デジモンアドベンチャー ゲンナイ。 デジモンアドベンチャー BLAST

デジモンアドベンチャー第

デジモンアドベンチャー ゲンナイ

第28話「追撃!日本へ急げ」 脚本:まさきひろ 演出:今村隆寛 作監;信実節子 8人目の選ばれし子供をつぶしに、軍を侵攻するヴァンデモン。 ゲートが閉じるのに、子供たちは間に合わなかった。 一旦ヴァンデモン城を退却するが、もう一度ゲートを開けるにはどうしたらいいのか。 ゲンナイの映像は、説明が長くなるし道具も使うのでゲンナイの家に来いという。 あの光に向かって行けば家に着く。 光は、ピンクの湖(テンプ湖)から出ており、水が開いて階段を下ると、立派な日本家屋がある。 そこに本物のゲンナイがいた(なぜ出てこなかったかは、出不精だからと。 小説では「(黒い歯車を埋め込まれた)背中の古傷が痛んで」とある)。 選ばれし子供とは、この世界とお前たちの世界を救うために選ばれた子供たちの事、選んだのは・・ゲンナイは答えなかった(小説では「ホメオスタシス」と光子郎に答えている)。 庭には、ゲンナイの作ったタイやヒラメのメカが泳いでいる(何でも作っちゃうんだね)。 ゲンナイの家の地図では、ヴァンデモンは光が丘にいるようだ。 ~現実世界の光が丘は、ヴァンデモンのせいで通信障害が起きている~ 子供たちはカードを10枚(クワガーモン、アグモン、ガジモン、アンドロモン、エレキモン、ユニモン、デジタマモン。 ドリモゲモン、トノサマゲコモン、ゴマモン)渡されるが、石板(光子郎がしっかり記憶していた)のどこにどれをはめるかはゲンナイも知らない、もし間違えれば別の異世界へ繋がったり、子供たちが不完全に復元されてしまう(ミミみたいなパルモンとパルモンみたいなミミ、のように、ミミが嫌がるのでパルモンちょっとショック。 )という。 みなは眠りについたが、知りたくて興奮し問いを抑えきれない光子郎。 デジタルワールドは地球のネットワークのデータでできた世界な事、この世界に変な点があるとしたらデータが壊れているか欠落している事、ゲンナイはデータだが人間でなくデジモンでもなく属性がない事(ゲンナイという名は、エレキテルを発明した平賀源内からとったらしい。 )、デジモンアナライザーを直して光子郎が会わなかったデジモンのデータも見られるように直しておく事を話し、やっと眠りにつく(本当はもっと知りたかったんだろうな)。 いい朝食を残さず食べ、城へ出発する子供たち。 ヴァンデモン城、石室の前をデビドラモン2体が見張っている。 アトラーカブテリモンがデビドラモンを撹乱し、石板の前へ進む子供たち。 光子郎は、ネットのオカルトのサイトで見たという(そんなとこ行くんだ。 小説ではアレイスター・クロウリー(イギリスの著名なオカルティスト、儀式魔術師)みたいだと言っている。 )大きな音がし、パタモンが様子を見に行くと、城が崩れていく。 丈が「太一、僕はお前に任せる。 とにかく僕は、太一を信じる」という(年長者らしい采配ができるまでに成長した)。 ヤマトも「リーダーの決断に従おう」と太一を認める。 太一がいなくなってみんなバラバラになった、また集めてくれたのは太一。 ミミはもうわがままは言わないという。 タケルも、別の世界に行ってもみんながいっしょなら恐くないと。 太一がみんなの気持ちにこたえ配置を決める事に。 太一は、その任を光子郎に指名する。 7人の心は一つ。 でも拍手でみんな感謝する。 さすが光子郎。 そこに最後の刺客・成熟期・ドクグモン(田野恵さん)が現われ、イッカクモン、トゲモン、ガルルモン、ピヨモンが戦う。 ドクグモンが迫り、ワーガルルモンに進化。 城はほとんど崩れてしまう。 最後の決断は太一が、伏せた2枚のカードの1枚目をめくると「開けゴマモン」、ゲートが開いた。 流れに引き込まれ気が付くと、雪の積もるキャンプ場に戻っていた(ゴマモンを選んでよかった!)。 でもデジモンがいない。 先に気が付いて、食べ物を獲りに行っていたのだ。 流れる歌は「Seven」。 「おかえり」「ただいま」。 コロモンがなぜ自分のカードを選ばなかったか聞くと、「記念に取っておきたかったから」真偽のほどは定かでない。 光子郎によると、ヴァンデモンが発ってから現実世界で1分ほどしか経っていない。 長かった旅、でもすぐに8人目を探しに光が丘へ行かねば。 ゲンナイの家でのやりとり、バトル、カードの謎解き、みんなが一段と成長し太一が正式にリーダーに認められたこと、元の世界への帰還と、いろいろ詰まった回だった。

次の

イグドラシル派の問題点

デジモンアドベンチャー ゲンナイ

概要 「これはゲームなんだよ。 僕は遊び心のわからない無粋なヤツは大嫌いだ…… 消去してやる……!」 「虫けらが……」 CV: 第1話よりデジタルワールドを征服しようとする独裁者として登場。 デジモンを意のままに操る 「イービルリング」を使って、捕らえたデジモンたちを奴隷のように扱っていた。 自分のであるですらも、 「虫けら」と呼んで邪険にしている。 第7話において、かつて達と共に戦ったをイービルリングで支配下に置くが、デジモンをイービルリングで操るには限界がある事が判明したため、新たに 「イービルスパイラル」を開発。 10話で太一のを(青)にさせ、を苦しめた。 また、デジモンの通常進化を阻害する 「ダークタワー」を大量に建設したことが、後のストーリーに関わっていく。 選ばれし子供達にはその正体は不明だったが、との戦いに敗れた際に、デジモンカイザー自らであることを明かす。 もっとも視聴者には 3話の時点でバレることだが……。 ワームモンが弱いことと強さへの執着から、様々なデジモンの一部分を合体させたデジモン「」を作り出すが、暴走により基地が崩壊。 キメラモンとの戦いの中でワームモンを失ったことにより、デジモンカイザーは一乗寺賢に戻ることとなる。 後にこのデジモンカイザーの服はの推測では、デジタルワールドのシステムによって賢が無意識の内に臨んだものによってなったのではないかと言われている。 余談 放映当時、イービルリング型の指輪が実際に販売されていた。 カイザー様のしもべになりたい向け商品だったと思われる。 賢の改心と終盤で闇を乗り越えたことからもう登場しないと思われていたが、デジモンアドベンチャーtri. 2章にて まさかの再登場。 厳密には本編中にて一度も「デジモンカイザー」という単語は出ず本人も言葉を発しなかったがや、が一乗寺賢の名を口にしていたことから、本人である可能性が高いと思われる。 服装は02で纏っていた衣装と似ているが細部が異なるものを着用し、年相応の長身になっている。 2章で使用しなかったことから暗黒デジヴァイスやダークタワー、イービルリングなどの保持不保持は不明。 劇中では、感染したあるデジモンと戦うを観戦している人混みの影に現れる(なお、あの目立つ格好の割に怪訝な表情をする人が居なかったことから、普通の状態ではない可能性もある。 そもそも賢のデジモンカイザーとしての衣装はD-3の能力でデジタルワールド内のみに発生するものなので、なぜカイザー衣装で現実世界に現れることができたのかも不明)、月島高校の学園祭中に校舎の屋上に佇むなどしていたが、を狙って校舎の裏に現れたのが本格的な登場になる。 メイクーモンをさらって(この際、仮にもであり感染したに挑める程度の力を持っているメイクーモンが助けは求めたものの、抵抗という抵抗はしていなかった)歪みに消えようとしたが駆けつけた、、が歪みに現れる。 この際を呼び出し交戦させ、に進化した二体に敗れた後は一切の抵抗を見せず、メイクーモンを離しどこかへと消え去った。 最後の データのように消え去る描写、学園祭のシーンでの 一瞬のうちに姫川の視界から消えるなど普通の人間では無い描写も見られ、不自然なほど言葉を発さないことから、 一乗寺賢本人では無い可能性もあるが現時点では不明。 tri. 初登場の姫川を除いた登場人物の反応も、ミミの「一乗寺くん」、タケルの「あいつ、何でまた」のみであり、それらの発言に対する発言が一切無い事もあり、2章時点では存在そのものが謎と言っても良いほど謎の存在になっている。 以下、「デジモンアドベンチャーtri. 三章 告白」のネタバレにつき閲覧注意 前二章まで一切登場していないことからファンには予見されていたが、 大輔たち2代目の選ばれし子供はタケル、以外連絡が取れていないことが判明した。 さらに姫川の口から 全員政府の監視下にあらず行方不明と語られた。 なお、パートナーデジモンは二章に登場したインペリアルドラモン以外は現時点では未登場、言及も無い。 賢に至っては一家揃って留守にしていることが描写されたが、単に両親も留守だったのか両親もろとも行方不明なのかは不明。 選ばれし子供がデジタルワールドに向かうシーンでは賢のD-3とディーターミナルが登場。 これは姫川の組織が解析したものと語られた。 子供達がデジタルワールドに渡った後、 二章より登場したデジモンカイザーの正体がゲンナイ(もしくはゲンナイと同型のエージェント)である事が判明、さらに 姫川と笑みを交わすなど何らかの関係があるかのような描写がなされていた。 ゲンナイの老化は、に埋め込まれた暗黒の種を抑えるためである事が無印の頃小説版で明かされ、続編02では説明なしに若返った姿で登場していたが果たして…? 以下、「デジモンアドベンチャーtri. 四章 喪失」のネタバレにつき閲覧注意 再びデジモンカイザーの姿で、との前にと共に現れる。 その際に空にゲンナイ(もしくはゲンナイと同型のエージェント)である事を明かす。 そして彼は黒幕と思われるの意志であり、デジモンの味方だと子供達の前で宣言している。 その目的は 「デジモンと人間という共存をなくす」ことであり、リブートはその目的の手段の一つであることが明かされる。 果たしてイグドラシルとはいったい何者なのか・・・。 関連イラスト.

次の

デジモンシリーズ考察(tri編)|DIGITAL NEW GATE

デジモンアドベンチャー ゲンナイ

イグドラシル派の問題点 本項目について 本項目ではイグドラシルとその関連項目について記載する。 イグドラシル 概要 初登場はデジモンペンデュラムXのバックストーリーでの敵。 登場後、ゼヴォリューション、デジモンセイバーズ、でボス格の扱いを受ける。 デジモンネクスト、漫画版デジモンクロスウォーズでも重要な扱いで登場。 今作においては「デジモンと人間の共存を拒む存在」 第5章パンフレットより 過去のシリーズに出てきた同名の別存在と意図的にネーミングを揃えており一部の性質などは引用していると思われる。 問題点 存在そのものは第4章にてハックモンの口から明かされた。 デジモンアドベンチャーの世界観において今まで登場しておらずかなり唐突な印象を受ける。 また安定を望むものと異なり本人? に人格や意思のようなものがどこまであるのか。 それがプログラムされたものなのか後天的に変化したものなのかなど一切が不明。 であるにもかかわらずその状態で選ばれし子どもたちや現実世界を含めた世界全体に大規模な混乱を招いている。 オリジナリティが無い。 デジモンのメディアミックス全体を追い続けているデジモンファン達にはイグドラシルが登場する時点でオリジナリティが無い。 ホメオスタシスとイグドラシルが並立する世界観はデジモンのメディアミックス全体において漫画版クロスウォーズが初めて。 等の要素で好評を収めた。 一方tri. における、ホメオスタシスVSイグドラシルという構図は不評の声が多い。 「製作陣は漫画版クロスウォーズを読んで、ホメオスタシスVSイグドラシルという構図を思いついたのでは?」との声もある。

次の