中学生 税 の 作文 書き方。 原稿用紙

原稿用紙

中学生 税 の 作文 書き方

「作文の書き方がわからない・・・」 原稿用紙を前に、固まっていませんか? 中学生にもなると、作文の課題も難しくなってきますよね。 たとえば、人権作文や税作文など 普段はあまり考えないテーマについても 課題に出されることがあります。 でも、何を書けばいいのかが分からないと、どうしようもないですよね。 実は作文の書き方には、ちょっとしたコツがあるんですよ。 作文の書き方 作文は、与えられたテーマに対して、 感じたことや体験したこと、空想したことなどを自由に書きます。 自分の体験や個人的な考えを書くものなので、 理論は重視されません。 ちょっと安心しましたよね。 ここでは、• 自分に何か変化を起こした経験• 自分が何かを発見した経験• 自分にとって何かを考えるきっかけとなった経験• 自分が行動を起こすきっかけとなった経験 などを探していきます。 構成の立て方 作文を実際に原稿用紙に書く前に、 文章全体の大まかな流れを決めておきましょう。 これまでの経験の中で、作文に書けそうなネタを思い出してみましょう。 作文に盛り込む主張は、基本的にひとつですよ。 まずは、思いつくままにメモに書き出してみましょう。 ここまでは出来ましたか? 次は、具体的な構成の決め方について説明しますね。 作文の構成 読み手に自分の主張がもっとも上手く伝わるような構成にするためには、 どのような文章にすれば良いのでしょうか? 構成を考えるというのは、• 問題提起• 意見の主張• 理由付け• 具体例• 反対意見• 結論 の6つの要素をどのように組み合わせるかということです。 特に、結論を文章全体のどの位置に置くのかが、 重要になってきます。 それでは、6つの要素を具体的に見ていきましょう。 実際に作文を書くときは、このすべてが必要なわけではないんですよ。 ただし、「意見の主張」と「理由付け」は必ず 書くようにしましょう。 なお、「意見の主張」と「結論」は同じ内容になります。 作文の型 では、これらの6つの要素を使って作文の構成を考えてみましょう。 文章の配置には、• 頭括型(とうかつがた)• 双括型(そうかつがた)• 尾括型(びかつがた) があります。 それぞれの構成について、見ていきましょう。 頭括型(とうかつがた) 頭括型は、まず「結論」を述べます。 次に、理由付けや具体例を書いていきます。 文章の結論となる自分の意見や考えを 最初に持ってくる方法です。 いきなり結論を突きつけると、読み手に強い印象を与えることができます。 双括型(そうかつがた) 総括型は、頭括型と同じように最初に「結論」を述べます。 その次に、理由付けや具体例を書きます。 そして、最後にまた「結論」を述べます。 双括型は、理由が長いときに、 結論を再確認してもらう場合に向いています。 尾括型(びかつがた) 尾括型は、最後に「結論」を述べます。 基本の構成パターンは、「序論・本論・結論」の 組み立てになります。 問題提起型の場合は、ここで問題提起の文章を入れます。 問題提起型の場合には、ここで自分はどのような立場をとるのかを、 明確にしておきましょう。 理由付けや具体例、反対意見などは、ここで述ます。 尾括型は、じっくり最後まで読んでもらう場合に 向いています。 ここまでは、大丈夫ですか? よくわからないという人のために、実際に書く場合の例をご紹介しますね。 それでは、順番に見ていきましょう。 例えば、体の一部を使った慣用句があります。 頭が上がらない• 頭が固い• 頭を冷やす• 顔が広い• 顔を立てる 慣用句についてはこちらを参考にしてみてください 作文の場合、上手にこのような言葉を使いこなすと、 読み手が文章を楽しく読めるようになります。 そうすることで読み手は、自分がそこにいるような 気持になります。 作文の大事な部分を、特に詳しく書きましょう。 自然の様子を描く 自然の様子を描いて、心の中を表現します。 例えば、悲しい場面なら雨の様子を、 楽しい場面なら晴れた風景を描写します。 そうすることで、言葉にできない微妙な気持ちが伝わりますよ。 倒置法で強調する 倒置法というのは、文の前の部分と後ろの部分を逆にする表現方法です。 強調したいことがはっきりして、文章を面白くする 効果があります。 実際に比べてみましょう。 「私には、友達がこちらのほうに走ってくるのが見えた。 」 「私には見えた、友達がこちらのほうに走ってくるのが。 」 後者の方が、言いたいことが強調されていると思いませんか? 表現の工夫をする 作文を書くときには、表現を工夫すると楽しい文章になります。 例えば、 「とても楽しかった」と書くのではなく、 「踊りだしたくなるくらい楽しかった」というように 書くと、読み手に伝わりやすくなりますよね。 ここでは、• 楽しい:心が弾む、わくわくする• 嬉しい:天にも昇る気持ち、舞い上がる• 悲しい:やりきれない、やるせない• 不安:気が気でない、おぼつかない• 困る:途方に暮れる、うろたえる• 驚く:腰を抜かす、言葉を失う• 「ひとつの文で表現するのは、ひとつのことだけ」 と決めれば、短くてわかりやすい文章になります。 これらの方法を組み合わせれば、 魅力的な文章を作ることができますよ。 次は、最初の難関の「書き出し」について説明していきます。 書き出しのコツ 「さあ、これから作文を書こう」と思っても、 書き出しが思いつかないことも多いですよね。 書き出しが面白いと、読み手は先を 読みたくなるものです。 それでは具体的に、どのようにしたら、 読んでいる人の興味を引くようにできるのか見ていきましょう。 読んでいる人を、いきなり文章の世界に入り込ませる効果があります。 たとえば、 「ドンドン」、「ガッシャーン」など音が聞こえるような表現です。 これを読むと、実際に今、起こっていることのように感じることができます。 「私は、とても悲しい体験をしたことがある。 」 などです。 読み手に対して、一緒に考えるように誘って引き込む方法です。 これでもう、書き出しで苦労することは ありませんね。 1行目から、読み手の興味を引きつけちゃいましょう! 書くときに気をつけるポイント それでは最後に、作文を書くときには、 注意する点がいくつかあります。 一文はなるべく短くする。 段落をつけ、全体にメリハリをつけれる。 文は、「だ」「である」調で統一する。 話し言葉は、ぜったいに使わない。 誤字・脱字は避ける。 「の」「が」など、同じ助詞は繰り返し使わない。 「これ」「彼女」などの代名詞は使わず、より具体的に書く。 「そして」「また」など、接続詞を多用しない。 う~ん、知らないうちになんとなくやっちゃいそうですね~ 出来ればこれらをなるべく守るようにして、作文を書いてみましょう。

次の

税の作文の書き出しは?消費税や税金作文の簡単な書き方は?見本も!

中学生 税 の 作文 書き方

消費税• 所得税• 贈与税• 相続税• 自動車税• 固定資産税• 住民税 などなど 書いたらキリがないくらいの税金があります・・・ 一般的に税金にはどういうものがあり、 どういう風に使われているのか と言うことを書くのもいいですが、 できれば少しでも身近な税について書いた方が書き易いかも知れませんね。 じゃあどの税かというと、 中学生も自ら払っている 消費税 消費税は中学生も悩まされているのでは? 以前は5%(大昔は3%)だった消費税が今では8% そしてこの10月1日からは10%にアップします。 そんな 一番身近にある税 消費税 について書いてみると、税に関する作文と言っても まだ少しは書けるんじゃないでしょうか。 消費税の作文の書く方はどう書けばいい? では、その消費税についての作文ですが、 実際に書くにあたってどういう風に書いていけばいいのでしょうか? それには最初に• 最初は否定的で消費税の存在の意味に懐疑的だったが、 いろいろと調べるうちに国民の生活に必要不可欠なことに 使われている。 消費税が無ければ今後の国民生活がどうなっていくのか• など、 自分がこれらの知識を得たことで何をしたいか と言うことを書いて締めくくと 先生方や学校から評価が得られる作文になるのでは? まとめ ただでさえ後回しにしがちな作文、しかも税に関する作文の場合、 中学生にも身近な消費税について調べてみれば 自分たちも普段から支払っている税金がどんなことに使われているのか、 自分たち子どもでもこんなことに貢献できているのか と、新たに気づくことが出てきて案外楽しく書けるかも知れません。 これが消費税以外の税金のことについて書こうとすると その税金がどんな税か調べるところからの取り掛かりになり、 それだけで大変になってしまいます。 面倒な作文の宿題だからこそ身近な興味が出そうなものを題材に 早めに済ませておくと休みの最後まで残して悩まなくていいですね。

次の

税の作文の書き方のコツ!入賞するネタやヒントを「添削者」がアドバイス

中学生 税 の 作文 書き方

でも、悩んでいても仕方がないので、今回思い切って、 税金の作文に挑戦してみましょう! とは言え、 「税金の作文なんてどうやって書くの?」と思っているあなた。 税金の作文を書く時の注意点は? 税金の作文を書く上で、 気をつけておきたいことを、まずは知っておきましょう。 文字数は? 税金の作文は、 題名を含んで400字詰め原稿用紙3枚です。 文字数にすると、 1,200字以内ということで、作文にしては 少ない部類ではないでしょうか? なので、ダラダラ書くよりも、自分の 経験したことや、 伝えたい思いを簡潔にまとめなくてはなりません。 前向きな意見を述べる 国民の3大義務にもなっているのが 「納税の義務」です。 誰かがあなたの作文を読んで、がっかりする内容や主張であってはダメ。 例えば、• 税金なんていらない• 税金なんて知らない• 税金なんて払いたくない のような ネガティブな意見ばかり書いている作文です。 それよりも、• 税金はなくてはならないもの• 税金に興味がわいた• 税金があるおかげで生活できている といった、 ポジティブな意見を書くようにしましょう! そうすれば、読んでいる人も 気持ちいいですもんね。 以上のようなことに注意しながら、次は実際に、 税金の作文をどうやって書いていけばいいのかを見て行きましょう!• テーマを決めよう• 体験してみよう• 全体の構成を決めよう• 実際に書いてみよう では、それぞれの手順について、詳しく見ていきますね。 1:テーマを決めよう 普段、税金のことなんて考えていないので、当然 何を書くのかもわからないと思います。 なので、まずは税金のことを、簡単にでもいいので、 知らなければなりません。 社会の授業で習ったかもしれませんが、税金には いろいろな種類があるんですよ。 税金は、国税や地方税、直接税や間接税などに分類できます。 また、所得税、消費税、酒税、ガソリン税、自動車税など、いろいろな税金があります。 税金は どうやって集められて、どのように使われるかなどの 仕組みも知っておきたいですね。 それには、 図書館や インターネットを利用すれば、わかりやすいものが見つかりますよ。 以上のことを踏まえて次は、いろいろな税金の中で、自分が 1番興味があって、身近だと感じるテーマを1つに絞ります。 1つのテーマに絞れば絞るほど、実は 書きやすくて伝わりやすい作文になるんですよ。 どんなテーマが良いかというと、例えば・・・• 震災や災害から復興するためには?• 中学校はなぜ無料で通えるの?教科書代は?• 給食はなぜこんなに安いの?• 学校は誰がどうやって建てるの? など、 身近にあるものを考えだしたら、キリがありません。 それでも思い浮かばなければ、 インターネットで• 「ニュース+税金」• 「税金+地名(あなたが住んでいる場所)」 などの言葉で 検索してみましょう。 2:体験してみよう テーマが決まれば、そのテーマについて、 無理やりにでも体験しに行きます。 なぜ 「無理やりにでも」なのでしょうか? それは、体験を通じて書く文章の方が、 説得力があって、面白くなるからです。 もしあなたが、過去に 税金に関わる体験したことがあるのなら、なおGood! 例えば、• 災害などの非常事態時に救助してもらった• 海外へのホームステイの費用をまかなってもらった• 公共のサービスが無料、もしくは安い値段で利用できている など、 自分だけの経験は、すごく良いテーマですね。 そういった経験がないのであれば、• 本を読む• 新聞を読む• 親に聞く• 市役所に聞きに行く• 税務署に聞きに行く などでも、 立派な体験談として書けますよ。 特に 税務署はすごくいいです! 税務署って、なんか怖いイメージがあるけど、実はそうでもないんですよ。 基本的に、税務署というところは、 「国民に税金を当たり前のように払って欲しい」と思っているので、積極的な 税金に関する質問には、かなり優しく答えてくれます。 実際に、社長さん向けの税金のセミナーなども、 無料でやっているくらいなんですよ。 3:全体の構成を決めよう テーマを決めて、いろいろな 税金に関する情報を集められれば、もうほぼ書けたも同然です! 実際に作文を書くのですが、その前に 文章の構成を考えないといけません。 構成については、コチラの記事でも詳しくお伝えしています。 例えば、今回は 税金の作文なので、• 書き出し・・・300文字• 体験談 ・・・500文字• まとめ ・・・400文字 のような、大まかな 文章の骨組みを先に考えます。 そうすることによって、 しっかり伝わる文章が書けるようになるんですよ。 では次に、それぞれの書き方について見て行きましょう! 4:実際に書いてみよう ここでは、 「書き出し」「体験談」「まとめ」をどうやって書けばいいのかをお教えします。 書き出しのパート 「書き出しってすごく苦手」って子が多いのですが、ひょっとしたらあなたもですか? もし、うまい書き出しが思い浮かばなければ、 最後に書いてもいいんですよ。 先に 体験談や、 まとめを書いてから、それにつながる 書き出しを後で書いてもいいということです。 さて、 書き出しって何を書けばいいのでしょうか? 次の 3つのことを意識して、書いてみてください。 HARUHIさん。 コメントいただき、ありがとうございます。 >耐震工事についてどこの税金がどのくらい使われているかなど、どうゆうサイトや本を参考にすると良いのでしょうか、、、 工事中の看板に、 ・この工事に使われている予算みたいなもの ・施工業者 ・電話番号 などが書かれていませんか? その看板を見て思うことをメモしておきましょう。 それで、市役所に聞きにいけば、教えてくれますよ。 前もって、聞きたいことをノートにまとめておけば、 スムーズに取材ができます。 インターネットでは、「耐震工事 学校 税金 問題」とかで検索して、 出てきたサイトを順番に参考にしてください。 またわからないことがあれば、書き込んでくださいね。

次の