トランペット ヤマハ おすすめ。 おすすめ高級トランペット8選|人気メーカー「www.auctions.leonardjoel.com.au(バック)」「YAMAHA(ヤマハ)」などの高級トランペットを一挙にご紹介

トランペットマウスピース| 管楽器専門店 永江楽器

トランペット ヤマハ おすすめ

吹奏楽が世界一、盛んと言われる日本。 その吹奏楽の金管楽器の中でも花形と言われ、最も大きな音を出すのがトランペットです。 温かく、遠くまで響きわたるような高音は、聴いているだけでも頭が真っ白になるくらい気持ちがよいもの。 もし、そのスカッと抜けるような音を、自分で演奏できたらーー。 きっと至上の感動を味わえそうです。 家庭でこれだけの音量を出すのはさすがに難しいので、ミュージックスクールでレッスンを受けたり、ブラスバンドに加入して楽しむのがオススメです。 思いっきり演奏すれば、ストレス解消だけでなく、新しい仲間との出会いも運んでくれそうです。 一生の趣味として付き合えそうな、トランペット。 本記事では「トランペットにおけるストラディバリウスだ」と評される「V. Bach(バック)」、信頼の国内メーカー「YAMAHA(ヤマハ)」の製品をご紹介します。 おすすめ高級トランペット【V. Bach(バック)】 V. Bach(バック) トランペット LT190SL1B.

次の

トランペットマウスピースのおすすめ商品11選|YAMAHA、Bachなど厳選!

トランペット ヤマハ おすすめ

楽器を購入する時にマウスピースを選ぶことがあります。 初めて買う場合は標準のマウスピースをおすすめします。 まずは、何の変哲もないマウスピースで練習をしていきましょう。 しばらく演奏をして曲が吹けるようになると、自分の「出したい音」というものがわかってきます。 吹奏楽・ポップス・ジャズなどのジャンルや、曲ごとにもトランペットの求められる音というものは違ってきます。 その際にマウスピースを変えるだけでも、音は変わるんです。 その探求を極めてしまうと楽器自体を買い替えたくもなるのですが、それではお金がいくらあっても足りません 笑 マウスピースを変えて音色を変え、演奏のバリエーションを増やしていきましょう。 ではマウスピースを選ぶ時のポイントです。 まずは先ほど書いたように、自分の出したい音を明確にしてください。 そして現在の音との違いをちゃんと把握しましょう。 例えば、「明るくパリッとした音を出したいけど、現在はやさしくてやわらかい音だ」 といった具合です。 ただ、あまり練習しないままマウスピースを買い替えようとするのはやめてください。 まずはしっかりと基礎を習得して一通り吹けるようになってから、つまり自分の演奏スタイルを確立させてからです。 演奏スタイルが未確立のままマウスピースを買い替えてしまうと、別のマウスピースに乗り換えてまた今のマウスピースに戻ってきた時、 元の吹き方が出来なくなってしまい、また練習をし直さなければいけなくなるのです。 さて、出したい音が把握出来たら楽器屋さんに行きましょう。 早速店員さんに相談です。 マウスピースは小さなものですがいろんなバリエーションがあります。 ここでマウスピースの部分ごとの呼び方を紹介します。 口をつける部分の「リム」 リムの内側の直径は「リム内径」 リム内の半球状のくぼみは「カップ」 カップの一番すぼんだ部分は「スロート」 そのくぼんだ部分からまっすぐ伸びた穴は「バックボア」 バックボアの外側の部分は「シャンク」 ここでは例として選び方を書いていきます。 「現在はやさしくてやわらかい音だが、明るくパリッとした音を出したい」という場合です。 リムを比べる まずはリムの大きさを吹き比べていきます。 現在使っているマウスピースとは違うリムの大きさのものを吹き比べていきます。 リム以外の部分は同じものを選んでください。 全く違うと比べようがありません。 高い音が吹きやすいのはリムが小さい方です。 大きい方はタンギングがやりやすいです。 明るくパリッとした音を出すのであればリムが小さい方をおすすめします。 これはあくまで個人的な見解ですが、高い音を「パァン!」と出したければ小さいほうが吹きやすいです。 あと、大きい方に比べて吹き疲れることが少ないです。 カップを比べる カップは浅い くぼみが浅い ものと深いものがあります。 浅いものは音が出しやすく、音が明るくパリッとしたものになります。 逆に深くすると、やさしくてやわらかい音になります。 スロートを比べる スロートが大きいもの、小さいものがあります。 小さいものはパリッとした高い音が出しやすいです。 大きいと豊かな音になります。 というわけで、明るくパリッとした音が出したい場合はこうです。 ・リムが小さい ・カップは浅い ・スロートは小さい こんな具合のものを選べば今までとは違う音になります。 小さいリムでパリッとした音が出しやすくなり、カップとスロートが小さいことで出した息が圧縮されて、 勢いよくトランペットの中を駆け巡り、明るい音が出ます。 このような感じでマウスピースは選んでいきます。 しかしこれはあくまでほんの一例ですし、実際選ぶとなるとこれだけでは済みません。 この3点だけではなく、これ以外の部分の大きさや形が違うものだってあります。 あと…フィーリングもあります。 とにもかくにも楽器屋さんで吹き比べてみるしかありません。 あんなに小さなものですが、とっても大事なものです。 「これ!」といった相棒を見つけてくださいね。

次の

トランペットの種類・音色・値段からみる初心者にもおすすめのメーカーと選び方

トランペット ヤマハ おすすめ

金管楽器の中ではもっとも高い音域を担当するトランペット。 華やかで輝かしい音色は、バンド全体の印象を左右するほど、大きな影響力を持つ楽器です。 オーケストラや吹奏楽ではもちろんのこと、ジャズ、ポップス、歌謡曲のバックバンドのほか、ファンファーレなど屋外での演奏にも向いており、さまざまなジャンルで活躍します。 思いっきり吹いてストレス解消、なんて方もいるとか・・・ もご覧ください ご購入のポイント トランペットを選ぶときに気をつけたいことの1つが、金色か銀色かということです。 金色の楽器は金メッキというわけではなく、ほとんどの場合真ちゅうに ラッカーという透明の塗装をしたものです。 銀色は真ちゅうに 銀メッキをしたものです。 一般的にラッカーはシャープでフォーカスされた音、銀メッキは明るくやわらかい音と言われており、クラシックや吹奏楽では 銀メッキが多く使われます。 ほかにも金メッキの楽器やニッケルメッキの楽器、ブラックなど色の付いたラッカーなどがあります。 トランペットは管楽器の中では比較的お求めやすく、 25~30万円も予算があれば、プロ並みの楽器を手にすることができます。 とりあえず始めてみたいという方でも、 10万円程度の予算があれば、十分しっかりしたものが手に入ります。 銅の成分が増えるにつれ、 イエローブラス、 ゴールドブラス、 レッドブラスと呼び名が変わっていき、色も銅色が濃くなっていきます。 これは音色や吹き心地にも多少の変化をもたらします。 抜差管など、部分的に 洋白などが使われることもあります。 また、しくみが近い楽器にコルネットやフリューゲルホルンがあり、曲によっては演奏中に持ち替える場面もあります。 コルネットはイギリスやアメリカでは盛んに使われています。 フリューゲルホルンの柔らかくやさしい音色は、バラードのソロなどにぴったりです。 関連リンク ・・ ・•

次の