陰部 かゆみ ステロイド。 陰部湿疹のかゆみに効く市販薬はある?

陰嚢湿疹の原因はこれだ!塗り薬では改善しない!必見!

陰部 かゆみ ステロイド

真菌や細菌の感染によって、陰部に湿疹ができる場合は、症状としては同じの場合がありますが、他の病名がつきます。 真菌が陰部に感染した場合には股部白癬(こぶはくせん:いわゆるインキン)、細菌が感染した場合には蜂窩織炎(ほうかしきえん)とよびます。 症状は陰嚢の強いかゆみです。 これは陰部掻痒症と同じです。 かゆみを紛らわせるために爪などでかくことにより、掻爬性(そうはせい;皮膚をひっかくことによる)湿疹が生じます。 この段階で陰部湿疹とお医者さんは診断します。 掻爬性湿疹が生じた後に皮膚の溝が深まって、皮膚が盛り上がったようになります。 これを苔癬化(たいせんか)とよびます。 苔癬化が起こるとさらにかゆみがひどくなり、慢性単純性苔癬に進んでしまいます。 慢性単純性苔癬はビダール苔癬あるいは神経皮膚炎とよばれることもあります。 十分な保湿を行い、かゆくても患部に刺激を与えないことが重要です。 かゆみを抑えるためにはかゆみ止めの代表である、抗ヒスタミン剤をお医者さんが処方してくれる場合もあります。 また皮膚のかゆみ止めとして薬局で抗ヒスタミン軟膏を手に入れることも可能です。 詳しくはドラッグストアなどで尋ねてみてください。 湿疹ができたときには進行を止めるためにステロイド剤を用いる場合がありますが、長期間の概要は悪化させる原因にもなりますので気をつけて下さい。 外用のステロイド剤は病院の処方でも、薬局でも入手可能です。 ステロイド剤の場合には薬剤が湿疹を誘発する可能性があるので、 1週間ぐらいで湿疹が小さくなるあるいは湿疹が盛り上がってきた場合には病院に相談してください。 まずはお風呂前にイソジン消毒などの消毒をしたり、ヨモギなどの入浴剤も使うといいです。 陰部湿疹ができてしまったときには、悪化を食い止めるために陰部掻痒症の漢方薬を続ける必要があります。 陰部湿疹に対する漢方薬は体の抵抗力を上げる事によって湿疹のかゆみを抑えるものがあります。 この場合には体質によって漢方薬が使い分けられます。 湿熱下中:ストレスや食生活の不摂生が原因で体の抵抗力が落ちている場合。 肝腎陰虚;肝腎が弱って、抵抗力が落ちている場合。 その他抗炎症系の漢方薬などもいいですね、 漢方薬の場合には効果がるまでに時間がかかる場合があります。 その時に皮膚に刺激を与えては意味がなくなります。 消毒と、抗ヒスタミン薬などのかゆみ止めと併用して悪化を防ぎましょう。

次の

産婦人科医が教える外陰部のかゆみ止め!かぶれ・乾燥肌の原因と対策│歌う産婦人科医!西田玲子の婦人科ブログ

陰部 かゆみ ステロイド

女性の陰部は、 大陰唇 だいいんしん 、 小陰唇 しょういんしん 、陰核、 腟前庭 ちつぜんてい など腟口の周囲を取り囲む部位からなります。 陰部の多くはデリケートな粘膜で覆われており、便や尿、腟分泌物などが溜まりやすい上に蒸れやすいため、さまざまなトラブルを起こす可能性があります。 中でも、陰部のは発生頻度の高い症状であり、病気や日常生活上の好ましくない習慣など、原因は多様です。 陰部が赤く、を伴う、あるいは痛みも伴い痛がゆい• おりものの量や性状に変化が見られ、を生じるようになった• 陰部にを伴うができた これらの症状が見られた場合、原因として考えられるものには、どのようなものがあるのでしょうか。 女性の陰部にかゆみを引き起こす病気 女性の陰部は非常にデリケートなため、さまざまな原因でを引き起こします。 陰部のは以下のような病気が原因で生じることもあるため、注意が必要です。 かゆみを引き起こす陰部の病気 陰部のは、陰部に特異的に発症する病気によって発症することがあります。 原因となる主な病気は次の通りです。 腟カンジダ症 カビの一種であるカンジダが腟内で異常増殖し、腟内~陰部の、白いカッテージチーズ様のおりものを生じる病気です。 は非常に強く、灼熱感を伴うことも少なくありません。 カンジダは腟内の常在菌ですが、風邪をひいたときや疲れが溜まったときなどに免疫力が低下すると、異常増殖してを発症することがあります。 また、抗生剤を使用した際などに生じることも原因として多いです。 細菌性腟炎 大腸菌や黄色ブドウ球菌など陰部から検出されることが多い病原体が、活発に作用して腟や陰部に炎症を引き起こす病気です。 強い悪臭のある水っぽいおりものが大量に分泌されるのが特徴で、陰部のただれや痛み・が生じることがあります。 原因は、衛生状態が悪い陰部のほか、体調の変化による免疫力の低下や、陰部の過剰な洗浄による自浄作用の低下などが挙げられます。 陰部にかゆみを引き起こす全身の病気 陰部のは、全身のどこかに生じる病気の症状の一つとして発症することがあります。 原因となる主な病気は次の通りです。 接触性皮膚炎 特定の物質に触れることで皮膚や粘膜に炎症を生じる病気です。 いわゆる、と呼ばれるもので全身のさまざまな部位に起こり得ます。 陰部では、生理用品や下着などが原因になることが多く、特に汗で蒸れやすい夏場に発症しやすくなるのが特徴です。 また、陰部ののほか、発赤や熱感、ただれなどの症状を伴うこともあります。 アレルギー 特定のアレルゲンが体内に取り込まれたり、触れたりすることでや皮膚の、くしゃみ、鼻水などの症状を引き起こす病気です。 これらの症状が陰部に生じることもあり、通常は発症後数十分~数時間で自然に症状が収まりますが、重症な場合には呼吸困難や血圧低下などの重篤な症状が見られることもあります。 受診の目安とポイント 陰部のはありふれた症状であるため、軽く考えて自然に治るのを待つ人も多いでしょう。 しかし、の原因は病気であることもあり、放っておくとますます症状が悪化したり、将来的なにつながったりするケースもあるため、注意が必要です。 特に、陰部の皮膚や粘膜にただれなどの症状がある場合、おりものに変化が見られた場合、発熱などの全身症状がある場合などはなるべく早めに病院を受診するようにしましょう。 受診に適した診療科は婦人科ですが、が疑われるような場合には皮膚科や内科などで診てもらうことも可能です。 受診の際は、いつからが生じたのか、以外の症状、性行為歴などを詳しく説明するようにしましょう。 特に、パートナーガ性感染症にかかった場合や不特定多数との性行為を日常的に行っている場合は、性感染症の可能性がある旨を事前に医師に知らせておくと診療がスムーズに進むことがあります。 日常生活上の原因と対処法 陰部はデリケートな上、不衛生な状態になりやすいため、を引き起こしやすい部位です。 以下のような好ましくない生活習慣が、の発症を促すこともあります。 それぞれの対処法も合わせて見てみましょう。 陰部の蒸れ 陰部は下着や衣類で通気性が悪く、汗や分泌物が溜まりやすい部位であるため蒸れやくなります。 蒸れは陰部の皮膚や粘膜の刺激となってを引き起こすことがあります。 陰部を蒸らさないためには 綿やシルクなどの汗を吸収しやすい素材の下着を選び、汗をかきやすい夏場はストッキングやスキニーパンツなど蒸れやすい衣類の長時間の着用は控えるようにしましょう。 また、生理用品も蒸れの原因になることがあるため、こまめに取り替えることを心がけましょう。 陰部の過剰な洗浄 腟内にはさまざまな常在菌がおり、それらが膣内を清潔な環境に維持する自浄作用を持ちます。 陰部や腟の過剰な洗浄は、これら常在菌を洗い流してしまうことがあり、自浄作用の低下によってかえって不衛生な環境に陥ることがあります。 その結果、陰部のや発赤、ただれなどの症状を引き起こすことがあります。 陰部を正しく洗浄するには 陰部を洗浄する際には、固いスポンジやタオルなどは使用せず、よく泡立てた石鹸を手に取って優しく撫でるように汚れをふき取るようにしましょう。 また、デリケートゾーン用の刺激の少ない石鹸を使用するのもおすすめです。 生理用品の長時間使用 月経血にはさまざまな雑菌が含まれ、生理用品は通気性が損なわれるため、長時間の使用は陰部を非常に不衛生な状態にします。 その結果、陰部が荒れてを引き起こすことも少なくありません。 生理用品による陰部の炎症を予防するには 生理用品はこまめに取り替えるよう心がけ、肌に合わない刺激のある素材のものは避けるようにしましょう。 特に、タンポンの長時間使用は非常に危険ですので、2時間以内をめどに取り替えるようにしましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じてもがよくならない場合は、思わぬ病気が潜んでいる可能性があります。 見過ごさずに、それぞれの症状に合わせた診療科を受診しましょう。

次の

陰部(デリケートゾーン,性器)のかゆみに効く市販薬−薬局の薬(OTC)情報

陰部 かゆみ ステロイド

治療や療養に関してのアドバイス 治療自体は簡単で膣錠を一、二回投与したりかゆみを抑えるカンジダ用軟膏を塗布することでたいていの人は症状が収まります。 再発を繰り返す場合、糖尿病や抗生剤が原因と考えられる人はまずその病気を治すことが先決です。 原因不明で再発を繰り返している場合はセックスパートナーを疑ってみる必要があります。 自覚症状がなくても菌を保有している場合もありますから、パートナーもきちんと治療する必要があります。 時には腸内に菌が繁殖している場合が考えられます。 この場合は内服薬を2週間ほど服用して様子を見ることになります。 かゆみ止めにステロイドの入った軟膏を使うとカンジダをよけいに悪化させます。 やはり症状が出るたびに病院に行って適切な治療を受けるのが一番です。 自分の体のためにも婦人科とうまくつきあっていくことが大切でしょう。 外陰部のかゆみやおり物はカンジダ以外にも様々な病気のサインとなりますから、市販の薬に頼らず病院に行って治療しましょう。 再発を繰り返す場合は糖尿病や抗生剤が原因と考えられる人はその病気を治すことが先です。 原因不明で再発を繰り返す場合、セックスパートナーもチェックしてみましょう。

次の