福崎智司 三重大学。 次亜塩素酸⽔に関する⼀部ネットニュース報道記事への弊社の⾒解について

アルコールの代替で注目の「次亜塩素酸水」 専門家は「コロナに効果あり」も一部では混乱

福崎智司 三重大学

経済産業省及び製品評価技術基盤機構(NITE からの発表、各報道について星光技研の見解• 2020. 経済産業省、製品評価技術基盤機構(NITE)、各報道機関より発表及び報道がありました。 それらにつきまして、弊社の見解をお知らせいたします。 経済産業省、独立行政法人 製品評価技術基盤機構 NITE 発表について (2020年5月29日発表) 本発表では「新型コロナウィルスに対して界面活性剤は有効」「次亜塩素酸については現在も評価中」「次亜塩素酸水の販売実態や空間噴霧の事実関係のまとめ」が公表されました。 また、NITEのまとめにもありますが、市中には目を疑いたくなるような次亜塩素酸の製品が流通してしまっていることは事実です。 ・薬機法(旧薬事法)に抵触する表現 ・成分表示・液性表示がない ・消費者が誤解するような表現 ・使用や保存方法の記載がない ・次亜塩素酸の特性を把握せずに販売(遮光性がない容器で外箱がないなど) 上記に対しては是正すべき問題であり、正しい知識のもと次亜塩素酸を活用していかなくてはなりません。 噴霧器をご使用いただいておりますお客様におかれましては、 いま一度ご使用されている次亜塩素酸水の内容をご確認いただき、信頼できる販売店から液剤をお買い求めください。 先に挙げたような販売方法に問題があるもの、粗悪なものはご購入なさらないよう十分にご注意ください。 報道について NHK並びにネットニュースなどではNITEの発表をもとに、以下のような報道がありました。 NITEの報告ではまだ噴霧実験は行われておらず、「次亜塩素酸水の噴霧は有効ではない」とも一切報告されておりません。 記事のような結論に達するには些か疑問が残ります。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを混同させて記事が書かれているものもあります。 記事では噴霧が否定されるような印象を受けますが、しかしながら日本国内の大学などの研究機関において次亜塩素酸の研究が行われており、効果や安全性が認められております。 (以下の資料は二液混合方式と電解方式がありますが、両者は生成方法の違いがありますが、除菌消臭成分である次亜塩素酸は共通のものとなりますため、参考までに資料へのリンクを提示いたします) ・弱酸性次亜塩素酸水溶液の殺菌効果の基礎的検討および食品・畜産分野への適用に関する研究 ・微酸性次亜塩素酸水の衛生工学分野における応用展開 (フルテキストと書かれた項目欄に文献PDFがございますのでそちらをご参照ください。 なお、弊社では次亜塩素酸の権威とされる三重大学 大学院生物資源学研究科 福﨑智司教授より、 次亜塩素酸が菌やウィルスに対して有効であることに加え、 空間噴霧の安全性についてもアカデミックな視点で公平性があるご意見及び研究成果をいただいております。 【公開参考資料】(一般財団法人 食品分析センター 著:三重大学 教授 福崎智司氏) また、何より弊社はこれまで次亜塩素酸専用 超音波噴霧器を15年間、累計20万台超を生産・販売した実績があります。 そして、現在まで健康被害の報告はありませんでした。 最後に、本件は一見逆風にさらされるような事案ではありますが、 それは品質が悪いもの、正しく販売されていないものが市場から退場する良いきっかけであると考えております。 これからも国内各研究機関と連携を取りながら、「安全かつ効果的」な次亜塩素酸の活用を行なっていくと共に、次亜塩素酸の健全なる普及に邁進してまいります。 そして、ユーザーの皆様には安心してお使いいただけるよう、これからもこだわりの製品を提供できるよう全力で努めて参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 今後も新たな情報が入り次第、皆様にご報告をいたします。

次の

なぜ「次亜塩素酸水」が問題とされているのか? 三重大・福崎教授に聞く(TOKYO HEADLINE WEB)

福崎智司 三重大学

次亜塩素酸水を使用する上で、注意すべきことを教えてください。 鬼武:消費者の方には、「使用する時点で有効な成分が残っているか。 逆に残りすぎていないか」というところを見ていただきたいです。 例えば、高濃度のものは、スプレーなどで噴射した時に、少なからず消毒液の匂いがしますが、生産時高濃度をうたっているにも関わらず、匂いが全くしない場合は、製品内で劣化が進んで、ただの水になってしまっている可能性があります。 逆に強い塩素臭がする場合、成分が残りすぎている場合も高濃度過ぎてリスクがあります。 現在市場にある次亜塩素酸水の一部または大半が、原材料、製造工程をはじめ、商品の濃度 ppmの数値 や液性のpH値を記載しておらず、根拠のない商品が多く見受けられます。 こうした成分表記が、商品本体やホームページにきちんと記載されているかという点も見ておくと目安になると思います。 OXシリーズは濃度を安定させる事に成功していますので、使用時の濃度が予測しやすいというメリットがあります。 「OX シリーズ」に期待されている方に、メッセージをお願いします。 鬼武:特許取得後3年以上かけて安全なものを作ってまいりました。 OXシリーズの次亜塩素酸原液以外で主な原料となっているのは、実際に飲料水生産にに使われているのと同じお水です。 安心できる材料になっておりますので、ぜひ安心・安全をご体感いただきたいと思います。 また、消費者の皆さんが安心して使っていただくためにも、次亜塩素酸水の製造におけるガイドラインやエビデンスに基づいた成分表記義務など明確にしてもらえたらと思っています。 —————- 「次亜塩素酸水に関する一部ネットニュース報道記事への弊社の見解について」 日頃弊社、OX シリーズの製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。 改めましてここにお礼を申し上げます。 まず初めに、新型コロナウイルスを含む世界的な疫病リスクにおいて様々な直接的な被害、または間接的な被害・影響を被っている皆様に対して心よりお見舞い申し上げます。 この度、独立行政法人NITE製品評価技術基盤機構から公表された次亜塩素酸水に関するファクトシートに対して多くのお問い合わせをいただいておりますので、公式見解を記載させていただきます。 「現時点において、「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない。 」に対して 「有効性が確認されていない」とは、効果が無いのではなく、効果について評価が確定されていないという事です。 これはあくまでも新型コロナウイルスに対する評価であって 、他のウィルス等に対する効果を評価しているわけではありません。 新型コロナウイルス に対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会の第4回委員会での報告では、次亜塩素酸水の新型コロナウイルスに対する効果検証試験は国立感染症研究所と北里大学で実施していますが、一定の効果が見られる一方あまり効果が無いという結果もあるため結論が保留され、引き続き検証をするとなっています。 また、電気分解で生成した次亜塩素酸水を使用し、有効塩素濃度も食品添加物の範囲内で検証されているため、今後、高い有効塩素濃度の検証がされれば明確になると思われます。 なお、製法が異なっても生成されたものの効果は同等とみなすものとするという見解も出されていますので今後、ミストに近い、有効塩素濃度の検証がされれば明確になると思われます。 弊社商品OXシリーズに関しましては、第3者検査機関において、新型コロナウイルス ではないエンべロープを持つ突発性・季節性のウィルスに関しての効果検証は実施しており実証結果も取得しておりますが、新型コロナウィルスに関ましては、製品評価技術基盤機構 NITE でも現時点での効果が確認できないため、引き続き調査を継続すると発表がありましたように現段階で調査継続中となります。 OX シリーズの安全性に関して 次亜塩素酸水の商品の安全性に関し中間報告で指摘がある点につきましては、現在市場にある次亜塩素酸水の一部または大半が原材料、製造工程をはじめ、商品の濃度 ppmの数値 や液性のpH値を記載しておらずそもそも製品段階でのppm濃度などエビデンスによる根拠のない商品が多く見受けられる事が、原因でございます。 弊社商品OXミストが次亜塩素酸水濃度50ppm OXシャワーが濃度100ppmとなっており稀釈せずにそのまま使用可能な商品でございます。 次亜塩素酸水はppmとpH及び遊離残留塩素のバランスが非常に重要だと考えており、消費者の手元にある水 水道水・ミネラルウォーターその他 で希釈する事はこのバランスを損なう為当社では次亜塩素酸水の使用方法として推奨しておりません。 希釈水及び希釈方法で製品のpHやppmは製品仕様通りではなくなります。 今回問題とされております製造方法が不明な商品、ppm数値の明記のない商品またはppmの数値が高く高濃度で稀釈が必要な商品で稀釈方法の明記がないため誤ったご使用方法で問題となっている商品とは異なります。 OXのpH値につきましては肌に優しいと言われているpH値5. 0-6. 5の微酸性 OX 製品 は pH値5. 5前後 でございます。 手指の消毒を目的とはいたしておりませんが、商品の特性上手指など肌にかかる事も想定し肌へ優しい微酸性となっておりますため、従来の除菌・消臭を目的としては安全にご使用を頂ける商品でございます。 こ の新製法より未開封状態での長期保存を実現しました。 また成分が安定しているため高濃度である必要がなく、除菌力も保たれているだけでなく、次亜塩素酸 HClO 以外の不純物がほとんどない事で有機物との反応後、水(H2O)になりその他不純物が残らない事で塩分(Na)等が多量に含まれた従来品と異なり使用環境において更に安全性を高めた商品となります。 WHO 世界保健機構 の見解について COVID-19 について、噴霧や燻蒸による環境表面への消毒剤の日常的な使用は推奨されない」とする。 さらに、「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。 これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス 感染力を低下させることにはならない」としている。 まず、ここで言う消毒剤というのはアルコール消毒剤や次亜塩素酸ナトリウムの事です。 弊社としても次亜塩素酸ナトリウムの空間噴霧は残留性もあり、高い塩分濃度により噴霧器も壊れるので推奨していません。 食品添加物だから噴霧しても安心というメーカーもありますが、次亜塩素酸ナトリウムや塩酸を薄めたからと言ってそのまま噴霧するのは大変危険な行為で弊社では推奨出来ません。 アルコール消毒液に至っては防爆の関係で噴霧することすら出来ま せん。 次亜塩素酸水の空間噴霧ついて 空間噴霧については確立した評価方法が存在していません。 OXは評価方法がない中で様々なエビデンス、安全性データを原料メーカー協力の元取得し販売しています。 原料メーカー実績を含め既に80万L以上、業務用として環境清掃・空間衛生として使われていますが、人体への影響に対しての報告は1件もございません。 雑貨品ということもあり厚生労働省 薬機法 の意向に沿ってデータの公表は控えていましたが、経済産業省の発表を踏まえ、今後公表希望者には開示致します。 一般社団法人 日本空間衛 生協会 三重大学大学院生物資源学研究科 福﨑智司教授より、次亜塩素酸が菌やウィルスに対して有効であることに加え、空間噴霧の安全性についても研究成果として公開されています。 【公開参考資料】 *7にて空間噴霧について検証しています (一般財団法人食品分析センター 著:三重大学教授 福崎智司氏) OX(G)ミストはこの度の新型コロナウィルス対策として次亜塩素酸水が注目を浴びるよりも5 年以上前から次亜塩素酸水商品の開発を進めていました。 その消臭効果が話題になり、インバウンドで外国人観光客が増えたホテルや交通機関の臭いの問題を解決、公共トイレや喫煙所の消臭、病院や介護の現場でもカートに噴霧器を載せて空間に次亜塩素酸水を噴霧しており、様々な現場の除菌消臭作業として使われています。 水道水を加湿器に入れてレジオネラ菌を発生させるぐらいなら、水道水の代わりに次亜塩素酸水を入れる介護施設や病院・ホテルは多数あります。 次亜塩素酸水の主成分である有効塩素 塩素、次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン は様々な形で歴史的にも古くから現在まで浄水場やプール等、生活に密着した場所で多数使用されています。 日々皆様が口にする水道水にも有効塩素が含まれており、もし仮にこれらに除菌力がなかったり人体に有害であったりするのであれば、毎日水道水を飲むことで健康被害が確認され使用中止となるはずです。 インフラにも日々使用され、様々な現場で適用されている有効塩素の効果と安全性を改めて認識いただいた上で、ご使用いただければ幸いです。

次の

次亜塩素酸⽔に関する⼀部ネットニュース報道記事への弊社の⾒解について

福崎智司 三重大学

学修の目的と方法 授業の概要 無機化学、有機化学、物理化学、分析化学に関連する基礎的実験 学修の目的 化学実験における基礎的な操作法・技術を修得する。 実験と理論とを結びつけて理解することができる。 それらを総じて、近代科学の基盤である「科学的方法」について意識する。 学修の到達目標 ・化学実験の様々な基本的操作を安全かつ合理的に行うことができる。 ・実験の目的、方法、結果、その解釈を整合的・有機的に理解することができる。 ・それらの内容を、一般的形式に則って簡潔かつ適切・適正にレポートとしてまとめることができる。 ・実験廃液の適切な分類や廃棄など、実験後の処理を事前に意識し、適切に行うことができる。 幅広い教養• 表現力 発表・討論・対話• リーダーシップ・フォロワーシップ• 実践外国語力 生きる力• 問題発見解決力• 心身・健康に対する意識• 研究不正が社会で問題となっていることも踏まえ、「倫理観」と「社会人としての態度」を本実験の教育目標に挙げる。 授業の方法 実験 授業の特徴 PBL 特色ある教育 グループ学習の要素を加えた授業 Moodleを活用する授業 英語を用いた教育 授業改善の工夫 基本的な実験操作に習熟できるよう指導する。 教科書 「これならわかる化学実験 第二版」(三共出版) 参考書 科学における実験の意味・意義について、次の書物が参考になる。 中谷宇吉郎 著 「科学の方法」 岩波新書 (ただし, 本実験では直接取り上げない。 ) オフィスアワー 木曜日12:10~12:50、いずれかの担当教員の研究室 生物資源学部校舎 受講要件 学生教育研究災害傷害保険に加入してください。 予め履修が望ましい科目 発展科目 物理化学、有機化学、分析化学、無機化学、生化学、分子生物学、およびそれらに関連した実験。 その他 受講制限をする場合がある。 (必修か必修に準ずる受講生は制限対象外。 ) 教育実習などで欠席する場合は、事前(履修申告時)にその予定を担当教員と相談していただきたい。 病欠の場合は診断書(またはそれに準ずるもの)を提出する。 2回までの欠席には、事情により補講等で対応することがある。 授業計画 MoodleのコースURL キーワード 化学実験、有機化学、無機化学、物理化学、分析化学、実験と理論の有機的理解、安全で適切な実験操作 Key Word s Laboratory works of chemistry; Organic chemistry; Inorganic chemistry; Physical chemistry; Analytical chemistry; Comprehensive understanding of theory and experiment; Proper chemical operation. 学修内容 第1回 履修申告確認 実験台割当 実験概要説明、実験器具点検・洗浄 第2回 実験の基本操作 第3回 ガラス細工 第4回 測定とその誤差 第5回 中和熱の測定 第6回 金属陽イオンの性質 1 第7回 金属陽イオンの性質 2 第8回 金属陽イオンの系統分析 1 第9回 金属陽イオンの系統分析 2 第10回 金属陽イオンの系統分析 3 第11回 アセトアニリドの合成 第12回 食酢中の酢酸の定量 第13回 時計反応の反応速度の測定 第14回 金属のモル比熱の測定 第15回 器具の点検・洗浄、実験室の掃除 使用実験室や受講人数、室温などにより、順序や回数を変更する場合がある。 事前・事後学修の内容 事前にテキストを熟読し, 実験内容と操作の流れを把握してから実験に臨む。 予習により, 実験を安全で手早く合理的に進められる。 実験後は、実験項目毎にレポートを作成し, 期限までに提出する。 レポート提出とその合格をもって当該実験の終了とする。 レポート作成にあたってはテキストを参照し, 基本的な構成に則って記述する。 レポート作成にあたって実験内容等を友人と議論するのは極めて有益であるが, レポートは各自で作成する。 Copyright c Mie University.

次の