バナナ。 バナナのナナチはバナナナチとは (バナナノナナチハバナナナチとは) [単語記事]

バナナ (種)

バナナ

現代の食用バナナの祖先種の元々の。 acuminataは緑色、 M. balbisianaは橙色で示されている。 ほとんどの栽培品種のおよびは、この雑種あるいは M. acuminata単独のいずれかのである。 は元々はプランテン(料理用バナナ)に対してのみ M. paradisiacaという学名を使用したが、現代の用法は料理とデザートに使われる交雑栽培品種をどちらも含む。 の paradisiacaはラテン語で「から」(女性単数形)という意味であり 、バナナがであると信じられていたことを反映している。 記載 [ ] 詳細は「」および「」を参照 ほぼ全ての栽培されているプランテンと多くの栽培されているバナナは M. の農家が最初に M. acuminataをしたと信じられている。 この栽培された種が M. balbisianaが自生していた地域へと北西に広がった時、これら2つの種間の交雑種が生じ、次に多様な栽培品種へとさらに発展した。 数百種類の M. これらは成熟すると典型的には高さ2—9 mになる。 地上部は「」であり、葉とそれらの融合した基部から成る。 個々の偽茎は花をつける単一の茎を作りうる。 結果後、偽茎は死ぬが、側枝が植物の基部から発生するかもしれない。 分類 [ ] 詳細は「」および「」を参照 植物は元々はによって2つの種、リンナエウスが Musa paradisiacaと呼んだ料理用バナナ()に対するものとデザートバナナに対する M. sapientum、に分類された。 後に、リンナエウスの「種」が実際には2つの野生種、ととの間の交雑種の栽培品種であったことが発見され、これは現在 M. 現代の M. paradisiacaと M. sapientumの両方を含んでおり、後者は M. リンネ以前の時代には、このバナナは、例えばの1705年の著作『Metamorphosis insectorum Surinamensium』において 、 ' Musa serapionis' と名付けられた。 かつては、栽培品種のバナナおよびプランテンの大きな多様性に対処するため、植物学者らは多くの別称を作った(雄牛の角と似た大きな果実お付けるプランテンの一群のための M. corniculata Lour. など )。 これらは現在は M. 栽培品種には現在が与えられ、栽培品種は群および亜群へと分類される。 したがって、 M. 栽培品種の命名と分類に関するさらに詳しい情報についてはを見よ。 出典 [ ]• The Plant List. 2019年9月27日閲覧。 米倉浩司・梶田忠 2003-. YList. 2019年9月26日閲覧。 In Jon G. Hather. The Prehistory of Food: Appetites for Change. Routledge. 372. The Naming of the Shrew: A Curious History of Latin Names. Bloomsbury Publishing. ; Kepler, A. ; Daniells, J. 2007 , , in Elevitch, C. Nelson, S. ; Ploetz, R. 2006 , , in Elevitch, C. ; Jamaluddin, S. ; Silayoi, B. ; Kusumo, S. ; Danh, L. ; Pascua, O. , 2013年1月8日閲覧。 1705. Metamorphosis insectorum Surinamensium. See also: Constantine, David 2008年. Musa: an annotated list of the species of Musa. 2019年5月24日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の

バナナのタネって見たことある?種まき・育苗・収穫するまで!

バナナ

バナナのナナチはバナナナチとは、のである。 概要 の は バナナナチ! 「 の は バナナナチ」はにおいて「ふかづめ」氏がした、「」のに『』の「」を掛け合わせてとした、つぶやきの成れ果てである。 何故思いついたのか。 単にがだけなのかそれは不明である。 の最初のでは、ふかづめ氏はにを上げさせ、数万の「いいね」や「 」がなされるなど大きな反があった。 さらにその1年後のには、伴奏に合わせてこのをに歌わせた(いわゆる「」)を。 ちょうど『「」--』が上映されていた時期だったと言うこともあってか、こちらはさらに多くの反を得た。 こちらも、ちょうど「」が注を集めていた時期ということもあってか数万の「いいね」や「」を集めた。 『』のである「」氏もこのをした上で、言及するをした。 「」にこのを歌わせたはこれ以前にも他のたちから複数されていたのだが、このK氏のではのを大幅に拡充してにしていたりと度が群を抜いて高かった。 そのため特に注を集めたとみられる。 また、翌日には、同じくK氏によって今度は「」の「」のもされた。 なんだこれはどうすれば良いのだ? 自分の事をだと思い込んでいる 「探窟の!こんばんなぁ~🍌 この前上げたにといいねをしてくれてなぁ~! はを歌って踊ったぞ! これでオイラもだ!オイラの歌に気絶しちまうやつも多いぜ!」 — 🎀絵描魔くる🎀V ma 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

バナナ(ばなな)の栄養価と効能:旬の果物百科

バナナ

バナナのナナチはバナナナチとは、のである。 概要 の は バナナナチ! 「 の は バナナナチ」はにおいて「ふかづめ」氏がした、「」のに『』の「」を掛け合わせてとした、つぶやきの成れ果てである。 何故思いついたのか。 単にがだけなのかそれは不明である。 の最初のでは、ふかづめ氏はにを上げさせ、数万の「いいね」や「 」がなされるなど大きな反があった。 さらにその1年後のには、伴奏に合わせてこのをに歌わせた(いわゆる「」)を。 ちょうど『「」--』が上映されていた時期だったと言うこともあってか、こちらはさらに多くの反を得た。 こちらも、ちょうど「」が注を集めていた時期ということもあってか数万の「いいね」や「」を集めた。 『』のである「」氏もこのをした上で、言及するをした。 「」にこのを歌わせたはこれ以前にも他のたちから複数されていたのだが、このK氏のではのを大幅に拡充してにしていたりと度が群を抜いて高かった。 そのため特に注を集めたとみられる。 また、翌日には、同じくK氏によって今度は「」の「」のもされた。 なんだこれはどうすれば良いのだ? 自分の事をだと思い込んでいる 「探窟の!こんばんなぁ~🍌 この前上げたにといいねをしてくれてなぁ~! はを歌って踊ったぞ! これでオイラもだ!オイラの歌に気絶しちまうやつも多いぜ!」 — 🎀絵描魔くる🎀V ma 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の