サ 道 動画。 若者にサウナがアツい「サ道部」「サ活」愛好者は「サウナー」 湖でクールダウンの妙味も|社会|地域のニュース|京都新聞

ドラマ【サ道】ロケ地や舞台の撮影場所はどこ?サウナなど

サ 道 動画

しかし、たまたま入った銭湯で、謎のトッププロサウナー蒸しZ 宅麻伸 を見かけ、彼に導かれるようにサウナに入っていくナカタ。 それからというもの、上野にあるサウナ施設に通い始め、偶然さん(三宅弘城)やイケメン蒸し男(磯村勇斗)ら個性豊かなサウナ仲間と出会う。 サ道 キャスト ナカタアツロウ…原田泰造 偶然さん…三宅弘城 イケメン蒸し男…磯村勇斗 赤井君…荒井敦史 蒸しZ…宅麻伸 サ道 ドラマ動画1話みんなの感想 子供には分からないサウナの良さは、おっさんになってから目覚めてしまいます。 若い時のようにスポーツができないので、汗を掻くことが減ってしまいました。 サウナに入れば、自動的に汗が出るので体を動かさなくても済んでしまいます。 汗を掻くことで老廃物が出て気持ち良さを感じます。 部屋を出る時、涼しさを感じて生き返った気持ちになります。 外に出て休憩するところがあり、椅子に座ると心地よい風が肌に当たり気持ちいいです。 再度、サウナに入りその後、水風呂に入ると冷たさを感じないどころか、体が温まってきます。 体温を上昇させて心臓麻痺を防ぐためですが、我慢できる自分が強くなった気がします。 サウナに来る人は、人それぞれ違いますが、知り合った人に聞くと家に居るのが苦痛だからと言います。 妻の顔が見たくないから、家族と一緒に居ると疲れるから、サウナを利用すると言います。 気持ち良さを求めて来てるだけではありませんでした。 低予算で通えるサウナは、男たちにとって癒しのスポットです。 お風呂上りに飲む、ビールや水は格別の美味しさです。 この道を極めると、サウナの良さが分かってきます。 サ道 ドラマ1話動画の視聴者ネタバレ評価 主演、ナカタアツロウ役の原田泰造さんが、サウナを舞台にサウナの究極の入り方を伝えてくれる「サウナ道」は、新しいタイプの発想で興味深いですね! 茶道などのようにサウナの入り方にも作法の様なものがあるのだろうか? とかサウナを極める熟練者「蒸しZ」演じる宅麻伸さんに魅せられたナカタアツロウが蒸しZのサウナの入り方を参考にして真似るとその奥深さをしみじみと感じ取りサウナを楽しめる自分自身を発見できサウナ用語でいう「ととのう」を実感して、サウナ道にハマっていく展開でその「ととのう」というのはどの様な感覚になるのか見応えがあると思います。 その様な誰でも気軽に体験できる身近かにあるサウナを通して「サウナ道」の興味や疑問や好奇心が沸々とわいてくる辺りが面白そうで、出来たら自分自身でも体験してみたいと思います。 ナカタも昔は、苦手な場所であったサウナが今では究極の場所となりまた、サウナ仲間に偶然さん演じる三宅弘城さんやイケメン蒸し男演じる磯村勇斗さん達と楽しいメンバーが揃って新しいサウナの楽しみ方などがこのドラマの見どころの一つでしょう。 ナカタは、また、サウナの師匠とも言える蒸しZの後を追いかけながら日本全国にあるサウナ施設を巡り、様々なサウナを体験してそこに待ち受けている新たな課題や発見が面白そうですね! 果たしてナカタは、そのサウナの旅を通してどの様な体験をするのかワクワクします。 私も小さい頃はサウナが苦手でしたが、今はサウナの気持ち良さを知ってからは必ず温泉や銭湯に行くと入るので好きですが、小さい頃は暑さに耐えられなかったので主人公の言っていることはすごく理解できました。 しかし、大人になってからサウナに入ると子供の頃とは違う感覚がするので気持ちいいということもすごくわかりました。 主人公がサウナのプロ蒸しZにあってサウナの本当の気持ちよさを知るみたいなのですが、私もその気持ちよさを知りたいと思いました。 今気持ちいいと思っているのは、なんとなくなのかもしれないと思ったらドラマを見て私も実践したいなと思いました。 そして主人公が理想のサウナ施設を探訪するみたいなのですが、サウナ探しの旅でととのうの謎を解こうとしているみたいなのですが、そのととのうとはどうゆうことなのか早く知りたいなと思いました。 全国のサウナだけを求めてする旅も面白そうなのですが、そのサウナの旅で何を得てこれるのか、ととのうの謎を解いてこれるのかも見どころだなと思いました。 気持ちいサウナを私も体験したいので、このドラマで学んでからサウナに行こうかなと楽しみです。

次の

【サ道出演】原田泰造から溢れるサウナ愛。「おすすめ施設がありすぎて、一番は選べない(笑)」

サ 道 動画

動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 普通は禁止されている「泳げる水風呂」が備えつけられた施設を訪れ、驚きながらも喜んでいると、ナカタはふと、まだ自分がサウナに通い出したばかりの頃のことを思い出した。 その日、ナカタは水風呂に長く浸かりすぎてしまいすっかり身体を冷やしてしまったため、脱衣所でダウンしていた。 そんなナカタの視界に、幻のように蒸しZ(宅麻伸)が姿を現す。 果たして、蒸しZが口にしたサウナの極意とは一体…!? その言葉の真意を聞きたい気持ちとタオルを返さなければいけないと言う思いでサウナの主に会いたく同じサウナに通い続けるが会えずじまいに終わる。 若者にサウナの良さを知ってもらいたいと思いながらも理解されない歯がゆさを独り言のように思いを巡らせながらミストに触れ、さらに冷たいミニプールに浸かる。 体に纏った暖かい温度と冷たい水の調和、それが乱れてからの感覚に酔いしれながらミニプールを楽しんでいると、入ってきた他のお客さんが泳いでいるのを見て自分も泳ぎだす。 新しい楽しみ方を知りさらにサウナにハマっていく。

次の

【蒸しZが口にしたサウナの極意とは一体…!?】第2話・ドラマ「サ道」を見逃し動画無料フル視聴しよう

サ 道 動画

【第2話・ネタバレ解説】ナカタは、サウナで偶然さんやイケメン蒸し男に、蒸しZとのことを話す。 サウナで「ととのう」ことを覚えた頃、水風呂に入りすぎ、体調が悪くなった。 その時、蒸しZがタオルをかけてくれ、「サウナを信じるな」と言い残し去っていったのだ。 蒸しZにもう一度会い、その意味を知りたいと思っているナカタ。 それ以来、水風呂に入る時は、時間など入り方に注意するようになった。 ある日、別の施設に行ったナカタは、泳げる水風呂で思わず泳ぎを楽しむ。 ミストシャワーにも癒され、ととのう感覚に酔いしれた。 まだ水風呂の魅力が分からないらしい若者を尻目に、ひとり満足感を覚える。 その後、そこの支配人に蒸しZのことを尋ねるが、情報は得られなかった。 (女性50代) 【第3話・ネタバレ解説】「サ道」第3話を観て、主人公のアツロウは、ある日を境に、サウナにはまり、全国のサウナに足を運んでいた。 今回は、杉並の住宅街でととのうのである。 露天風呂の数とサウナ室の3段シートに感動してしまうのである。 銭湯の仕組みでわからないことは、蒸し男に解説してもらった。 アツロウは、杉並の銭湯では、なぜか自然に涙が出てしまったのである。 銭湯の昭和的な響きと住宅街の生活音を聞き、小学生の頃にタイムスリープした感じになり、涙したのである。 アツロウは、店長と話す機会があり、銭湯とは、憩の場であり、皆でつくっていくものであると知る。 店長は、偶然さんのアドバイスにより、今があるとアツロウに伝えたのである。 偶然さんのアドバイスにより、杉並の銭湯は、良くなっていったのである。 (男性30代) 【第4話・ネタバレ解説】サウナ「北欧」が休みと分かり、都内のサウナで一番古いと言われる施設に来たナカタ。 そこには、偶然さんや蒸し男も来ていて、3人で新人熱波師・赤井の風を受ける。 赤井は「北欧」のスタッフで、熱波師のアルバイトもしているという。 偶然さんは、以前から赤井に色々とアドバイスしていた。 ナカタや蒸し男が、自分の好きな熱波師の話をすると、偶然さんは、わざわざ北海道まで行って腕のいい熱波師・エレガント渡会の風を受けたと語る。 ナカタは、それを草加の施設で経験していた。 その施設では、薬湯や草津の湯などを楽しめる。 ナカタはサウナの後、外にある水風呂で爽快な気持ちになっていた。 そして、たまたま北海道から来たエレガント渡会の熱波を受けられたのだ。 その日は、今までで一番ととのった。 さらにその後、食堂で一緒に話す機会も得る。 それを聞き、羨ましがる偶然さんと蒸し男。 もう一度、赤井の熱波を受け、満足するナカタたちだった。 (女性50代) 【第8話・ネタバレ解説】「サ道」第8話では、今、サウナーの間で話題になっているおしゃれな女性が集まるサウナーがあるという内容であった。 都内の企業に勤めているミズキは、週末になればサウナを求めて各地を訪れているのである。 今回は、名古屋のサウナラボに向かった。 館内着に身を包み、ゆったりとサウナを満喫していた。 木の香りアイスミストで気持ちよさそうにしていたら、2人組の女性と出会うのである。 2人組の女性とサウナを一緒に楽しむことになる。 サウナに行くことで、仕事での疲れや嫌なことを忘れられますねと語っていたのである。 最後に、サウナの後、食事を楽しんでいたのである。 イケメン蒸し男が偶然さんよりも先に、おしゃれな女性が集まるサウナに行っていたのである。 写真を見せたら、偶然さんは、とても悔しそうにしていたのである。 (男性30代) 【第9話・ネタバレ解説】神奈川県大磯プリンスホテルで、ナカタアツロウは、偶然にも偶然さんに出会ってしまった。 偶然さんは、取引先の社長と来ていたので、サウナを満喫できなくてつまらなそうである。 ナカタアツロウは、リゾートサウナを楽しんでいるが、サラリーマンの偶然さんを見て気の毒でならない。 社長がサウナが嫌いだからという理由で、偶然さんは全然楽しめていない。 サウナ好きの偶然さんは、目の前にしてサウナに入れない屈辱を味わい帰ることになった。 景色を一望できるプールや、ドリンクも飲めるおしゃれサウナである。 海パン、水着で楽しめるサウナは、若い人向けとも言えるサウナだった。 偶然さんに、蒸し男とナカタは今度は3人で行こうと約束して、サウナリベンジをすることになった。 (男性40代) 【第10話・ネタバレ解説】偶然さん、ナカタアツロウさん、蒸し男さん3人は、今日の整いについて熱く語っていた。 3人の後ろに一人の男性客村田がいて3人を見てサウナを語り合う友人が居ることを羨ましく思った。 村田さんは会社でも家でも煙たがわれてしまい孤独を感じていた。 仕事帰りに体と心の疲れを取っていた。 若者の話を聞いて忘れようとしていた出来事を思い出し無心になれと思えば思うぼど無心になれず思い出した。 3セット目にローリーが入り、、香りを嗅ぎながら嫌なことを忘れるために今までと違う考え方をした。 感情が高まって涙を流し汗と共に嫌なことも洗い流し、自分の小さな幸せを感じ取り整った。 オロポカを飲みながら食事を楽しんだ。 携帯を見るとまだ時間があり仮眠することにした。 3人は蒸しZさんについて実在するのか討論した。 村田さんは偶然さんに誘われて一緒にサウナについて語り合った。 (女性30代) 【第11話・ネタバレ解説】ナカタアツロウは、「ととのった」という感覚を味わえなくなってしまった。 ナカタは、気が付くと水風呂で意識が薄れていた。 そして、偶然さんたちに助けられる。 偶然さんは、蒸しZの情報を提供する。 ナカタは、熊本の「湯らっくす」へ行く。 その前に白川水源に行くことにした。 白川水源は、名水100選であった。 ナカタは、「ととのいますように」と願掛けをした。 早速、ロッカーで支度をして入室する。 ナカタの第一印象は良かった。 「もし、ととのわなかったら」という不安があった。 ナカタは、身を清めて泥パックをする。 ナカタは、備長炭蒸し風呂へ入った。 そして、塩を体に塗る。 次は、深さ171センチの水風呂へ入った。 そこにあった「マッドマックスボタン」を押す。 それは、天井から水が落ちてくるシステムだった。 次に入ったのは、「メディテーションサウナ」だった。 (男性40代).

次の