王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ。 王子が私をあきらめない!8巻の発売日は?ネタバレと無料で読む方法

王子が私をあきらめない!45話/8巻のネタバレ!最新話は告白後の初雪は?

王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ

王子が私をあきらめない!のあらすじは? IQ500・王家の血筋・石油王などなど・・ 数々の称号をもつ学園の王子・一文字初雪。 一方で特に取り得なしの庶民・吉田小梅。 まるで接点のない2人がある日・・? 私立王冠学園高等部の朝は、熱狂から始まる。 一文字初雪が姿を見せたと同時にたくさんの女子生徒が歓声をあげる。 この歓声でどれだけ初雪が人気か分かるほど・・。 歓声などあげることもなくテンションが低い彼女。 するとある女子生徒が「初雪様、もうわたくし我慢できません!胸の内を綴ったポエムお読みください!」と飛び出してきました。 その時・・誰かが放った吹き矢に当たり女子生徒は倒れてしまいます。 「あやめさん!!」とざわつき始めます。 すると「害虫が・・初雪様への狼藉。 この四天王が許しはせん」と吹き矢を持った男子生徒と他3人が・・。 「参りましょう、初雪様」と言うと初雪は「あの者を保健室へ」と言いました。 その光景を目にした小梅は「この学校、頭おかしい・・」と密かに思います。 おじいちゃんはアタッシュケースに入ったお金を見せ「これで小梅をいちばんいい学校へ入れてやれ」と言ったのが切っ掛けとなり・・超セレブの子女が集う王冠学園へ進学することになったのです。 社宅育ちの庶民の小梅にはどうしてもなじめません。 唯一の友達は、花火ちゃん。 でも、一番特になじめないのは・・生徒会長・一文字初雪。 学園の中には、生徒なのに胸像さえも飾られています。 そして彼を支える生徒会執行部。 先ほど吹き矢を吹いたりしてた人たちですね。 学園の最上階の奥にある生徒会室には、一般の生徒は近寄ることさえ禁じられているという・・ 「近寄ったら吹き矢か、近寄る気もないけど」とお手洗い室で手を洗う小梅。 ああいう規格外にきらびやかな人達っているんだなあ。 生まれながらの王子様かあ・・と頬を染める小梅。 するとある事に気付きます。 すると個室のドアが開き始めました。 そこには・・お弁当を食べている一文字初雪が。 ばっちり目が合いましたが取りあえず小梅は、ドアを閉めます。 便所飯してた、王子が・・と放心状態。 夢かな?夢だなきっと・・顔洗おう・・とお手洗いの水を出した瞬間・・ 個室のドアが開き「君」と初雪が声を掛けてきました。 あまりに驚いたのか小梅は、蛇口を手で抑えてしまい水が初雪の方へと噴射! ぐっしょりと濡れてしまった初雪でしたが黙って髪をかきあげます。 とても神々しい初雪。 小梅は、慌てて動いたせいか滑ってしまいます。 すると・・ 初雪を押し倒してしまいました。 「あ・・あ・・あの・・!!じょ・・!!」 「女子トイレでしょうがあ!!」と何かが切れてしまった小梅はあろうことか初雪に大声で言ってしまいました。 「君・・」と声を掛ける初雪の声など届かず・・ 小梅は、一目散に逃げ出してしまいました。 すると花火が小梅のことを捜していたようで「もー、小梅どこまで行ってたの?」と声を掛けると小梅は、何かを暗い顔で書いています。 小梅曰く、遺書だそうです。 「花火ちゃん、今まで仲良くしてくれてありがとう・・」と涙を流しながら言う小梅に「どうしたの!?」と心配する花火。 終わりだ・・どんな事情であんなとこにいたのか知らないけど とんでもないことをしてしまった・・ あれは、不幸な事故のようなもの私、何も悪くないのに・・と机につっぷする小梅。 すると「捜せ!!必ず校内に潜んでいるはずだ!!」と生徒会執行部の人達の声が・・ 「初雪様を便所の床にひきずり倒して水責めにした悪鬼のごとき女生徒!!万死に値する!!」「今、現場から採取した頭皮のDNA鑑定を急がせてるわ」と怖い発言が響き渡ります。 花火は「うわ、とんでもない奴がいたもんだねー」とハラハラしている小梅を見て「えっ、まさか」と小梅がしたのではないかと気付き「元気出しなよ。 あたし味方だよ!」と言いつつもどんどん離れていきます。 その時、アナウンスが流れ始めました。 「生徒の呼び出しをします。 一年蘭組の吉田小梅。 ただちに生徒会室に来るように」と。 これは、終わった・・とトボトボと生徒会室に向かう小梅なのでした。 生徒会執行部流石に怖いです(笑 吹き矢とか行方不明者とか怖すぎます。 作品のほうを読んでいただくと分かるのですが生徒会執行部の4人の内1人がとても大きく毎回見切れている人が気になって仕方がありません、私は。 絵が可愛く表紙から惹かれてしまいそうです。 突っ込みどころも多くとても面白い作品となっております。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の

王子が私をあきらめない!8巻の発売日は?ネタバレと無料で読む方法

王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ

しかし学園ではチョコを渡すことは禁止されており、その日の朝からメガネ先輩はその目を凝らして見張っていました。 初雪にどうしてもチョコを渡したい小梅。 幾度となく邪魔されますが、ついに初雪に渡せるチャンス!…と思いきや、メガネ先輩を出し抜けませんでした。 ぐちゃぐちゃになったチョコ… そこへ初雪が現れて。 初雪はその日が1年でもっとも尊い日でもうすぐと心待ちにしています。 まさか…と小梅は自分の誕生日のことではないですよね、と確認をとると、正確な時間まで初雪は知っていたのです。 盛大に誕生日を祝いたい初雪は、祝砲を打ち上げたり、3月に入るまでがっつり祝う気満々でしたww 小梅はただ初雪におめでとうと普通のDKのようにお祝いして欲しいだけだと伝えると、初雪は考え込んで一晩の猶予が欲しいと何か思いついたようです。 髪型も服装も言葉使いもラフな初雪が登場! その様子に小梅だけでなく他の生徒たちもざわつきます。 ため口で小梅に話しかける初雪の背後にはヒマワリが咲き誇っています。 実は初雪は椿に一般DKというものを聞きに行って実行していたのです。 その振る舞いは桃太郎が貸したハマっている学園恋愛モノのドラマとそっくり。 今朝の初雪の様子にメガネ先輩は小梅に怒り心頭で、初雪から気品を盗んだ泥ぼう猫と怒鳴り散らします。 そしてメガネ先輩は他の生徒たちも悲しんでいるはずと思っているのですが、そうでもないよう。 休み時間に腕まくりをしてバスケを楽しむ初雪に、女子生徒たちは黄色い声援を送っていました。 口調はオレさまで少し強引な態度な初雪に、小梅は自分が求めている初雪なのか少し悩んでしまいます。 放課後、初雪が小梅を連れてきた場所はファーストフード店。 まさか初雪とマ〇クに来る日があるとは思いもしなかった小梅、それは四天王も一緒で柱の影で見守っていました。 ファーストフードなんて初雪の口に合うのか心配する小梅に、初雪は一緒に食うならなんでもうまいよ…と普通のDKを演じています。 すると、初雪は普通のDKっぽく、誕生日の予定を話し始めます。 その態度に小梅はやっぱり違う、と初雪に謝っていつもの先輩に戻って欲しいとお願いしました。 こんな風に演じることが大変だと労う小梅に、普通のDKのオレは嫌なのか初雪は問いかけると、 小梅は自分の好きな初雪はこういうお願いを大真面目に演じてしまうそのままの初雪なんだとはっきり答えました。 さらに生まれや育ちのズレは、初雪が言ってきたように2人で乗り越えればいいと。 その言葉に大きなため息をつき、本当はすごく疲れたと吐露する初雪。 そして演じた自分に嫉妬していたと本音を言います。 小梅は初雪だから顔を赤らめただけだ…と照れると、初雪もまた自分の心を乱されるのは小梅だけだと小梅の手を取り膝をついてキスをします。 そしてマ〇クの中をバラで埋め尽くすのです。 初雪の元に芹生が来ています。 庶民ごっこの話をしはじめる芹生は、初雪がそのまま庶民になるなんて言い出すんじゃないかと心配していました。 その言葉に初雪は小梅が望むならそれもアリで、自分自身を見てくれる友人たちや恋人がいることがそう思わせると本気で言います。 その発言をにこやかに聞く芹生。 しかし初雪のいないところで何か不穏なことを考えているかのようで… あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• 70誌以上の雑誌が読み放題 と無料で試せるのにこんなにお得なんです!! 無料トライアル登録後に600ポイントはすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^ そしてファッション誌やビジネス誌またグルメ誌などの雑誌も読み放題なので、漫画も雑誌も動画もと欲張りさんにはたまりませんよね。 王子が私をあきらめない!48話の感想 庶民の初雪! めっちゃかっこいいじゃないですかー!! 少しシャツの首元を緩めてネクタイもゆるめに、カバンも肩持ちなんてww 1番良かったのは話し方ですかね。 それでも花背負ってるのが初雪! 桃太郎が貸したドラマのタイトルも「オレサマ~ダーリン」www アサダ先生のネーミングが良すぎる!! たしかにこんな初雪も新鮮でたまにはアリですよね。 さて芹生が怪しい感じを出していますが、あの笑顔はやっぱり偽りのものだったのか。 どんな手で二人を邪魔するんでしょうね。 次回「王子が私をあきらめない!」49話は、なかよし7月号(6月3日発売)に掲載です。

次の

王子が私をあきらめない!【48話】最新話のネタバレと感想!王子は庶民を勉強する

王子 が 私 を あきらめ ない ネタバレ

U-NEXTは映画やドラマ、漫画(電子書籍)などを見ることのできるサイトです。 U-NEXTは本来、月額料金を払って利用するサイトなのですが、初めての人なら全員 31日間無料でお試しすることができます。 さらにサイト内で使える 600円分のポイントをもらうことができこれは漫画にも使えます。 貰ったポイントを使えば「王子が私をあきらめない!」の漫画をどれでも好きな巻、無料で読むことができるんです! もちろん余ったポイントは違う漫画にも使えますよ。 とんでもない称号に彩られた学園の王子・一文字初雪。 一方、特に取り柄はない庶民・吉田小梅。 まるで接点のない二人だけど、突然王子が庶民に恋をしたから事態は急変! 王子の異常で過剰な愛情のゆくえは? ネタバレ|王子覚醒する 「迷惑です。 」 小梅のその一言で王子との日々は終わった。 とうわけではありませんでした。 「具体的にどのような点が迷惑だったか、反省と今後の対策のために聞きたい。 」 諦めてくれない初雪に小梅は理由を説明します。 「面識もなかった上級生にいきなり友達扱いされて教室に詰められるとか困りますし。 」 理由はまだあったのですが「それに」と言いかけて小梅は口を閉じます。 段階を踏むべきところを浮き足立ってしまったことを反省し対策を練る初雪。 そこで初雪は留年し、小梅と同じ学級のクラスメイトになってしまいます。 「クラスメイトとして自然な友情を一から築こうと思う。 よろしく小梅君。 」 椿は初雪がどうしてそこまで平凡な庶民の生徒にこだわるのか、わかりませんでした。 今まで誰にも平等に関心が薄かったあの初雪が。 「わからないが彼女といると心が浮き立つ。 まるで空気の色が変わるようだ。 」 椿は初雪の感情が「恋」だと気づくのですが、あえて何も言いませんでした。 級友らしく小梅と距離を縮めようとする初雪ですが、あまりにも身分差があるため小梅にとっては全てが不自然でした。 だけど一番嫌だったのは、キスをしたのに平然としている初雪の態度でした。 「だって私なら事故でもキスしたのに、先輩みたいに平然としてられないもん!!」 小梅に言われようやく初雪は自分の気持ちに気づきます。 「そういうことか・・・!」 小梅への恋心に気づいた初雪は今までより一段と神々しくありました。 「吉田小梅くん。 どうやら僕は君に恋をしたようだ。 ということで交際を申し込みたい。 」 感想 主人公のツッコミが冴えていて、よく見る設定でありながらすごく面白いです! 王子の設定がぶっ飛びすぎて笑えます。

次の