無人 惑星 サヴァイヴ。 無人惑星サヴァイヴ DVD

【アニメ】無人惑星サヴァイヴ15周年!2018年Blu

無人 惑星 サヴァイヴ

『 無人惑星サヴァイヴ』とは、からまでで放送されたである。 は人の住めないと化し、人類は中のにニーを形成して生活している。 へ出かけた7人のと1匹のが見知らぬに漂着し、生活をしつつ自分たちのニーに帰ろうと頑るである。 序盤は純に人での生活中心のだったが、 中盤にはから囚の3人組が人をしに来たり、 話と話ではニヤニヤが止まらない程のになったり、 終盤には人の外へ立ち冒険、 ので本格になるなど、一筋縄ではいかない展開に。 生活を通じての教訓やとの協調、の成長など、としての度は高い。 出身で、第1話でソ学園に転校してきた。 幼い頃に両親を失っており、それからはと二人暮らし。 明るく元気で、心が強い。 みんなの的存在。 身体はそこそこで常人並みだが、後に級のを得る。 (:小世江 と暮らしている。 なぜかで話す ついでに言うと、は出身じゃない。 しかもラのが出身。 で棄される寸前だったのをのにしてもらい、の幼い頃からずっと一緒にいる。 やの診断、食物の味役など、何気に高性。 「心はいつもや!」 メ・ヴィ : でソ学園の。。 宝物のを持参。 名であるヴィののためが高く、自他に厳しくするためがになりたての頃はしばしば反発したりしていた。 で皆と信頼関係を築くのに悩んでいたが、後に参謀役の一人としてを支えるようになる。 あといつの間にか。 ラ :菜穂子 の。。 第2話でに命を助けられて以降、親友になる。 身体は低いが想像豊かで、や居住地など、なにかに名前をつけるときは大抵が名づける。 両親に頼りきりの現代っ子(っ子?)で経験がなく、厳しいに幾度となくし挫けそうになりながらも逞しく成長していく。 33話で並みのとして。 ハ : ハ財閥の。。。 性格は自己中心的でわがまま、ニーではの権を利用してベルをパシリにするなどやりたい放題であり、メ達からは扱いされている。 しかもホラ吹きの上にで。 でもなんだかんだ言ってムード。 あとすると。 ゴ :。 学園では非常に成績が良く2年したために達とだが、精的には他のよりもまだ。 やに強く、とよくを組んでニーに帰る手立てを模索する。 : でな。。 卓越したの持ち。 というか、人。 口を開けば厳しい言葉が飛び出し、とも打ち解けようとしないが、思い。 とあるを背負っている。 ベル :。。 大柄だが素で優しい。 ニー出身で、この時代のにしてはが高く、のような身軽いが持ち。 学園ではハやそのから理不尽なを受けていたが、人生活では頼りがいのあるに。 たちが漂着したの遺跡で処理を施されていた現地人。 体内のを用いて、離れていてもとで会話できる。 漫画版 他のと同じく出版による版が存在する。 全2巻。 はの第1作『』も手がけた ただし、厳密にはちょっと違うのだが・・・。 が到来するまでの大筋の展開は版とほぼ同じだが、結末はかなり異なっている。 関連動画 関連商品 アニメ 音楽 書籍 関連項目• 外部リンク•

次の

A

無人 惑星 サヴァイヴ

カラーページ(OP・EDカット集とキャラクター設定集) カラーページは約40ページ。 OP・ED(最終話のEDカットも含む)カット集とキャラクターのカラー設定画。 お正月スペシャルの特別アイキャッチの絵(メインキャラの着物姿)もあります。 OPは1度も変わらず、EDも最終話のみ変わっただけのせいか、紙面に余裕アリというかカットの大きさに余裕あり。 エンディングイラスト(百面相カットじゃない水彩みたいなイラスト)は大きめに載っています。 キャラクターのカラー設定画は基本設定の絵だけですが、見やすい大きさです。 メインキャラクターの数が少ないためか、わりと余裕があるのがいいかんじ。 新紀元社の他のメモリアルブックと比べると、「よくなってる!! 」という印象です。 江口寿史さんのキャラクター原案絵もメインキャラクターの分は載っています。 ページ自体はカラーページですが、モノクロ・ラフ画。 …みんな決定稿と比べて年上に見えます。 シンゴやハワードが決定稿との落差が激しいかんじ。 このハワードで女装はちょっと見たくないかも。 キャラクター設定資料集(モノクロ線画) メインキャラクターの設定資料集。 ルナ、チャコ、メノリ、シャアラ、ハワード、シンゴ、カオル、 ベル、アダム、ポルト、囚人トリオ、その他。 基本設定・表情集だけでなく、回想シーンなどで子供時代があるキャラはそれらの絵もあります。 憔悴ハワードや女装ハワードなどもしっかり載ってます。 やや小さい絵もありますが、ほぼ見やすい大きさでよかったですよ。 各話ストーリー紹介と各話設定画 各話ストーリー紹介のページに各話の設定画もあります。 登場した動物や道具・小物・乗り物などの絵もいろいろ載っています。 抜粋で絵コンテがあるのもよかったです。 ストーリー紹介は大筋がわかる程度で、さほど詳しくはありません。 話よりも、資料好きの人向きだと思います。 米村正二シリーズ構成インタビュー 3ページ。 妙に個人的な話から始まってますが、キャラクターのこと、監督との意見の違い(別に仲が悪かったわけではない印象)などいろいろ裏話が語られていますよ。 用語集 1ページ。 1ページだからたいした内容ではないのですが、用語についての説明です。 版権イラストはアニメ雑誌でもキービジュアル以外見た記憶がないので、イラスト集がなくても仕方がないと思います。 載せるとしても、DVD・CDジャケットのイラストくらいしかないと思うし。 表紙は描き下ろしみたいだからいいかなと。 他にファンブックがでていないということを抜きにしても、設定資料集好きとしては「かなりイイ!」と思いますよ。

次の

無人惑星サヴァイヴのようなSF/友情/感動系のアニメを教えて下さい!

無人 惑星 サヴァイヴ

A-Review:無人惑星サヴァイヴ Review No. 民放にありがちなアニメのように、映像や音の特殊効果に過度に頼ることなく、ある意味「淡々と」ストーリーを語っていく 正統派の作品 と言えるのではないでしょうか。 NHKアニメというと、私はどうしても NHK史上最大のヒット作 (と思っている) 『ふしぎの海の ナディア 』 と重ね合わせてしまいます。 『ナディア』は原作が原作だけに、ストーリーにかなり壮大なものがあり、その点では『サヴァイヴ』と比較はできませんが、アニメ作品全体のテイストとしては結構似ているところがあるのではないかと思います。 どちらも 「冒険活劇」 ですしね。 無人惑星でのサバイバルを続けていくうえでの 一人一人の役割が明確 なのも、好感が持てます。 誰一人欠けても、ルナたちは生き残ることができなかったでしょう から。 ま、約1名、 邪魔ばっかりして何の役にたっているのかわからないヤツ もいることはいますがね。 さて、私が『サヴァイヴ』を語るうえで、もう一つ名前を出しておきたいタイトルが 『無限の リヴァイアス 』 という作品です。 おそらくタイトルさえも聞いたことがない人が多いと思います。 一文であらすじを要約すると、 「宇宙船の遭難により宇宙をさまようことになった少年少女たちが、お互いに助け合いながら救助を求めて基地に向かう」 というストーリーになっています。 舞台に「無人惑星」「宇宙空間」の違いがありますが、最終目的は同じです。 ただし『リヴァイアス』の場合は、少年たちを乗せて漂流する宇宙船が、ある国家の最高機密の対象であり、「救助」どころか「破壊」しようとする勢力もあって、なかなか複雑な展開になっています。 そして、最初は『サヴァイヴ』のルナたちと同じようにバラバラだった仲間たちが、次第に協力して困難に立ち向かうようになっていく・・・とここまではよく似ているのですが、 ラストが相当考えさせられる結末 になっているのです。 当然助けてもらえるものと思っていた基地から逆に攻撃を受けるなど、何度も裏切りにあい、またその裏に潜む陰謀の存在を目の当たりにし、長期に渡って極限状態の恐怖を味わう中で、次第に仲間の中に意見の対立が生じるようになっていきます。 そして 最後は、互いに傷つけ殺し合う寸前のところまでいく のです。 結局のところ、救助されてめでたしめでたしで終わるのですが、ラスト3〜4回については、 人間の心の弱さと、越えてはならない一線を越えてしまったときの恐ろしさ を見たような気がしました。 『リヴァイアス』は人間の醜い部分を描いているので、見ようによっては 相当恐ろしい作品 です。 幼い子どもたちが見るには、教育上好ましくないかもしれません。 私は『リヴァイアス』を物語としては高く評価していますが、なんだかんだ言っても、 やっぱりアニメは楽しくないといけません。 ハラハラドキドキのあとには、成功とハッピーエンドがふさわしい ですね。 今この文章を書いているときには、結末は見えていませんが、 明るい未来がルナたちを待っていることを願いつつ・・・ 独り言・・・ なんだか『無人惑星サヴァイヴ』のレビューというよりは、『無限のリヴァイアス』の紹介記事のようになってしまいました。

次の