テドロス 事務 局長。 テドロス(WHO事務局長)無能発言の時系列まとめ!コロナは私の責任ではない!

【WHO】テドロス事務局長「パンデミックの影響は数十年にわたって感じることになる」 [ばーど★]│エンがちょブログ

テドロス 事務 局長

Contents• 今、 世界で一番の関心事と言ってもおかしくないのではないかと思う、 新型ウイルス。 今では、中国や日本よりもイタリアやスペインなどの欧州で感染者が爆発的に増えています。 日本では、マスクが一ヶ月以上前から品薄で、というか私は、新型ウィルスのニュースが報道されてから一度もマスクをお店で見ていません。 何件かお店を周ったこともありましたが、どこも、おひとり様一個までと書かれた棚を見るとすっからかんでした。 なので一度もマスクをしていません。 知人にその話しをしたら、自分はネットで買ったと言って画像を送ってくれました。 それは、黒い色のマスクで手洗いも出来るんだそうです。 新型新型ウィルスウイルスは一向に、消息のめどがたちませんね。 首相の、イベントや不要な外出の自粛要請が長引いていて、我慢していても国民は イライラが募ってきているのではないでしょうか。 そんな中で、 WHOのテドロス事務局長に対する、批判的な声が大きくなってきています。 今回は海外の、テドロス事務局長に対する反応をいろいろと調べて行きたいと思っています。 WHOのテドロス事務局長がパンデミックを表明 WHOのテドロス事務局長が12日スイスのジュネーブで記者会見を開きました。 その時に「新型新型ウィルスウイルス感染症は、 パンデミック(世界的大流行)とみなせる。 」と述べました。 WHOの基準では、インフルエンザ以外の感染症でパンデミックを宣言する枠組みが無いようです。 正直WHOの事をあまり知らなかった私でさえも、今さら感があります。 早速テレビなどでも、元政治家の人などがこのタイミング?と不信感を持って発言していました。 あなたの知識をグッと深めるおすすめ書籍やDVD! もっともっとWHOやこれからの世界経済について知りたいなら読書や映画がおすすめ!わかりやすく・楽しくあなたの興味ある歴史や人物を紐解いてみよう! テドロス事務局長辞任の署名活動 カナダ人の発起人によって、署名サイト『 Change. org』では、テドロス事務局長に対しての 辞任を要求する署名活動が起こっています。 この署名活動には、3月10日現在で世界中から 45万人の署名が集まっています。 カナダ人の発起人は、1月に中国の新型新型ウィルスウイルスに関する緊急事態宣言をいったん見送ったこと。 事態をあまりにも過小評価していたことが感染拡大を防げなかった原因の一つであること。 などの理由からこの署名活動をおこしたということでした。 テドロス事務局長に対する海外の反応 海外の反応を調べていて、中国との関係についてと同じくらい多かったのがやはりこのことでしょう。 緊急事態宣言が遅すぎる。 一ヶ月前に宣言するべきだった。 無能だ。 クビにしろ! 残念な事に世界の指導者達は人の命を救う事よりも政治的なゲームに関心があるみたいだね。 この世界をより良く安全にする為に、グローバルなコラボレーションが必要だよ。 今が変わる時だ! 腐敗した無能なWHOのリーダーをいつになったら変える事ができるんだ? あんたはもう完全に信頼を失ったよ 辞任して中国にでも行けよ。 増え続ける死者数の責任を取れ 数か月前に世界に向けて警告していれば今の状況を回避出来ていたかも知れないのに・・恥を知れ! 今さら宣言しても遅いなどの発言でした。 今回のパンデミック表明が遅すぎたのも 中国との関係があってのことなのは、多くの人達からもあがっています。 日本でも今回のテドロス事務局長のネットニュースのコメントには同じような言葉が数多くありました。 まるで予言映画「復活の日」無料視聴 無料で「復活の日」を視聴したいならなら動画配信サイトで無料期間中にみるのが1番お得!まるでパンデミックを予想していたかのような予言映画。 2021年3月27日までの配信になってますのでお早めにご視聴ください! たくさんの無料期間を設定した動画配信サイトがありますがその中でも無料期間が1番ながいU-NEXTがおすすめです。 また U-NEXTはいち早くレンタル開始した映画やドラマをみることができ今話題の作品を視聴可能! 無料視聴期間が 31日と他社よりも少しだけ長いU-NEXT!絶対お得ですね>> テドロス事務局長と中国との関係 テドロス事務局長と中国との関係は、調べていると本当に沢山の良くない話が出てきます。 日本同様に、海外メディアでも、中国に政治的に配慮しすぎていると言われています。 一貫して中国の肩を持つような発言を続けてきているためか、会見では、中国からの圧力があったのかという質問まで飛んだことがあります。 WHOは政治的に中立的な立場であるべきなのに、客観的な調査や評価を全く行わず、中国政府から報告されている、死亡者、感染者数をうのみにしているとも言われています。 中国に忖度していると言われているのは中国とのお金の関係が一番の原因なのでしょうか? エチオピアと中国との関係を調べてみました。 テドラス事務局長の出身地のエチオピアは、中国から 巨額のインフラ投資を受けていることがわかりました。 そのことから「彼が気にしているのは中国からの命令だ。 」 「中国からいくらもらったんだ。 」 という辛辣な言葉まで出てきています。 テレビでは著名人がはっきりと テドラス事務局長と中国はズブズブの関係だと言い切っていました。 テドロス事務局長は2012年から2016年まで外相をつとめています。 その時に中国との関係を深めたと言われています。 その後に前任のチャン氏の後を継いでWHOの事務局長に就任しました。 テドロス(WHO事務局長)に対する海外の反応は?中国にこびりすぎている!のまとめ 今回この記事を書くにあたり、よく耳にしたり、読んだりしていた中国とWHOのテドロス事務局長にどんな関係があるのかを調べて私自身も勉強になりました。 就任当時から中国との関係があったので問題視されていたのでしょうね。 辞任を要求する署名活動まで行われていて、日本の著名人も署名したと発言していてそれがニュース記事になったりもしていました。 海外の反応は、 パンデミックを表明するタイミングが遅すぎると、いろんな言い方がありますが、内容はそういった意見が一番多かったですね。 それは日本も同じようです。 それにしても、これから新型ウィルスウイルスが収束するまでどれくらいかかるのでしょう。 今回のテドロス事務局長のパンデミック表明で 各国の対応も変化していくのではないかと言われています。 日本の対応も気になりますね。 私は、カラオケが趣味なので最近カラオケに行きたくてしかたないです。 先日、友人と約束をしていたのですがやはり中止にしてしまいました。 今回の安倍首相の対応で、学校が休みで、お友達と会えなくて寂しい思いをしているお子さんもいらっしゃるでしょうね。 一日も早く普段の生活に戻れることを信じて前向きにいきたいですね。

次の

テドロスが無能で死刑が妥当?リコール辞任要求でWHOも大ピンチ!

テドロス 事務 局長

テドロス事務局長は 小さい頃、マラリアによって非常に苦しい経験をしました。 その経験からテドロス事務局長は、感染病に関する様々な研究と知識を身に付けて、感染病で苦しむ人々を助けようとしてきたようです。 1986年にアスマラ大学で 生物学の学士号(BSc)を取得。 公衆衛生の専門家(junior expert)として ダーグ(エチオピアの旧体制)保健省に入省したのです。 その努力が報われて、テドロス事務局長は 2003年後半にはエチオピア保健副大臣にも任命されました。 その後 保健大臣、外務大臣を経て今のWHO事務局長という地位に就いたんですね。 引用:ツイッター 2020年5月現在、 世界中からWHOのテドロス事務局長に対して無能だ!辞任しろ!などと批難が殺到しています。 中国に対する過剰な擁護発言。 台湾に対する差別的な発言。 中国の発表を鵜呑みにし、渡航&入国制限の指示が遅れた。 その結果、 世界的な パンデミック宣言が遅れてしまった。 にも拘らず、最初から速やかに適切な指示を出していたと主張。 当初、マスクは効果がないと言って使用を控えるよう指示したのに、後にその方針を翻す。 欧米諸国からWHOに対して、今回の対応に問題があると指摘されるとコロナウイルスを政治利用していると批判。 WHOの指示は不適切だったと、テドロス事務局長の 辞任を求めて100万人以上の署名が集まっているが、『辞任はしない』と宣言。 33)」は、 2019年のエチオピアへの直接投資流入額を25億ドルとしており、このうち60%は中国によるものとしている。 ビジネス短信 エチオピア投資委員会(EIC)によると、エチオピアの工業化を進める上で中国による投資・雇用の創出が欠かせないようです。 2019年の中国による新規投資案件は前年比12%も増加しているといわれています。 エチオピア政府からしてみれば「中国には足を向けて寝られない」存在であることは容易に想像がつきますね。 テドロス事務局長と中国の関係とは? 調べていくと、 テドロス事務局長と中国の間にも密接な関係があるようです。 というのも、テドロス事務局長がエチオピアの外務大臣を務めていた際、中国側がエチオピアに1兆円の融資をおこなったと明かされています。 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、中共肺炎(武漢肺炎とも呼ぶ)COVID-19の情報隠ぺいを行う中国当局を露骨に擁護しているとして、欧米メディアから批判を受けている。 中国政府系メディアはこのほど、同事務局長への支持を訴える評論記事を掲載した一方で、 同氏が本国エチオピアの外相を務めた頃、 中国側が同国に1兆円以上の融資を行ったと明かした。 引用:大紀元 それだけでなく、なんとテドロス事務局長がWHOの事務局長に選ばれた時も中国による強い支持を受けていたことも報じられています。 テドロス氏は2016年、中国当局の強い支持を受け、WHO事務局長に選ばれたと指摘した。 同氏が翌年の2017年に中国を訪問した際、中国当局は WHOに2000万ドル(約21億円)の寄付金を提供したという。 何清漣氏は「パンデミックを宣言した テドロス氏は、中国が機嫌を損ねるのを恐れ、人々の怒りの矛先が中国当局に向かわないように、今も当局の感染防止対策を称賛し続けている」とした。 同氏は、テドロス氏が中国当局に媚びることで、「多くの国では感染防止対策が遅れ、世界的なまん延を招いた」と強く非難した。 引用:大紀元 どうやら、エチオピアが中国に足を向けて寝られないというよりも、 テドロス事務局長が中国には頭が上がらない関係性であるのは間違いなさそうですね。 このテドロス事務局長とその出身国のエチオピア、そして中国の上記のような関係は、既にネット上でも広く知られています。 なぜ?WHOのテドロス事務局長が中国の対策を称賛するのか?それは事務局長がエチオピア人でエチオピアは中国から巨額の投資・援助を受けているから。 事務局長は2012年から2016年までエチオピアの外務大臣を務めていた。 国連なんかただの出先機関なんだから最早ありがたがる必要なんかないよ、米国と日本は一緒に離脱しても良いぐらいだよ。 実は テドロス事務局長は、エチオピア人民革命民主戦線という政党に協力という形で所属しています。 この政党が 共産主義的思想を基盤とする政党なんだとか・・! 思想的にも中国共産党と一致するので、テドロス事務局長は益々中国の言いなりになったのかも知れませんね・・ 坂東忠信氏「WHOトップのテドロス氏は昔(今も?)共産主義者で毛沢東思想だった。 テドロス事務局長と中国の 利権関係• 【 共産主義】テドロス事務局長と中国の 共通の政治的イデオロギー これらの理由から終始、中国のご機嫌ばかり気にするテドロス事務局長・・ まるで中国の犬だ!・・と批難する声が収まらないのも無理はありません・・・・ 笑える風刺画が送られてきましたのでご紹介。 WHOのテドロス事務総長は北京でBreedされた犬。 「市民を避難させなくていい」「ウイルスの件で中国や武漢などを使わない。 なぜなら中国人の心を傷つけるから」「(台湾ではなく)台北と周辺地域と呼ぶ」など、吠えている内容は、ふざけた内容ばかり。 — KEIKO KAWASOE kawasoe0916 画像はネットの拾い物。 こういう風刺画考える人のセンス羨ましい。。。 ただ、このような書き込みは沢山ありました・・! 要するに 利権に目がくらんで、感染率の高い新型コロナウイルスを初期鎮圧し損ねたテドロス事務局長は 人類の戦犯だ!逮捕すべき!・・・ということらしいですね。 あまりにも批判が多く気の毒になってしまいますが・・・。 辞任はしないと宣言しているテドロス事務局長。 今後批判を覆すような対応ができるのでしょうか。 しばらくはテドロス事務局長の今後の進退も含め、手腕問われますね。

次の

トランプ氏が書簡でWHOを批判 「見習うべき」としたブルントラント氏とは

テドロス 事務 局長

テドロス・アダノム(テドロス・アダノム・ゲブレイェソス) 生年月日:1965年3月3日 出身:エチオピア 出身校:アスマラ大学、ロンドン大学衛生学熱帯医科学院、ノッティンガム大学大学院 テドロス事務局長はエチオピアのエリトリアで生まれました。 子供の頃にマラリアに感染して、死に直面するほど重症化しましたが、なんとか一命をとりとめます。 その経験から、公衆衛生を専門とするために、エチオピアのアスマラ大学に入学し、卒業後はエチオピアの保健省に入ります。 公衆衛生のプロとしてキャリアを積む 出典: 保健省に入省したテドロス事務局長は、ロンドン大学衛生学熱帯医科学院、ノッティンガム大学大学院に留学して公衆衛生・地域保健の博士号を取得します。 そして、2001年にティグレイ地域保健局長に任命されました。 この時に目覚ましい成果を挙げています。 出典: エチオピアの保健大臣・外務大臣として目覚ましい成果をあげ、国際的にも有名な人物となったテドロス事務局長は、2016年にWHOの事務局長に立候補します。 これは、アフリカ連合の支持を得て、アフリカからの唯一の立候補者となりました。 アフリカ諸国から全面的な支持を一心に集めた形ですね。 2017年5月に行われたWHO事務局長の選挙では、テドロス氏は185票中133票という圧倒的な支持を集めて、アフリカ初のWHO事務局長に選出されました。 WHOのトップである事務局長の任期は5年ですから、これからテドロス事務局長の辞任がなければ、2022年6月までテドロス事務局長時代になるということになります。 その後も、再任の可能性はあり、前WHO事務局長の香港のマーガレット・チャン氏は10年間事務局長を務めています。 WHOテドロス事務局長の年収は? 出典: 気になるのは、テドロス事務局長の年収ですよね。 WHOのトップである事務局長をやっていると、どのくらいの年収になるのでしょうか? 国連の事務総長の年収は23万ドル(約2450万円)とのことですので、WHOの事務局長も同じくらいの年収であると推測できます。 ただ、テドロス事務局長は、おそらく母国のエチオピアでも何かしらの事業を行っていると思いますので、実際の年収はこれ以上あると思います。 年収5000万円、いや1億円はあるかもしれません。 エチオピア保健相・外務相時代に、あれだけの敏腕ぶりを発揮し、素晴らしい成果もあげたテドロス事務局長。 そんな敏腕がなぜ世界中から「無能事務局長」と呼ばれるようになったのでしょうか?逮捕の噂すら出ているんです。 テドロス事務局長の無能っぷりと逮捕の噂について、検証していきましょう。 テドロス事務局長語録の無能っぷりがヤバイ! 出典: テドロス事務局長は、TwitterなどSNSやインターネット上で「テドロス事務局長語録」がまとめられています。 このテドロス事務局長語録を時系列に沿って見ていくと、その無能さがわかると思います。 世界には対応するのに十分な時間があった」 「世界は私たちが元いた姿に戻ることはできないでしょう。 2月末までの発言は、すべて裏目に出ています。 そして、3月からの手のひら返しがすごいです。 「逆神」状態ですよね。 しかも、その発言は「僕は前からこんな風に言ってましたよね。 みなさん、僕の言っていたことを守っていないから、こんなパンデミックになったんですよ」と言わんばかりのもの。 世界中の人たちが思っているはずです。 テドロス事務局長がもっと早くに、緊急事態・パンデミックを宣言し、国境封鎖などを提言していれば、こんなに感染は広がらなかったはずだと。 WHOの事務局長ともあろう人が、こんなに無能だったなんて。 WHOの事務局長がこんなに無能だから、新型コロナウイルスのパンデミックは起こってしまったと言っても過言ではないかもしれません。 それは、中国を擁護していることです。 あまりにも、中国擁護があからさまであるために、テドロス事務局長は中国の犬ではないかとインターネットで噂されています。 出典: 出典: 中国の武漢で発生した新型コロナウイルスですが、これは「発生したことが悪い」というわけではありません。 でも、中国がこの新型コロナウイルスの感染拡大を隠ぺいしていたために、感染は世界中に広げてしまったと言われています。 もっと早く中国が新型コロナウイルスの存在を明らかにし、世界に正しい情報を開示し、助けを求めていれば、ここまで感染拡大はしなかったはずです。 それなのに、 テドロス事務局長は中国を賞賛し、「武漢肺炎」と呼ぶべきではないと発言しています。 さらに、コロナウイルスの封じ込めに成功している台湾に対して、「台湾が僕をいじめた!抗議する!」とまで発言しているんです。 ここまで中国をかばい、さらに中国と敵対関係にある台湾を非難する姿勢を見ていると、テドロス事務局長は中国の犬であり、中国から多額の賄賂を貰っているのではないかと言われています。 アメリカはWHOへの資金拠出を停止! 出典: テドロス事務局長の発言は、あまりにも中国寄りで、他の諸外国に対しては非難ばかり。 その姿勢に激怒したのがアメリカです。 アメリカは現在、感染者数・死者数共に世界最悪となっています。 中国が隠蔽したからこれだけ広がったと考えれば、トランプ大統領が怒り出すのも当たり前です。 そして、テドロス大統領は諸悪の根源とも言える中国にすり寄っている。 そこで、トランプ大統領はWHOに資金拠出を停止すると発表しました。 アメリカはWHOに毎年4億ドル(約430億円)もの資金を拠出しています。 この4億ドルというのは、WHOの年間予算の15%に当たります。 テドロス事務局長があまりにも無能だったために、その4億ドルを「もう出さない!」と言われてしまったんです。 WHOは世界で新型コロナウイルスを収束させるには必要不可欠な組織ですが、テドロス事務局長の無能な発言で、アメリカを怒らせ、予算を削られる羽目になりかねない状態に陥っています。 これは「逮捕されてもおかしくないことをしている」「死刑になってもおかしくない」ということから来ているのだと思います。 WHOのテドロス事務局長が、感染流行の初期段階で、しっかりと情報発信をして、危機を訴え、中国を擁護していなければ、これだけの被害は出ていないし、死者数ももっと減っていたはずだからです。 本当は有能なはずなのに、中国に気を使いすぎて、中国に操られているために、無能になってしまったという方が正しいでしょう。 「中国から賄賂を貰っている」という罪で逮捕されるのでは?という噂もありますね。 テドロス事務局長はこのままいけば、悪い意味で歴史に名を遺すWHOの事務局長になってしまうかもしれませんね。 WHOテドロス事務局長のまとめ WHOのテドロス事務局長のプロフィールや経歴、年収、無能っぷりや逮捕の噂などをまとめましたが、いかがでしたか?.

次の