ホトトギス 俳誌。 ホトトギス

日本一長寿の雑誌「ホトトギス」

ホトトギス 俳誌

俳人・正岡子規や高浜虚子らが選者を務めた俳誌「ホトトギス」の同人で県俳句協会理事の高田菲路(本名・弘文)さん(87)=兵庫県洲本市五色町鳥飼浦=の句碑が洲本市山手の市立淡路文化史料館庭園に完成し、除幕式が行われた。 高田さんは旧制洲本中学在学中の昭和20年ごろから俳句グループを作って句作を始めた。 教員となってからは絵画を中心に創作活動を行ったが、教頭になった頃から再び句作を再開。 新聞や俳誌に投稿して数々の賞を受賞し、平成23年には「ホトトギス」の同人に選ばれた。 87歳の現在も俳句教室の指導や選者として後進の育成に尽力している。 句碑建立は高田さんの功績をたたえようと俳人仲間や関係者らが実行委を立ち上げ計画。 今春に高田さんも同行して南あわじ市八木から高さ約1・7メートル、幅約2・7メートルの自然石を採取した。 句碑には12年に大阪造幣局「桜の通り抜け全国俳句大会」で特選一席に入賞した代表作の一つ「城の花紺屋町までふぶきけり」の句が刻まれた。 高田さんが桜が舞い散る季節に神戸地方法務局洲本支局前で詠んだ作品で、場所も近く文化にふさわしい地として同史料館に建立された。 俳人や俳句愛好家ら約60人が出席した除幕式で、実行委員長の永田秀一県議は「最高の場所に最高の句碑が建立された。 淡路のみならず日本の俳句界のリーダーとしてさらなる活躍に期待しています」とあいさつ。 高田さんは「身に余る光栄。 この上ない喜びです」と感謝の言葉を述べていた。

次の

ホトトギス巻頭句集

ホトトギス 俳誌

歴史 [ ] 戦前 [ ]• (30年)に社員柳原極堂がで創刊。 雑誌名は正岡の俳号「子規」にちなんだもので、創刊時はひらがなで『ほとゝぎす』。 子規、、、らが選者であった。 (明治31年)10月 場所をに移して虚子が継承する。 (明治34年)10月 雑誌名を『ホトヽギス』とする。 (明治35年) 子規没。 (明治37年)10月 選者となる。 (明治38年)1月 漱石『吾輩は猫である』連載開始、大好評を博す。 10月 『団栗』掲載。 このころより虚子小説に傾倒、碧梧桐新傾向色を強める。 (明治39年)1月 『』。 4月 漱石『坊っちゃん』。 5月 『千鳥』。 8月より碧梧桐第一回全国行脚。 9月 『海のほとり』。 (明治40年)1月 漱石『』。 2月 『縁』。 11月 『佐渡が島』。 このころ、が挿絵を描いている。 (明治41年)10月 漱石『文鳥』(ただし他誌からの転載)、選者となる。 (明治42年)から、らの批評が連載される。 4月より碧梧桐第二回全国行脚。 7月をもって雑詠欄廃止。 (明治43年)4、6月 『社会の柱』。 9月号発禁処分。 (明治44年)4月 『狐火』、『御殿女中』。 10月 雑誌名を『ホトトギス』とする。 碧梧桐編集より離れる。 (明治45年)7月 虚子選雑詠欄復活。 挿絵を描くようになる。 (2年)3月 『南国』、虚子俳壇復帰。 5月 『椿の花』。 6月 『菎蒻本』。 7月 『臆病者』。 8月 虚子がに編集の一切を任せることを表明。 10月 『護持院原の敵討』。 11月 『悪魔の弟子』。 (大正3年)4月 『青草』。 、課題選者となる。 (大正4年)1月 、が雑詠欄巻頭を飾る。 7月 『藪陰』。 、課題選者となる。 (大正5年)4月以降東洋城ホトトギスより離脱。 漱石没。 (大正6年)1月 の句掲載。 ホトトギス社を退社。 (大正8年)8月 の句掲載。 9月 神陵俳句会(翌年より京大三高俳句会)結成。 (大正9年)2月 嶋田青峰ホトトギス社を退社、編集から退く。 (大正10年)4月 の句掲載。 (大正11年)4月 、ら結成(帝大俳句会の再興)。 (大正12年)1月 発行所をへ移転。 8月 水原秋桜子『海辺にて』。 (大正13年)1月 『山の手から』。 8月 『風懐を養うこと』。 (大正14年)10月 、ら九大俳句会結成。 (大正15年)1月 山口誓子『我が小さき芸術観』。 ら雑詠句評会に参加。 (2年)、表紙、裏表紙を描くようになる。 (昭和3年)7月 東大俳句会機関誌を「馬酔木」と改題、水原秋桜子が主宰。 (昭和4年)3月 が雑詠欄巻頭を飾る。 (昭和5年)6月 により姉妹誌『玉藻』創刊。 7月 『生き物三つ』• (昭和6年)4月 星野立子『どんぐりの芽』• (昭和8年)12月- 川端茅舎『花鳥巡礼』。 (昭和10年)表紙を描くようになる。 (昭和11年)1月 ら『余生病院』。 10月 日野草城、吉岡禅寺洞、杉田久女をホトトギス同人より除名。 フランスを中心に海外詩人による俳句が掲載されるようになる。 (昭和12年)碧梧桐没。 4月より外国俳句座談会連載、虚子の句のフランス語訳の試み。 、表紙、裏表紙を描くようになる。 (昭和13年)3月 『最も痛烈に感じた』。 4月 『現代徒然草』。 裏表紙を描くようになる。 (昭和14年)6月 『蓄音機』。 『砲車』ベストセラーに。 表紙を描くようになる。 -(昭和15-18年)。 (昭和18年)6月 が雑詠欄巻頭を飾る。 (昭和20年)6-9月 休刊。 戦後 [ ]• (昭和21年)12月 通巻600号。 が雑詠巻頭欄を飾る。 (昭和22年)9月 ホトトギス社が代表の合資会社となる。 (昭和24年)、史上最年少で同人に推挙される。 (昭和54年)10月 が主宰となる。 (25年)8月 通巻1400号。 2013年(平成25年)10月 が主宰となる。 現況 [ ] 現在のホトトギス社主宰は高浜虚子の曽孫である稲畑廣太郎が務めている。 1979年から2013年まで主宰を務めた稲畑汀子はその母で高浜虚子の孫。 ホトトギス社はホトトギス誌以外に書籍も編集・発行しているが、発売元はホトトギス社のものと他の版元のものがある。 例えばは、虚子編「新歳時記」やホトトギス編「ホトトギス新歳時記」をが発売している。 虚子編「新歳時記」は基本的に高濱虚子が編集したものだが、ホトトギス編「ホトトギス新歳時記」は、全国の俳人からホトトギス誌に寄せられた句を元に編集したもの。 ホトトギス社は長年、に入居していたが、丸ビルの建て替えのため、に移った。 脚注 [ ].

次の

ホトトギスの季語の意味や時期は?時鳥を俳句で使うコツ&実例まとめ

ホトトギス 俳誌

"新型コロナウイルスに対する 未央の対応について" 主宰 古賀しぐれ 平素は未央に格別のご高配を賜り有難うございます。 さて、コロナウイルスの蔓延は月を追って拡大し、「緊急事態宣言」も発令され、国を挙げ終息を諮っている最中です。 この事態に対応し、未央としても誌友の皆様とともに、この苦境を乗り越えていく所存です。 具体的には、下記の対応を考えております。 ご理解のほど宜しくお願い致します。 【未央例会】 終息の目処がつくまで投句による例会とします。 企画部長の池田幸惠まで企画部手配の投句用紙にて郵送していただき、主宰の選の結果は会報にして投句者に返送されます。 兼題と締切日は未央誌巻末の句会案内をご参照ください。 【未央吟行】 終息の目処がつくまで中止と致します。 再開の目処がつき次第ご案内致します。 【各地句会】 基本的には各地句会幹事に委ねますが、終息の目処が立たないことから、 多くの句会では兼題並びに当期雑詠にて、ハガキ投句をしていただく様式を取っております。 誌友の皆さまの俳句活動が衰えることなく堅持されることを願い、続けていただきたく思います。 【未央雑詠・雲母集・さくらんぼの投句】 今まで月初に未央発行所に送られて来た投句を係の者が開封し、主宰・選者に送っておりましたが、 昨今のウイルス禍においてこのような作業が困難となってきました。 つきましては、五月号の投句用紙より、主宰並びに選者へ直接届くハガキ投句とさせていただきます。 郵送料などご負担をお掛けしますが、ご了承のほど宜しくお願い致します。 未曾有のコロナウイルス禍の許、誌友各位との一層の結束により、この難局を乗り越えてゆきたく思います。 ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 誌友の皆さまのご自愛、ご健吟をお祈り申し上げます。 鳥獣戯画の世 古賀しぐれ 禁足令解かれず桜満ちをるに ウイルス禍花見酒とは独り酒 これほどに淋しき花の世を知らず 堪へてもこらへてもこらへても落花 令和二年しづかに桜をはりけり 花吹雪風雲急の城の街 城門を閉ぢ禁足の街朧 旅人の絶えし城濠亀の鳴く 人の世を烏笑うてゐる日永 交はりは花鳥に限る日日長閑 遠蛙鳥獣戯画の世に籠る 日はまた昇るコロナ禍の地球(ほし)遅日 加藤 あや 来し方の曖昧模糊や心太 嫁となる客かも知れず柏餅 朝掘の筍ひとつ土間框 多田羅 初美 夏籠のごとき籠居とはなりぬ 限りある 余命と思ひ夏花摘む 夏書する四角四面の夫の文字 北川 栄子 新緑を縫うて火伏せの峰宮へ 母の日やラインの笑顔見て会話 麦秋と水田の隣り合ふ近江 福本 めぐみ 河鹿の瀬までは歩いてみるつもり 水走る落人村の桐の花 谷深き落人村や河鹿鳴く 松田 吉上 祝ぎ唄のどこか哀調春灯 讃美歌の譜に春灯の惜しみなく 介護てふ終の蜜月春ともし 近詠 各選者の句.

次の