困難 意味。 「困難を要する」とは?意味や使い方を解説

「困難を要する」とは?意味や使い方を解説

困難 意味

「艱難辛苦」の意味と由来とは? 「艱難辛苦」の意味は「言葉で言い尽くせないほどの苦労」 「艱難辛苦(かんなんしんく)」とは、言葉で言い尽くせないほどのたいへんな苦労を意味します。 特に、人生や仕事においてぶつかる困難や、大きな目的を大成するまでに経験する、さまざまな苦労を言い表すときに用いられます。 「艱難辛苦」は「艱難」と「辛苦」の二つの熟語が由来 「艱難辛苦」は、「艱難」と「辛苦」の二つの熟語が重ねられてできた四字熟語です。 「艱難」と「辛苦」は、どちらも「艱難辛苦」と同じ意味を持ちます。 同じ意味の言葉を2回重ねることで、言葉の意味を強調する四字熟語です。 なお、常用漢字ではないため、一般的にはあまり使われない「艱」は、「難しい=艱難」という意味と、「苦しむ、悩む=艱苦」という意味があります。 「艱」は訓読みで「かたい・けわしい・なやむ・くるしむ」と複数の読み方がありますが、通常は熟語で用いられます。 「艱難辛苦」の使い方と例文 「艱難辛苦」は「非常に困難な状況」を端的に表現できる 「艱難辛苦」は、非常にたいへんで困難な状況にあることを、言葉ひとつで端的に表現するときに用いられます。 「とても苦しく、辛く、困難な状況で…」などといった言葉を重ねた冗長な説明をしなくとも、困難な状況を一言で印象づけることができます。 簡潔な説明が求められるビジネスの場面でも使われます。 例文:• このプロジェクトの前途には艱難辛苦が待ち受けているだろう。 目標を達成するにはあらゆる艱難辛苦に耐える精神力が求められる。 彼は思いもかけない艱難辛苦に直面した。 目的を大成したときに使われる「艱難辛苦を乗り越えて」 非常に困難な状況を乗り越えて目的を大成したときや、さらなる発展を遂げるために乗り越えるべき辛い試練に対して、「艱難辛苦を乗り越えて」という言い回しが使われます。 「逆境を乗り越えて」と同じニュアンスが含まれます。 例文:• 彼は艱難辛苦を乗り越えて偉業を達成した。 艱難辛苦を乗り越えて手にした栄光は重いものだった。 彼女の成功は艱難辛苦を乗り越えたときにやってきた。 「艱難辛苦を乗り越えて立派に成長する」という意味で使う「艱難汝を玉にす」 「艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)」ということわざがあります。 これは西洋のことわざ「Adversity makes a man wise(逆境は人を賢明にする)」を意訳したものです。 「Adversity」とは、逆境、不運な出来事、不幸という意味です。 「玉」には磨かれて美しいものという意味があります。 「逆境は人を賢明にする」という意味の「艱難汝を玉にす」は、「艱難辛苦を乗り越えて人は賢明になる(立派に成長する)」と同じ意味だといえます。 「艱難汝を玉にす」は、座右の銘や文学的表現として使われることが多いことわざです。 会話で使うときは、「艱難汝を玉にすと言うように、今を頑張れば必ず結果が出る」などとと引用する形で用います。 「艱難辛苦」の類語とは? 「耐え難いひどい苦しみ」という意味の「塗炭の苦しみ」 「塗炭の苦しみ(とたんのくるしみ)」とは、「耐え難いひどい苦しみ」という意味の比喩的な表現です。 「塗炭」とは、「泥にまみれ火に焼かれる」ということを表し、つまりそれほどの強い苦しみだという意味です。 「塗炭の苦しみ」は、身体的な苦痛の表現であることから、特に、戦争や重税などによる人々の生活の苦しさなどを表すときに用いられます。 例文:「国の誤った政策のため、国民は塗炭の苦しみを味わった」 「さまざまな辛い経験」という意味の「辛酸をなめる」 「辛酸を嘗める(しんさんをなめる)」とも書く「辛酸をなめる」とは、さまざまな辛く苦しい経験をするという意味です。 辛い状況というより、苦労を「経験する」ことを表すニュアンスが強いといえます。 「彼は少年時代にあらゆる辛酸をなめた」などの表現です。 「たいへんな苦労」という意味の「難行苦行」 「難行苦行(なんぎょうくぎょう)」とは、非常につらい修行という意味から転じて、たいへんな苦労をするという意味を持ちます。 「難行苦行の末に…」「難行苦行を重ねて…」などと、いろいろな苦難があったことを思い返すときに用いられることが多い言葉です。 たいへんな苦労という意味では「艱難辛苦」と同じですが、精神的な辛さに重きが置かれているのが「難行苦行」です。 「艱難辛苦」の対義語とは? 「物事が順調に運ぶ」という意味の「順風満帆」 「順風満帆(じゅううぷうまんぱん)」とは、物事が順調に運ぶことを表す四字熟語です。 追い風を受けて帆がいっぱいにふくらみ、順調に航行する帆船の様子をたとえた言葉です。 困難な壁にぶつかっている様子の「艱難辛苦」とは、まさに反対の状況を表す言葉だといえます。 まとめ 「艱難辛苦」とは、困難にあって辛いことを意味する「艱難」と「辛苦」の、同じ意味の二つの言葉を重ねて強調した、「言葉で言い尽くせないほどの苦労」という意味の四字熟語です。 非常に苦しい様子を表す言葉は、類語で紹介した「塗炭の苦しみ」や「難行苦行」の他にもたくさんあります。 その一方で、対義語の、物事が非常に順調な様子を表す言葉はそれほど豊富ではないようです。 喜びよりも苦しみの感情の方が、バリエーションが豊富だということになるでしょう。

次の

方位除

困難 意味

困難と艱難の違い 困難と艱難の違いを分かりやすく言うと、 成し遂げるのが難しい状態か、苦しみ悩んでいる状態かの違いです。 困難は 難しくも乗り越えられるものであるのに対し、艱難は 苦しみを耐え忍ぶというような意味があります。 難しさの度合いで考えると、艱難の方が困難よりも、より難しく厳しいものであるという意味があります。 困難なことを更に悩み苦しむことが艱難という言葉の意味です。 「困難」という言葉については、成し遂げるのが難しいという意味があるので、成し遂げられる可能性はあると言えます。 前向きな意味も含まれる言葉で、困難を前に成長のチャンスを伺わせるような意味合いで使われることが多いです。 対する艱難については、自然災害に見舞われた際や、親族などが亡くなった際にその悲しみに直面したような場面で使われることが多いです。 乗り越えられるものとは限らず、自分ではどうにもできない苦しみを含みます。 艱難については、「艱難辛苦」(読み方:かんなんしんく)という四字熟語で使われることも多くあります。 艱難辛苦とは、非常に困難な状況やつらい思いをすることで苦しみ悩むことを意味しています。 艱難という言葉は、困難よりもより深く苦しい状況を伝えたい時に使うようにします。 困難は乗り越えることに意味があるのに対し、艱難については悩み苦しむことに言葉の意味の重点を置いています。 難しいことを乗り越える意味を持たせたい場合は「困難」という言葉を使い、難しいことに直面して悩み苦しみ耐えているような意味を持たせたい場合は「艱難」という言葉を使うようにすると良いでしょう。 困難を英語にすると「difficulty」「trouble」「distress」となり、例えば「困難を乗り越える」を英語にすると「Overcoming difficulties」となります。 一方、艱難を英語にすると「tribulation」「difficulties」「hardships」となり、例えば「艱難をしのぐ」を英語にすると「Survive tribulation」となります。 困難の意味 困難とは、 簡単には実現が難しいことを意味しています。 困難を使った分かりやすい例としては、「困難と直面するたびに成長してきた」「困難な状況に陥ると平常心を保てない」「困難を乗り越えるための言葉を欲している」「経済的困難を抱えるシングルマザーは多い」「地震で帰宅が困難となってしまった」などがあります。 困難という言葉には、艱難ほどの重さはありません。 実現が難しいことに直面した場合などに使われる言葉ですが、実現不可能であると決まっているわけではありません。 実現が出来る可能性もあるけれど、それが難しいという場合に使う言葉です。 困難とは、難しくて困ると書きます。 困難の「困」という字は、木が口という囲いの中で伸び悩んでいる様子を表した漢字です。 そこから転じて、動きが取れずに苦しむ、悩む、どうにか身動きを取ろうとあがく、というような意味を持つようになりました。 困難は、確かに難しさや苦しみを表す言葉ですが、その言葉の中には困難を乗り越えて一歩先に行く、成長するというような意味が含まれる場合が多くあります。 希望の気持ちを併せ持っている際には困難という言葉を使うと良いでしょう。 困難の「困」の字を使った熟語としては、貧しくて困っている様を表す意味をもつ「貧困」、金銭事情などで困りきってしまうことを意味する「困窮」、困ってしまってどうしてよいかわからないことを意味する「困惑」などがあります。 困難の類語・類義語としては、トラブルが起きていることを意味する「揉め事」、激しい騒ぎを意味する「波乱」、手間が掛かることを意味する「面倒」、処理するのが困難なことを意味する「難事」、困ったことがらを意味する「問題」などがあります。 困難の対義語・反対語としては、簡単であることを意味する「容易」があります。 艱難の意味 艱難とは、 厳しいことに直面して悩み苦しむことを意味しています。 艱難を使った分かりやすい例としては、「たくさんのしかかる艱難に心が折れそう」「艱難の時こそ冷静になろう」「困難を乗り越えて立派な人間になるという『艱難汝を玉にす』が私の座右の銘だ」「艱難をしのぐとチャンスが現れるはずだ」などがあります。 艱難という言葉は、苦しく辛いことに直面して、思い悩んだりする様子を意味しています。 困難と違って、成し遂げることに重点を置いているわけではなく、思い悩むことを主軸として考えた際に使う言葉です。 天災などの災害に見舞われた時や、大切な人が亡くなった場面など、自分ではどうにもできない出来事に巡り合ってしまった際などに使われる言葉で、艱難辛苦という四字熟語としてよく使用されます。 艱難の「艱」という字は、険しく苦しい、悩み苦しむという意味を持つ言葉です。 つまり、艱難とは難しい出来事に直面して、悩み苦しむという意味だと言えます。 艱難の「艱」の字を使った熟語としては、難儀や苦労、辛苦などを意味する「艱苦」、 厳しく困難なことを意味する「険艱」、苦しい悩みを意味する「辛艱」などがあります。 艱難の類語・類義語としては、苦しんで悩むことを意味する「苦渋」、あれこれ苦しむことを意味する「苦悩」、苦しみ悶えることを意味する「苦悶」、辛い目にあって苦しむことを意味する「苦艱」(読み方:くかん)、難しい場面のことを意味する「難関」などがあります。 困難の例文と使い方 5.困難な出来事に遭遇すると、かえって燃えるタイプの人もいる。 この言葉がよく使われる場面としては、なんらかの事情により、実現することが難しい出来事や、乗り越えることが難しい出来事に直面した際などが挙げられます。 困難とは、簡単に成し遂げられないことや、実現するのが難しい物事に対して使われる言葉です。 しかし、それらの出来事を乗り越えられないと決まっているわけではありません。 乗り越えて成長に繋げるような文面で使われることも多くあります。 例文1で考えてみると、「今更変更するのは困難」であるけれど、絶対に変更が出来ないわけではない、というような使われ方をしています。 また、例文3のように「このままでは困難だ」というように、現状に変化を加えれば乗り越えられる可能性があるような文面で使われたりもします。 例文4では自然災害的な要素が含まれていますが、自然災害そのものについては、人間の力でどうにもなりませんが、帰宅の困難については自力でどうにか出来る部分でもあります。 このように、難しい局面ではあるけれど、どうにかしようと努力すれば乗り越えられる可能性がある際に「困難」という言葉を使います。 艱難の例文と使い方 5.愛する人には、できるだけ艱難な出来事からは縁遠くあって欲しいものだ。 この言葉がよく使われる場面としては、災害が起こった時や親しい人を亡くした時など、自分の力ではどうにも出来ないくらいの大きな出来事に直面した場合が挙げられます。 乗り越えられないと断言することは出来ませんが、乗り越えるのには「困難」という言葉以上の苦悩が必要である場合に「艱難」という言葉を使います。 艱難辛苦という四字熟語として使われることが多く、「艱難辛苦をなめる」「艱難辛苦を切り抜けて」というような使われ方をします。 艱難辛苦とは、非常に困難な状況や辛い思いをして苦しみ悩むことを意味しています。 困難という言葉では、とても足りないほどの大きな出来事について表したい場合には、艱難という言葉を使うと覚えておくようにしましょう。

次の

初心者が学ぶP,NP,NP困難(Hard),NP完全(Complete)とは(わかりやすく解説)

困難 意味

「困難を有する」とは? 「困難を有する」の表現の使い方• 「困難を有する」を分解して解釈• 「困難を有する」を使った例文と意味を解釈• 「困難を有する」の類語や類義語・言い換え 「困難を有する」とは? 「困難を有する」というのは難しさを持ち合わせている、という意味があります。 困難という言葉には物事をするのが非常に難しい、難儀、などという意味があり、困難に立ち向かう、予期していなかった困難な問題、などと表現されます。 有するというのは持ち合わせているという意味です。 つまり、 「困難を有する」という表現は難しさを持ち合わせているという意味であり、例えば障害等の問題で何かができない場合、 「困難を有する」と表現される場合もあります。 例えば 「聞き取りに困難を有する軽度発達障害児のための対策」などといった使われ方があります。 軽度であれ、何かしらの発達障害などがあると漢字の書き取りや読み取りなどに問題が生じることもあるため、そのような子供のことを 「困難を有する児童」などと表現するのです。 扱いにくい子供というわけではありません。 「困難を有する」の表現の使い方 「困難を有する」というのは障害などの問題で日常生活に問題を抱えている人に対して使われることが多いのではないでしょうか。 例えば、子供であれば自閉症などの発達障害のために集団生活ができない、という場合もあります。 そのような場合に読み取りに 「困難を有する」などと表現するのです。 子供のうちはまだ自閉症なのか発達障害なのか、あるいは多動性なのか、はっきりと区別をすることが不可能です。 「困難を有する」ということで何ができないのかということに着目し、その子供をサポートするための対策を立てる必要があるのです。 最近ではニートや引きこもりなど、社会生活を営む上での問題を抱えている若者に対して 「困難を有する」若者と表現する場合もあります。

次の