声かけさせていただきます。 売れる販売員マニュアル【キャッチ(声かけ)・初級編】

介護老人保健施設 メイプル 守っていただきたいこと

声かけさせていただきます

どうして「声かけ」が重要なの? そもそも、声かけはどうして重要なのでしょうか。 それは、介護業務は何事も、声かけから始まるからです。 食事や入浴、排泄といった日常生活の介助もとても大切です。 ですが、その前には必ず声かけが入ります。 これから何をするのかをしっかりと伝えることにより、利用者様は今から何が起こるのか理解でき、安心して介護を受けることができるのです。 しかし、ただ単に声をかければよいというものではありません。 例えば認知症の方には大きな声で話しかけられることに不安を覚える方もいらっしゃいます。 ですので、それぞれの方にあった声かけが重要になります。 意識したい「声かけ」のポイント! 「声かけ」は最低限のマナーを守りましょう! 声かけは利用者様とのコミュニケーションを始める最初のツールです。 言葉遣いなど、最低限のマナーを守れていない声かけでは、それだけで相手に不信感を与えてしまいます。 利用者様の中には、「どんな人が介護をしてくれるのかな?」と不安な気持ちを抱えている方もいるかもしれません。 些細な言葉遣いや表情からも感情が相手に伝わるものだと考えて、気持ちよく声かけをしましょう。 ゆっくり、はっきりを心がけて「声かけ」しましょう! 利用者様は年齢と共に身体の機能が低下していきますが、聴力も同じく弱くなります。 例えば「言葉を理解するのに時間がかかる」、「高音が聞こえにくくなる」、「小さな声が聞き取りにくくなる」といったことです。 声のトーンをやや高めにすることは安心感を与え、ゆっくり話すことで言葉を理解しやすくなり、ハッキリ話すことで聞き取りやすくなります。 相手の特性を見極めて「声かけ」をしましょう! 人それぞれ声質にも好みがあります。 また、耳の遠さ、身体の不自由さやその症状の違いによっても、声かけを工夫していった方が、より利用者様に安心感を与えられます。 手を握るなどの言葉以外のスキンシップを取り入れると、安心するといった方もいらっしゃるので試してみてください。 利用者様それぞれの症状に合わせた「声かけ」とは? 認知症の方向けの「声かけ」 一言に認知症と言ってもその重度によって状況は変わりますが、一貫して、相手を安心させてあげられるような声かけが必ず必要です。 ここがどこで、今何をしていて、何のために話しかけているのかを、より「ゆっくり」「はっきり」伝えるように意識しましょう。 また、大きな変化があると混乱を招く恐れがあるので、普段の生活リズムを変えずに、定期的に声かけをすることが大切です。 認知症ライフパートナーとは 認知症の人の価値観を尊重し、その人らしく生活して行けるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる人の育成を目指して誕生した民間資格です。 認定は、JADECC(一般社団法人日本認知症コミュニケーション協議会)が行っています。 以前は基礎検定(現3級)と応用検定(現2級)の... … 介護拒否のある方向けの「声かけ」 認知症の方の中には、介護拒否の症状が出てくる方もいらっしゃいます。 また、認知症でなくても、今まで自分でできていた日常生活の動作に介助が必要となり、その状況を上手く受け入れられない方もいらっしゃるかもしれません。 介護拒否のある方と接する時には、介助に関することよりも、世間話などの声かけから始めるとよいでしょう。 それでもなかなか受け入れてもらえない場合には、違う人にも頼んでみる、時間をおいてみる等、利用者様が気分転換できるように工夫してみて下さい。 現在実際に介護拒否に悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 そこで今回は、介護拒否の主な原因から具体的な対応策、ケース別の改善策について... … 視覚障がいのある方向けの「声かけ」 視覚障がいのある方は、その場の状況を理解するのに、耳からの情報が頼りです。 そのため声かけがより一層重要となります。 しかし、突然後ろから大きな声で声をかけるのは、正しい声かけではありません。 視覚障がいのある方と接する時は、まず、正面に立って、気配を感じてもらってから「ゆっくり」「はっきり」声をかけましょう。 その際、自分の名前を名乗ってから会話を始めると、より安心感を与えることができます。 介助等の際に身体に触れる時も、必ず声かけからスタートすることが必要です。 お互いに、気持ちよく一日をスタートできるように、相手の名前を呼んで、元気に挨拶をしましょう。 就寝時や帰宅時の挨拶も同様です。 「今日は一日楽しかったな」と思ってもらえるように、最後まで気を抜かずに笑顔で挨拶することが大切です。 メニューの説明から会話を広げたり、認知症等の方には特に、何を食べているのかしっかり伝えるようにしましょう。 食事の形状に問題がないか等も、目で確認しながら声をかけてみると、より利用者様に安心して食事を楽しんでもらうことができます。 排泄の「声かけ」 「お手洗いが空いてますので、良かったらどうですか?」 「お手洗いを済ませてから、お部屋でゆっくりしましょう」 「ちょっとチェックしますね」 「下着を交換しましょうね」 「ズボンを下ろしますね」 「寒くありませんか?」 排泄介助の時の声かけは、利用者様の自尊心を傷つけないような工夫が必要です。 ニオイや汚れのことには触れないようにしましょう。 「恥ずかしい思いをした」と感じさせてしまうと、排泄を我慢して便秘になってしまうこともあるので、注意が必要です。 また入浴時には、「今日も安心してお風呂に入れた」と思っていただけるような声かけを意識しましょう。 また内容の説明をする時は、イメージをしやすい表現や動作を使うように心がけると伝わりやすいです。 誘い上手・ほめ上手になって、利用者様と一緒に楽しみましょう。 こんな時「声かけ」を忘れていませんか? 初めは意識して声かけをしていても、仕事に慣れるにつれて忘れてしまっているという方も少なくないと思います。 その原因の1つに介護職員が利用者様に対して「介護をしてあげている」、「お世話をしてあげている」といったような気持ちになってしまってしるからだと考えられます。 介護サービスは本来、利用者様はお客様で、介護職員は従業員という関係で成り立っています。 慣れや仕事の効率化のために、必要以上の声かけをしなくなりがちですが、もう一度初心を思い出し利用者様目線で考えてみましょう。 声かけはいつどの場面でも必要とされます。 利用者様に安心していただくためにも、言葉遣いやマナーなど最低限守るべきことは意識をして実践しましょう。 笑顔を忘れず、声のトーンは「ゆっくり」「はっきり」を意識して、利用者様と良好な関係を築いていきましょう。

次の

売れる販売員マニュアル【キャッチ(声かけ)・初級編】

声かけさせていただきます

ご利用者様への差し入れをお持ちの際にはスタッフへお声かけいただき、 以下の点にご注意下さい。 ・食べ物の差し入れは、その場で食べきれる量をお持ちいただき、 食べ切れなかった分はお持ち帰り下さい。 ・他のご利用者様へのお裾分けはご遠慮下さい。 (食事制限のあるご利用者様もいらっしゃいます) ・ご利用者様への現金、金品のお渡しはご遠慮下さい。 ・現金、貴重品のお持込みはご遠慮下さい。 ・通所利用時の飲食物の持ち込み、他者との品物の交換はご遠慮下さい。 (トラブル防止の為) ・原則的に携帯電話の持ち込みはご遠慮頂いておりますが、万が一お持ちに なる場合は、支援相談員までご報告願います。 ・利用時間中の定期受診は、介護保険法令上出来ない事になっております。 ご注意下さい。 *緊急を要する受診は問題ありません。

次の

介護現場での声かけの基本とシーン別事例で見る声かけのコツ

声かけさせていただきます

そもそもキャッチとは? キャッチとは、 お客さんに声をかけて、会話がスタートするまでをいいます。 キャッチができることが、売上に繋がる重要ポイントなので意識して取り組んでいきましょう! 詳しいキャッチの仕事内容は キャッチ 声かけ をする際に意識すべきポイント それでは、 キャッチする際に意識すべきポイントを押さえていきたいと思います。 とその前に、あなたは キャッチが得意ですか?または キャッチが上手くできると思っていますか? 『お客さんに断られたらどうしよう、、、』 『声をかけたら、嫌 いや がられないかな?』 と考えてしまい、なかななキャッチができなくなったりします。 ここでは、 意識するポイントを押さえるだけで、 声かけが楽になったり、さらには 断られるケースを減らすことができます。 そうなると必然とお客さんとの会話になりますので 売上アップに繋がります。 それではいきましょう! 第一印象を良くする まずは第一印象を良くすることで、声かけしたときにお客さんに警戒心を与えずに『 この人なら話せそう!』と思ってもらえるように心掛けましょう。 常に見られているということを意識しておきましょう。 また、その場にあった 声のトーンや 声の大きさによって、お客さんが 聞きとりやすかったり、 安心感を与えたりできます。 販売員が無視されるときは 『何かお探しですか〜?』 です。 携帯を買いに来ている方なら『 実は機種変更を考えまして、、』と返ってくるでしょう。 または契約プランなどの問い合わせできてるなら、その旨を答えてくれるでしょう。 いきなり確信に迫って『 見積もりですか?』などの 決めつけの言葉を使うと、 買わせたいオーラが伝わって断られるケースや、 『 ご案内しましょうか?』などの 見当違いな声かけをしてしまうとお客さんからは『大丈夫です。 』という NOをもらう可能性が高いです。 (*この辺りの詳しい解説は『キャッチ中級編』を読んでみてください。 ) 今回のお客さんは、携帯関連の何かを探している可能性が極めて高かったので『 何かお探しですか?』というフレーズがベストです。 なんとなく見ているお客さんであれば『 なんとなく見てるだけです。 』と答えると思います。 ここで、『 返答がない』や『 うーん・・・』と考えていたら、さらに様子をみながら声をかけてみましょう。 また、この『 どうですか〜?』という言葉は、 ポップを見ているお客さんや、 端末の料金表を見ている方などにも使いやすいです。 ぜひ、参考にしてみてくださいー! 携帯コーナーをウロついているお客さん 『ゆっくり見ていってくださいね〜』 または 『よかったら触ってみてくださいね〜』 です。 この言葉をかけられることで『 ゆっくりしていいんだ!』とお客さんに安心感を与(あた)えられます。 ここでいきなり『 何かお探しですか!?』と聞いてしまうと『 大丈夫です。 』と NOが返ってくる可能性は高いです。 なので、まず、ゆっくりと落ち着いていもらい、ひと呼吸ついてもらった上で 『 なにを探しにきたのか』 を聞くことがベストです。 そうすることでお客さんの本音が出てくることと思います。 それでも『声かけができそうにない・・・』という方に ここまで、シーン別の声かけフレーズを3つ紹介していきました。 どうですか?声かけできそうですか? 『んー・・・まだ、声かけできそうにないです・・・』 という方のために、 声かけに慣れる方法を紹介した動画を貼っておきますので、一度見てみてください! 何を隠そう僕自身も、はじめの声かけは恐怖で声が震えていました、笑 勇気を出して一歩踏み出せば、必ず成長はあります。 もちろん失敗もあると思いますが、成功のための過程ととらえて楽しんでいきましょう! ほんと、つらい気持ちはめちゃくちゃわかります。 僕の3ヶ月間売れなかったつらい時期の記事も載せときます。 参考までに。 笑 まとめ 今回は『シーン別での声かけフレーズを3つ』と『声かけに慣れる方法』を紹介していきました! 『キャッチはできても知識がないから、そのあとどうすればいいかわからない、、、』 という方には知識を覚えやすくするための方法をお伝えしている記事がありますのでそちらも合わせて読んでみてください。 【すぐ売れるようになるための知識の覚え方】 また、この記事を読んでみて、ここまでなら大丈夫!!という方は中級編も読んでみることをオススメします! 【キャッチ 声かけ 中級編】 それでは、良き販売ライフを!! ブックマーク・チャンネル登録・フォローよろしくお願いします! 【YouTube】 【Twitter】 お問い合わせフォーム 読み込んでいます….

次の