和歌山 県 コロナ ウイルス 速報。 陽性患者25人を受け入れた日赤和歌山 コロナとの闘いで大変だったこと

陽性患者25人を受け入れた日赤和歌山 コロナとの闘いで大変だったこと

和歌山 県 コロナ ウイルス 速報

新型コロナウイルスの感染拡大で課題の一つになったのが、全国各地で確認された院内感染だった。 感染症指定医療機関として、25人の患者を受け入れた日本赤十字社和歌山医療センター(和歌山市)では、二重三重の対策により院内感染が発生しなかった。 対応にあたった医師は「基本の徹底」を強調する。 同センターには5人の感染症専門医や、感染管理認定看護師ら専門家から作る感染対策チームがある。 新型コロナ対策では、陽性患者の受け入れだけでなく、地域医療機関の指導的役割を担った。 対策チームの中心が、感染症内科部長の古宮(こみや)伸洋医師だ。 2012年から同センターで勤務。 国立感染症研究所での勤務経験があるうえ海外での感染症対策経験も豊富で、14年には西アフリカでエボラ出血熱、17年にはソマリアでコレラの感染拡大防止活動に従事した。 院内で新型コロナ対策を始めたのは、1月の上旬から。 中国・武漢で感染が広がり始めたころに、古宮医師は、これまで共に仕事をしてきた世界各地の感染症専門医らから、感染の流行状況やウイルスの性質などの情報を集めた。 院内で情報を共有するだけでなく、1月下旬には県内の医療機関を招いた勉強会を実施。 消毒や隔離の方法など、感染防止対策に必要な知識を伝えた。 同センターでは2月中旬から県内の陽性患者63人のうち、25人を受け入れた。 空調や排水が独立しているため、感染症病室から外へウイルスが漏れない構造になっている。 陽性患者や感染した疑いのある人に接する時は、使い捨てガウンやゴム手袋、ゴーグルなどを装着する。 感染症病室に入るために何度も脱ぎ着する必要があり、ウイルスに汚染された場所を触ってしまう可能性もある。 感染を防ぐため、2人1組になって手順を確認するなどの対策をとった。 また、来院者には検温を実施し、院内で少しでも疑わしい患者がいた場合は、すぐに感染症内科へと連絡するようにした。 古宮医師は「新型コロナの対策も、(他の感染症と比べて)特別なわけではない。 基本の周知、徹底が重要だった」と振り返る。 新型コロナについては、感染者に対する偏見も問題になった。 患者が退院後の生活に不安を感じないよう、メンタルケアを専門にするスタッフが支えた。 西アフリカでエボラ出血熱の対応にあたった時も、感染者に対する差別に直面した古宮医師。 現地では、回復した人と共に元の居住地に付きそうスタッフがいて、近隣住民に正しい知識を伝えたという。 「人はよくわからないことに不安になる。 正しい知識を得ることが大事」 緊急事態宣言は解除されたが、感染の第2波、第3波の懸念はなくならない。 古宮医師は「このウイルスとは年単位で向き合う必要がある。 医療機関だけでなく社会全体が、ウイルスの存在を意識した生活や態勢を維持する必要がある」と語った。 (藤野隆晃).

次の

和歌山県における新型コロナウイルス感染症発生状況

和歌山 県 コロナ ウイルス 速報

新型コロナウイルス感染症についての情報をまとめています。 新型コロナウイルス感染症に関する和歌山県内の発生状況や対応状況について随時お知らせいたします。 お問い合わせは各担当課までお願いいたします。 (外部リンク) 支援制度に関する相談窓口 支援制度等についてご不明な点、ご不安に思われる事などがありましたら、下記専用ダイヤルまでお問い合わせください。 専用ダイヤル TEL073-441-3301 FAX073-422-2211 受付時間 9時から17時45分(6月末まで土・日対応)• を作成しました• 休業要請・緊急事態宣言に関するお問い合わせ窓口 休業要請・緊急事態宣言に係る対応等についてご不明な点、ご不安に思われる事などがありましたら、下記までお問い合わせください。 電話番号 073-441-2262 FAX073-422-7652 受付時間 月曜日から金曜日の9時から17時45分(祝日を除く) 個人の方への情報 県内事業者の方への情報 対応状況等 新型コロナウイルス感染症相談窓口等• 県民の皆様へ• 休業や失業で生活資金にお悩みの方へ• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク) 県内在住で県外ナンバーの車を利用している皆様へ• 緊急支援策等• (外部リンク)• 医療機関の皆様へ• 関連リンク• (外部リンク)• (外部リンク)• 学校・施設等の対応状況• ふるさと和歌山応援寄附(ふるさと納税) 県税の納税猶予制度等• (外部リンク) (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク) 和歌山県における発生状況 (健康推進課) 第140報:令和2年6月26日 新たな陽性患者は確認されておりません。 これまでの発表情報に関する追加情報• 6月23日発表の県内在住20代男性の関係者の検査状況 検査中であった県内在住の同僚の方1名について、新型コロナウイルス検査陰性を確認。 ) 4月30日発表(第82報)、6月11日で自宅待機期間を終了の方1名については、大阪市が厚生労働省へ報告するため、和歌山県の感染者数には含めていません。 陽性患者数の推移 注意 陰性確認後退院された方及び退院予定の方を除いています。 5月29日 対策本部会議 本部長 知事記者会見 会見内容(動画) (外部リンク)• 5月22日 対策本部会議 本部長 知事記者会見 会見内容 動画 (外部リンク)• 5月15日 対策本部会議 本部長 知事記者会見 会見内容(動画) (外部リンク)• 5月4日 対策本部会議 本部長 知事記者会見 会見内容(動画) (外部リンク)• 5月 1日 臨時記者会見 会見内容(動画) (外部リンク)• 4月28日 臨時記者会見 会見内容(動画) (外部リンク)• 4月24日 臨時記者会見 会見内容(動画) (外部リンク)• 4月23日 対策本部会議 本部長 知事記者会見 会見内容(動画) (外部リンク)• 4月17日 対策本部会議 本部長 知事記者会見• 2月28日 政府からの臨時休校要請に対する知事記者囲み取材 新型コロナウイルス感染症対策本部会議資料 令和2年5月29日対策本部会議• 令和2年5月21日対策本部会議• 会議資料 令和2年5月15日対策本部会議• 会議資料• 令和2年5月4日対策本部会議• 会議資料• 令和2年4月23日対策本部会議• 会議資料• 令和2年4月17日対策本部会議• 会議資料• 令和2年4月8日対策本部会議• 会議資料• 令和2年3月30日対策本部会議• 会議資料• 令和2年2月13日対策本部会議• 会議資料• 関連リンク• (外部リンク) (外部リンク) (外部リンク)• (外部リンク) (外部リンク) (外部リンク)• (外部リンク)• (外部リンク) (外部リンク) 関連ファイル•

次の

感染は計22人、5人入院中 新型コロナ、和歌山県:紀伊民報AGARA

和歌山 県 コロナ ウイルス 速報

和歌山県内で最初に新型コロナウイルスの感染者が分かって1カ月半。 3日までに累計で22人の感染が確認された。 うち現在5人が入院していて、最近は県外で感染したと考えられるケースが続いている。 県内での大きな感染拡大には至っていないが、県は東京や大阪など流行地域への不要不急な往来自粛を呼び掛けている。 これまで感染が確認された22人のうち16人が退院し、10人が自宅待機期間を終えて仕事などに復帰している。 1人は死亡した。 県内で最初に分かったのは2月13日。 済生会有田病院(湯浅町)の50代男性外科医で、その後、同僚医師や入院患者、家族ら計11人の感染が判明した。 入院患者で感染していた60代男性の弟(50代)が4月1日に約1カ月半ぶりに退院。 これで同病院関係では、死亡した入院患者の70代男性以外は10人全員が退院した。 その後、大阪市のライブハウスであったコンサートに参加した20代女性と、和歌山市職員の男性2人(いずれも50代)らの感染も分かった。 現在入院している5人は、いずれも病状が安定している。 京都産業大学を今春卒業し、田辺・西牟婁の学校に新採教員として赴任予定の20代男性=田辺保健所管内在住=は、京都市内であった大学のゼミ卒業祝賀会に参加。 祝賀会にはヨーロッパに卒業旅行し、感染が確認された学生も参加していた。 この男性は3月27日に田辺市であった新採教員説明会(県教育委員会主催)に出席。 この説明会に出席していた別の20代男性=徳島県在住=の感染も分かったため、2人の濃厚接触者や、体調の違和感を訴えていた出席者らを検査し、全員の陰性を確認している。 県は少なくとも20代無職女性と60代自営業男性は大阪で感染した可能性が高いとみており、県民に対し「東京都や大阪府など感染が拡大した地域への仕事以外の往来は控えてほしい」と求めている。 感染者の接触者のほか、医療機関から提供された情報を基に、原因が分からない肺炎患者や、急な味覚や嗅覚の異常を訴える患者らも検査している。 県内の医療体制は逼迫(ひっぱく)していないが、県は今後に備え、病床数確保に取り組んでいる。 また、軽症者や無症状者は自治体が借り上げるホテルや自宅などで療養するよう、国が都道府県に通知したのを受け、検討も始めている。

次の