膵臓 の 働き が 悪く なると。 膵臓の病気が下痢の原因になる!?|便秘LABO

膵臓がんの症状(初期症状)・原因・予防|病気・症状チェック

膵臓 の 働き が 悪く なると

脂肪肝は糖尿病の重要な原因になります。 非アルコール性脂肪肝:糖質の取りすぎによっておこるもの アルコール性脂肪肝:アルコールによるもの 脂肪肝になると・・・ ・内臓脂肪も増えて血液中に遊離脂肪酸が増加 ・糖代謝を妨げられる ・妨げられると、ブドウ糖を脂肪に作りかえる作業もとまります。 こうなると、インスリンの働きが悪くなるので、血糖値が高くなって糖尿病を引き起こしたり、悪化させてしまったりします。 【糖質を取ると血糖値が上昇する】 ・血液中のブドウ糖が増えて血糖値が上昇し、それをすい臓が感知して、インスリンを分泌します。 【インスリンの作用】 エネルギー源となるブドウ糖を、全身の細胞に送りこむ 余ったブドウ糖は筋肉細胞や肝臓の細胞に送りこみ、グリコーゲンという物質に作りかえて蓄えています。 【余ったぶどう糖は中性脂肪になる】 また、余ったブドウ糖は肝臓で中性脂肪に作りかえて蓄えられます。 内臓の周辺に蓄えるのですが、これがメタボの原因といわれている内臓脂肪です。 さらに余ったブドウ糖は、肝臓に脂肪として蓄えられます。 これが脂肪肝です。 どうして余分になったエネルギーを脂肪として蓄えているかというと、いざという時に備える大切な働きなのです。 しかし、度を越えてしまった結果脂肪肝になります。

次の

膵臓の鍼灸について【病気・働き・糖尿病との関係】

膵臓 の 働き が 悪く なると

東洋医学の膵臓 左脇腹に違和感がある。 頭重感に鼻詰まり、軽い咳が続いている。 少し運動したり押すと左脇腹鈍痛が起こる。 こんな症状に悩んでいませんか? これらの症状は膵臓の不調で起こる事が多く東洋医学では脾経の症状に該当するのでこちらでは原因とツボ療法を書いていきます。 近代に発見された膵臓の機能 膵臓の特徴は、• アルカリ性の消化液• 血糖値を調節するホルモンの分泌 ですね。 膵臓の消化液 膵液 には、消化酵素と呼ばれる• リパーゼ• トリプシン• アミラーゼ• キモトリプシン などがあり タンパク質と脂肪、糖質を分解してくれています。 液体がアルカリ性なのは、 胃酸を中和し、十二指腸を胃酸から守るからですね。 腸に刺激が入ると、自動で排出される仕組みです。 膵臓の弱りは、特に 糖尿病の原因となるので、過剰な• アルコール の摂取は控えましょう。 次は東洋医学における膵臓について書いていきます。 昔に考えられていた東洋医学の膵臓 東洋医学では、膵臓は脾経に分類され• 消化器系(胃・小腸・大腸)を統括する• 食べ物から栄養を吸収する• 気・血・津液を作り出す 機能があると考えられていました。 実際に三大栄養素の消化酵素を出すので、当たらずとも遠からずですね。 さらに、 血液のコントロールもすると考えられていたので、脾臓と膵臓の機能を合わせています。 脾経と呼びますが、見事に見えない臓器を見抜いていたようです。 実際に 糖尿病や貧血の治療には 脾経のツボを使います。 脾経は、土タイプに分類されるので、倦怠感などの原因が血糖値にある事に気がついていたんですね。 脾経の不調 多くの人は体調不良の時に吐き気や食欲不振、下痢も起こります。 脾経とは膵臓の症状になり甘い物の摂り過ぎや炭水化物が過剰な時にも起こります。 また冷たい物を飲み過ぎている人が多く内臓は冷えていますね。 結果として 身体は熱を大量に作るのでお腹は張った感じが続き押すと痛みます。 頭重感• 鼻づまり などは熱が頭に昇るために起こります。 咳という症状は熱を吐き出すための反射なので熱が過剰な状態と言えますね。 こんな症状の改善のために必要なことを次に書いていきます。 症状を改善するためには まず熱を大量に作る炭水化物や甘い物(特に白砂糖)は控えましょう。 黄色の痰が出るときは風邪の可能性もありますが空咳が続くようなら身体は水分不足です。 こんな時は果物が良いですね。 りんごのすりおろしや梨などは頭の熱を下げ身体を潤してくれるので積極的に摂りましょう。 水分を摂る時は常温を意識して朝は一杯の白湯を心がけると良いですね。 また身体の潤いは夜に補われるので夜更かしと夜遅くの食事を控えるとより改善されますよ。 次はツボ療法です。 脾経のお勧めツボ3選 脾経(膵臓)の改善にお勧めのツボは三つあります。 基本的にどのツボもお灸で温めるのが効果的です。 このツボは膵臓の機能を高めると同時に肺の機能も高めます。 ツボ押し棒やボールペンの丸い方で少し強めに10秒ほど押しましょう。 じんわりと痛気持ちいい位が効いています。 血流の改善ツボとして有名で• 生理不順• 生理痛 などの婦人科疾患にも有効ですね。 指腹で優しく押して30秒ほど待ちましょう。 温まってきたらOKなのでお灸以外にもカイロなどで温めても良いですね。 膝の内下方ですね。 こちらも血流改善のツボとして有名で三陰交と合わせて使うとより効果的です。 女性は足元を冷やさないように言われるのは血流のツボがあるためですね。 30秒くらい優しく押すかお灸などで温めましょう。 季節の変わり目に体調を崩すのは 水分代謝のバランスが崩れるからですね。 水がしっかりと排水溝に流れていかずに、道路に水溜りが出来ている状態。 水毒 すいどく と呼ばれる状態で、身体は余分な水分を排出しようとします。 つまり、• 吐き気 どちらも余分な水分を排出しようとする働きですね。 水分の巡りが悪いと、 老廃物の排出も出来ないのでダルくなるのは当然です。 原因は胃腸が冷えた事により、 水分代謝が悪くなります。 きっかけは冷たい物の摂り過ぎや暴飲暴食なので注意しましょう。 改善のために必要な事とは 原因の一つは 湿邪 しつじゃ と言われます。 湿邪とは、冷えた身体を温めるのに、胃に熱がこもった状態で、食べてもすぐにお腹が空きます。 結果として、食べ過ぎてしまい限界を越えた時に体調を崩します。 水湿を改善するには、余分な水を排出するだけでなく、偏った水のバランスも摂ることが重要ですね。 水毒のある人は、水分はよく摂るけれども口は渇く。 飲み過ぎた次の日のような状態です。 摂るべきは 白湯ですね。 大切なのは、水分を身体に吸収させる事ですが、冷たい水分は受け付けません。 また、ミネラルバランスが崩れているので、白湯で割った ホットポカリが理想的。 そして、普段から節制し、空腹の時間を作りましょう。 お粥が弱った身体に良いのは、身体を温め、ミネラルである塩分を補給し、吸収しやすい水分になっているからですね。 うどんも同様の理由で 卵やネギがセットの方が水分の吸収が高まります。

次の

【医師監修】膵臓ってどんな役割を担っている臓器なの?悪くなるとどうなる?

膵臓 の 働き が 悪く なると

Sponsored Links 肝臓に炎症がおきるってどういうこと? 肝臓には、門脈 もんみゃく と呼ばれる血管を通って腸から様々な物質が入ってきますが、その中には肝臓が異物 害 とみなす物質があります。 肝臓の細胞 肝細胞 は、攻撃を仕掛けて異物を取り除こうとしますが、周辺の細胞も破壊されてしまうことがあります。 これが「炎症」で、肝臓で起こる炎症は「 肝炎」と呼ばれ、損傷した部分が熱をもったり、痛みがでたり、腫れたりすることがあります。 肝炎は起こす原因物質は? 肝炎を起こす原因物質には、次のようなものがあります。 ウイルス A型、B型、C型、D型、E型、EBウイルス、サイトメガロウイルスなどが知られています。 アルコール• 薬剤 などです。 肝炎の80%は、ウイルスが原因と言われ、食べ物や血液などを介して感染します。 また、• 肝臓の代謝機能が障害を起こすために引き起こされる炎症や、• 免疫細胞が異常行動を起こすことで引き起こされる炎症 自己免疫性肝炎 、• 肥満が原因で肝細胞に中性脂肪がたまる「脂肪肝 しぼうかん 」による炎症 などもあります。 肝炎が進行するとどうなるの? 肝炎は、治療すれば数週間で回復する「急性肝炎」が多いですが、約1%は肝臓の機能が著しく低下する「劇症肝炎 げきしょうかんえん 」という、急を要する状態におちいると言われています。 急性肝炎を放っておいたりすることで進行する、慢性肝炎や肝硬変、肝がんなどになることもあります。 黄疸は、肝臓で作った胆汁が正常に胆のうに流れず、胆汁の黄色い成分である「ビリルビン」が血液に入るために起こり、白目や皮膚が黄色くなります。 「劇症肝炎」では、このほかに• 酸っぱいような口臭• 皮膚の点状出血 などが見られることもあると言われています。 肝臓の解毒作用が低下すると、無毒化できなかったアンモニアが脳に入り「 肝性脳症」を引き起こすこともあります。 意味の分からないことを言ったり、昏睡状態に陥ったりするのが「肝性脳症」の症状です。 肝炎を見つける検査 肝臓が悪くなっていることを発見するには、血液検査を受けることが有効とされています。 もし肝細胞が破壊されていると、「 ALT」や「 AST」と呼ばれる肝臓内の酵素が血液に漏れ出し、血液中の「ALT GPT 」や「AST GOT 」の値が高くなるからです。 ただし、炎症のない脂肪肝があったり、夏の暑い日に激しい運動をしたりしたあとでも、血液中のALTやASTの値が高くなることがあると言われています。 肝臓病の診断は、様々な検査データや生活習慣調査などを元に行われます。 肝臓の検査には超音波検査、CT、MRI、肝臓の組織を注射針でとる「肝生検」などがあります。 急性肝炎の治療方法は? 初期の肝炎を改善するためには安静が必要で、体を横にして肝臓に流れる血流を増やすことが大切だとされています。 点滴でブドウ糖やビタミンなどが補給されることもあります。 慢性肝炎の治療方法は? 肝炎が慢性になってしまった場合は、肝炎を引き起こした原因を取り除くことが重要です。 アルコール性肝炎では、禁酒が最高の治療法だと言われ、食べ過ぎによる脂肪肝が原因の肝炎では、ダイエットや運動が大切です。 ウイルスが原因の場合は、抗ウイルス薬などが用いられます。 肝炎を予防するために 肝炎を予防するためには、ウイルスごとの感染原因を知っておくことが大切です。 ここでは現在日本で比較的多く発生しているタイプのウイルス性肝炎について原因と対策を解説します。 A型肝炎の予防 A型肝炎は、生水、果物、魚介類などから感染することが多いとされており、特に東南アジアでの魚介類の生食には注意が必要です。 B型肝炎の予防 B型肝炎は、体液や血液などから感染することが多く、性行為での注意が必要です。 C型肝炎の予防 C型肝炎の発症は多くありませんが、血液によって感染することがあり、いれずみ、薬物依存者による注射器、医療従事者の針刺し事故などが原因と言われています。 口移しの食べ物が原因で、子供に感染するケースもあります。 E型肝炎の予防 E型肝炎は、豚肉やイノシシ肉、鹿肉などを十分に加熱調理しなかった場合に感染することがあります。 E型肝炎では、重症化する割合が他のウイルスより高いとされています。 腹水や胸水は、硬くなった肝臓に血液が流れにくくなったことで、血管やリンパ管から漏れ出した水分が腹部や胸部にたまることです。 むくみが起こるのは、肝機能の低下で血管に水分を保持する働きのある「アルブミン」が減るからです。 男性では、女性のように胸が大きくなることもあります。 肝機能が障害されるってどういうこと? 炎症が起きないまでも、肝細胞の活動が阻害され、肝機能が正常に働かなくなったり、胆汁が胆のうに流れにくくなったりするのは「肝障害」と呼ばれます。 肝障害を起こす原因には、次のようなことがあります。 アルコールの多飲• 細菌や寄生虫による感染• 薬剤による中毒やアレルギー アルコールによる肝障害とは? 飲酒を常習的に続けていると、肝細胞に中性脂肪がたまる「アルコール性脂肪肝」になり、肝臓の組織が線維化する「アルコール性肝線維症」や、線維化がさらに進む「アルコール性肝硬変」になることがあります。 肝細胞にたまった脂肪が、免疫細胞の好中球 こうちゅうきゅう によって攻撃され炎症を起こすのがアルコール性肝炎です。 細菌や寄生虫による肝障害 細菌や寄生虫に感染した場合、肝臓に膿がたまる「肝膿瘍 かんのうよう 」が引き起こされることがあります。 肝膿瘍では、発熱、寒気、腹痛、肝臓がはれるなどの症状がでることがあると言われています。 肝膿瘍の治療には、抗生物質の投与や、肝臓にチューブを刺して膿を抜くなどの方法が用いられます。 薬剤中毒による肝障害 薬剤による中毒は、解熱剤や鎮痛剤、経口避妊薬などを用法・用量を守らずに服用した場合などに発症することが知られています。 薬剤アレルギーによる肝障害 薬剤によるアレルギーでは、様々な薬物が対象となり、体質に合わない場合は、サプリメントや漢方薬、健康食品などで肝障害を起こすこともあります。 薬剤アレルギーの症状は、湿疹やじんましん、吐き気、食欲不振、尿の色が濃くなる、赤くなるなどです。 原因になっている薬剤の服用を中止すれば、徐々に改善していくと言われていますので、処方薬が原因と思われる場合は、担当の医師に相談するのがいいでしょう。 肝障害がおきていることがわかる検査 血液検査で「ALT」や「ALP」の値が参考標準値を超えている場合、肝障害が疑われます。 「ALP」は全身に存在する酵素ですが、肝臓や骨の状態が悪くなることで、血液中に漏れ出すことが多いとされています。 太っていなくても脂肪肝になる!? 飲み過ぎや食べ過ぎなどの習慣がなくても、脂肪肝になることがあります。 妊娠や薬物の服用が原因で、肝臓全体に小さな脂肪が沈着することがあり、全身の疲れ、食欲不振、黄疸、肝機能障害などを起こすことがあるとされています。 肝臓が悪いときは何科を受診すればいいの? 肝臓の状態が悪そうだという時には、肝臓の専門医や消化器の専門医がいる内科、消化器内科などの受診がおすすめです。 血液検査の結果がある場合は持参し、問診では、生活習慣や飲酒の量を正直に医師に告げることが大切です。 気になる症状もしっかり伝えましょう。 Sponsored Links 肝臓がこれ以上悪くならないために 肝臓を元気にするためには、適切な食事と運動が大切になってきます。 肝臓が弱っているときの食事 食事は、肝臓の状態によって適した食べ物が異なると言われています。 肝炎になった肝臓を再生させるには、必須アミノ酸が含まれるタンパク質が必要ですが、肝機能が弱っている場合は、タンパク質を合成する働きが低下していますので、特に、必須アミノ酸が豊富に含まれている分岐鎖 ぶんきさ アミノ酸 BCAA が必要です。 分岐鎖アミノ酸は、卵や納豆、豆腐などの大豆製品、牛肉、鶏肉などの肉類、かつお、マグロなどの魚類、チーズ、牛乳などの乳製品に含まれています。 肝臓が弱っている場合は、肝臓に負担をかける「脂肪分」が少なめのタンパク質を選ぶことも大切です。 ただし、肝硬変の状態によっては、たんぱく質を制限しなければならないこともありますので、医師にアドバイスを求めましょう。 カロリーのとり過ぎにも注意して、食物繊維を多く含む野菜や果物なども摂りましょう。 グリコーゲンは、糖質が分解されて肝臓に蓄えられている物質です。 肝臓が弱っているときは、肝臓に脂肪をためにくい食物繊維の豊富な豆類、いも類、玄米、胚芽パンなどで糖質を摂るのがいいとされています。 肝臓の状態が悪いときのビタミンの摂り方は 肝臓が悪いと体内のビタミンが不足やすくなるので注意が必要です。 なかでも、ためておくことができない水溶性のビタミンB群、ビタミンCはまめに摂取する必要があります。 ビタミンB群は糖質、脂質、タンパク質の代謝などに必要で、ビタミンCは細胞や粘膜、酵素、免疫力にとって大切な成分です。 また、脂溶性ビタミンのA、D、E、Kや、肝臓が悪くと不足がちになるカルシウム、肝臓の再生に欠かせない亜鉛などのミネラルも欠かさず摂りたい栄養素です。 肝臓の状態が悪いときの脂質の摂り方は 脂質は不飽和脂肪酸で補いましょう。 体に必要な脂質は、肝臓に負担をかけ、脂肪肝の原因になる「飽和脂肪酸」の含まれる脂質ではなく、中性脂肪を減らす効果のある「不飽和脂肪酸」の脂質から摂りましょう。 不飽和脂肪酸は、青魚やオリーブオイル、なたね油などの植物油に多く含まれています。

次の