ドコモ予約。 ドコモショップの来店をネット上から予約する方法

ドコモインフォメーションセンターへのコール事前予約を利用してみる

ドコモ予約

もくじ:• ドコモから格安SIMに乗り換えるメリット ドコモのスマホ契約を解除して、格安SIMに乗り換える人がいます。 なぜauやソフトバンクなどの他のキャリアへの契約切り替えではなくを選ぶのでしょうか? ドコモも含めて大手キャリアは、サービスの名称こそ異なっているとしても、料金はどのプランを比較してもほぼ横並びになっています。 つまり、からSoftbankやauに契約変更をしても料金はほとんど変わりません。 家族割等を適用しても、安くなる料金はごくわずかです。 しかし、 ドコモから格安SIMに乗り換えることには大きなメリットがあります。 大手キャリアには、格安SIMのメリットを見てみましょう。 格安SIMなら月額が断然安くなる ドコモのスマホでかかっている毎月の通信費をもっと安くしたいのなら、格安SIMを選ぶのが最も効果的です。 スマホを使用して通話だけでなくデータ通信(インターネットやSNS等)をしている人なら特に、格安SIMの料金はドコモを含む3大キャリアよりもかなり安くなります。 格安SIMは特に安いプランだと数百円という驚きの安さですし、ネット通信を10以上使うとしても、ドコモの同等のパケットパックより月額で数千円も料金が安くなります。 ドコモにはない格安SIMの魅力的なプラン 格安SIM各社は、ドコモを含めた大手キャリアにはないユニークで魅力的なプランを展開しています。 一例をご紹介しましょう。 格安SIMならではの特徴 LINE・Facebook・Twitter・Instagramのデータ通信量がカウントされないカウントフリーのプランがある。 YouTubeやAbema TVなどの動画コンテンツが使い放題のプランがある。 ドコモ・ソフトバンク・auの中から利用回線を選べる。 ユーザー間でパケットをあげたりもらったりできる。 1契約で最大5枚のSIMを使えてデータ容量も分け合える。 容量別で0~50GBまで22段階のプランがある。 半年間基本料無料で試せるお試しプランやネット使い放題プランがある。 格安SIMは契約条件がユーザーフレンドリー 格安SIMは、大手キャリアよりも契約条件(解約条件)がより緩いので、安心感があります。 ドコモを含めた大手キャリアでは、基本的に2年契約が基本です。 とよばれ、解約手数料がかからないのは2年が過ぎた後の1ヵ月のみで、その間に契約解除しないと自動的に2年契約が更新されるというものです。 それに対して、 格安SIMは基本的に「最低利用期間」を採用しています。 自動更新プランではありません。 しかもその最低契約期間は概ねどこも1年で、 その期間が過ぎさえすれば、いつ解約しても手数料はかからないので安心です。 また、格安SIMは大手キャリアと比べて、広告費やマーケティングにあまりお金をかけていません。 サービスの分かりやすさ、料金の安さ、シンプルさに専念しているのも特徴です。 ドコモから他社に乗り換える方法・手続き ドコモで使っていた携帯番号をそのままキープして、他社に乗り換えるならMNP。 ドコモのスマホ契約を解約して、他社のスマホ契約に移りたい場合はどうしたらいいのでしょうか?まず、次の2つのパターンがあります。 電話番号を新しい契約先で新規で取得して乗り換える• 電話番号をそのまま移行して乗り換える() 1の「電話番号を新しい契約先で新規で取得して乗り換える」の場合は、 ドコモショップで解約手続きを行う必要があります。 その際に、以下を持参しましょう• 解約したいスマホ端末(端末に入っているUIMカードやSIMカードはそのまま)• 本人確認ができる書類(免許証など) 2の「電話番号をそのまま移行して乗り換える(MNP)」の場合は、新しいSIM会社との契約が完了すれば自動的にドコモとの契約も解約されるため、ドコモショップにわざわざ出向いて解約手続きをする必要はありません。 MNPとは? MNPとは、今使っている携帯電話番号をそのままに、違う事業者(au、ソフトバンク、格安SIM各社)に契約を乗り換えることです。 MNPとは、Mobile Number Portability(モバイルナンバーポータビリティ)の略称になります。 「モバイルナンバー」とはもちろん携帯電話番号のことです。 そして「Portability(ポータビリティ)」は、「持ち運べる、携帯可能、移行可能」という意味です。 この2つで、携帯番号を他社に移行できるという意味になるわけです。 MNPを利用して他社に乗り換える場合には、必ずMNP予約番号が必要になります。 ちなみに、電力会社の切り替えの際にも似たような「」が必要になりますね。 これは検針票に記載があります。 他社への乗り換え手続きの流れ NTTドコモから他社に電話番号を引き継いで乗り換える場合は、ドコモから「MNP予約番号」を発行してもらい、他社への申し込みの際にその番号を伝える必要があります。 NTTドコモから「MNP予約番号」を取得します。 契約移転先の携帯会社への申し込みの際にMNP予約番号を連絡します。 (MNP予約番号の有効期限は15日間。 乗り換え手続き時には有効期限が10日以上残っている必要があります。 移転先での手続きが終われば乗り換え手続き完了です。 ちなみに、ドコモで使用していたスマホ端末を格安SIMでも使いたい場合、「」手続きが必要です。 ただし、ドコモの回線を使っている格安SIMならば、SIMロック解除せずにそのまま使えます。 ドコモでMNP予約番号取得をする方法・連絡先 NTTドコモで使用している携帯番号をそのまま移行して使用したい場合には、 NTTドコモに連絡をし「MNP予約番号」を取得する必要があります。 NTTドコモからMNP予約番号を受け取るには以下の方法があります。 スタッフに問い合わせる 電話やドコモショップでは待たされる事も多いので、パソコンから「ドコモオンライン手続き」にて取得するのが一番簡単です。 NTTドコモのMNP転出手数料 上記のいずれかの方法でNTTドコモから「MNP予約番号」を発行してもらうだけなら、手数料はかかりません。 このため、MNP予約番号の有効期限が切れてしまった場合も、気兼ねなく新たにMNP予約番号を発行してもらいましょう。 ただし、他社への乗り換えが完了した際には「MNP転出手数料」(携帯電話番号ポータビリティ手数料)が発生します。 NTTドコモのMNP転出手数料は2,000円です。 この料金は、解約月の料金と併せてドコモから請求されます。 ドコモ解約に伴う料金 ドコモの契約を解除するにあたり、ドコモから請求される料金と、新たな契約先の会社に支払う料金とが発生します。 それぞれ見てみましょう。 NTTドコモから分割で端末を購入した場合 解約の申込み時に、端末の分割支払金残額がある場合は引き続き支払う必要があります。 ドコモを解約した時点で「月々サポート」が終了するため、端末代の残額は割引前の料金で支払わなければなりません。 My Docomoにログインすると、現時点での支払い情報や残額などを確認できます。 NTTドコモから格安SIMカードに契約を変更する前に確認しておきましょう。 しばりのあるプランの場合 基本プランを2年契約で申込んだ場合や、「いちねん割引」「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」「ビジネス割50」などの割引プランが適用されていた場合は、定められた更新期間以外に解約すると解約金(違約金)がかかります。 「基本プラン(定期契約型)」の場合は解約金 9,500円 が、「(新)いちねん割引」の場合は時期に関わらず解約金 3,000円が発生します。 ドコモは、解約金がなく解約ができるのは「更新月」のみに限られています。 契約更新月がもうすぐなのであれば少し待って、違約金を支払わないで他社に乗り換えましょう。 My Docomoにログインすると、現在の料金プランや契約更新月がいつなのかも確認できます。 ドコモの解約金• カケホーダイプラン(スマホ/タブレット):9,500円/3,000円• カケホーダイライトプラン(スマホ/タブレット):9,500円/3,000円• シンプルプラン(スマホ):9,500円/3,000円• データプラン(スマホ/タブレット):9,500円/3,000円• カケホーダイプラン(ケータイ):9,500円/3,000円• カケホーダイライトプラン(ケータイ):9,500円/3,000円• シンプルプラン(ケータイ):9500円/3,000円 ドコモでは日割りはあるのか ドコモでデータ定額やカケホーダイプランでは、月額料金の日割りはありません。 このため、月のはじめにドコモの解約をしてしまうと、以降月末まででまったく使用することのないドコモのサービスに1か月分の料金を払わなくてはいけないことになります。 きちんと更新月に解約金手続きを行い、解約金の支払いなく解約ができたのに、むだに月額使用料を払わなければならないとなるとおもしろくありません。 計画的にドコモを解約するならば、解約金のいらない「更新月」のうち、さらに「月末」に解約をするのがベストなタイミングとなります。 新しい携帯会社への新規申込手数料 格安SIMに申し込む場合には、 新規申込手数料がかかります。 新規申込手数料は、一般的にどの格安SIM会社でも3000円(税抜)です。 それに加えて、SIMカード発行手数料として別途300-400円程度かかることも覚えておきましょう。

次の

ドコモショップに行くなら来店予約が必須!? 予約方法やキャンセル、来店に必要なものを解説

ドコモ予約

ドコモのウェブサイト上から来店予約ができる• 予約にはdアカウントが必要• 基本的には、翌日以降からの予約が可能 ドコモショップの 来店予約は、ドコモのウェブサイトから行うことができます。 電話ではできません。 ドコモマイショップに登録してある店舗で予約します。 もしくは、フリーワード・エリア(現在地周辺)・都道府県からドコモショップを探すこともできます。 ただショップを探すだけでなく、駐車場の有無やスロープの有無などの細かい選択が可能となっています。 店舗ごとに、営業時間や休業日が異なりますが、同時にチェックすることができるので安心ですね。 もし行きたいショップの予約ができない場合、周辺ショップの空き情報も探すことができるので、時間を有効活用できます。 予約ができれば、あとは予約日時にお店に行くだけ。 その際に スタッフに予約したことを伝える必要があります。 来店予約のメリット 画像引用元: 来店予約のメリットにはどのようなものがあるか説明します。 優先的に案内される 一番のメリットは、優先的に案内されることです。 自分の時間があるときに、ドコモショップに寄ったのに、待ち時間が2時間以上では待つ気も失せますよね。 仮に待ったとしても、そこからさらに手続きに時間がかかってしまう、ということはザラにあります。 来店予約であればその心配も必要ありません。 翌日以降から予約が可能 来店予約は、翌日以降から予約が可能です。 急な休みにも対応できますし、思った日に予約を取ることができます。 しかし店舗によって 予約できる時間は大きく変わるので、その点だけ注意しましょう。 混雑時でも待つストレスが少ない 混雑していると少しの待ち時間でも、イライラしてしまうことがありますよね。 来店予約なら、そのストレスがもうかかりません。 案内される目安の時間があるだけでも、余裕ができます。 また混んでいるから、ドコモショップには行きたくないということが減ります。 来店予約のデメリット 一見便利そうに見える、来店予約のデメリットを説明します。 予約時間ぴったりに案内というわけではない 来店予約のデメリットは、必ずしも 時間ぴったりに案内されるわけではないということです。 予約したとしても、カウンターが空き次第の対応となります。 前後で10分〜15分の差が出てくるかもしれないということは考えておきましょう。 店舗に来ているお客それぞれが事情を抱えています。 接客内容ももただの相談から、故障や機種変更など様々です。 ドコモショップ側もそれを考えて対応はしているでしょうが、人対人の部分では読めないことも出てきます。 予約した時間ぴったりでないと前後の予定に支障をきたす場合には、なかなか難しいかもしれません。 当日予約できない 翌日以降から来店予約が可能です。 当日予約はできないのでその場合は、直接店舗に行って受付をするしかありません。 地域によっては、当日の受付の順番を予約できたのですが、それも2020年からは無くなってしまいます。 店舗によって予約可能日時が異なる 「この日にドコモショップに行きたい」という日があっても、店舗によって予約可能日時は異なります。 仕方のない部分ではありますが、必ずしも予約できる時間帯に予約できるとは限りません。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 予約自体が面倒という人• 待つのは嫌だという人• ドコモショップが近くにない人• オンラインショップなら頭金・機種変更手数料が0円 予約自体が面倒という人 来店予約のメリットを読んでも、予約自体が面倒だと思う人もいるかもしれません。 それなら、同じネット上で手続きできるオンラインショップがおすすめです。 オンラインなので予約の必要はありません。 予約してお店に行って手続き、のステップを踏むのであれば、ネットで完結させてしてしまった方が結果的には早いです。 ドコモオンラインショップは、NTTドコモが運営している公式サイトなので安全です。 待つのは嫌だという人 来店予約をしても、時間ぴったりに案内とはいかず待つ可能性も出てきます。 予約までしたのに待つのは絶対嫌だという人は、ドコモオンラインショップで手続きをしてはいかがでしょうか。 待つこともなくスムーズに、機種変更できます。 機種が届くのも最短2日とスピーディです。 ドコモショップの営業時間を調べる必要もなく、空いた時間でできてしまします。 ドコモショップが近くにない人 は、ドコモショップが近くにない人にとってはありがたいサイトです。 オンラインなので待ち時間も0分。 わざわざ時間を作り予約してショップに行くよりは、ネット上で手続きした方が早く手間もかかりません。 ドコモオンラインショップのメリット 画像引用元: ドコモオンラインショップは予約いらずなだけでなく、店頭よりも様々なメリットがあります。 それが次の5つです。 頭金が0円• 機種変更手数料が0円• 2,750円以上で送料無料• オンラインなので待ち時間なし• オンラインショップ限定キャンペーンがある 頭金・機種変更手数料が0円 ドコモショップでは必ずかかってくる頭金がオンラインショップでは0円です。 さらに、機種変更手数料2,000円もかかりません。 店頭では必ずかかってくるこの 2つの料金が0円はドコモオンラインショップだけです。 送料無料・待ち時間なし 機種変更などの機種購入を伴う場合、2,750円以上の条件を満たすので送料はかかりません。 またオンラインは、待ち時間もないのでスムーズに手続きができます。 オンラインショップ限定キャンペーンがある では、定期的にdポイントバックなどのキャンペーンを行なっています。 基本的には機種限定で購入・応募すると、後日dポイントが付与されるイメージです。 希望機種がキャンペーンの対象であれば、店頭で購入するよりdポイント分お得になるかもしれないので、チェックは欠かせません。 特に注目したいのが、2020年1月31日(金曜)まで開催中の 「Welcome 特典」です。 初めてオンラインショップで対象の機種を購入した人に、 dポイントが5,000ポイント与えられるキャンペーンです。 もちろん機種変更も含まれますし、対象機種はiPhoneを含めて15種類以上あり、必ず好みの機種があるはずです。 まだドコモオンラインショップを利用したことがない人にはチャンスですよ。 ドコモオンラインショップで購入する方法 画像引用元: ここからはドコモオンラインショップで、購入する方法を説明します。 契約者本人かつdアカウントが必要です。 ドコモオンラインショップから「機種を探す」をクリックする• 希望機種を選択後、機種変更を選び支払い回数を選択する• 機種の価格下にある「カートに入れる」をクリックする• 手続き方法が2種類出てくるので、任意の手続きをクリックする• プランなど必要箇所の選択、入力を行い最後に確認する• 契約が完了すると、完了メールが送られ、その後機種が発送される 基本的には、料金プラン・サービス・支払い方法の選択を順にやっていくだけです。 手続き方法は、まとめて行える「かんたんお手続き」料金プランなどの入力を順番にやっていく「通常のお手続き」があります。 ドコモの料金プランが以前と変わったため。 「かんたんお手続き」をするには、所定のプランでないとできないことがあります。 その場合は、「通常のお手続き」を選んで入力していけば問題ありません。 万が一漏れがあるとエラーで進めないので、プランを選択し忘れたりすることはないはずです。 また最後には自分で選んだ契約内容の確認もできるので、抜け漏れがないか再度確認しておきましょう。 同時にオプション品の購入もできる 画像引用元: 店頭と同じように、オプション品の購入も機種と一緒にできます。 保護フィルムやケース、場合によっては新しい充電器などが必要な場合には、忘れずに購入しておきましょう。 ただオプション品だけでの購入は、2750円未満だと 宅配便は550円、メール便は220円の送料がかかってしまうので注意が必要です。 今だけ、2020年1月31日(金曜)まで「全品送料無料キャンペーン」が開催されており、2,750円未満でも送料無料で利用できます。 予約いらずのオンラインショップがおすすめ! ドコモショップの来店予約は必須ではありませんが、優先案内してくれることを考えると便利ですよね。 混雑時にもストレスフリーで来店できますし、待ち時間は確実に減るでしょう。 しかし、そんな来店予約も完璧ではありません。 ドコモオンラインショップであれば、予約いらずの待ち時間なしで機種変更ができるのでおすすめです。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモのLG V60 ThinQ 5G L-51Aについて発売日・スペック・機能・価格をご紹介し、それぞれを評価レビューしていきます。 LG V60 ThinQ 5Gを実際に触ってみた実機レビューもしているので是非チェックしてみてください。 「LG V60 […]• ドコモでスマホを購入する際、一括購入する場合と分割購入する場合では、どちらがお得なのでしょうか? スマホを購入するときは、できるだけお得に、できるだけ安く購入したいものですよね。 ドコモでスマホを購入するなら、一括購入と分割購入のどちらがお得なのか、それぞれのメリッ […]• ドコモの機種変更には街のドコモショップで行う方法と、ドコモオンラインショップを使う方法があります。 ドコモオンラインショップを使うときには送料がかかりますが、簡単な条件をクリアする事で送料無料にすることが可能です。 また、エクスプレス配送などその他のメリットや店舗で […]• さまざまな機種のスマホが登場しており、機種変更を希望する人は少なくありません。 しかし、機種変更をする際に機種代が高いことから億劫に感じることもあるでしょう。 そこで注目されるのが実質0円・一括0円で機種変更ができるという情報ですが、これは本当なのでしょうか。 […]• ドコモでスマホを機種変更する際にかかる事務手数料は、機種変更をしたことのある人の多くがご存じでしょう。 実はドコモの公式ショップ「ドコモオンライショップ」では事務手数料が0円になるのです! ここでは「事務手数料なし」の恩恵を受けるための方法をご紹介していきます。 […].

次の

ドコモインフォメーションセンターへのコール事前予約を利用してみる

ドコモ予約

当店での予約、お申込みについて 来店予約 当店はお客さまをスムーズにご案内させていただくため、来店予約を実施しています。 来店予約登録には が必要です。 カウンターが空き次第のご案内となるため、多少の待ち時間をいただく場合がございます。 商品予約 スマートフォンやタブレットを、優先的に確保する商品予約サービスを実施しております。 ご利用には が必要です。 ドコモスマホ教室へのお申込み ドコモショップ横浜馬車道店では、参加費無料の「ドコモスマホ教室」を開催しております。 お申込みはインターネット、電話、店舗窓口の3つからお選びください。 インターネットでお申込みするには が必要です。 ドコモスマホ教室は2020年7月1日(水曜)より再開させていただきました。 ドコモショップ横浜馬車道店 ドコモ インフォメーションセンター ドコモ携帯で無料 店舗情報 店舗名 ドコモショップ横浜馬車道店 住所 〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通4-53-1 電話番号• 05m迄となります。 対応設備• SNS• その他 - 0120および0800で始まる電話番号は各店舗の所在都道府県内においてご利用いただけます。 また通話料が無料です。 ただし、携帯電話・PHSについては一部地域によってはご利用できない場合があります。 一般電話については、別途通話料金がかかります。

次の