 生きにくいと感じる原因は、コミュニケーション能力の欠如や根暗な性格だからではありません。 自分の特徴を知らずに、世間の常識や外向型優位の暗黙のルールに合わせなきゃいけないと思い込んでいるからです。 一緒にいるとなんか落ち着く• つい気を許してなんでも話しちゃう• そばにいてくれると安心感があって、気持ちがラク• なんだかいつも落ち着いてるね! などと言われることが多いのも特徴です。 それこそ、内向型の長所であり本来の姿なんですね! 内向型は、発するエネルギーが小さいので、他人に悪影響を与えません。 人に関わらない生き方 内向型は、一人でいることをあまり苦痛に思いません。 外向型が他人からエネルギーを与え、奪うのに対して、内向型は自らの内側からエネルギーを生み出すことができます。 だからと言って、他人とのコミュニケーションが必要ないかというと、そんなことはありません。 誰かと話したい時だってありますし、人恋しく感じることだってあります。 そんな時は、仲のいい気が許せる人とだけ、思う存分、コミュニケーションを取りましょう! 無理して人に関わらない生き方でも幸せな人生を送れるのは、内向型の特徴です。 まとめ 無理して他人と関わらない生き方こそ幸せのコツ 無理して嫌な人に付き合ったり話しを合わせたりする必要は全くありません。 内向型は、少しの刺激で充足します• 外向型は、多くの刺激を必要とします 人とのコミュニケーションも「刺激」です。 内向型の人は少しの刺激で満足することができます。 だから一人が好きだったり、少数の友達と深く付き合うことを好みます。 逆に大人数の飲み会やパーティなどでは、刺激が多すぎるために消耗し、疲れてしまいます。 内向型・外向型それぞれにあった人付き合いの形があり、内向型の人が外向型の人のように多くの人と交流をしようとすると消耗して、それがストレスとなってしまうんですね。 そして、内向型でもそうでなかったとしても、内向型のことを知ってもらえたらいいなと思います。 特に、内向型のお子さんを持つ親御さん、学校の先生や企業の教育担当者にはぜひ読んでいただきたい本です。

次の