ファイル名が有効ではありません。 ファイル名に使わない方が良い文字

VBA エラー 52 ファイル名または番号が不正です。

ファイル名が有効ではありません

Oracleバージョン11. 0からexpコマンドを使用してエクスポートされるエクスポートdmpファイルがあります。 Oracleバージョン11. 0でファイルをインポートしたい。 しかし、インポート中に 'IMP-00010 not a valid export file, header failed verification' としてエラーが発生しています。 エクスポートdmp parファイルには次の情報があります。 par エクスポートとインポートを何度も試みましたが、以前はうまくいきました。 現在、異なるサーバーとデータベースがあり、以前のエクスポートファイルを比較して開くと、バージョン EXPORT:V11. 00 が表示されます。 ここでインポートすることができますが、新しいエクスポートでは、verison EXPORT:V12. 00 が表示されます。 互換性の問題のようです。 エクスポートされたDBダンプをインポートしようとしたときに同じ問題が発生しますimpコマンドを使用して、Oracle 11. 4からOracle 11. 0バージョンに。 まったく同じエラーが発生しました。 しかし、ダンプファイルをOracle 12. 0にインポートしようとすると、うまくいきました。 この問題は、Oracleの古いバージョンが新しいバージョンのダンプを適切に識別できないことが原因でした。 したがって、新しいバージョンのOracleでダンプファイルを試す必要があります。 異なるOracleバージョン間でインポートおよびエクスポートする場合は、それらのドキュメントを参照してください。 oracle. htm SUTIL110• IMP-00010: not a valid export file, header failed verification. 今日、12. 2のdmpファイルを11. 0にインポートしようとしたときに、これを入手しました。 データベース。 Ultraeditでダンプファイルを開くと、最初の行にバージョン番号12. 2または何かがあります。 この番号がIMP-00010の原因であると思われ、 11. 2に手動で変更し、ダンプファイルを保存し、impは成功しました。 明らかに、impは1行目のバージョン番号のみをチェックします。 impユーティリティ自体は、少なくともこの2つのバージョンのoracleデータベースの間で変更されていないようです。

次の

Excel2010、実行時エラー9インデックスが有効範囲にありませんの原因

ファイル名が有効ではありません

Internet Explorer IE でファイルをアップロードする際、ファイル名にフルパスが付与されることがあります。 上の画像は IE9 のローカルイントラネットゾーンのセキュリティ設定ですが、赤枠で囲んだ部分が示すように、デフォルトで [有効にする] が選択されており、送信データの Content-Disposition:... インターネットゾーンでも IE7 以前はデフォルトで [有効にする] が選択されているそうです(未確認です)。 ちなみに IE9 ではデフォルトで [無効にする] が選択されているのは確認しました。 知ってました? 実は自分は最近まで知らなかったです。 (汗) 調べていませんが、他のブラウザでも同様な問題があるかもしれません。 今までその問題に遭遇したことはなかったのですが、それはファイル名の取得に を使っていたので、問題を免れていたと言うことのようです。 上のリンク先の MSDN ライブラリの「解説」に、"FileUpload コントロールを使用して、アップロードする、クライアント上のファイルの名前を取得します。 FileName プロパティが返すファイル名には、クライアント上のファイルのパスが含まれません。 " と書いてありますね。 ちなみに、 では、ブラウザからフルパスでファイル名が送信されてくれば、結果はフルパスになります。 なので、HttpPostedFile. FileName プロパティを使わざるを得ない場合は(複数ファイルを同時アップロードするような場合が該当するでしょうか)、 を使ってファイル名を取得するのがよさそうです。 そういえば、昔ネット上で見かけてサンプルコードに Path. GetFileName メソッドを使った例が多々あったような記憶があります。

次の

android

ファイル名が有効ではありません

Creative Cloud ファイル同期機能を使用してファイルの同期を行うとき、「ファイルを同期できません」エラーが表示される以下の表に記載されている解決策を実行し、エラーを解決するとともに今後も競合が起きないようにしてください。 まず、お使いのコンピューターがインターネットに接続されていること、および Creative Cloud アカウントにログインしていることを確認します。 ファイル間の同期に関する問題を引き起こす可能性のあるファイル名の許容内容は、オペレーティングシステムによって異なるので注意してください。 Creative Cloud デスクトップアプリケーションは多くの非互換性を解決できますが、解決できない場合は問題が発生することがあります。 問題が発生すると、その問題に関する通知が表示されます。 残りのファイルは同期が続行されます。 解決策 番号 エラーメッセージ 解決策 1 ファイルがロックされているため、 を同期できません。 開いているアプリケーションで、このファイルを閉じ、書き込みアクセス権限を持っていることを確認してください。 「」をご覧ください。 2 ファイル名が無効であるため、 を同期できません。 「」をご覧ください。 3 でウイルスが検出されました。 このファイルはアップロードされません。 4 ファイル は大きすぎるため、アップロードされません。 「」をご覧ください。 5 Creative Cloud アカウント内のアセット数およびコレクション数が多すぎます。 アーカイブフォルダーを空にして、必要でなくなったその他のアセットを削除してください。 6 フォルダー 内のファイル数が多すぎます。 このフォルダー内のファイル数を減らすまで、同期のパフォーマンスが低下することがあります。 7 の所有者がストレージクォータを超過したため、 を同期できません。 の所有者にお問い合わせください 8 ご使用のシステム時間が正しく設定されていないため、ファイルを同期できません。 ファイルの同期を継続するには、デバイスの時間を正確に設定します。 システム時間を正確に設定し、再試行してください。 9 フォルダー内の一部のファイルが開いているため、 を同期できません。 このフォルダー内の開いているファイルをすべて閉じてください。 「」をご覧ください。 10 ファイルパスが長過ぎるため、 を同期できません。 パスが短くなるように、このファイルの名前を変更するか、フォルダーを変更します。 「」を参照してください。 11 を同期できません。 保存先フォルダーへの書き込み権限がありません。 問題が解決しない場合は、フォルダーのアクセス権限を確認してください。 アクセス権をチェックして再試行します。 12 ご使用のアカウントの暗号化キーが無効になっているため、コンテンツを使用できなくなりました。 担当の IT 管理者にお問い合わせください。 担当の IT 管理者にお問い合わせください。 13 は表示専用のコラボレーションにあるため同期できません。 表示専用のコラボレーションにあるファイルの修正、名前変更、作成はできません。 このファイルを同期するには、ご使用の Creative Cloud Files フォルダー内の読み書き場所に移動します。 詳しくは、を参照してください。 14 ファイルを同期できません。 ご使用のハードドライブがいっぱいです。 ディスク容量が不足しています。 スペースを解放してください。 同期は自動的に再開します。 15 ストレージ容量不足です。 Creative Cloud ストレージクォータを使い果たしてしまいました。 引き続きファイルの同期を行うには、次のいずれかの操作を行います。 16 サーバーエラーのため、 を同期できません。 しばらくしてから再試行します。 17 ファイルアクセス権のため、 を同期できません。 アクセス権をチェックして再試行します。 ピリオド(. )またはスペースで終わるファイルとフォルダーは、オペレーティングシステム間で正しく同期しません。 ファイル名の末尾にスペースまたはピリオドのあるファイルは、Mac からクラウドに同期することはできますが、Windows には正しく同期しません。 同期時には、あるファイルが同期に失敗した場合でも残りのファイルはすべて同期を続行します。 ただし、エラーメッセージは、コンフリクトするファイルが修正または削除されるまで表示されます。 Windows でファイルまたはディレクトリが存在しないというエラーが発生した場合は、Creative Cloud Web アプリケーションでファイルを確認します。 続いて、名前を変更して問題のある文字を削除します。 複数のデバイスで同じファイルを同時に変更または同期する場合、アップロードを終了するデバイスが「優先的に同期」されます。 Creative Cloud デスクトップアプリケーションでは、変更は自動的にはマージされません。 つまり、最初のアップデート後に行われた変更(「優先的に同期」されたアップロード)が、ファイルの「コンフリクトするコピー」で同期されます。 新しいファイルの名前は古いファイルの名前と同じですが、「conflicted copy」の文字列が追加されます。 また、ファイル名には、コンフリクトが発生したデバイス/コンピューターの名前と日付も含まれます。 このように、すべての変更が保持されるため、ユーザーの作業内容は上書きされません。

次の