兼近の犯罪歴。 EXIT兼近大樹、文春の犯罪歴報道でむしろ好感度アップのナゾ

EXIT兼近“犯罪歴”を「美談」に! 小説執筆で大批判「反省ゼロだな…」

兼近の犯罪歴

EXIT兼近 かねちー 逮捕歴報道 ネオパリピ系漫才師と称されるチャラ男キャラで大人気となったEXIT、そしてその兼近大樹さんが2019年9月5日発売の週刊文春にて『犯罪歴があり逮捕され、罰金刑の有罪判決』を受けていた過去を明らかにされました。 ただでさえ犯罪歴があった事を報道されている事実、しかもこの逮捕歴が【性犯罪】絡みな事もあってさすがにもうEXITは消えていくしかない状況にあると思われている状態だった・・・だがしかし!! EXIT兼近 かねちー はなぜ世間から袋叩きに合わないのか? 基本的にこのような芸能界のゴシップネタが挙がった際、ほとんどは世間から袋叩きに合うもの・・・しかしなぜか今回の事件でEXITの好感度が上がった感覚を覚えるのは筆者だけでしょうか? これだけの問題を起こしていた過去が有るにもかかわらず多くの人たちから・・・ 『応援を続けたい』 『過去も受け入れて応援する』 と言った声が驚くほどの量出ているのだ!!これはなぜなのか?? EXIT兼近 かねちー が叩かれない理由 週刊文集からの直撃にあった際、この過去の犯罪歴に対して口を濁すことも無く隠すことも無く認めます。 そして 『はいはい。 そうです。 簡易裁判で罰金刑10万円で出てきました。 僕はそのとき、それが普通だと思っていたんで。 高校を中退し新聞配達、とび職、そして未成年で働いてはいけない場所で働き警察のやっかいになる事を普通だと感じていた彼の発言には妙なリアルさを感じ逆に叩く気のなれない人が多かったようです。 絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたっていう事で正直嬉しかったです「やっと、今、言えるんだ」って!』 と記者に笑顔で対応する。 これを見た際の世間の反応は一時・・・ 『悪いことして笑顔で答えるのかよ』 『反省してないでしょ・・・さすがに笑顔でやっと言えるってどうよ?』 などの声が挙がったが兼近さんは同誌の販売時に自身のTwitterでこうツイートしています。 『見出しだけで判断せず、買って内容を読んで見て下さい』 とツイート。 そして・・・ 「過去の法律違反を美談にする気も肯定する気もない」 自身のやった事に同情してくれなんて一切思っていない。 「60億人60億色の生き方があって中には自分の今いる場所に違和感を感じている人も居ると思う。 そこから抜け出しても受け入れてくれる場所はまだあるぞと、失敗しても抜け出して楽しんで生きてる俺を見せることが人を励ますことになれればと本気で思っています」 自身の今の扱いに疑問を持っていた兼近さん、別に良い人キャラを望んでいた訳でも無い、ただそんな 失敗した自分が過去から抜け出して今を楽しんでいる姿を見せる事で過去に失敗を犯してしまった人に対しての励ましになりたいと思っている。 と言いたかったようですね。 EXIT兼近 かねちー ツイートは2万RT・12万いいね・3000件リプライ、好感度はなぜ落ちない?! このツイートに対して【言いたかったのに、言えなかった】 この兼近の様子が世間の批判反応を抑制させたのか・・・闇営業問題から闇事務所扱いを受けた吉本興業の体制問題のせいで【言わせなかった】のか・・・このような事もあってむしろ同情を買う事になった。 だから僕は彼と一緒に目標に向かって走る事を選びました。 』 と、相方への思いをツイートしていますが、本当に対応が早くすかさずこの様なツイートをする相方りんたろーさんの兼近さんへのコンビ愛はリアル過ぎるくらい本物でこんなりんたろーさんの対応でこの事件への世間の反応を緩和させている事も間違いないのです。 EXIT兼近 かねちー ・今回の報道があってもなぜイメージが真逆になってしまわないのか? 今回の報道で世間の声に世の中が今後1番思う事を発言した内容がありました。 『見た目と違って実は真面目というギャップが良かったのに結局見た目通りだったという事。 非常に残念です』 この発言。 まさにそうでEXITは【ギャップ】で売れた事が最大の理由。 そんな彼らのイメージがこの1件で完全崩壊。 【今後は只のチャラ男】 として普通に見た目通りのキャラで戦って行かなくてはなりません・・・ と、報道直後は思っていました。 しかし兼近さんの対応。 一切隠す素振りも無く長々と罪を告白する。 やっと言えるんだ!とむしろ笑顔で答えた。 隠すことなく言い訳も1ミリも無く自身の罪を受け入れる この対応のおかげでこの土台となっている【良い人そう】イメージが限りなく小さなダメージで守られたのです。

次の

EXIT兼近大樹に逮捕歴、少女売春斡旋容疑で有罪判決の過去を週刊文春報道。本人も認め、吉本興業の口止め暴露…

兼近の犯罪歴

兼近大樹 EXIT芸人 の熱愛彼女と逮捕歴がヤバい! なぜJOYと絶縁状態? ネオ渋谷系漫才と称され、二人ともパリピロ調のチャラ男キャラでしゃべくり漫才を行います。 ちょっと何言ってるかわからない、、、 笑 と感じてしまいましたが、ネタの締め台詞には「お後がHere we go」というほかに、「バイブスいと上がりけり」など、チャラい言葉と古い言葉を混ぜたネタが特徴です。 生年月日:1991年5月11日• 出身地:北海道札幌市北区• 身長:172cm• 血液型:O型• 職業:芸人• 結成年:2017年12月22日• 立ち位置:向かって右• 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー ベイビーギャングを解散した後にピン芸人としてチャラ漫談をしていたりんたろーさんに声をかけたのがきっかけとなり結成したコンビで、初めはM-1グランプリに出場するためだけに結成されたようです。 SCANDALという仮コンビ名で2017年にM-1グランプリに出場し、3回戦まで進出しています。 2017年12月にEXITとして正式にコンビを結成しました。 ちなみにコンビ名の由来は、「全ての人の辛いこと、ストレスの出口になれれば」とTwitterで説明されていました。 」と笑いが起きていました。 そんな兼近大樹さんの好きなタイプは 「清楚な子」とのことです。 しかし、検索欄にたくさん出てきたのは 「兼近大樹 相方 逮捕」の文字。 JOYさんも兼近大樹さんへ服を送るなど仲よくしていて、「もはや夢中」とTwitterに投稿しています。

次の

EXITの兼近大樹に逮捕歴!1万5千円の格安売春あっせんしていた!もう1つの前科もヤバい!?

兼近の犯罪歴

EXIT(りんたろー。 Instagramより) 9月5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、吉本興業に所属するEXIT・兼近大樹の前科について報じた。 未成年時代の逮捕歴を晒されたかたちとなり、吉本興業が文藝春秋社に対して法的措置を検討すると抗議する事態へと発展している。 「文春」によると、2011年11月に兼近が売春防止法違反の疑いで北海道警察厚別署に逮捕されていたという。 兼近の地元・北海道札幌市の地元記者は「売春の斡旋をしていた」と明かし、「札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせた」と証言している。 直撃取材を受けた兼近は事実関係を認め、「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。 絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです」とコメント。 逮捕されて法律の大切さを知り、過去の関係を断ち切って上京したという。 報道を受けて吉本興業は公式サイトに、「当社所属タレント兼近大樹に関する一部報道について」と題した文面を掲載。 文藝春秋社に対して事前に「兼近の人権を著しく侵害する」と伝えていたことを明かしており、民事・刑事上の法的措置を検討していく旨を表明した。 また、兼近については、自らの行為を反省・悔悟し、更生を経て新たな人生として芸能活動を続けていると説明。 「未成年時代の前科という高度のプライバシー情報」であることも鑑みて、特段の公表はしなかったと記している。 これに対し文藝春秋社は公式サイトで、「兼近さんという芸人を語る上で、逮捕の過去は、切り離せない事実です。 また、テレビ番組に出演し、人気を集める芸人は、社会的に影響力が大きい存在です」として、記事を掲載した経緯を釈明した。 これに関して吉本興業は「何らの刑事処分を受けていない事実についても、あたかも兼近が犯罪行為を行ったかのように伝えて」いるとして抗議している。 兼近は5日にツイッターを更新し、関係者やファンに向けた謝罪文を画像で投稿。 過去を受け止めて前向きな姿勢を見せ、「今いる場所に違和感を感じている人も居ると思う。 そこから抜け出しても受け入れてくれる場所はまだあるぞと、失敗しても抜け出して楽しんで生きてる俺を見せることが人を励ます事になれればと本気で思っています」と綴った。 兼近は謝罪文のなかで「未成年時の罪を報道されてしまった事に関しては自分のした事なので、ルールはどうあれ受け入れます。 むしろ世に事実を伝えられたので多少の感謝もあります」と明言し、「文春」の記事をとがめる姿勢はないようだ。 だが、世間の受け止め方はさまざまだ。 一方で「未成年時代の犯罪なら何をしても社会から守られるべき、という考え方には賛同できない」「犯罪に巻き込まれた人たちがいるわけだし、テレビに出る仕事を選ばなくても更生はできると思う」との声も寄せられている。 未成年犯罪といえば、実名報道の是非などをめぐって活発に議論されているテーマだ。 「文春」は今回報道した理由として「逮捕時に兼近が成人だったこと」「その事実は実名で報道されていること」を挙げているが、芸能人の過去の犯罪歴を報道することは許容されるべきなのだろうか。 は次のように解説する。

次の