日本 電 産 株価 予想。 日本電産 (6594) : 株価/予想・目標株価 [NIDEC]

個別銘柄戦略:安川電や日本電産に注目

日本 電 産 株価 予想

【結論】日本電産の株価診断結果 この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較で割高と判断されます。 しかし、相対比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割高」と結論付けました。 但し、この銘柄の株価が「5,989. 0円」を割ると割安圏内に入ります。 なお、この銘柄は相対比較においてプレミアム評価される傾向にあり、理論株価はその点を考慮して算出されております。 このように、この銘柄は現在の株価水準において割高と判断されますが、この結果は必ずしも今後の株価の下落を示唆するものではありません。 投資判断においては、株主還元関連事項を中心に、企業や外部環境の動向に注視してください。 みんかぶリサーチによる株価診断。 現在は【割高】 理論株価 5,989円 と判断されており、結論に至った経緯と要因を、過去比較、相対比較、業績推移の視点から説明しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

日本電産<6594>のフィスコ二期業績予想

日本 電 産 株価 予想

最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。 日本電産 3ヶ月後 予想株価 17,000円 HDD用精密小型モータで世界首位。 今年7月に工業・農業向け換気扇用モータの伊社、9月に産業用ロボ部品の独社を買収。 3期2Qは好調。 3期は買収会社の貢献などで産業・家電向けが拡大。 パワーステアリング用など車載向けモータも好調続く。 HDD用は市場縮小傾向だが単価上昇で利益増。 会社計画を上回る増益へ。 連続増配。 株価は戻り試すと想定。 会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当 19. 3連/F予/1,602,000/198,000/190,500/149,500/506. 23/105. 00 20. 3連/F予/1,730,000/225,000/218,000/168,000/570. 86/110.

次の

日本電産 (6594) : アナリストの予想株価・プロ予想 [NIDEC]

日本 電 産 株価 予想

話題の銘柄 市場で集めた個別銘柄情報の中から、短期的に注目を集めそうな銘柄をピックアップしています。 会員サービスでは、今ご覧の銘柄情報と同じものを前日の寄り付き前にお届けしております。 より早い情報をご希望のお客様は、会員サービス(有料)をご利用ください。 3円)とフォワードPER50倍(同40倍)を前提にしている。 7月1日に1株につき3株の株式分割を予定しており、分割後の目標株価は7000円を想定している。 12期以降の業績予想を上方修正。 EPS修正幅は20. 12期6. 6%増、21. 12期8. 8%増、22. 12期14. 2%増になる。 テセントリクは非小細胞肺がんに加えて、乳がんでの使用が見込まれる。 将来的に化学療法併用でトリプルネガティブ乳がんのネオアジュバントやアジュバントなどへの適用も期待できる。 へムライブラは1週から4週間隔の皮下注という利便性と安全性が確立され、インヒビターで成人・青年・小児への投与が進み、ノンインヒビターへの投与も増加する見通し。 テセントリクとへムライブラは新型コロナウイルスの影響で新規投与や切り替えの遅れも生じたようだが、年度後半へ向けてリカバーすると思われる。 業績への信頼度が向上することで、株価の上昇は続きそうである。 抗リウマチ薬アクテムラの新型コロナウイルス治療薬としての研究臨床の進展と、その結果報告は次のカタリスト。 5月に患者登録が始まり国内で10名の患者への投与が予定されている。 試験は21年3月まで継続する予定だが、中間的な報告が出る可能性もあるだろう。 国内でのバイオシミラーの台頭、骨粗しょう症治療薬エディロールのジェネリック参入、抗リウマチ薬アクテムラの市場拡大再算定による薬価引下げ、新薬開発パイプラインの停滞などは下方リスク、と指摘。 以上を踏まえ、今20. 12期連結コア営業利益を会社計画2750億円(EPS346. 9円)に対し、従来予想2920億円(EPS391. 3円)、来21. 12期同2021年12月期連結コア営業利益3240億円(EPS445. 9円)、22. 12期同2022年12月期連結コア営業利益3030億円(EPS402. 4円)と予想している。 北米機関投資家と魚谷社長のグループ会議の進行役を務める機会を得た。 コロナ禍により炙り出された不都合な真実を直視し、抜本的な構造改革に向けた社長の考えを確認できた。 この対話を経て、資生堂への投資を諦める投資家はいないだろう。 短期業績の見通しに怖気付かない株価がそれを裏付けている。 我々は株式投資の原点に立ち返り、マネジメント・クオリティを買う、と判断。 事業の中核である日本と中国のトップ変更を実行、コロナ禍に見舞われた同社にとって2020年は守りの年であり、短期業績は低迷するが世界で勝てる資質を有することに変わりはない。 2021〜2022年度の抜本的改革は、EC化、DX化、ブランド・事業ポートフォリオの再編により、強みであるプレステージ・プレミアムスキンケアへの経営資源の集中化を図る内容とJPモルガンは捉えている。 2014年の社長就任以来、前半戦での構造改革のやり残しを後半戦で一掃、23年度に本格的な回復と新たな成長が始まる計画だ。 資生堂の取り込み可能な化粧品需要の大きさとマージン改善余地が投資ケースである。 JPモルガンの業績予想は業界で最も保守的な水準。 しかし、同社の利益復元力への期待値の定量化を試み、喪失した前提でみているインバウンドとTRの利益の戻り影響度をブル・ベア・中立でのシナリオ別に試算、魚谷改革がもたらす利益にそれを加えたベースでフェアバリューを求めた。 戻り益を鑑みると、現行予想に対し7割程度の上振れ要因になり、これが腰折れない期待の水準であるとJPモルガンでは見ている。 業績回復の過程で繰り返されるであろう株価の調整局面でのベンチマークとして捉えている、と指摘。 今20. 12期連結営業利益を386億円(EPS54. 0円)、来21. 12期735億円(EPS122. 8円)、22. 12期945億円(EPS165. 3円)と予想している。 新型コロナウイルスの感染拡大による影響を考慮し業績予想を下方修正する。 しかしながら、(1)半導体テープおよび関連装置、MLCC用コートフィルムなど電子・光学関連製品の収益拡大、(2)海外子会社の収益改善並びに相乗効果の発現、を主たる要因とする成長シナリオに変更はなく、21. 3期以降は増益トレンドを予想する。 3期からスタートする次期中期経営計画では、米MACtac社など買収企業との相乗効果、電子・光学関連に次ぐコア事業の創出など次代に向けた施策を打ち出し、外部環境の影響を受け難い事業構造の確立が期待される。 前回の営業利益予想に対して、21. 3期および22. 3期で各々25億円を減額する。 景気低迷によるシール・ラベル用粘着製品の出荷伸び悩みやウインドーフィルムを手掛ける米Madico社の収益悪化などが背景。 前期比較では、21. 3期はほぼ前期並み、22. 3期は前期比13%増益を予想。 3期は、販売数量の減少(12億円減)や固定費増(6億円減)を、パルプやナフサなど原材料価格の下落(16億円増)、米MACtac社のコスト削減などで補えると想定。 3期は、全社利益のおよそ7割を稼ぎ出す電子・光学関連で半導体テープやMLCC用コートフィルムの出荷増により前期比10%増益を見込む。 カタリストは、半導体テープやMLCC用コートフィルムなど電子・光学関連の想定を上回る需要の増加。 リスクは、海外子会社の収益改善の遅れ、と指摘。 今21. 3期連結営業利益を会社計画150億円(EPS152. 3円)に対し従来予想180億円(EPS174. 4円)から155億円(EPS157. 8円)へ、来22. 3期同200億円(EPS195. 2円)から175億円(EPS177. 2円)へ減額し、新たに2023年3月期連結営業利益を190億円(EPS192. 4円)と予想している。 耐衝撃・高硬度のナノセラムや極低膨張のクリアセラム、高いイオン伝導性などを有するLICGC、光通信機器向けDWDMフィルター材などハイエンドで競争力のある特殊ガラス製品群を有する。 技術開発力をてこにニッチなガラス素材をけん引役として中長期的に業績を伸長させると考える。 20年10月期は営業赤字という深海に沈む見通しだが損益分岐点という海面めがけて上昇し、21. 10期は営業黒字転換しよう。 10期2Q累計の営業損失は10億円(前年同期は9億円の黒字)となった。 また未定としていた通期計画を開示し営業損失25億円と公表した。 光事業において会社側は3Q(5〜7月)がボトムと見ている。 エレクトロニクス事業では、ナノセラムはスマートフォン筐体向けで量産試作評価進行中であるが、コロナ影響でスケジュール遅延が続く見通し。 ただしエンドユーザー側による採用機種、時期などに変更はないとのこと。 またFPD露光装置および半導体露光装置向けのガラス材は需要が堅調に推移している模様で下期のエレクトロニクス事業は前年比増収となる計画である。 岡三では、ナノセラムに関しては会社予想と同様に20. 10期は売上高を織り込まない想定とした。 生産加工工程の認証は中国現地の加工工場でエンドユーザーと同社側の技術者立ち合いの上で進めるプロセスが必要なもようで、現状渡航ビザが降りないとのこと。 現地に渡航できた後、工程の認証は数カ月程度かかると見ている。 FPD露光装置向け極低膨張クリアセラムおよび半導体露光装置向け(i線向け)高均質ガラスの需要は堅調に推移する見込みで、20. 10期下期のエレクトロニクス事業は前年比増収となる見通しである。 光通信機器向けガラス素材DWDMも5G関連設備投資の恩恵を享受していると見られる、と指摘。 今20. 10期連結営業損益を修正後会社計画25億円の赤字(EPS-106. 8円)に対し従来予想16. 5億円の赤字から26億円の赤字へ減額し、来21. 10期連結営業利益を同19. 5億円(EPS61. 1円)から21. 5億円(EPS66. 8円)へ、22. 10期同26. 5億円(EPS81. 1円)から28. 2億円(EPS85. 9円)へ増額している。 当サイトに掲載している内容の著作権は、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者に帰属します。 掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。 当サイトのデータは、東京証券取引所、FactSet Research Systems ,Inc. 、日本経済新聞社、東洋経済新報社、ストックウェザー等から提供を受けています。 当サイトは投資勧誘を目的としたものではなく、あくまで情報提供を目的としたものですので銘柄や市場の選択の最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。 当サイト上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。

次の