ビッグバン セオリー シーズン 11。 【ビッグバンセオリーシーズン11】あらすじ1話~3話と感想

『ビックバン セオリー』が終了となる訳は、ジム・パーソンズにあり

ビッグバン セオリー シーズン 11

で9月24日から放送されている。 日本では、2009年から(cs310)にて、及び版が、2019年3月1日より(bs258)にて日本語吹き替え版が、それぞれ放送されていた。 2019年5月16日CBSで放送されたシーズン12最終話をもって惜しまれつつ終了した。 全279話。 この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2019年12月) 主要人物 [ ] レナード・リーキー・ホフスタッター 演 - 、日本語吹替 - 物理学の研究者で、において実験物理学者としてレーザー技術などを研究。 24歳でから博士号を取得。 IQは173、他の科学や文学・歴史にも強い。 シェルドンとをしているが、わがままな彼に日々手を焼かされている。 性格は内気でやや卑屈、そしてやコミックブックが好きなである。 小型ロケットの実験の失敗によりシェルドンとルームシェアしているマンションのエレベーターを破壊した張本人である。 両親も共に科学者であり、特に後述の母ビバリーからは極端に論理的或いは合理的な考え方に基づいたやり方で育てられる。 その結果として、少年時代、学業面では極めて秀でていたものの、寂しさの余り自分を抱擁する機械を制作したりしていた。 子供の頃の夢はラッパーだった。 また、チェロを習っていた経験があり、その腕前もなかなかのもの。 で、乳製品を食べるとオナラが止まらなくなる。 ペニーとはよく諍いを起こすが、ほとんどの場合仲直りをし、最終的にセックスに発展する。 ペニーが引っ越して来て以来ずっと片想いをしており、「僕らの子は賢くてきれいだろうな」と発言。 シーズン1の最終話にて、やっとデートにこぎつけることに成功する。 しかし、シーズン2の第1話にて(主に、シェルドンによる)誤解等からフラれてしまう。 シーズン2の最終話でシェルドンたちとともに北極調査へ旅立つ。 シーズン3では北極から帰国後にペニーと交際に発展するも、レナードが愛していると言ったことをペニーが性急に感じたため、関係にひびが入り破局。 その後、ラージの妹であるプリヤと交際し、ペニーをやきもきさせる。 プリヤとは彼女のインドへの帰国に伴い、破局。 その後、お試し期間という名目で再びペニーと交際している。 さらにその後、シーズン6にて初めてペニーから愛していると告げられ、お互いに強く惹かれる。 シーズン6最終話で、ハワードの推薦によりが組織した調査団に選ばれ、の研究のためへ旅行に出た。 シーズン7では、女優としてのキャリアに悲観的になり酔っていたペニーからプロポーズされた。 その際は、ペニーの自暴自棄な態度とレナードの優柔不断な性格から返事が出来なかったが、シーズン7終盤ではレナードがペニーに改めてプロポーズし、婚約した。 シーズン9の1話でラスベガスで結婚式を挙げた。 式の様子はネット配信された。 のちに結婚式に招待されなかったことを侮辱的に感じた ()のために再度結婚式を行う。 シーズン10ではシェルドン、エイミーの同棲を機にこれまで暮らしていた部屋でペニーと2人きりの結婚生活を開始する。 シェルドン・リー・クーパー 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の物理学博士。 理論物理学者で、専門は当初は、後にに転向。 IQは187。 レナードの。 出身で、父と祖父は既に他界しており、祖母、母、兄と美人なの妹がいる。 小学5年生までを地元で過ごし、11歳で大学に入学した。 その後はドイツに留学し、ツイスター理論を研究していた16歳の時に博士号を取得。 並み外れた頭脳の持ち主であり、幼少時はとされていた。 彼が育ったテキサスの素朴な田舎町は、科学者を目指す天才児にとってはあまり恵まれた環境とは言えなかったようで、日頃は故郷の町を疎ましがる発言をしている。 が、いざとなると「僕はテキサスの男だ」「僕には体の隅から隅までテキサスの血が流れているんだ」などと、その勇猛ぶりをアピールしたがる節もある。 家族関係においては、母と祖母に対して強い愛情を示す一方で、兄と妹に対しては冷たい対応をとる。 母のメアリーは非常に熱心なクリスチャンで、神の存在を非科学的だと考えるシェルドンとはその点において相容れることはないが、母と会った際は何から何まで甘え、風邪で寝込んだ時などは子守唄までねだっている。 祖父母のことは今でも「じいじ」「ばあば」と呼んでおり、祖父は5歳の時に亡くなったが、シェルドンが科学者になることを唯一応援してくれた家族であった。 祖母もシェルドンを大変可愛がっており、彼を「ムーン・パイ」と呼んでいる。 服の袖からティッシュを出すことからシェルドンは祖母を「スパイダーおばあちゃん」と表現している。 自分の頭脳に有り余る自信を持っており、学力の低い人間や世俗的な人間を見下す(レナードやハワードらもその例外ではない)傾向にある上、他人の感情にとことん疎いため、何かと人間関係をこじらせがちである。 極めて優秀ではあるが子供っぽい一面も持ち、しばしば大人げない態度をとる。 笑顔が苦手で、極端な潔癖性(細菌恐怖症)。 お金に頓着がなく、友人への借金にも寛容。 レナード、ラージ、ハワードと同じくSF作品やコミックブック、ゲームを愛好する。 彼らとは同僚であり友人であるが、ハワードと始めて出会った際、見た目がとC-3POに似ているからと「C3Pee-Wee」とからかわれた事をきっかけに、ハワードが博士号を持っていないことを事あるごとに指摘し馬鹿にするなど、お互いをけなし合う関係になった。 時にはハワードのことを友人ではなく「知り合い」と言うこともある。 劇中劇である教育科学番組の司会者プロトン教授ことアーサー・ジェフリーズ(ボブ・ニューハート)を尊敬しており、自身が科学の道へ進むきっかけとなった人物でもある。 旗章学にも大変精通しており、部屋の旗をデザインしたり、自身で制作したネット番組「旗で遊ぼう」の司会を勤めている。 契約書を制作する事が好きで、レナードとは「ルームメイト協定」を、エイミーとは「恋人協定」を結び、独自の倫理観で協定を遵守することに命をかけている。 自宅ソファの自分の位置(「僕の場所」)は「その席は冬はラジエーターにほど近く暖かく、なおかつ夏は発汗するほど近すぎない、夏は窓を開けるとちょうど風の通り道だ。 テレビに対して正面じゃなく会話を邪魔しない。 斜めに見て首を痛める角度でもない。 まだまだある」 「グーチョキパー トカゲ スポックじゃんけん」は一般的なじゃんけんはパターンが限られているため、気の合う者同士でやると約8割は引き分けになることから考案された。 「ハサミは紙を切る、紙は石を包む、石はトカゲを潰す、トカゲがスポックに毒を吐く、スポックはハサミを破壊、ハサミはトカゲをちょん切り、トカゲは紙を食べ、紙はスポックに抗議、スポックは石を蒸発させる、石はハサミを壊す」じゃんけんの掛け声は「トカゲスポックじゃんけんぽん!」である。 バジンガ Bazinga! は、「ジョークだよ」「引っかかったな」といった意味であり、シーズン2の最終話からシーズン8の15話までに使われた。 シェルドンの発言に笑い声を入れるタイミングが難しいことが多いため、脚本家が合図として考案した。 常識はずれな言動で、周囲からたびたび「イカれてる(頭がおかしい)」と言われるが、その都度「僕はイカれてない。 ママが検査させた」と反論する。 生活環境の変化を酷く嫌い、科学の概念であるが自身の生活においても維持されることを強く望んでいる。 シーズン7最終話では、大学から研究対象の変更を迫られたことや、お気に入りの場所であったスチュアートのコミックブックストアが火事で焼失したことから、パサデナを離れ、45日間の鉄道の旅に出た。 シーズン8の1話にて、パサデナに戻る。 その際、旅は米国を横断する長大な路程であったが、道中では駅から離れることがなかったと語った。 シーズン8の最終話にて恋人のエイミーにプロポーズしようとするも、その前にエイミーに距離を置きたいと言われてしまい結局言えずに終わる。 その後シーズン9の1話で正式に破局するもお互いへの思いを再確認し復縁する。 復縁後最初のエイミーの誕生日に、大切に思っている事を伝えたいと、ついにエイミーとの性交渉を決意、童貞を捧げた。 シーズン10ではエイミーのアパートが水道管の破裂により水浸しになった事から実験と言いくるめられペニーの部屋で同棲を開始する。 シーズン10最終話ではかつて大学院生だったラモーナのアプローチを受けたことでついにエイミーへプロポーズをした。 本国アメリカでは、作中での振る舞いからシェルドンはを抱えた研究者なのかという指摘がある。 それに対して制作側は、シェルドンは「シェルドニー」(Sheldony、シェルドン的なと言った意味)として描写しているのみであり、アスペルガーとラベリングしてほしくないと発言している。 を尊敬しており、彼を「唯一自分と同等の知性を持った人間」と豪語している。 ペニー 演 - 、日本語吹替 - レナードとシェルドンの向かいの部屋で暮らすブロンドの美女。 なぜか苗字はいまだに不明。 普段はチーズケーキ・ファクトリー というレストランでウェイトレスとして働いている。 度々金欠に陥り、レナードやシェルドンたちに食事を世話になったり、彼らのの電波を利用させてもらったりしている。 レナードやシェルドン、並びに彼らの家に出入りするハワードやラージに対して、オタクに対する偏見をあまり持たずに、彼らと友好的な関係を保っている。 バーナデットやエイミーもしばしば奇妙な言動を見せるが、それに対しても温かく接する。 とはいえ彼らがあまりに風変りな行動をとった時は皮肉で対応している。 レナードらと違って学歴が低いことを幾らか気にしているようで、初めてレナードと交際していた頃、本当は中退したコミュニティカレッジを卒業したと嘘を付いていた。 レナードが「学歴の高い女性でないと満足しない」と誤解した末に別れたこともある。 その後はの授業をパートタイムで受講するなど、彼女なりに努力をしている。 レナードと一旦は別れるも、シーズン2最終話でレナードが北極の調査旅行に行ってしまうと知って彼への愛に気付き、シーズン3で再び交際を始めたが再び破局。 その後、シーズン4でレナードがプリヤと交際を始めて以降は、レナードと別れたことは失敗だったと語った。 レナードがプリヤと別れた後に、再びレナードとデートを重ね、今度こそ互いの齟齬を乗り越えようと努力している。 一番好きな映画は「映画版セックス・アンド・ザ・シティー」である。 レギュラー放送も好きでレナードに無理やり全シーズンを見せるほどである。 レナードたちが好きなアメコミ、SFドラマなどに殆ど興味はないが、付き合いで見ているうちに知識が増えており、オタク話が理解できるようになっている自分自身に戸惑う場面もある。 また、「」だけは好きで見ている。 を目指しているが、才能は皆無であると周囲からは思われており、また本人はそれに無自覚であるように描写されている。 主な女優としてのキャリアはボーリング場で演じたアンネフランク役、痔のCM、海外ドラマ「NCIS」でのウェイトレス役(しかしオンエアの際はカットになってしまった)映画「恐怖の変態ゴリラ」パート1、パート2の主役である。 特にゴリラ映画は極一部の人たちにカルト的な人気がありシーズン10では出演者としてコミコンにも参加している。 パート2にウィル・ウィトンも出演し、ペニーとの初共演を果たしている。 シーズン7では女優としてのキャリアに悲観的になり、酔ったうえでレナードにプロポーズした。 その際は、レナードは返事をしなかったが、シーズン7終盤ではレナードがペニーに改めてプロポーズし、婚約した。 シーズン8より、バーナデットに紹介された製薬会社の営業として働き始める。 当初は不採用だったが、帰り際に面接官のダン(スティーヴン・ルート )とバーナデットの性格のことで意気投合したため採用された(恐らくダンが味方が欲しかったため)。 転職後はレナードの2倍の月給があるなど安定した収入を得ているものの仕事内容自体はあまり好きではないと度々話すシーンがあり再転職を考えているが、カードローンの返済の為と割り切って働いている。 ハワード・ジョエル・ウォロウィッツ 演 - 、日本語吹替 - 大学で、応用物理学のをしている。 工学の修士号をから取得しているが、博士号を取得していないことを理由に、シェルドンらから度々からかいを受けている。 作中では役に立たない機械を発明することも多いが、に選ばれる、で用いられる機械類の製作を行うなど、エンジニアとしては一流。 口煩い母親と長年二人暮らしで、毎日大声で言い争う日常を送っていた。 反面、かなりのでもある。 マッシュルームカット風の直毛だが、本来はクルクルウェーブの毛質をストレートにスタイリングしている。 ナッツ・アレルギーがあり、ナッツ類を食べると顔が膨れ上がる。 女好きで、美女を見つけると必ず口説いているが、あまり成功した試しがない。 また、自分ではたくさんの外国語を話せると思っているが、実際はあまり通じていない。 手話も多少は操ることができる。 性格は一見するとお調子者だが、繊細な一面も持ち合わせている。 これは11歳の時に父親がハワードとその母を捨て、家を出て行ったためで、父の出奔はハワードに暗い影を投げかけている。 自分は幸せな家庭を築きたいと強く願っており、手品など子供に受けのいい趣味を持っているのもそのためである。 父の出奔の理由は不明だが、ハワードが18歳の時に父から手紙が届いている。 自分と母を捨てた父を許せないハワードは開封せずに保存しておいたのだが、偶然、シェルドンが中身を知ってしまい、レナード、ペニー、ラージ、バーナデット、エイミーも中身を知ることとなる。 手紙の詳細はハワードの希望により伏せられたが、内容は父がハワードのことを大切に思っていたことを伺わせるものであった。 ハワードの父と別の女性との間に生まれた腹違いの弟がひとりおり、ハワードの母の死により、持ち家の権利での諸々の手続きの過程で存在をしりハワードの前に現れる。 ハワードは初め警戒し早く帰らせようとするも弟が宇宙飛行士である兄に尊敬の念を示した途端打ち解け、いつか再会することを約束した。 ペニーの紹介でバーナデットと知り合い、交際する。 途中、子どもを持つことに対する考えの違いや、ハワードの女性に関する嘘が露見するなどのトラブルがあったが、それら挽回するために情熱的に振る舞い、最終的に彼女と結婚した。 レナードやシェルドンらと同様ゲームが好きで、彼らとはなどの古典的なゲームからなどのTVゲームまで、幅広く一緒に遊んでいる。 また、工学の知識を用いて、オタク趣味の玩具や機械の製作も度々行っている。 しかし、そうした活動の一環で、多額の家計をつぎ込んでフィギュア製作のために3Dプリンターを購入するなどし、バーナデットを激怒させてしまったりとトラブルも起こしがちである。 学部卒業後、最初はに通ったが、血を見ると気分が悪くなる体質のため中退している。 音楽の才能もありピアノの腕は一級品で、バーナデットへの曲を記念日に披露し彼女を感動させた程である。 ラージとは「月面の足跡」というバンドを組んでおりデビュー曲は「ソウ対インディジョーンズ」。 シーズン10よりシェルドンのネット番組「旗で遊ぼう」にもバンドで参加している。 シーズン9で、バーナデットが妊娠した事を知る。 シーズン10にて長女「ハレー・ウォロウィッツ」が生まれる。 名前の由来は「ハレー彗星」から命名。 シーズン11では第二子で長男「ニール・マイケル・ウォロウィッツ」が生まれる。 名前の由来は、ニールはアームストロングやダイヤモンドなど著名なニールから、マイケルはバーナデットの父親より命名。 ラジェッシュ・ラーマヤーナ・クースラポリ 演 - 、日本語吹替 - の出身。 専門は素粒子論的宇宙論。 イングランドのケンブリッジ大学で宇宙物理学に触れ、学問を志した。 インドにある実家は産婦人科医院を開業しており極めて裕福、親の仕送りで贅沢をして暮らしている。 6人兄弟の三男坊。 生粋のだがが苦手で、人ごみ嫌いのためインドに帰国することを嫌がっている。 パーティーを企画・主催することも好きで本人曰く「宇宙物理学者になるかパーティープランナーになるか最後まで迷った」とのこと。 スチュワートのお店でのハロウィンナイト、任務遂行レース、犯人当て殺人ディナー、トムハンクス・ギビングなどを企画・開催するもレナード達にあまり評判はよくない。 テーマを持ったパーティー好きは母親の影響である。 雑誌「」で「最も優秀な30歳未満の30人」の1人に選ばれる、カリフォルニア工科大学の新規のの最終候補者に選ばれるなど、科学者としては優秀。 シェルドン同様、を尊敬している。 親族以外の女性とは、長らく、を飲んだ時あるいはそう思い込んだときのみしか話すことが出来ない体質であった。 そのため目の前に女性がいる時は、ハワードに逐一耳打ちをして、発言を代弁してもらっていた。 よく行動をともにしていたハワードの結婚や、シェルドンとレナードがガールフレンドを得たことで孤独を感じていたが、ハワードとバーナデットからをプレゼントされてからは、充実した生活を送っている。 犬はシナモンと名付けられ溺愛しているが、ラージが恋人のエミリーか犬のシナモンどちらに言った台詞かを当てるゲーム「クイズ・エミリーかシナモンか」を出題されるなど、その溺愛ぶりをハワードたちに度々からかわれている。 しばしば女性的な物言いをしたり、また普段から女性が好みがちとされるものに興味を示すことが多いため、周囲の人々からは何かと疑惑を持たれている。 彼自身の家族も、長年彼をゲイだと思い込んでいた。 しかし、本人曰くなだけであり、恋愛対象は女性であるとのこと。 レナードとペニーが破局していた時に、アルコールの勢いでペニーとベッドを共にしたことがある。 翌朝それをレナードとシェルドンに見つかり、一時彼らとの関係もぎくしゃくしてしまう。 ただし、酔って記憶をなくしていたペニーやレナードは二人がセックスをしたものと考えていたが、実際は彼がペニスを挿入する前に射精してしまったため、二人は肉体関係はなかったと判明した。 シーズン6で、ルーシーという同じく対人関係に問題を抱えた女性と交際し、しばらくは良好な関係にあったが、シーズン6の最終話で破局。 しかしルーシーと別れた際、悲嘆に明け暮れているうちに、酒なしでも女性と話すことができるようになる。 シーズン7からは医師のエミリーと交際している(シーズン4に登場し、ラージと交際していたエミリーとは別人)。 シーズン9で知り合ったクレアとも交際を始め、エミリーと二股をかける。 後にクレアを選んでエミリーに別れを告げるが、結局はエミリーの泣き落としに負けてよりを戻した。 シーズン10ではエミリー、クレアともに破局している。 音楽の才能もありハワードとは「月面の足跡」というバンドを組んでいる。 パートはアコースティックギター。 バーナデット・メリーアン・ロステンコウスキ・ウォロウィッツ 演 - 、日本語吹替 - ペニーのチーズケーキ・ファクトリーの同僚で、友人。 ポーランド系アメリカ人。 非常に小柄な女性。 初登場時は大学院生で、を研究していた。 後に博士号を取得し、一流の製薬会社に就職した。 女性との出会いを求めるハワードの嘆願を受け入れ、ペニーがバーナデットを紹介して二人の付き合いが始まる。 途中、ハワードがネットゲームでバーチャルセックスをしているのを発見して破局したり、彼のマザコンぶりが原因で険悪な関係に陥るといったトラブルがあったものの、シーズン5でハワードのプロポーズを受け入れ結婚する。 当初は比較的物静かな性格の女性という描写だったが、感情的になると普段の愛らしい声色が一変し、ハワードの母にも似た怒鳴り声をあげるなど徐々に変化。 シーズンが進むごとに性悪な姿が度々描写されるようになり、ハワードの宇宙行きを強引に阻止しようとする、酔った自分の父親を怒鳴りつける、会社の上司から恐れられている、といったシーンがあり初登場時とは大きくキャラクターが変化している。 ディズニープリンセスの中ではシンデレラが好き。 ゲーム機は任天堂Wiiが好き。 父親は強面の元警察官で、軟弱なハワードを娘の恋人としてはなかなか認めようとはしなかったが、宇宙飛行士に選ばれた事により一目置くようになる。 シーズン9で、ハワードの子を妊娠する。 シーズン10にて長女「ハレー・ウォロウィッツ」を出産。 名前の由来は「ハレー彗星」から命名。 シーズン11では第二子で長男「ニール・マイケル・ウォロウィッツ」を出産。 名前の由来は、ニールはアームストロングやダイヤモンドなど著名なニールから、マイケルはバーナデットの父親より命名。 エイミー・ファラ・ファウラー 演 - 、日本語吹替 - シーズン3最終話から登場するシェルドンのガールフレンド。 で学んだ脳神経学者。 ハワードとラージが出会い系サイトで検索して探し出し、シェルドンに紹介する。 シェルドンと同様、その特徴的な性格から幼少時より友人は少なかった。 そのため、まだ付き合いの浅いうちからペニーを親友と呼び、困惑させた。 また、シェルドンが男児が好む玩具やコミックブックに極端に傾倒するのと同じく、エイミーもティアラや女子会、メイド・オブ・オナーといった、女児や女性が好むものに強く惹かれる傾向にある。 シェルドンとは互いの知性を尊重し合い、意気投合している。 シェルドンに意見を言うことができ、受け入れられることのある数少ない人物である。 シェルドンと出会った当初は、恋人を作れという周囲の声を黙らせるための偽装交際が目的であり、婚前交渉はしないと宣言していた。 その点ではシェルドンと完全に合意していた。 またシェルドンと同様に潔癖なため、子供をもうけることになっても体外受精と代理母による出産を考えていると発言していた。 が、交際を進めるうちに、シェルドンにキスを迫る、風邪を引いたと嘘をつき介抱をシェルドンに頼む、その嘘の代償としてのスパンキングを喜ぶなど、シェルドンとの性的な接触にも興味を持つようになる。 二年以上の交際を経てシェルドンからの信頼を勝ち取り、シェルドンが職場における緊急時の連絡先としてエイミーを指名したことを示す文書をバレンタインデーのプレゼントとして渡され、強く感動した。 シェルドンの母メアリーとは初対面から良好な関係を築いている。 祖母とは初対面こそお互い嫌い合っていたがシェルドンのエイミーへの確かな愛情を祖母が知り和解。 祖母は渋々二人の交際を認めることに。 シーズン8最終話にて、なかなか進展しないシェルドンとの関係や態度に疲れ果て距離を置きたいと言う。 シーズン9の1話にてシェルドンの身勝手な言動に侮辱を感じ激怒、別れを告げ破局する。 その後何人かとデートを重ねるもお互いへの愛情を再確認しシェルドンと復縁した。 復縁してから最初の自身の誕生日に、ついにシェルドンにバージンを捧げた。 シーズン10ではアパートが水道管の破裂により水浸しになった事を切っ掛けに、シェルドンを実験と言いくるめ、ペニーの部屋で念願だった同棲生活を開始する。 カリフォルニア工科大学 [ ] レズリー・ウィンクル 演 - 、日本語吹替 - で働く実験物理学者の女性。 シェルドンとは馬がまったく合わず、彼のことを「おバカさん」や「マヌケ博士」さらに「坊や」と呼び、よく口論を繰り広げる。 性に関しては開放的で、一時期レナード(その後ハワード)とだったが、レナード本人は付き合っていると思っていた。 バリー・クリプキ 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の物理学者。 シェルドンをライバル視しており、事あるごとに張り合っている。 少々嫌味な性格。 趣味は腹話術、ロッククライミング、フェンシング。 女性好きで対象年齢も広く、レナードの母ビバリーまで恋愛対象にしている。 一時期エイミーにも興味を抱いていた。 話し方が特徴的で、ラージから「あれはどこの方言?」と言われたり、Siriの音声認識が正常に機能しないほどである。 バート・キブラー 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の地質学者。 元々はエミリーの友人で、エミリーを通じてシェルドンたちと知り合う。 地質学を学問と認めていないシェルドンからは、存在をほぼ無視されている。 シーズン11ではハワード、ラージのバンド「月面の足跡」に加入している。 ラモーナ・ノイツキー 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の物理学者。 初登場時(シーズン2第6話)には大学院生だったが、シーズン10の時点ではシェルドンの同僚になっている。 学生時代からシェルドンに恋しており、シーズン10最終話ではランチの席で突然シェルドンにキスをする。 結果、それがきっかけとなりシェルドンがエイミーへのプロポーズを決心した。 ジャニーン・デイヴィス 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学人事課の責任者。 レナードやシェルドンたちがトラブルを起こすたびに、彼らを呼び出して警告を与えている。 主要人物の家族 [ ] レナードの家族 ビバリー・ホフスタッター 演 - 、日本語吹替 - レナードの母親。 を専門とする精神科医。 非常に論理的な思考回路の持ち主で、他人をすぐさま分析しそれを遠慮なく指摘するという、シェルドンそっくりな性格。 この性格により、レナードに多くのトラウマを植え付けている。 シェルドンとはとても馬が合い、息子であるレナードがしばしば彼を羨ましがるほどである。 実際、離婚することをレナードよりも前にシェルドンに告げ、レナードを深く落胆させている。 レナードの家族は皆、社会的地位の高い人間と交際していたことから、レナードはビバリーがペニーとの交際を認めないのではないかと恐れ、関係を隠していた。 が、ペニーと話したビバリーは彼女を認め、かわいいお嬢さん(my homegirl)と呼び、彼女との交際を続けるように言っていた。 シーズン9ではレナードとペニーがラスベガスで黙って結婚式を挙げた事を知り、誘われなかった事に侮辱だとショックを受ける。 その後ペニーはビバリーのために二度目の挙式をする事を提案、喜んで参加すると伝えた。 シェルドンの母メアリーとは信仰心の見解の相違から犬猿の仲である。 アルフレッド・ホフスタッター 演 - 、日本語吹替 - レナードの父親。 シーズン9最終話から登場。 ビバリーとは熟年離婚しており、今は犬猿の仲。 レナードの結婚式前夜、シェルドンの母メアリーと意気投合するもシーズン10の1話で肉体関係は否定している。 シェルドンの家族 メアリー・クーパー 演 - 、日本語吹替 - シェルドンの母親。 息子のシェルドンが科学を崇拝しているのとは対照的に、福音派のキリスト教根本主義者である。 観光でカリフォルニアを訪れた際も教会に行って祈りを捧げている。 シェルドンからは「ママのことは愛してるが、ママの信じるものを軽蔑しているだけだ」と言われている。 厳しく躾けられてきたため、シェルドンは大人になった今でも彼女に頭がまったく上がらない。 シーズン8では別のシットコムに出演のため出演していない。 レナードの母ビバリーとは信仰心の見解の相違から犬猿の仲である。 シーズン9最終話でレナードの父アルフレッドと意気投合するも、シーズン10の1話で肉体関係は否定している。 時折をすることがあり、レナードなどにたしなめられる場面がある。 ミッシー・クーパー 演 - シェルドンの双子の妹。 シーズン1第15話で友人の結婚式に参列するためパサデナを訪れる。 レナードたちを一目で魅了する、長身で魅力的な女性。 周りの友人達には兄はロケット科学者だと説明し、自慢にしている。 シェルドンのことを「シェリー」を呼ぶ。 ジョージー・クーパー 演 - シーズン11第23話にてついに登場したシェルドンの兄。 弟のシェルドンとはずっと疎遠になっていたがシェルドンの結婚を機に再び連絡を取り合うように。 シェルドンの事は嫌っているが、実は兄としてとても気にかけ、弟が好きなように生きるために家計などを陰から支えていた。 レナードの仲裁により関係を修復し、シェルドンの結婚式にも参列した。 今作に度々本人役で出演しているウィル・ウィートンとは名作映画「スタンド・バイ・ミー」でも共演していた繋がりがある。 ペニーの家族 ワイアット 演 - 、日本語吹替 - ペニーの父親。 野球をさせるなどペニーを男の子のように育てた。 ビバリーによると、ワイアットによるこうした教育はペニーの人格形成に大きな影響を与えているとのこと。 レナードと破局後のペニーを訪ねてきた折、ペニーはレナードをボーイフレンドと偽って紹介した。 やがて嘘はばれてしまい、ワイアットは二人を厳しく叱るそぶりを見せたが、その後レナードと二人きりになると、娘が過去に付き合っていたヒッピーや離婚経験者を快く思っていなかった彼は、レナードに彼女のことを諦めないで欲しいと懇願した。 シーズン10の1話ではレナードとペニーの二度目の結婚式にペニーの母、兄と共に出席した。 ハワードの家族 デビー・メルビーナ・ウォロウィッツ 演 - 、日本語吹替 - ハワードと同居していた母親。 ハワードが11歳の時に夫が家を出て行った。 それ以降ハワードを溺愛し、失うことを強く恐れている。 大のクイズ番組好き。 得意料理はブリスケットとラムシチュー。 作中では基本的に画面の外から怒鳴り声を上げるのみで姿を現さなかったが、シーズン6で後ろ姿を初めて見せた。 ハワードが宇宙から戻ってきた時は彼女の部屋の窓から情事の後の歯医者が出てきた事がある。 シーズン8ではハワードが母のためにと買ってきた健康器具が2階の階段から落ち、激突した事で寝たきりになる。 ハワード、バーナデットは面倒が見切れず介護士を雇うも誰も長続きせず困っていた所に住む場所をなくしたスチュワートが介護のために住み込みに。 しばらくはお互いに「デヴィー、スチューイ」と呼び合う程の仲になった。 その事に対してハワードはあまり良く思っておらず「不適切な関係だ」と激高するシーンもあった。 演じるキャロル・アン・スージーの死に伴い、シーズン8第15話にて、母が亡くなったことを告げる叔母からの電話をハワードが受けるシーンをもって物語を去る。 ラージの家族 プリヤ・クースラポリ 演 - 、日本語吹替 - シーズン4から登場したラージの妹。 イングランドのケンブリッジ大学を首席卒業した才媛で、弁護士として働いている。 初登場以前からレナードらとは面識があったことになっており、作中での初登場は彼らとの再会として描かれた。 再会後、すぐにレナードと一夜を明かす。 その後レナードから関係を続けたいといわれるが、帰国のため一旦は断っている。 暫くして仕事でカリフォルニアに戻り、レナードと正式に交際。 だが再び帰国し、レナードとは最終的に破局した。 その他 [ ] 演 - ウィル・ウィトン(本人)、日本語吹替 - 『』でを演じた俳優。 かつてはスタートレックファンであるシェルドンの憧れの存在であったが、彼が楽しみにしていたイベントへの出演をドタキャンしたことにより、「宿敵」として長年シェルドンの恨みを買っていた。 初対面となった大会の対戦では、積年の恨みをぶつけたシェルドンに対し、当時はやむを得ない事情があったのだと説明。 そこで同情したシェルドンがわざとゲームに負けてやったのだったが、直後に今の発言はゲームに勝つための嘘であると自ら暴露し、シェルドンはさらに大激怒。 それ以来、会うたびにいがみ合っていた。 後に、ウィルがシェルドンにドタキャンの件の謝罪と共に、自らサインしたウェスリーの未開封フィギュアをプレゼントしたことで和解し、彼の友人となった。 この場に居合わせた役のによってフィギュアは開封されてしまい、ブレント・スパイナーがシェルドンの新たな宿敵として認定されている。 その後も度々登場し、シェルドンのネット番組「旗で遊ぼう」に出演したり、ハワードのバチュラーパーティに出席、映画「恐怖の変態ゴリラ」パート2出演、『』をスタートレックのコスプレで鑑賞したりしている。 スチュアート・ブルーム 演 - 、日本語吹替: コミックブックストアを経営する独身男性で、レナードたちとは馴染みの仲。 を卒業しており、イラストレーターとしての腕も高いが、生活に困窮している様子。 やなど様々な著名人とコネクションがある。 生真面目で物腰の柔らかい性格のため、しばしば強引な値切りに応じてしまうこともある。 しかし生活費に事欠くと、店の商品から自分の身の周りのものまで、何かと周りの人間に売りつけようとする。 ハワードが国際宇宙ステーションに滞在していた時は、そのせいで孤独を感じていたラージと親しくし、ラージのアパートで同居もしていた。 シーズン7において、コミックブックストアを火事で焼失した。 住居を失い、生活が困難に陥っていたところ、ハワードの紹介でハワードの実家に住みはじめた。 ウォロウィッツ夫人が怪我で介護を必要としていたにもかかわらず、夫人の個性から介護人が定着しなかったためである。 シーズン8では、ウォロウィッツ夫人と非常に親密になったことが示されたが、ハワードはこれをあまりにも親密すぎると感じ、不快に思っている。 コミックブックストアはウォロウィッツ夫人の援助により、無事に再開した。 シーズン9でウォロウィッツ夫人が亡くなり、その後もしばらく居候を続けたものの一旦は巣立っていったがシーズン10ではハワード宅にて再び居候生活を開始。 はじめての育児で奮闘するハワードやバーナデットの助けとなるなど家族同然のような関係になっている。 ザック・ジョンソン 演 - ブライアン・トーマス・スミス、日本語吹替 - ペニーの元カレ。 マッチョなイケメンだが、頭は良くない。 当初はペニーと別れたりくっついたりを繰り返していたが、ペニーがレナードと本格的に付き合うようになってからはあまり出番がなくなった。 実は本人達も覚えてなかったが、ペニーと酔って結婚しており、感謝祭に呼び出して婚姻解消した事がある。 またラージが二股をかけていた時、バーで出会い余計なことを言ってしまうこともあった。 ルーシー 演 - 、日本語吹替 - スチュアートのコミックブック店で、バレンタインデーに独身者のみのパーティーが開かれた際にラージが出会った女性。 後にラージと交際を始め、何度かデートを重ねるも、シーズン6最終話で破局。 彼女の性格か何らかの病によるものかは不明であるが、極端な人見知りで、パニックに陥るとトイレに籠る癖がある。 シーズン10ではラージが元カノ達を集めた食事会を開いた際に参加し、ラージの無理強いする所が嫌で破局した事を告白している。 エミリー・スウィーニー 演 - 、日本語吹替 - シーズン7から登場する女性キャラクター。 皮膚科医として働き、ラージと付き合っている。 女性的な物を好むラージとは対照的に、スプラッター系の物を好む傾向があり、皮膚科医になったのも公式に人の皮膚を切れるからだと冗談交じりに発言している。 その趣向は性癖にも現れており、スプラッター系映画を見る、墓場でセックスすると興奮すると発言しラージを困惑させた。 背中に「ナイトメア・ビフォ・クリスマス」のキャラクター、サリーのタトゥーが入っており、自分の手足を縫い合わせる所が気に入っている。 オンラインマッチングサービスでラージと知り合う。 当初は、ラージがエイミーを代役に立ててエミリーにコンタクトをとろうとしたことを「消極的すぎる」と考え、ラージと付き合おうとはしなかった。 が、後に再会し、ラージが謝罪したことで交際が始まった。 エイミーとはハーバード大学が母校であることや、趣味、好きな作家など、共通点がある。 シーズン9で、バレンタイン前日にラージから別れを告げられるものの結局はよりを戻す。 シーズン10では再びラージと破局して、ラージが開いた元カノ達との食事会に参加した際はラージとのセックスが物足りない事を理由に破局したと語り、既に別の彼氏がいる事も告白した。 クレア 演 - アレッサンドラ・トレサーニ、日本語吹替 - シーズン9から登場。 脚本家を目指している美人のバーテンダー。 スチュワートのコミックブック店でラージと出会い、意気投合。 当初は脚本のアドバイスをもらうという理由で会っていたが、いつしか付き合うことに。 ラージにエミリーという恋人がいることは納得の上で付き合い始めたが、シーズン10では破局。 ラージが開いた元カノ達との食事会に参加した際はラージの頼りなくマザコンな部分が嫌で破局したと語り、ラージと二股をかけていた相手と今は付き合っていると告げた。 エピソード一覧 [ ] シーズン一覧 [ ] シーズン エピソード 米国での放送日 初回 最終回 17 2007年9月24日 2007-09-24 2008年5月19日 2008-5-19 23 2008年9月22日 2008-09-22 2009年5月11日 2009-5-11 23 2009年9月21日 2009-09-21 2010年5月24日 2010-5-24 24 2010年9月23日 2010-09-23 2011年5月19日 2011-5-19 24 2011年9月22日 2011-09-22 2012年5月10日 2012-5-10 24 2012年9月27日 2012-09-27 2013年5月16日 2013-5-16 24 2013年9月26日 2013-09-26 2014年5月15日 2014-5-15 24 2014年9月22日 2014-09-22 2015年5月7日 2015-5-7 24 2015年9月21日 2015-09-21 2016年5月12日 2016-5-12 24 2016年9月19日 2016-09-19 2017年5月11日 2017-5-11 24 2017年9月25日 2017-09-25 2018年5月10日 2018-5-10 シーズン1 (2007年 - 2008年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 (万人) 1 1 オタク青年4人とセクシー美女の法則 Pilot James Burrows 2007年9月24日 2007-09-24 952 2 2 潔癖症と散らかった部屋の法則 The Big Bran Hypothesis Mark Cendrowski 2007年10月1日 2007-10-01 858 3 3 オタク青年と片思いの法則 The Fuzzy Boots Corollary Mark Cendrowski 2007年10月8日 2007-10-08 836 4 4 オタク青年と母親の法則 The Luminous Fish Effect Mark Cendrowski 2007年10月15日 2007-10-15 815 5 5 オタク青年とお似合いカップルの法則 The Hamburger Postulate Andrew D. Weyman 2007年10月22日 2007-10-22 881 6 6 オタク青年とハロウィーン・パーティーの法則 The Middle-Earth Paradigm Mark Cendrowski 2007年10月29日 2007-10-29 892 7 7 4-1=0の法則 The Dumpling Paradox Mark Cendrowski 2007年11月5日 2007-11-05 968 8 8 オタク青年とアルコールの法則 The Grasshopper Experiment 2007年11月12日 2007-11-12 932 9 9 オタク青年とプレゼンの法則 The Cooper-Hofstadter Polarization 2008年3月17日 2008-03-17 911 10 10 ウソから出たウソの法則 The Loobenfeld Decay Mark Cendrowski 2008年3月24日 2008-03-24 863 11 11 病院から逃げるための法則 The Pancake Batter Anomaly John F. 何でもありの木曜日の法則 The Anything Can Happen Recurrence Mark Cendrowski 2014年4月24日 2014-04-24 1,644 157 22 スター・ウォーズ・デーの法則 The Proton Transmogrification Mark Cendrowski 2014年5月1日 2014-05-01 1,607 158 23 ボクらの解決策の法則 The Gorilla Dissolution Peter Chakos 2014年5月8日 2014-05-08 1,442 159 24 万物流転の法則 The Status Quo Combustion Mark Cendrowski 2014年5月15日 2014-05-15 1,673 シーズン8 (2014年 - 2015年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 (万人) 160 1 旅の終わりの法則 The Locomotion Interruption Mark Cendrowski 2014年9月22日 2014-09-22 1,808 161 2 シェルドンの講義の法則 The Junior Professor Solution Mark Cendrowski 1,830 162 3 カップルの相性の法則 The First Pitch Insufficiency Mark Cendrowski 2014年9月29日 2014-09-29 1,644 163 4 コミックストア出資の法則 The Hook-Up Reverberation Mark Cendrowski 2014年10月6日 2014-10-06 1,594 164 5 集中力向上の法則 The Focus Attenuation Mark Cendrowski 2014年10月13日 2014-10-13 1,563 165 6 苦手克服の法則 The Expedition Approximation Mark Cendrowski 2014年10月20日 2014-10-20 1,602 166 7 行き違いの法則 The Misinterpretation Agitation Mark Cendrowski 2014年10月30日 2014-10-30 1,625 167 8 大人のプロムの法則 The Prom Equivalency Mark Cendrowski 2014年11月6日 2014-11-06 1,656 168 9 内緒の手術の法則 The Septum Deviation Anthony Rich 2014年11月13日 2014-11-13 1,690 169 10 "旗で遊ぼう"最終回の法則 The Champagne Reflection Mark Cendrowski 2014年11月20日 2014-11-20 1,461 170 11 クリスマスの奇跡の法則 The Clean Room Infiltration Mark Cendrowski 2014年12月11日 2014-12-11 1,549 171 12 宇宙探査機の消息の法則 The Space Probe Disintegration Mark Cendrowski 2015年1月8日 2015-01-08 1,811 172 13 最適なストレスレベルの法則 The Anxiety Optimization Mark Cendrowski 2015年1月29日 2015-01-29 1,725 173 14 ネット荒らしの法則 The Troll Manifestation Mark Cendrowski 2015年2月5日 2015-02-05 1,709 174 15 コミックストア再オープンの法則 The Comic Book Store Regeneration Mark Cendrowski 2015年2月19日 2015-02-19 1,749 175 16 恋に落ちる心理学の法則 The Intimacy Acceleration Mark Cendrowski 2015年2月26日 2015-02-26 1,667 176 17 火星移住の法則 The Colonization Application Mark Cendrowski 2015年3月5日 2015-03-05 1,817 177 18 残り物の晩餐の法則 The Leftover Thermalization Mark Cendrowski 2015年3月12日 2015-03-12 1,613 178 19 スカイウォーカー侵略の法則 The Skywalker Incursion Mark Cendrowski 2015年4月2日 2015-04-02 1,389 179 20 要塞建築の法則 The Fortification Implementation Mark Cendrowski 2015年4月9日 2015-04-09 1,478 180 21 エイリアンへのメッセージの法則 The Communication Deterioration Mark Cendrowski 2015年4月16日 2015-04-16 1,482 181 22 卒業式のスピーチの法則 The Graduation Transmission Anthony Rich 2015年4月23日 2015-04-23 1,463 182 23 子育て対決の法則 The Maternal Combustion Anthony Rich 2015年4月30日 2015-04-30 1,385 183 24 一大決心の法則 The Commitment Determination Mark Cendrowski 2015年5月7日 2015-05-07 1,464 シーズン9 (2015年 - 2016年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 (万人) 184 1 勢いで結婚の法則 The Matrimonial Momentum Mark Cendrowski 2015年9月21日 2015-09-21 1,820 185 2 揺れ動く距離の法則 The Separation Oscillation Mark Cendrowski 2015年9月28日 2015-09-28 1,523 186 3 独身さよならパーティーの悲劇の法則 The Bachelor Party Corrosion Mark Cendrowski 2015年10月5日 2015-10-05 1,540 187 4 2003年をインストールの法則 The 2003 Approximation Mark Cendrowski 2015年10月12日 2015-10-12 1,496 188 5 エクササイズ導入の法則 The Perspiration Implementation Mark Cendrowski 2015年10月19日 2015-10-19 1,468 189 6 ヘリウムを手に入れろ! また、2009年9月よりスタートしたシーズン3では、前年の視聴率を約40%増しの高視聴率を記録。 現在、米エンタメ業界で高い評価を受けている(視聴者からも批評家からも好まれる)人気コメディ番組として注目を集めている。 スピンオフ [ ] 2017年から、シェルドンの子供時代を描く『』が放送されている。 その他 [ ]• 本作で扱われるオタクネタは、『』、『』といった定番ものから、『』、『』、『』、『』、『』といったTV・映画ジャンル、『』といったTVゲームにいたるまで、まさに多種多彩である。 TVシリーズながら人気のゲスト・スターが登場することでも話題になっている。 シーズン2に、『』の(本人役)、『』の(本人役)、『』のサム・アンダースこと、カーラ・スレイス中尉こと、『』『』の『』のらが出演している。 役者以外にも科学技術分野の著名人が本人役で出演することもある。 シーズン2 - 17:(2006年ノーベル物理賞受賞者)• シーズン4 - 2:(エンジニア。 共同創業者。 シーズン4 - 7:(。 館長で、シェルドンから「あなたのせいでは惑星から格下げされた」と言われた)• シーズン5 - 21、シーズン10-9、シーズン11-1:(英国の理論物理学者)• シーズン5 - 23:(NASA飛行士)• シーズン6 - 5:(NASA飛行士)• シーズン9 - 9:(実業家。 ならびに創業者。 シーズン11 - 18:(実業家。 創業者。 ) など。 エイミー・ファラ・ファウラー役のは、役柄と同じく、実際に神経科学の博士号 Ph. D を取得している。 ビアリクは、シチュエーション・コメディ『』の主人公ブロッサム・ルソー役としても知られている。 本作シーズン1のエピソードでは、「テレビドラマのブロッサムに主演してた子は、すごく頭がいい。 神経科学か何かで博士号を取った」とラージがラブコールを送るシーンが存在する。 彼女は実際に自分の神経科学分野に関する台詞をチェックしており、実際と台本が違う場合は脚本家に指摘する。 物理学に関係する会話は監修がついている。 でとの教授をしているが、台本の段階から数学の方程式などが正しいかをチェックしている。 オープニング主題歌を歌うのは、カナダ・トロント出身のオルタナティブ・ロックバンド、。 作品中で恋人同士になるジョニー(レナード役)とケイリー(ペニー役)は、プライベートでも周囲に秘密で付き合っていた。 関係を解消し友人に戻って後に、ケイリーがテレビ番組のインタビューで明らかにした。 シーズン2-06「物理オタクと女学生の法則 The Cooper-Nowitzki Theorem 」で、シェルドンを崇拝する女学生ラモーナがシェルドンをからかいに来たレスリーを追い払う大学カフェテリアのシーンで、レスリーは日本の公共放送局のであるのを着用して登場している。 緑地のシャツで、赤い上着が重ね着されており、シャツ上部に雲状に形取られた「どーも」というが見られる。 脚注 [ ] []• Andreeva, Nellie 2018年7月9日. Deadline Hollywood. 2018年7月14日閲覧。 Goldberg, Lesley 2018年8月22日. The Hollywood Reporter. 2018年8月22日閲覧。 後に『』が公開された時はプライベートでもこのネタを行っている。 出典: - 2017年12月19日 2019年4月21日閲覧。 Gorman, Bill 2007年10月3日. TV by the Numbers. 2010年6月14日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月2日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月9日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月16日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 プレスリリース , , 2007年10月30日 , 2008年12月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月30日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年11月6日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 プレスリリース , , 2007年11月20日 , 2008年12月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年3月18日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年3月25日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年4月1日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年4月15日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年4月22日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月6日 , 2008年12月13日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月13日 , 2008年12月13日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月20日 , 2008年12月13日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月28日 , 2008年12月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年9月23日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年9月30日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2008年10月7日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年10月14日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年10月21日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月11日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2008年11月11日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月25日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月25日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月9日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月16日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年1月13日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2009年1月20日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年2月3日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年2月10日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年3月3日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年3月10日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年3月17日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2009年3月31日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月14日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月28日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2009年5月7日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2010年5月12日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年9月22日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年9月29日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年10月6日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2009年10月13日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年10月20日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月3日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月10日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月18日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月24日. 2013年1月5日閲覧。 Seidman, Robert 2009年12月8日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2009年12月15日. 2010年10月25日閲覧。 Seidman, Robert 2010年1月12日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2010年1月19日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2010年2月3日. 2010年10月5日閲覧。 CBS 2010年2月9日. 2010年9月28日閲覧。 CBS 2010年3月2日. 2010年10月25日閲覧。 CBS 2010年3月9日. 2013年1月5日閲覧。 Seidman, Robert 2010年3月23日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2010年4月13日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2010年5月4日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2010年5月11日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2010年5月18日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2010年5月25日. 2013年1月5日閲覧。 , TV By the Numbers, September 28, 2010• Gorman, Bill 2010年10月1日. TV by the Numbers. 2010年10月1日閲覧。 Seidman, Robert 2010年10月8日. TV by the Numbers. 2010年10月8日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月15日. 2010年10月15日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月22日. TV by the Numbers. 2010年10月22日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月29日. TV by the Numbers. 2010年10月29日閲覧。 Gorman, Bill 2010年11月5日. TV by the Numbers. 2010年11月5日閲覧。 Seidman, Robert 2010年11月12日. TV by the Numbers. 2010年11月12日閲覧。 Seidman, Robert. TV by the Numbers. 2010年11月19日閲覧。 Gorman, Bill. TV by the Numbers. 2010年12月10日閲覧。 Seidman, Robert. TV by the Numbers. 2010年12月28日閲覧。 Gorman, Bill. TV by the Numbers. 2011年1月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年1月21日. TV by the Numbers. 2011年1月21日閲覧。 Gorman, Bill 2011年2月4日. TV by the Numbers. 2011年2月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年2月11日. TV by the Numbers. 2011年2月11日閲覧。 Seidman, Robert 2011年2月18日. TV by the Numbers. 2011年2月18日閲覧。 Seidman, Robert 2011年2月25日. TV by the Numbers. 2011年2月25日閲覧。 Seidman, Robert 2011年3月11日. TV by the Numbers. 2011年3月14日閲覧。 Gorman, Bill 2011年4月1日. TV by the Numbers. 2011年4月1日閲覧。 Steidman, Robert 2011年4月8日. TV by the Numbers. 2011年4月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年4月29日. TV by the Numbers. 2011年4月29日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月6日. TV by the Numbers. 2011年5月6日閲覧。 Gorman, Bill 2011年5月13日. TV by the Numbers. 2011年5月14日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月20日. TV by the Numbers. 2011年5月20日閲覧。 TVbytheNumbers. com. 2011年9月29日閲覧。 Gorman, Bill 2011年9月29日. tvbythenumbers. zap2it. com. 2011年10月1日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月8日. tvbythenumbers. zap2it. com. 2011年10月8日閲覧。 2011年10月14日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月21日. TV by the Numbers. 2011年10月21日閲覧。 Gorman, Bill 2011年10月28日. TV by the Numbers. 2011年10月28日閲覧。 Seidman, Robert 2011年11月3日. TV by the Numbers. 2011年11月4日閲覧。 Seidman, Robert 2011年11月11日. TV by the Numbers. 2011年11月11日閲覧。 Gorman, Bill 2011年11月19日. TV by the Numbers. 2011年11月19日閲覧。 Gorman, Bill 2011年12月9日. TV by the Numbers. 2011年12月9日閲覧。 Seidman, Robert 2012年1月13日. TV by the Numbers. 2012年1月13日閲覧。 Gorman, Bill 2012年1月20日. TV by the Numbers. 2012年1月20日閲覧。 Seidman, Robert 2012年1月27日. Tv by the Numbers. 2012年1月27日閲覧。 Gorman, Bill 2012年2月3日. TV by the Numbers. 2012年2月3日閲覧。 Seidman, Robert 2012年2月10日. TV by the Numbers. 2012年2月10日閲覧。 Gorman, Bill 2012年2月17日. 2012年2月17日閲覧。 Bibel, Sara 2012年2月24日. 2012年2月24日閲覧。 Bibel, Sara 2012年3月9日. 2012年3月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年3月30日. 2012年3月30日閲覧。 Bibel, Sara 2012年4月6日. 2012年4月6日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月27日. 2012年4月27日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月4日. 2012年5月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月11日. TV by the Numbers. 2012年5月11日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年9月28日. TV by the Numbers. 2012年9月29日閲覧。 Bibel, Sara 2012年10月5日. TV by the Numbers. 2012年10月5日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年10月12日. TV by the Numbers. 2012年10月12日閲覧。 TV by the Numbers 2012年10月19日. 2012年10月19日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年10月26日. 2012年10月26日閲覧。 Bibel, Sara 2012年11月2日. 2012年11月2日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年11月9日. TV by the Numbers. 2012年11月10日閲覧。 Bibel, Sara 2012年11月16日. 2012年11月16日閲覧。 Bibel, Sara 2012年11月30日. 2012年11月30日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年12月7日. 2012年12月7日閲覧。 Bibel, Sara 2012年12月14日. 2012年12月14日閲覧。 Bibel, Sara 2013年1月4日. 2013年1月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年1月11日. 2013年1月11日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年2月1日. 2013年2月1日閲覧。 Bibel, Sara 2013年2月8日. 2013年2月8日閲覧。 Bibel, Sara 2013年2月15日. 2013年2月15日閲覧。 Bibel, Sara 2013年2月22日. 2013年2月22日閲覧。 Bibel, Sara 2013年3月8日. 2013年3月8日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年3月15日. 2013年3月15日閲覧。 Bibel, Sara 2013年4月5日. 2013年4月5日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年4月26日. TV by the Numbers. 2013年4月26日閲覧。 Bibel, Sara 2013年5月3日. TV by the Numbers. 2013年5月3日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月10日. 2013年5月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月17日. 2013年5月17日閲覧。 TV by the Numbers. 2013年9月27日閲覧。 Bibel, Sara 2013年10月4日. TV by the Numbers. 2013年10月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年10月11日. TV by the Numbers. 2013年10月11日閲覧。 Bibel, Sara 2013年10月18日. TV by the Numbers. 2013年10月18日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年10月25日. TV by the Numbers. 2013年10月25日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年11月8日. TV by the Numbers. 2013年11月8日閲覧。 Bibel, Sara 2013年11月15日. TV by the Numbers. 2013年11月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年11月22日. TV by the Numbers. 2013年11月22日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年12月6日. TV by the Numbers. 2013年12月6日閲覧。 Bibel, Sara 2013年12月13日. TV By the Numbers. 2013年12月21日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年1月6日. TV by the Numbers. 2014年1月12日閲覧。 Bibel, Sara 2014年1月10日. TV by the Numbers. 2014年1月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年1月31日. TV by the Numbers. 2014年1月31日閲覧。 Bibel, Sara 2014年2月7日. TV by the Numbers. 2014年2月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年2月28日. TV by the Numbers. 2014年2月28日閲覧。 Bibel, Sara 2014年3月7日. TV by the Numbers. 2014年3月7日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年3月14日. TV by the Numbers. 2014年3月14日閲覧。 Adams, Bradley 2014年4月4日. SpoilerTV. 2014年4月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年4月11日. TV by the Numbers. 2014年4月11日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年4月25日. TV by the Numbers. 2014年4月25日閲覧。 Bibel, Sara 2014年5月2日. TV by the Numbers. 2014年5月2日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年5月9日. TV by the Numbers. 2014年5月9日閲覧。 Bibel, Sara 2014年5月16日. TV by the Numbers. 2014年5月16日閲覧。 TV by the Numbers. 2014年10月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年10月20日. TV by the Numbers. 2014年10月20日閲覧。 TVbytheNumbers. 2014年10月18日時点のよりアーカイブ。 2014年11月11日閲覧。 TVbytheNumbers. 2014年10月16日時点のよりアーカイブ。 2014年10月16日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年10月21日. TV by the Numbers. 2014年10月23日時点のよりアーカイブ。 2014年10月22日閲覧。 Bibel, Sara 2014年10月31日. TV by the Numbers. 2014年10月31日閲覧。 TVbytheNumbers. 2014年11月7日閲覧。 Bibel, Sara 2014年11月14日. TV by the Numbers. 2014年11月14日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年11月21日. TV by the Numbers. 2014年11月21日閲覧。 Bibel, Sara 2014年12月12日. TV by the Numbers. 2014年12月12日閲覧。 Bibel, Sara 2015年1月9日. The Futon Critic. 2015年1月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年1月30日. TV by the Numbers. 2015年1月30日閲覧。 Bibel, Sara 2015年2月6日. TV by the Numbers. 2015年2月6日閲覧。 Bibel, Sara 2015年2月20日. TV by the Numbers. 2015年2月20日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年2月27日. TV by the Numbers. 2015年2月27日閲覧。 Bibel, Sara 2015年3月6日. TV by the Numbers. 2015年3月6日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年3月13日. TV by the Numbers. 2015年3月13日閲覧。 Bibel, Sara 2015年4月3日. TV by the Numbers. 2015年4月3日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年4月10日. TV by the Numbers. 2015年4月10日閲覧。 Bibel, Sara 2015年4月17日. TV by the Numbers. 2015年4月18日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年4月24日. TV by the Numbers. 2015年4月24日閲覧。 Bibel, Sara 2015年5月1日. TV by the Numbers. 2015年5月1日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年5月8日. TV by the Numbers. 2015年5月8日閲覧。 TV by the Numbers. 2015年9月22日閲覧。 Dixon, Dani 2015年9月29日. TV by the Numbers. 2015年9月29日閲覧。 Porter, Rick 2015年10月6日. TVbytheNumbers. 2015年10月6日閲覧。 Porter, Rick 2015年10月13日. TV by the Numbers. 2015年10月13日閲覧。 Porter, Rick 2015年10月20日. TV by the Numbers. 2015年10月20日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月3日. TV by the Numbers. 2015年11月4日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月6日. TV by the Numbers. 2015年11月6日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月13日. TV by the Numbers. 2015年11月13日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月20日. TV by the Numbers. 2015年11月20日閲覧。 Porter, Rick 2015年12月11日. TV by the Numbers. 2015年12月11日閲覧。 Porter, Rick 2015年12月18日. TV by the Numbers. 2015年12月18日閲覧。 Porter, Rick 2016年1月8日. TV by the Numbers. 2016年1月8日閲覧。 Porter, Rick 2016年1月15日. TV by the Numbers. 2016年1月15日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月5日. TV by the Numbers. 2016年2月5日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月12日. TV by the Numbers. 2016年2月12日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月19日. TV by the Numbers. 2016年2月19日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月26日. TV by the Numbers. 2016年2月26日閲覧。 Porter, Rick 2016年3月11日. TV by the Numbers. 2016年3月11日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月1日. TV by the Numbers. 2016年4月1日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月8日. TV by the Numbers. 2016年4月8日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月22日. TV by the Numbers. 2016年4月22日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月29日. TV by the Numbers. 2016年4月29日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月6日. TV by the Numbers. 2016年5月6日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月13日. TV by the Numbers. 2016年5月13日閲覧。 Porter, Rick 2016年9月20日. TV by the Numbers. 2016年9月21日時点のよりアーカイブ。 2016年9月20日閲覧。 Porter, Rick 2016年9月27日. TV by the Numbers. September 29, 2016時点のよりアーカイブ。 2016年9月27日閲覧。 Porter, Rick October 4, 2016. TV by the Numbers. October 5, 2016時点のよりアーカイブ。 October 4, 2016閲覧。 Porter, Rick October 11, 2016. TV by the Numbers. October 12, 2016時点のよりアーカイブ。 October 11, 2016閲覧。 Porter, Rick October 18, 2016. TV by the Numbers. October 19, 2016時点のよりアーカイブ。 October 19, 2016閲覧。 Porter, Rick October 28, 2016. TV by the Numbers. October 29, 2016時点のよりアーカイブ。 October 28, 2016閲覧。 Porter, Rick November 4, 2016. TV by the Numbers. November 5, 2016時点のよりアーカイブ。 November 4, 2016閲覧。 Porter, Rick November 11, 2016. TV by the Numbers. November 12, 2016時点のよりアーカイブ。 November 11, 2016閲覧。 Welch, Alex November 18, 2016. TV by the Numbers. November 19, 2016時点のよりアーカイブ。 November 18, 2016閲覧。 Porter, Rick December 5, 2016. TV by the Numbers. December 5, 2016時点のよりアーカイブ。 December 5, 2016閲覧。 Porter, Rick December 16, 2016. TV by the Numbers. December 18, 2016時点のよりアーカイブ。 December 16, 2016閲覧。 Porter, Rick January 9, 2017. TV by the Numbers. January 10, 2017時点のよりアーカイブ。 January 9, 2017閲覧。 Porter, Rick January 23, 2017. TV by the Numbers. January 25, 2017時点のよりアーカイブ。 January 23, 2017閲覧。 Porter, Rick February 3, 2017. TV by the Numbers. February 4, 2017時点のよりアーカイブ。 February 3, 2017閲覧。 Porter, Rick February 10, 2017. TV by the Numbers. February 11, 2017時点のよりアーカイブ。 February 10, 2017閲覧。 Porter, Rick February 17, 2017. TV by the Numbers. February 18, 2017時点のよりアーカイブ。 February 17, 2017閲覧。

次の

『ビックバン セオリー』が終了となる訳は、ジム・パーソンズにあり

ビッグバン セオリー シーズン 11

米CBSネットワークで2007年秋にスタート、本国アメリカでは2019年5月、シーズン12をもって放送が終了した。 またイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ブラジル、インド、オーストラリア、南アフリカなど、世界各国でも人気を集めた。 今シーズンは第1話・第13話・第24話に『レディ・バード』などに出演のローリー・メトカフがシェルドンの母メアリー役で、第2話には、2018年『ビール・ストリートの恋人たち』でヒロインの母親を熱演し、アカデミー賞助演女優賞を受賞したレジーナ・キングがレナードたちが勤める大学の人事課職員役で、第4話には、 『マンマ・ミーア!』でターニャ役を演じたクリスティン・バランスキーがレナードの母ビバリー役で、第6話には、エミー賞ゲスト男優賞受賞のボブ・ニューハートがプロトン教授役でそれぞれ再登場。 さらに、何といっても見逃せないのが最終話に続々と登場する豪華ゲストスター。 『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが本人役で登場。 長年の『スター・ウォーズ』ファンだという製作総指揮のスティーブ・ホランド。 マークに台本がない状態で出演をオファーし、製作陣の熱意に応え快諾してくれたそう。 また、エイミーの両親役には『ミザリー』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したほか、数々の作品で評価されている名女優キャシー・ベイツが母親役で、米国でマジシャンとして人気を誇るペン&テラーのテラーが父親役で登場。 その他、シェルドンの双子の妹ミッシー役として『ステイ・フレンズ』に出演のコートニー・ヘンゲラー、『スタンド・バイ・ミー』 や「新スタートレック」に出演のウィル・ウィートン、『ジュラシック・ワールド』に出演のローレン・ラプカスなど多くのゲストが出演しており、華やかで大がかりな最終話となっている。 おなじみのキャラクターから新たなキャラクターまで続々登場、今シーズンも最後まで見逃せない! シェルドンとエイミーは一時的に同棲生活を始めたことをきっかけに仲を深めていたのだが、エイミーはプリンストン大学から客員研究員として招かれ、遠距離恋愛に不安を抱えながらも、3か月間ニュージャージーに行くことに。 そんな中、大学院生時代にシェルドンを慕って付きまとっていたラモーナが、研究員として大学に戻ってくる。 周囲の心配をよそにまったくラモーナを意に介さないシェルドンだったが、ついにラモーナからキスをされてしまう。 シェルドンはそのキスをきっかけにエイミーへの想いに気付かされ……。 一方、ハワードとバーナデットの間には子供が生まれ、夫婦そろって育児に奮闘中。 しかし、順調かと思われた二人に予期せぬ出来事が起きる。 そして、無事2回目の結婚式を終えたレナードとペニー。 距離のあったレナードの母ビバリーとペニーはひょんなことからコミュニケーションをとるようになり、レナードが知らぬうちに二人はすっかり仲良しに。 それに嫉妬するレナードは、ペニーに対してひどいことを言ってしまい……。 それぞれのカップルに新たなトラブル発生!? 次々と起こる展開から目が離せない! ジョニー・ガレッキ Johnny Galecki 1975年4月30日、ベルギー生まれ。 3歳の時、米空軍で働く父親ら家族と米国イリノイ州へ転居。 7歳でシカゴの劇場に出演してショービズ界入りし、数々の舞台に立つ名子役に。 映画・TVにも進出し、1992年から人気コメディ「Roseanne 原題 」に出演、全米に知られるスターとなった。 他にも『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』、『ラストサマー』、『ビーン』、『偶然の恋人』、『バニラ・スカイ』などの映画に出演し、「LAX」「マイネーム・イズ・アール」などのTVシリーズにゲスト出演、さらにはヒット映画『ハンコック』や『TIME/タイム』『ザ・リング/リバース』にも出演、と引っ張りだこ。 本作レナード役で2011年、エミー賞主演男優賞 コメディ部門 、2012年にはゴールデン・グローブ賞主演男優賞 TVシリーズ・コメディ部門 にノミネート。 近年は、1988年から1997年まで9シーズンにわたって放送され、2018年に復活した「Roseanne 原題 」やそのスピンオフ「The Conners 原題 」に出演、さらに『僕のワンダフル・ライフ』の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』にも出演予定。 ジム・パーソンズ Jim Parsons 1973年3月24日、米テキサス州ヒューストン生まれ。 ヒューストン大学で演技を学びながら数々の舞台に立ち、その後サンディエゴ大学でも演技を修業する。 TV「エド~ボーリング弁護士」にゲスト出演したのを最初にショービズ界入り。 1999年から放送が始まっていた人気ドラマ「Judging Amy 原題 」に繰り返しゲスト出演して注目される。 本作のシェルドン役で、エミー賞主演男優賞 コメディ部門 を4回受賞、ゴールデングローブ主演男優賞 TVシリーズ・コメディ部門 を1回受賞。 なかでも2014年度エミー賞では本作の主演男優賞 コメディ部門 と「ノーマル・ハート」の演技で助演男優賞 ミニシリーズ/TV映画部門 の2部門でノミネートされていた。 シェルドンの幼少期を描く「Young Sheldon 原題 」に製作総指揮として参加、ナレーションもつとめる。 趣味はピアノ演奏とスポーツ観戦。 最近では、1970年に映画化されたのち、ブロードウェイや日本でも舞台上演され、2020年に再映画化されることが決定した人気作『The Boys in the Band 原題 』への出演も予定されている。 ケイリー・クオコ Kaley Cuoco 1985年11月30日、米カリフォルニア州生まれ。 6歳で子役俳優やモデルとして活動するようになり、「たどりつけばアラスカ」、「アンジェラ15歳の日々」など多数のTVにゲスト出演し、『バーチュオシティ』、『ピクチャー・パーフェクト/彼女が彼に決めた理由』などの映画に出演。 2002年からTV「パパにはヒ・ミ・ツ」でヘネシー家の長女ブリジット役を演じて全米の人気者に。 同番組終了後、続いて「チャームド~魔女3姉妹~」のシーズン8でビリーを演じてから本作に出演。 全米TV批評家協会が主催する、第3回批評家協会TV賞 2013年 でコメディ部門助演女優賞を受賞。 2018年6月には、騎手のカール・クックと結婚した。 DCコミックスを原作としたアニメ「Harley Quinn 原題 」 2019 にハーレイ・クイン役で声優として出演予定。 サイモン・ヘルバーグ Simon Helberg 1980年12月9日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。 ニューヨーク大学で劇団に所属し、演技を学ぶ。 映画『マムフォード先生』でデビュー。 TV「ジョーイ」でセス役を演じた。 ほか「マッドTV! 」「ブル~ス一家は大暴走!」などにゲスト出演し、『グッドナイト&グッドラック』、『エバン・オールマイティ』、『ウォーク・ハード ロックへの階段』などの映画に出演。 06年からはTV「Studio 60 on the Sunset Strip 原題 」に準レギュラー出演した。 プライベートでは2007年に女優のジョスリン・タウンと結婚。 ピアノの腕前はプロ級。 全米TV批評家協会が主催する、第3回批評家協会TV賞 2013年 でコメディ部門助演男優賞を受賞。 脚本・主演を務めた『We'll Never Have Paris 原題 』で監督デビューも果たしている。 クナル・ネイヤー Kunal Nayyar 1981年4月30日、英ロンドン生まれ。 インド系で、子供の頃からインドのニューデリーでミュージカルや演劇などの舞台に立ち、高校卒業後に渡米。 オレゴン州のポートランド大学でビジネスと演技を学び、舞台で数々の賞を受賞。 テンプル大学でもファイン・アートの学位を取得した。 それからプロの俳優となり、映画『S. E 原題 』を経て2007年、TV「NCIS ネイビー犯罪捜査班」にゲスト出演。 本作が初のTVシリーズレギュラー出演となった。 その後も映画『アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険』やジェシー・アイゼンバーグ脚本・主演の舞台「The Spoils 原題 」 2015 にも出演。 今後も『Dogs Best Friend 原題 』のほか、アニメ『トロールズ』の続編『Trolls 2 原題 』にGuy Diamondの声で出演予定。 2011年に元ミス・インドでモデルのネハ・カプールと結婚している。 メリッサ・ローチ Melissa Rauch 1980年6月23日、米ニュージャージー州生まれ。 ニューヨーク市のメリーマウント・マンハッタン大学で美術学士号を取得。 大学に通いながら、マンハッタンでスタンドアップ・コメディを始めると、ニューヨークのコメディ界ですぐに名が知られるようになった。 元大統領の娘ジェナ・ブッシュを描いた一人舞台「The Miss Educations on Jenna Bush」では高い賞賛を集め、客席を満員にした。 本作で演じているバーナデットの声は、自分の母親を参考にしているとのこと。 夫は脚本家のウィンストン・ローチで、2017年12月には女児を出産した。 最近ではスティーブン・ソダーバーグ監督、メリル・ストリープ、ゲイリー・オールドマン出演の『The Laundromat 原題 』に出演予定。 メイエム・ビアリック Mayim Bialik 1975年12月12日、米カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。 1990年に主演したTVシリーズ「ブロッサム」で一躍有名になった。 「ブロッサム」が放送中の1993年にはすでにハーバード大学とイェール大学から入学許可をもらっていたが、最終的にUCLA カリフォルニア大学ロサンゼルス校 へ進学。 2000年に学士号を取得してからも、神経科学で博士号を取得するためにさらに勉強を続け、2007年に見事目標を達成した。 エミー賞助演女優賞 コメディ部門 には本作のエイミー役で、これまでに4回ノミネートされている。 完全菜食主義者。 「ドクター・フー」のパロディ映画、『The Inspector Chronicles 原題 』に声優として出演予定。

次の

ビッグバン・セオリー/The Big Bang Theoryシーズン11のオンライン動画配信

ビッグバン セオリー シーズン 11

で9月24日から放送されている。 日本では、2009年から(cs310)にて、及び版が、2019年3月1日より(bs258)にて日本語吹き替え版が、それぞれ放送されていた。 2019年5月16日CBSで放送されたシーズン12最終話をもって惜しまれつつ終了した。 全279話。 この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2019年12月) 主要人物 [ ] レナード・リーキー・ホフスタッター 演 - 、日本語吹替 - 物理学の研究者で、において実験物理学者としてレーザー技術などを研究。 24歳でから博士号を取得。 IQは173、他の科学や文学・歴史にも強い。 シェルドンとをしているが、わがままな彼に日々手を焼かされている。 性格は内気でやや卑屈、そしてやコミックブックが好きなである。 小型ロケットの実験の失敗によりシェルドンとルームシェアしているマンションのエレベーターを破壊した張本人である。 両親も共に科学者であり、特に後述の母ビバリーからは極端に論理的或いは合理的な考え方に基づいたやり方で育てられる。 その結果として、少年時代、学業面では極めて秀でていたものの、寂しさの余り自分を抱擁する機械を制作したりしていた。 子供の頃の夢はラッパーだった。 また、チェロを習っていた経験があり、その腕前もなかなかのもの。 で、乳製品を食べるとオナラが止まらなくなる。 ペニーとはよく諍いを起こすが、ほとんどの場合仲直りをし、最終的にセックスに発展する。 ペニーが引っ越して来て以来ずっと片想いをしており、「僕らの子は賢くてきれいだろうな」と発言。 シーズン1の最終話にて、やっとデートにこぎつけることに成功する。 しかし、シーズン2の第1話にて(主に、シェルドンによる)誤解等からフラれてしまう。 シーズン2の最終話でシェルドンたちとともに北極調査へ旅立つ。 シーズン3では北極から帰国後にペニーと交際に発展するも、レナードが愛していると言ったことをペニーが性急に感じたため、関係にひびが入り破局。 その後、ラージの妹であるプリヤと交際し、ペニーをやきもきさせる。 プリヤとは彼女のインドへの帰国に伴い、破局。 その後、お試し期間という名目で再びペニーと交際している。 さらにその後、シーズン6にて初めてペニーから愛していると告げられ、お互いに強く惹かれる。 シーズン6最終話で、ハワードの推薦によりが組織した調査団に選ばれ、の研究のためへ旅行に出た。 シーズン7では、女優としてのキャリアに悲観的になり酔っていたペニーからプロポーズされた。 その際は、ペニーの自暴自棄な態度とレナードの優柔不断な性格から返事が出来なかったが、シーズン7終盤ではレナードがペニーに改めてプロポーズし、婚約した。 シーズン9の1話でラスベガスで結婚式を挙げた。 式の様子はネット配信された。 のちに結婚式に招待されなかったことを侮辱的に感じた ()のために再度結婚式を行う。 シーズン10ではシェルドン、エイミーの同棲を機にこれまで暮らしていた部屋でペニーと2人きりの結婚生活を開始する。 シェルドン・リー・クーパー 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の物理学博士。 理論物理学者で、専門は当初は、後にに転向。 IQは187。 レナードの。 出身で、父と祖父は既に他界しており、祖母、母、兄と美人なの妹がいる。 小学5年生までを地元で過ごし、11歳で大学に入学した。 その後はドイツに留学し、ツイスター理論を研究していた16歳の時に博士号を取得。 並み外れた頭脳の持ち主であり、幼少時はとされていた。 彼が育ったテキサスの素朴な田舎町は、科学者を目指す天才児にとってはあまり恵まれた環境とは言えなかったようで、日頃は故郷の町を疎ましがる発言をしている。 が、いざとなると「僕はテキサスの男だ」「僕には体の隅から隅までテキサスの血が流れているんだ」などと、その勇猛ぶりをアピールしたがる節もある。 家族関係においては、母と祖母に対して強い愛情を示す一方で、兄と妹に対しては冷たい対応をとる。 母のメアリーは非常に熱心なクリスチャンで、神の存在を非科学的だと考えるシェルドンとはその点において相容れることはないが、母と会った際は何から何まで甘え、風邪で寝込んだ時などは子守唄までねだっている。 祖父母のことは今でも「じいじ」「ばあば」と呼んでおり、祖父は5歳の時に亡くなったが、シェルドンが科学者になることを唯一応援してくれた家族であった。 祖母もシェルドンを大変可愛がっており、彼を「ムーン・パイ」と呼んでいる。 服の袖からティッシュを出すことからシェルドンは祖母を「スパイダーおばあちゃん」と表現している。 自分の頭脳に有り余る自信を持っており、学力の低い人間や世俗的な人間を見下す(レナードやハワードらもその例外ではない)傾向にある上、他人の感情にとことん疎いため、何かと人間関係をこじらせがちである。 極めて優秀ではあるが子供っぽい一面も持ち、しばしば大人げない態度をとる。 笑顔が苦手で、極端な潔癖性(細菌恐怖症)。 お金に頓着がなく、友人への借金にも寛容。 レナード、ラージ、ハワードと同じくSF作品やコミックブック、ゲームを愛好する。 彼らとは同僚であり友人であるが、ハワードと始めて出会った際、見た目がとC-3POに似ているからと「C3Pee-Wee」とからかわれた事をきっかけに、ハワードが博士号を持っていないことを事あるごとに指摘し馬鹿にするなど、お互いをけなし合う関係になった。 時にはハワードのことを友人ではなく「知り合い」と言うこともある。 劇中劇である教育科学番組の司会者プロトン教授ことアーサー・ジェフリーズ(ボブ・ニューハート)を尊敬しており、自身が科学の道へ進むきっかけとなった人物でもある。 旗章学にも大変精通しており、部屋の旗をデザインしたり、自身で制作したネット番組「旗で遊ぼう」の司会を勤めている。 契約書を制作する事が好きで、レナードとは「ルームメイト協定」を、エイミーとは「恋人協定」を結び、独自の倫理観で協定を遵守することに命をかけている。 自宅ソファの自分の位置(「僕の場所」)は「その席は冬はラジエーターにほど近く暖かく、なおかつ夏は発汗するほど近すぎない、夏は窓を開けるとちょうど風の通り道だ。 テレビに対して正面じゃなく会話を邪魔しない。 斜めに見て首を痛める角度でもない。 まだまだある」 「グーチョキパー トカゲ スポックじゃんけん」は一般的なじゃんけんはパターンが限られているため、気の合う者同士でやると約8割は引き分けになることから考案された。 「ハサミは紙を切る、紙は石を包む、石はトカゲを潰す、トカゲがスポックに毒を吐く、スポックはハサミを破壊、ハサミはトカゲをちょん切り、トカゲは紙を食べ、紙はスポックに抗議、スポックは石を蒸発させる、石はハサミを壊す」じゃんけんの掛け声は「トカゲスポックじゃんけんぽん!」である。 バジンガ Bazinga! は、「ジョークだよ」「引っかかったな」といった意味であり、シーズン2の最終話からシーズン8の15話までに使われた。 シェルドンの発言に笑い声を入れるタイミングが難しいことが多いため、脚本家が合図として考案した。 常識はずれな言動で、周囲からたびたび「イカれてる(頭がおかしい)」と言われるが、その都度「僕はイカれてない。 ママが検査させた」と反論する。 生活環境の変化を酷く嫌い、科学の概念であるが自身の生活においても維持されることを強く望んでいる。 シーズン7最終話では、大学から研究対象の変更を迫られたことや、お気に入りの場所であったスチュアートのコミックブックストアが火事で焼失したことから、パサデナを離れ、45日間の鉄道の旅に出た。 シーズン8の1話にて、パサデナに戻る。 その際、旅は米国を横断する長大な路程であったが、道中では駅から離れることがなかったと語った。 シーズン8の最終話にて恋人のエイミーにプロポーズしようとするも、その前にエイミーに距離を置きたいと言われてしまい結局言えずに終わる。 その後シーズン9の1話で正式に破局するもお互いへの思いを再確認し復縁する。 復縁後最初のエイミーの誕生日に、大切に思っている事を伝えたいと、ついにエイミーとの性交渉を決意、童貞を捧げた。 シーズン10ではエイミーのアパートが水道管の破裂により水浸しになった事から実験と言いくるめられペニーの部屋で同棲を開始する。 シーズン10最終話ではかつて大学院生だったラモーナのアプローチを受けたことでついにエイミーへプロポーズをした。 本国アメリカでは、作中での振る舞いからシェルドンはを抱えた研究者なのかという指摘がある。 それに対して制作側は、シェルドンは「シェルドニー」(Sheldony、シェルドン的なと言った意味)として描写しているのみであり、アスペルガーとラベリングしてほしくないと発言している。 を尊敬しており、彼を「唯一自分と同等の知性を持った人間」と豪語している。 ペニー 演 - 、日本語吹替 - レナードとシェルドンの向かいの部屋で暮らすブロンドの美女。 なぜか苗字はいまだに不明。 普段はチーズケーキ・ファクトリー というレストランでウェイトレスとして働いている。 度々金欠に陥り、レナードやシェルドンたちに食事を世話になったり、彼らのの電波を利用させてもらったりしている。 レナードやシェルドン、並びに彼らの家に出入りするハワードやラージに対して、オタクに対する偏見をあまり持たずに、彼らと友好的な関係を保っている。 バーナデットやエイミーもしばしば奇妙な言動を見せるが、それに対しても温かく接する。 とはいえ彼らがあまりに風変りな行動をとった時は皮肉で対応している。 レナードらと違って学歴が低いことを幾らか気にしているようで、初めてレナードと交際していた頃、本当は中退したコミュニティカレッジを卒業したと嘘を付いていた。 レナードが「学歴の高い女性でないと満足しない」と誤解した末に別れたこともある。 その後はの授業をパートタイムで受講するなど、彼女なりに努力をしている。 レナードと一旦は別れるも、シーズン2最終話でレナードが北極の調査旅行に行ってしまうと知って彼への愛に気付き、シーズン3で再び交際を始めたが再び破局。 その後、シーズン4でレナードがプリヤと交際を始めて以降は、レナードと別れたことは失敗だったと語った。 レナードがプリヤと別れた後に、再びレナードとデートを重ね、今度こそ互いの齟齬を乗り越えようと努力している。 一番好きな映画は「映画版セックス・アンド・ザ・シティー」である。 レギュラー放送も好きでレナードに無理やり全シーズンを見せるほどである。 レナードたちが好きなアメコミ、SFドラマなどに殆ど興味はないが、付き合いで見ているうちに知識が増えており、オタク話が理解できるようになっている自分自身に戸惑う場面もある。 また、「」だけは好きで見ている。 を目指しているが、才能は皆無であると周囲からは思われており、また本人はそれに無自覚であるように描写されている。 主な女優としてのキャリアはボーリング場で演じたアンネフランク役、痔のCM、海外ドラマ「NCIS」でのウェイトレス役(しかしオンエアの際はカットになってしまった)映画「恐怖の変態ゴリラ」パート1、パート2の主役である。 特にゴリラ映画は極一部の人たちにカルト的な人気がありシーズン10では出演者としてコミコンにも参加している。 パート2にウィル・ウィトンも出演し、ペニーとの初共演を果たしている。 シーズン7では女優としてのキャリアに悲観的になり、酔ったうえでレナードにプロポーズした。 その際は、レナードは返事をしなかったが、シーズン7終盤ではレナードがペニーに改めてプロポーズし、婚約した。 シーズン8より、バーナデットに紹介された製薬会社の営業として働き始める。 当初は不採用だったが、帰り際に面接官のダン(スティーヴン・ルート )とバーナデットの性格のことで意気投合したため採用された(恐らくダンが味方が欲しかったため)。 転職後はレナードの2倍の月給があるなど安定した収入を得ているものの仕事内容自体はあまり好きではないと度々話すシーンがあり再転職を考えているが、カードローンの返済の為と割り切って働いている。 ハワード・ジョエル・ウォロウィッツ 演 - 、日本語吹替 - 大学で、応用物理学のをしている。 工学の修士号をから取得しているが、博士号を取得していないことを理由に、シェルドンらから度々からかいを受けている。 作中では役に立たない機械を発明することも多いが、に選ばれる、で用いられる機械類の製作を行うなど、エンジニアとしては一流。 口煩い母親と長年二人暮らしで、毎日大声で言い争う日常を送っていた。 反面、かなりのでもある。 マッシュルームカット風の直毛だが、本来はクルクルウェーブの毛質をストレートにスタイリングしている。 ナッツ・アレルギーがあり、ナッツ類を食べると顔が膨れ上がる。 女好きで、美女を見つけると必ず口説いているが、あまり成功した試しがない。 また、自分ではたくさんの外国語を話せると思っているが、実際はあまり通じていない。 手話も多少は操ることができる。 性格は一見するとお調子者だが、繊細な一面も持ち合わせている。 これは11歳の時に父親がハワードとその母を捨て、家を出て行ったためで、父の出奔はハワードに暗い影を投げかけている。 自分は幸せな家庭を築きたいと強く願っており、手品など子供に受けのいい趣味を持っているのもそのためである。 父の出奔の理由は不明だが、ハワードが18歳の時に父から手紙が届いている。 自分と母を捨てた父を許せないハワードは開封せずに保存しておいたのだが、偶然、シェルドンが中身を知ってしまい、レナード、ペニー、ラージ、バーナデット、エイミーも中身を知ることとなる。 手紙の詳細はハワードの希望により伏せられたが、内容は父がハワードのことを大切に思っていたことを伺わせるものであった。 ハワードの父と別の女性との間に生まれた腹違いの弟がひとりおり、ハワードの母の死により、持ち家の権利での諸々の手続きの過程で存在をしりハワードの前に現れる。 ハワードは初め警戒し早く帰らせようとするも弟が宇宙飛行士である兄に尊敬の念を示した途端打ち解け、いつか再会することを約束した。 ペニーの紹介でバーナデットと知り合い、交際する。 途中、子どもを持つことに対する考えの違いや、ハワードの女性に関する嘘が露見するなどのトラブルがあったが、それら挽回するために情熱的に振る舞い、最終的に彼女と結婚した。 レナードやシェルドンらと同様ゲームが好きで、彼らとはなどの古典的なゲームからなどのTVゲームまで、幅広く一緒に遊んでいる。 また、工学の知識を用いて、オタク趣味の玩具や機械の製作も度々行っている。 しかし、そうした活動の一環で、多額の家計をつぎ込んでフィギュア製作のために3Dプリンターを購入するなどし、バーナデットを激怒させてしまったりとトラブルも起こしがちである。 学部卒業後、最初はに通ったが、血を見ると気分が悪くなる体質のため中退している。 音楽の才能もありピアノの腕は一級品で、バーナデットへの曲を記念日に披露し彼女を感動させた程である。 ラージとは「月面の足跡」というバンドを組んでおりデビュー曲は「ソウ対インディジョーンズ」。 シーズン10よりシェルドンのネット番組「旗で遊ぼう」にもバンドで参加している。 シーズン9で、バーナデットが妊娠した事を知る。 シーズン10にて長女「ハレー・ウォロウィッツ」が生まれる。 名前の由来は「ハレー彗星」から命名。 シーズン11では第二子で長男「ニール・マイケル・ウォロウィッツ」が生まれる。 名前の由来は、ニールはアームストロングやダイヤモンドなど著名なニールから、マイケルはバーナデットの父親より命名。 ラジェッシュ・ラーマヤーナ・クースラポリ 演 - 、日本語吹替 - の出身。 専門は素粒子論的宇宙論。 イングランドのケンブリッジ大学で宇宙物理学に触れ、学問を志した。 インドにある実家は産婦人科医院を開業しており極めて裕福、親の仕送りで贅沢をして暮らしている。 6人兄弟の三男坊。 生粋のだがが苦手で、人ごみ嫌いのためインドに帰国することを嫌がっている。 パーティーを企画・主催することも好きで本人曰く「宇宙物理学者になるかパーティープランナーになるか最後まで迷った」とのこと。 スチュワートのお店でのハロウィンナイト、任務遂行レース、犯人当て殺人ディナー、トムハンクス・ギビングなどを企画・開催するもレナード達にあまり評判はよくない。 テーマを持ったパーティー好きは母親の影響である。 雑誌「」で「最も優秀な30歳未満の30人」の1人に選ばれる、カリフォルニア工科大学の新規のの最終候補者に選ばれるなど、科学者としては優秀。 シェルドン同様、を尊敬している。 親族以外の女性とは、長らく、を飲んだ時あるいはそう思い込んだときのみしか話すことが出来ない体質であった。 そのため目の前に女性がいる時は、ハワードに逐一耳打ちをして、発言を代弁してもらっていた。 よく行動をともにしていたハワードの結婚や、シェルドンとレナードがガールフレンドを得たことで孤独を感じていたが、ハワードとバーナデットからをプレゼントされてからは、充実した生活を送っている。 犬はシナモンと名付けられ溺愛しているが、ラージが恋人のエミリーか犬のシナモンどちらに言った台詞かを当てるゲーム「クイズ・エミリーかシナモンか」を出題されるなど、その溺愛ぶりをハワードたちに度々からかわれている。 しばしば女性的な物言いをしたり、また普段から女性が好みがちとされるものに興味を示すことが多いため、周囲の人々からは何かと疑惑を持たれている。 彼自身の家族も、長年彼をゲイだと思い込んでいた。 しかし、本人曰くなだけであり、恋愛対象は女性であるとのこと。 レナードとペニーが破局していた時に、アルコールの勢いでペニーとベッドを共にしたことがある。 翌朝それをレナードとシェルドンに見つかり、一時彼らとの関係もぎくしゃくしてしまう。 ただし、酔って記憶をなくしていたペニーやレナードは二人がセックスをしたものと考えていたが、実際は彼がペニスを挿入する前に射精してしまったため、二人は肉体関係はなかったと判明した。 シーズン6で、ルーシーという同じく対人関係に問題を抱えた女性と交際し、しばらくは良好な関係にあったが、シーズン6の最終話で破局。 しかしルーシーと別れた際、悲嘆に明け暮れているうちに、酒なしでも女性と話すことができるようになる。 シーズン7からは医師のエミリーと交際している(シーズン4に登場し、ラージと交際していたエミリーとは別人)。 シーズン9で知り合ったクレアとも交際を始め、エミリーと二股をかける。 後にクレアを選んでエミリーに別れを告げるが、結局はエミリーの泣き落としに負けてよりを戻した。 シーズン10ではエミリー、クレアともに破局している。 音楽の才能もありハワードとは「月面の足跡」というバンドを組んでいる。 パートはアコースティックギター。 バーナデット・メリーアン・ロステンコウスキ・ウォロウィッツ 演 - 、日本語吹替 - ペニーのチーズケーキ・ファクトリーの同僚で、友人。 ポーランド系アメリカ人。 非常に小柄な女性。 初登場時は大学院生で、を研究していた。 後に博士号を取得し、一流の製薬会社に就職した。 女性との出会いを求めるハワードの嘆願を受け入れ、ペニーがバーナデットを紹介して二人の付き合いが始まる。 途中、ハワードがネットゲームでバーチャルセックスをしているのを発見して破局したり、彼のマザコンぶりが原因で険悪な関係に陥るといったトラブルがあったものの、シーズン5でハワードのプロポーズを受け入れ結婚する。 当初は比較的物静かな性格の女性という描写だったが、感情的になると普段の愛らしい声色が一変し、ハワードの母にも似た怒鳴り声をあげるなど徐々に変化。 シーズンが進むごとに性悪な姿が度々描写されるようになり、ハワードの宇宙行きを強引に阻止しようとする、酔った自分の父親を怒鳴りつける、会社の上司から恐れられている、といったシーンがあり初登場時とは大きくキャラクターが変化している。 ディズニープリンセスの中ではシンデレラが好き。 ゲーム機は任天堂Wiiが好き。 父親は強面の元警察官で、軟弱なハワードを娘の恋人としてはなかなか認めようとはしなかったが、宇宙飛行士に選ばれた事により一目置くようになる。 シーズン9で、ハワードの子を妊娠する。 シーズン10にて長女「ハレー・ウォロウィッツ」を出産。 名前の由来は「ハレー彗星」から命名。 シーズン11では第二子で長男「ニール・マイケル・ウォロウィッツ」を出産。 名前の由来は、ニールはアームストロングやダイヤモンドなど著名なニールから、マイケルはバーナデットの父親より命名。 エイミー・ファラ・ファウラー 演 - 、日本語吹替 - シーズン3最終話から登場するシェルドンのガールフレンド。 で学んだ脳神経学者。 ハワードとラージが出会い系サイトで検索して探し出し、シェルドンに紹介する。 シェルドンと同様、その特徴的な性格から幼少時より友人は少なかった。 そのため、まだ付き合いの浅いうちからペニーを親友と呼び、困惑させた。 また、シェルドンが男児が好む玩具やコミックブックに極端に傾倒するのと同じく、エイミーもティアラや女子会、メイド・オブ・オナーといった、女児や女性が好むものに強く惹かれる傾向にある。 シェルドンとは互いの知性を尊重し合い、意気投合している。 シェルドンに意見を言うことができ、受け入れられることのある数少ない人物である。 シェルドンと出会った当初は、恋人を作れという周囲の声を黙らせるための偽装交際が目的であり、婚前交渉はしないと宣言していた。 その点ではシェルドンと完全に合意していた。 またシェルドンと同様に潔癖なため、子供をもうけることになっても体外受精と代理母による出産を考えていると発言していた。 が、交際を進めるうちに、シェルドンにキスを迫る、風邪を引いたと嘘をつき介抱をシェルドンに頼む、その嘘の代償としてのスパンキングを喜ぶなど、シェルドンとの性的な接触にも興味を持つようになる。 二年以上の交際を経てシェルドンからの信頼を勝ち取り、シェルドンが職場における緊急時の連絡先としてエイミーを指名したことを示す文書をバレンタインデーのプレゼントとして渡され、強く感動した。 シェルドンの母メアリーとは初対面から良好な関係を築いている。 祖母とは初対面こそお互い嫌い合っていたがシェルドンのエイミーへの確かな愛情を祖母が知り和解。 祖母は渋々二人の交際を認めることに。 シーズン8最終話にて、なかなか進展しないシェルドンとの関係や態度に疲れ果て距離を置きたいと言う。 シーズン9の1話にてシェルドンの身勝手な言動に侮辱を感じ激怒、別れを告げ破局する。 その後何人かとデートを重ねるもお互いへの愛情を再確認しシェルドンと復縁した。 復縁してから最初の自身の誕生日に、ついにシェルドンにバージンを捧げた。 シーズン10ではアパートが水道管の破裂により水浸しになった事を切っ掛けに、シェルドンを実験と言いくるめ、ペニーの部屋で念願だった同棲生活を開始する。 カリフォルニア工科大学 [ ] レズリー・ウィンクル 演 - 、日本語吹替 - で働く実験物理学者の女性。 シェルドンとは馬がまったく合わず、彼のことを「おバカさん」や「マヌケ博士」さらに「坊や」と呼び、よく口論を繰り広げる。 性に関しては開放的で、一時期レナード(その後ハワード)とだったが、レナード本人は付き合っていると思っていた。 バリー・クリプキ 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の物理学者。 シェルドンをライバル視しており、事あるごとに張り合っている。 少々嫌味な性格。 趣味は腹話術、ロッククライミング、フェンシング。 女性好きで対象年齢も広く、レナードの母ビバリーまで恋愛対象にしている。 一時期エイミーにも興味を抱いていた。 話し方が特徴的で、ラージから「あれはどこの方言?」と言われたり、Siriの音声認識が正常に機能しないほどである。 バート・キブラー 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の地質学者。 元々はエミリーの友人で、エミリーを通じてシェルドンたちと知り合う。 地質学を学問と認めていないシェルドンからは、存在をほぼ無視されている。 シーズン11ではハワード、ラージのバンド「月面の足跡」に加入している。 ラモーナ・ノイツキー 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学の物理学者。 初登場時(シーズン2第6話)には大学院生だったが、シーズン10の時点ではシェルドンの同僚になっている。 学生時代からシェルドンに恋しており、シーズン10最終話ではランチの席で突然シェルドンにキスをする。 結果、それがきっかけとなりシェルドンがエイミーへのプロポーズを決心した。 ジャニーン・デイヴィス 演 - 、日本語吹替 - カリフォルニア工科大学人事課の責任者。 レナードやシェルドンたちがトラブルを起こすたびに、彼らを呼び出して警告を与えている。 主要人物の家族 [ ] レナードの家族 ビバリー・ホフスタッター 演 - 、日本語吹替 - レナードの母親。 を専門とする精神科医。 非常に論理的な思考回路の持ち主で、他人をすぐさま分析しそれを遠慮なく指摘するという、シェルドンそっくりな性格。 この性格により、レナードに多くのトラウマを植え付けている。 シェルドンとはとても馬が合い、息子であるレナードがしばしば彼を羨ましがるほどである。 実際、離婚することをレナードよりも前にシェルドンに告げ、レナードを深く落胆させている。 レナードの家族は皆、社会的地位の高い人間と交際していたことから、レナードはビバリーがペニーとの交際を認めないのではないかと恐れ、関係を隠していた。 が、ペニーと話したビバリーは彼女を認め、かわいいお嬢さん(my homegirl)と呼び、彼女との交際を続けるように言っていた。 シーズン9ではレナードとペニーがラスベガスで黙って結婚式を挙げた事を知り、誘われなかった事に侮辱だとショックを受ける。 その後ペニーはビバリーのために二度目の挙式をする事を提案、喜んで参加すると伝えた。 シェルドンの母メアリーとは信仰心の見解の相違から犬猿の仲である。 アルフレッド・ホフスタッター 演 - 、日本語吹替 - レナードの父親。 シーズン9最終話から登場。 ビバリーとは熟年離婚しており、今は犬猿の仲。 レナードの結婚式前夜、シェルドンの母メアリーと意気投合するもシーズン10の1話で肉体関係は否定している。 シェルドンの家族 メアリー・クーパー 演 - 、日本語吹替 - シェルドンの母親。 息子のシェルドンが科学を崇拝しているのとは対照的に、福音派のキリスト教根本主義者である。 観光でカリフォルニアを訪れた際も教会に行って祈りを捧げている。 シェルドンからは「ママのことは愛してるが、ママの信じるものを軽蔑しているだけだ」と言われている。 厳しく躾けられてきたため、シェルドンは大人になった今でも彼女に頭がまったく上がらない。 シーズン8では別のシットコムに出演のため出演していない。 レナードの母ビバリーとは信仰心の見解の相違から犬猿の仲である。 シーズン9最終話でレナードの父アルフレッドと意気投合するも、シーズン10の1話で肉体関係は否定している。 時折をすることがあり、レナードなどにたしなめられる場面がある。 ミッシー・クーパー 演 - シェルドンの双子の妹。 シーズン1第15話で友人の結婚式に参列するためパサデナを訪れる。 レナードたちを一目で魅了する、長身で魅力的な女性。 周りの友人達には兄はロケット科学者だと説明し、自慢にしている。 シェルドンのことを「シェリー」を呼ぶ。 ジョージー・クーパー 演 - シーズン11第23話にてついに登場したシェルドンの兄。 弟のシェルドンとはずっと疎遠になっていたがシェルドンの結婚を機に再び連絡を取り合うように。 シェルドンの事は嫌っているが、実は兄としてとても気にかけ、弟が好きなように生きるために家計などを陰から支えていた。 レナードの仲裁により関係を修復し、シェルドンの結婚式にも参列した。 今作に度々本人役で出演しているウィル・ウィートンとは名作映画「スタンド・バイ・ミー」でも共演していた繋がりがある。 ペニーの家族 ワイアット 演 - 、日本語吹替 - ペニーの父親。 野球をさせるなどペニーを男の子のように育てた。 ビバリーによると、ワイアットによるこうした教育はペニーの人格形成に大きな影響を与えているとのこと。 レナードと破局後のペニーを訪ねてきた折、ペニーはレナードをボーイフレンドと偽って紹介した。 やがて嘘はばれてしまい、ワイアットは二人を厳しく叱るそぶりを見せたが、その後レナードと二人きりになると、娘が過去に付き合っていたヒッピーや離婚経験者を快く思っていなかった彼は、レナードに彼女のことを諦めないで欲しいと懇願した。 シーズン10の1話ではレナードとペニーの二度目の結婚式にペニーの母、兄と共に出席した。 ハワードの家族 デビー・メルビーナ・ウォロウィッツ 演 - 、日本語吹替 - ハワードと同居していた母親。 ハワードが11歳の時に夫が家を出て行った。 それ以降ハワードを溺愛し、失うことを強く恐れている。 大のクイズ番組好き。 得意料理はブリスケットとラムシチュー。 作中では基本的に画面の外から怒鳴り声を上げるのみで姿を現さなかったが、シーズン6で後ろ姿を初めて見せた。 ハワードが宇宙から戻ってきた時は彼女の部屋の窓から情事の後の歯医者が出てきた事がある。 シーズン8ではハワードが母のためにと買ってきた健康器具が2階の階段から落ち、激突した事で寝たきりになる。 ハワード、バーナデットは面倒が見切れず介護士を雇うも誰も長続きせず困っていた所に住む場所をなくしたスチュワートが介護のために住み込みに。 しばらくはお互いに「デヴィー、スチューイ」と呼び合う程の仲になった。 その事に対してハワードはあまり良く思っておらず「不適切な関係だ」と激高するシーンもあった。 演じるキャロル・アン・スージーの死に伴い、シーズン8第15話にて、母が亡くなったことを告げる叔母からの電話をハワードが受けるシーンをもって物語を去る。 ラージの家族 プリヤ・クースラポリ 演 - 、日本語吹替 - シーズン4から登場したラージの妹。 イングランドのケンブリッジ大学を首席卒業した才媛で、弁護士として働いている。 初登場以前からレナードらとは面識があったことになっており、作中での初登場は彼らとの再会として描かれた。 再会後、すぐにレナードと一夜を明かす。 その後レナードから関係を続けたいといわれるが、帰国のため一旦は断っている。 暫くして仕事でカリフォルニアに戻り、レナードと正式に交際。 だが再び帰国し、レナードとは最終的に破局した。 その他 [ ] 演 - ウィル・ウィトン(本人)、日本語吹替 - 『』でを演じた俳優。 かつてはスタートレックファンであるシェルドンの憧れの存在であったが、彼が楽しみにしていたイベントへの出演をドタキャンしたことにより、「宿敵」として長年シェルドンの恨みを買っていた。 初対面となった大会の対戦では、積年の恨みをぶつけたシェルドンに対し、当時はやむを得ない事情があったのだと説明。 そこで同情したシェルドンがわざとゲームに負けてやったのだったが、直後に今の発言はゲームに勝つための嘘であると自ら暴露し、シェルドンはさらに大激怒。 それ以来、会うたびにいがみ合っていた。 後に、ウィルがシェルドンにドタキャンの件の謝罪と共に、自らサインしたウェスリーの未開封フィギュアをプレゼントしたことで和解し、彼の友人となった。 この場に居合わせた役のによってフィギュアは開封されてしまい、ブレント・スパイナーがシェルドンの新たな宿敵として認定されている。 その後も度々登場し、シェルドンのネット番組「旗で遊ぼう」に出演したり、ハワードのバチュラーパーティに出席、映画「恐怖の変態ゴリラ」パート2出演、『』をスタートレックのコスプレで鑑賞したりしている。 スチュアート・ブルーム 演 - 、日本語吹替: コミックブックストアを経営する独身男性で、レナードたちとは馴染みの仲。 を卒業しており、イラストレーターとしての腕も高いが、生活に困窮している様子。 やなど様々な著名人とコネクションがある。 生真面目で物腰の柔らかい性格のため、しばしば強引な値切りに応じてしまうこともある。 しかし生活費に事欠くと、店の商品から自分の身の周りのものまで、何かと周りの人間に売りつけようとする。 ハワードが国際宇宙ステーションに滞在していた時は、そのせいで孤独を感じていたラージと親しくし、ラージのアパートで同居もしていた。 シーズン7において、コミックブックストアを火事で焼失した。 住居を失い、生活が困難に陥っていたところ、ハワードの紹介でハワードの実家に住みはじめた。 ウォロウィッツ夫人が怪我で介護を必要としていたにもかかわらず、夫人の個性から介護人が定着しなかったためである。 シーズン8では、ウォロウィッツ夫人と非常に親密になったことが示されたが、ハワードはこれをあまりにも親密すぎると感じ、不快に思っている。 コミックブックストアはウォロウィッツ夫人の援助により、無事に再開した。 シーズン9でウォロウィッツ夫人が亡くなり、その後もしばらく居候を続けたものの一旦は巣立っていったがシーズン10ではハワード宅にて再び居候生活を開始。 はじめての育児で奮闘するハワードやバーナデットの助けとなるなど家族同然のような関係になっている。 ザック・ジョンソン 演 - ブライアン・トーマス・スミス、日本語吹替 - ペニーの元カレ。 マッチョなイケメンだが、頭は良くない。 当初はペニーと別れたりくっついたりを繰り返していたが、ペニーがレナードと本格的に付き合うようになってからはあまり出番がなくなった。 実は本人達も覚えてなかったが、ペニーと酔って結婚しており、感謝祭に呼び出して婚姻解消した事がある。 またラージが二股をかけていた時、バーで出会い余計なことを言ってしまうこともあった。 ルーシー 演 - 、日本語吹替 - スチュアートのコミックブック店で、バレンタインデーに独身者のみのパーティーが開かれた際にラージが出会った女性。 後にラージと交際を始め、何度かデートを重ねるも、シーズン6最終話で破局。 彼女の性格か何らかの病によるものかは不明であるが、極端な人見知りで、パニックに陥るとトイレに籠る癖がある。 シーズン10ではラージが元カノ達を集めた食事会を開いた際に参加し、ラージの無理強いする所が嫌で破局した事を告白している。 エミリー・スウィーニー 演 - 、日本語吹替 - シーズン7から登場する女性キャラクター。 皮膚科医として働き、ラージと付き合っている。 女性的な物を好むラージとは対照的に、スプラッター系の物を好む傾向があり、皮膚科医になったのも公式に人の皮膚を切れるからだと冗談交じりに発言している。 その趣向は性癖にも現れており、スプラッター系映画を見る、墓場でセックスすると興奮すると発言しラージを困惑させた。 背中に「ナイトメア・ビフォ・クリスマス」のキャラクター、サリーのタトゥーが入っており、自分の手足を縫い合わせる所が気に入っている。 オンラインマッチングサービスでラージと知り合う。 当初は、ラージがエイミーを代役に立ててエミリーにコンタクトをとろうとしたことを「消極的すぎる」と考え、ラージと付き合おうとはしなかった。 が、後に再会し、ラージが謝罪したことで交際が始まった。 エイミーとはハーバード大学が母校であることや、趣味、好きな作家など、共通点がある。 シーズン9で、バレンタイン前日にラージから別れを告げられるものの結局はよりを戻す。 シーズン10では再びラージと破局して、ラージが開いた元カノ達との食事会に参加した際はラージとのセックスが物足りない事を理由に破局したと語り、既に別の彼氏がいる事も告白した。 クレア 演 - アレッサンドラ・トレサーニ、日本語吹替 - シーズン9から登場。 脚本家を目指している美人のバーテンダー。 スチュワートのコミックブック店でラージと出会い、意気投合。 当初は脚本のアドバイスをもらうという理由で会っていたが、いつしか付き合うことに。 ラージにエミリーという恋人がいることは納得の上で付き合い始めたが、シーズン10では破局。 ラージが開いた元カノ達との食事会に参加した際はラージの頼りなくマザコンな部分が嫌で破局したと語り、ラージと二股をかけていた相手と今は付き合っていると告げた。 エピソード一覧 [ ] シーズン一覧 [ ] シーズン エピソード 米国での放送日 初回 最終回 17 2007年9月24日 2007-09-24 2008年5月19日 2008-5-19 23 2008年9月22日 2008-09-22 2009年5月11日 2009-5-11 23 2009年9月21日 2009-09-21 2010年5月24日 2010-5-24 24 2010年9月23日 2010-09-23 2011年5月19日 2011-5-19 24 2011年9月22日 2011-09-22 2012年5月10日 2012-5-10 24 2012年9月27日 2012-09-27 2013年5月16日 2013-5-16 24 2013年9月26日 2013-09-26 2014年5月15日 2014-5-15 24 2014年9月22日 2014-09-22 2015年5月7日 2015-5-7 24 2015年9月21日 2015-09-21 2016年5月12日 2016-5-12 24 2016年9月19日 2016-09-19 2017年5月11日 2017-5-11 24 2017年9月25日 2017-09-25 2018年5月10日 2018-5-10 シーズン1 (2007年 - 2008年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 (万人) 1 1 オタク青年4人とセクシー美女の法則 Pilot James Burrows 2007年9月24日 2007-09-24 952 2 2 潔癖症と散らかった部屋の法則 The Big Bran Hypothesis Mark Cendrowski 2007年10月1日 2007-10-01 858 3 3 オタク青年と片思いの法則 The Fuzzy Boots Corollary Mark Cendrowski 2007年10月8日 2007-10-08 836 4 4 オタク青年と母親の法則 The Luminous Fish Effect Mark Cendrowski 2007年10月15日 2007-10-15 815 5 5 オタク青年とお似合いカップルの法則 The Hamburger Postulate Andrew D. Weyman 2007年10月22日 2007-10-22 881 6 6 オタク青年とハロウィーン・パーティーの法則 The Middle-Earth Paradigm Mark Cendrowski 2007年10月29日 2007-10-29 892 7 7 4-1=0の法則 The Dumpling Paradox Mark Cendrowski 2007年11月5日 2007-11-05 968 8 8 オタク青年とアルコールの法則 The Grasshopper Experiment 2007年11月12日 2007-11-12 932 9 9 オタク青年とプレゼンの法則 The Cooper-Hofstadter Polarization 2008年3月17日 2008-03-17 911 10 10 ウソから出たウソの法則 The Loobenfeld Decay Mark Cendrowski 2008年3月24日 2008-03-24 863 11 11 病院から逃げるための法則 The Pancake Batter Anomaly John F. 何でもありの木曜日の法則 The Anything Can Happen Recurrence Mark Cendrowski 2014年4月24日 2014-04-24 1,644 157 22 スター・ウォーズ・デーの法則 The Proton Transmogrification Mark Cendrowski 2014年5月1日 2014-05-01 1,607 158 23 ボクらの解決策の法則 The Gorilla Dissolution Peter Chakos 2014年5月8日 2014-05-08 1,442 159 24 万物流転の法則 The Status Quo Combustion Mark Cendrowski 2014年5月15日 2014-05-15 1,673 シーズン8 (2014年 - 2015年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 (万人) 160 1 旅の終わりの法則 The Locomotion Interruption Mark Cendrowski 2014年9月22日 2014-09-22 1,808 161 2 シェルドンの講義の法則 The Junior Professor Solution Mark Cendrowski 1,830 162 3 カップルの相性の法則 The First Pitch Insufficiency Mark Cendrowski 2014年9月29日 2014-09-29 1,644 163 4 コミックストア出資の法則 The Hook-Up Reverberation Mark Cendrowski 2014年10月6日 2014-10-06 1,594 164 5 集中力向上の法則 The Focus Attenuation Mark Cendrowski 2014年10月13日 2014-10-13 1,563 165 6 苦手克服の法則 The Expedition Approximation Mark Cendrowski 2014年10月20日 2014-10-20 1,602 166 7 行き違いの法則 The Misinterpretation Agitation Mark Cendrowski 2014年10月30日 2014-10-30 1,625 167 8 大人のプロムの法則 The Prom Equivalency Mark Cendrowski 2014年11月6日 2014-11-06 1,656 168 9 内緒の手術の法則 The Septum Deviation Anthony Rich 2014年11月13日 2014-11-13 1,690 169 10 "旗で遊ぼう"最終回の法則 The Champagne Reflection Mark Cendrowski 2014年11月20日 2014-11-20 1,461 170 11 クリスマスの奇跡の法則 The Clean Room Infiltration Mark Cendrowski 2014年12月11日 2014-12-11 1,549 171 12 宇宙探査機の消息の法則 The Space Probe Disintegration Mark Cendrowski 2015年1月8日 2015-01-08 1,811 172 13 最適なストレスレベルの法則 The Anxiety Optimization Mark Cendrowski 2015年1月29日 2015-01-29 1,725 173 14 ネット荒らしの法則 The Troll Manifestation Mark Cendrowski 2015年2月5日 2015-02-05 1,709 174 15 コミックストア再オープンの法則 The Comic Book Store Regeneration Mark Cendrowski 2015年2月19日 2015-02-19 1,749 175 16 恋に落ちる心理学の法則 The Intimacy Acceleration Mark Cendrowski 2015年2月26日 2015-02-26 1,667 176 17 火星移住の法則 The Colonization Application Mark Cendrowski 2015年3月5日 2015-03-05 1,817 177 18 残り物の晩餐の法則 The Leftover Thermalization Mark Cendrowski 2015年3月12日 2015-03-12 1,613 178 19 スカイウォーカー侵略の法則 The Skywalker Incursion Mark Cendrowski 2015年4月2日 2015-04-02 1,389 179 20 要塞建築の法則 The Fortification Implementation Mark Cendrowski 2015年4月9日 2015-04-09 1,478 180 21 エイリアンへのメッセージの法則 The Communication Deterioration Mark Cendrowski 2015年4月16日 2015-04-16 1,482 181 22 卒業式のスピーチの法則 The Graduation Transmission Anthony Rich 2015年4月23日 2015-04-23 1,463 182 23 子育て対決の法則 The Maternal Combustion Anthony Rich 2015年4月30日 2015-04-30 1,385 183 24 一大決心の法則 The Commitment Determination Mark Cendrowski 2015年5月7日 2015-05-07 1,464 シーズン9 (2015年 - 2016年) [ ] 通算 話数 タイトル 原題 監督 米国放送日 視聴者数 (万人) 184 1 勢いで結婚の法則 The Matrimonial Momentum Mark Cendrowski 2015年9月21日 2015-09-21 1,820 185 2 揺れ動く距離の法則 The Separation Oscillation Mark Cendrowski 2015年9月28日 2015-09-28 1,523 186 3 独身さよならパーティーの悲劇の法則 The Bachelor Party Corrosion Mark Cendrowski 2015年10月5日 2015-10-05 1,540 187 4 2003年をインストールの法則 The 2003 Approximation Mark Cendrowski 2015年10月12日 2015-10-12 1,496 188 5 エクササイズ導入の法則 The Perspiration Implementation Mark Cendrowski 2015年10月19日 2015-10-19 1,468 189 6 ヘリウムを手に入れろ! また、2009年9月よりスタートしたシーズン3では、前年の視聴率を約40%増しの高視聴率を記録。 現在、米エンタメ業界で高い評価を受けている(視聴者からも批評家からも好まれる)人気コメディ番組として注目を集めている。 スピンオフ [ ] 2017年から、シェルドンの子供時代を描く『』が放送されている。 その他 [ ]• 本作で扱われるオタクネタは、『』、『』といった定番ものから、『』、『』、『』、『』、『』といったTV・映画ジャンル、『』といったTVゲームにいたるまで、まさに多種多彩である。 TVシリーズながら人気のゲスト・スターが登場することでも話題になっている。 シーズン2に、『』の(本人役)、『』の(本人役)、『』のサム・アンダースこと、カーラ・スレイス中尉こと、『』『』の『』のらが出演している。 役者以外にも科学技術分野の著名人が本人役で出演することもある。 シーズン2 - 17:(2006年ノーベル物理賞受賞者)• シーズン4 - 2:(エンジニア。 共同創業者。 シーズン4 - 7:(。 館長で、シェルドンから「あなたのせいでは惑星から格下げされた」と言われた)• シーズン5 - 21、シーズン10-9、シーズン11-1:(英国の理論物理学者)• シーズン5 - 23:(NASA飛行士)• シーズン6 - 5:(NASA飛行士)• シーズン9 - 9:(実業家。 ならびに創業者。 シーズン11 - 18:(実業家。 創業者。 ) など。 エイミー・ファラ・ファウラー役のは、役柄と同じく、実際に神経科学の博士号 Ph. D を取得している。 ビアリクは、シチュエーション・コメディ『』の主人公ブロッサム・ルソー役としても知られている。 本作シーズン1のエピソードでは、「テレビドラマのブロッサムに主演してた子は、すごく頭がいい。 神経科学か何かで博士号を取った」とラージがラブコールを送るシーンが存在する。 彼女は実際に自分の神経科学分野に関する台詞をチェックしており、実際と台本が違う場合は脚本家に指摘する。 物理学に関係する会話は監修がついている。 でとの教授をしているが、台本の段階から数学の方程式などが正しいかをチェックしている。 オープニング主題歌を歌うのは、カナダ・トロント出身のオルタナティブ・ロックバンド、。 作品中で恋人同士になるジョニー(レナード役)とケイリー(ペニー役)は、プライベートでも周囲に秘密で付き合っていた。 関係を解消し友人に戻って後に、ケイリーがテレビ番組のインタビューで明らかにした。 シーズン2-06「物理オタクと女学生の法則 The Cooper-Nowitzki Theorem 」で、シェルドンを崇拝する女学生ラモーナがシェルドンをからかいに来たレスリーを追い払う大学カフェテリアのシーンで、レスリーは日本の公共放送局のであるのを着用して登場している。 緑地のシャツで、赤い上着が重ね着されており、シャツ上部に雲状に形取られた「どーも」というが見られる。 脚注 [ ] []• Andreeva, Nellie 2018年7月9日. Deadline Hollywood. 2018年7月14日閲覧。 Goldberg, Lesley 2018年8月22日. The Hollywood Reporter. 2018年8月22日閲覧。 後に『』が公開された時はプライベートでもこのネタを行っている。 出典: - 2017年12月19日 2019年4月21日閲覧。 Gorman, Bill 2007年10月3日. TV by the Numbers. 2010年6月14日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月2日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月9日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月16日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 プレスリリース , , 2007年10月30日 , 2008年12月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年10月30日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2007年11月6日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 プレスリリース , , 2007年11月20日 , 2008年12月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年3月18日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年3月25日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年4月1日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年4月15日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 Seidman, Robert 2008年4月22日. TV by the Numbers. 2010年6月12日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月6日 , 2008年12月13日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月13日 , 2008年12月13日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月20日 , 2008年12月13日閲覧。 プレスリリース , , 2008年5月28日 , 2008年12月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年9月23日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年9月30日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2008年10月7日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年10月14日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年10月21日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月11日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2008年11月11日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月25日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年11月25日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月9日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2008年12月16日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年1月13日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2009年1月20日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年2月3日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年2月10日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年3月3日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年3月10日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年3月17日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2009年3月31日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月14日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年4月28日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2009年5月7日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2010年5月12日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年9月22日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年9月29日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2009年10月6日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2009年10月13日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年10月20日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月3日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月10日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月18日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2009年11月24日. 2013年1月5日閲覧。 Seidman, Robert 2009年12月8日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2009年12月15日. 2010年10月25日閲覧。 Seidman, Robert 2010年1月12日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2010年1月19日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2010年2月3日. 2010年10月5日閲覧。 CBS 2010年2月9日. 2010年9月28日閲覧。 CBS 2010年3月2日. 2010年10月25日閲覧。 CBS 2010年3月9日. 2013年1月5日閲覧。 Seidman, Robert 2010年3月23日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Gorman, Bill 2010年4月13日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 Seidman, Robert 2010年5月4日. TV by the Numbers. 2010年6月13日閲覧。 CBS 2010年5月11日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2010年5月18日. 2013年1月5日閲覧。 CBS 2010年5月25日. 2013年1月5日閲覧。 , TV By the Numbers, September 28, 2010• Gorman, Bill 2010年10月1日. TV by the Numbers. 2010年10月1日閲覧。 Seidman, Robert 2010年10月8日. TV by the Numbers. 2010年10月8日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月15日. 2010年10月15日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月22日. TV by the Numbers. 2010年10月22日閲覧。 Gorman, Bill 2010年10月29日. TV by the Numbers. 2010年10月29日閲覧。 Gorman, Bill 2010年11月5日. TV by the Numbers. 2010年11月5日閲覧。 Seidman, Robert 2010年11月12日. TV by the Numbers. 2010年11月12日閲覧。 Seidman, Robert. TV by the Numbers. 2010年11月19日閲覧。 Gorman, Bill. TV by the Numbers. 2010年12月10日閲覧。 Seidman, Robert. TV by the Numbers. 2010年12月28日閲覧。 Gorman, Bill. TV by the Numbers. 2011年1月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年1月21日. TV by the Numbers. 2011年1月21日閲覧。 Gorman, Bill 2011年2月4日. TV by the Numbers. 2011年2月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年2月11日. TV by the Numbers. 2011年2月11日閲覧。 Seidman, Robert 2011年2月18日. TV by the Numbers. 2011年2月18日閲覧。 Seidman, Robert 2011年2月25日. TV by the Numbers. 2011年2月25日閲覧。 Seidman, Robert 2011年3月11日. TV by the Numbers. 2011年3月14日閲覧。 Gorman, Bill 2011年4月1日. TV by the Numbers. 2011年4月1日閲覧。 Steidman, Robert 2011年4月8日. TV by the Numbers. 2011年4月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年4月29日. TV by the Numbers. 2011年4月29日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月6日. TV by the Numbers. 2011年5月6日閲覧。 Gorman, Bill 2011年5月13日. TV by the Numbers. 2011年5月14日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月20日. TV by the Numbers. 2011年5月20日閲覧。 TVbytheNumbers. com. 2011年9月29日閲覧。 Gorman, Bill 2011年9月29日. tvbythenumbers. zap2it. com. 2011年10月1日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月8日. tvbythenumbers. zap2it. com. 2011年10月8日閲覧。 2011年10月14日閲覧。 Seidman, Robert 2011年10月21日. TV by the Numbers. 2011年10月21日閲覧。 Gorman, Bill 2011年10月28日. TV by the Numbers. 2011年10月28日閲覧。 Seidman, Robert 2011年11月3日. TV by the Numbers. 2011年11月4日閲覧。 Seidman, Robert 2011年11月11日. TV by the Numbers. 2011年11月11日閲覧。 Gorman, Bill 2011年11月19日. TV by the Numbers. 2011年11月19日閲覧。 Gorman, Bill 2011年12月9日. TV by the Numbers. 2011年12月9日閲覧。 Seidman, Robert 2012年1月13日. TV by the Numbers. 2012年1月13日閲覧。 Gorman, Bill 2012年1月20日. TV by the Numbers. 2012年1月20日閲覧。 Seidman, Robert 2012年1月27日. Tv by the Numbers. 2012年1月27日閲覧。 Gorman, Bill 2012年2月3日. TV by the Numbers. 2012年2月3日閲覧。 Seidman, Robert 2012年2月10日. TV by the Numbers. 2012年2月10日閲覧。 Gorman, Bill 2012年2月17日. 2012年2月17日閲覧。 Bibel, Sara 2012年2月24日. 2012年2月24日閲覧。 Bibel, Sara 2012年3月9日. 2012年3月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年3月30日. 2012年3月30日閲覧。 Bibel, Sara 2012年4月6日. 2012年4月6日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月27日. 2012年4月27日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月4日. 2012年5月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月11日. TV by the Numbers. 2012年5月11日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年9月28日. TV by the Numbers. 2012年9月29日閲覧。 Bibel, Sara 2012年10月5日. TV by the Numbers. 2012年10月5日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年10月12日. TV by the Numbers. 2012年10月12日閲覧。 TV by the Numbers 2012年10月19日. 2012年10月19日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年10月26日. 2012年10月26日閲覧。 Bibel, Sara 2012年11月2日. 2012年11月2日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年11月9日. TV by the Numbers. 2012年11月10日閲覧。 Bibel, Sara 2012年11月16日. 2012年11月16日閲覧。 Bibel, Sara 2012年11月30日. 2012年11月30日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年12月7日. 2012年12月7日閲覧。 Bibel, Sara 2012年12月14日. 2012年12月14日閲覧。 Bibel, Sara 2013年1月4日. 2013年1月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年1月11日. 2013年1月11日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年2月1日. 2013年2月1日閲覧。 Bibel, Sara 2013年2月8日. 2013年2月8日閲覧。 Bibel, Sara 2013年2月15日. 2013年2月15日閲覧。 Bibel, Sara 2013年2月22日. 2013年2月22日閲覧。 Bibel, Sara 2013年3月8日. 2013年3月8日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年3月15日. 2013年3月15日閲覧。 Bibel, Sara 2013年4月5日. 2013年4月5日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年4月26日. TV by the Numbers. 2013年4月26日閲覧。 Bibel, Sara 2013年5月3日. TV by the Numbers. 2013年5月3日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月10日. 2013年5月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月17日. 2013年5月17日閲覧。 TV by the Numbers. 2013年9月27日閲覧。 Bibel, Sara 2013年10月4日. TV by the Numbers. 2013年10月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年10月11日. TV by the Numbers. 2013年10月11日閲覧。 Bibel, Sara 2013年10月18日. TV by the Numbers. 2013年10月18日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年10月25日. TV by the Numbers. 2013年10月25日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年11月8日. TV by the Numbers. 2013年11月8日閲覧。 Bibel, Sara 2013年11月15日. TV by the Numbers. 2013年11月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年11月22日. TV by the Numbers. 2013年11月22日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年12月6日. TV by the Numbers. 2013年12月6日閲覧。 Bibel, Sara 2013年12月13日. TV By the Numbers. 2013年12月21日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年1月6日. TV by the Numbers. 2014年1月12日閲覧。 Bibel, Sara 2014年1月10日. TV by the Numbers. 2014年1月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年1月31日. TV by the Numbers. 2014年1月31日閲覧。 Bibel, Sara 2014年2月7日. TV by the Numbers. 2014年2月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年2月28日. TV by the Numbers. 2014年2月28日閲覧。 Bibel, Sara 2014年3月7日. TV by the Numbers. 2014年3月7日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年3月14日. TV by the Numbers. 2014年3月14日閲覧。 Adams, Bradley 2014年4月4日. SpoilerTV. 2014年4月4日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年4月11日. TV by the Numbers. 2014年4月11日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年4月25日. TV by the Numbers. 2014年4月25日閲覧。 Bibel, Sara 2014年5月2日. TV by the Numbers. 2014年5月2日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年5月9日. TV by the Numbers. 2014年5月9日閲覧。 Bibel, Sara 2014年5月16日. TV by the Numbers. 2014年5月16日閲覧。 TV by the Numbers. 2014年10月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年10月20日. TV by the Numbers. 2014年10月20日閲覧。 TVbytheNumbers. 2014年10月18日時点のよりアーカイブ。 2014年11月11日閲覧。 TVbytheNumbers. 2014年10月16日時点のよりアーカイブ。 2014年10月16日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年10月21日. TV by the Numbers. 2014年10月23日時点のよりアーカイブ。 2014年10月22日閲覧。 Bibel, Sara 2014年10月31日. TV by the Numbers. 2014年10月31日閲覧。 TVbytheNumbers. 2014年11月7日閲覧。 Bibel, Sara 2014年11月14日. TV by the Numbers. 2014年11月14日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年11月21日. TV by the Numbers. 2014年11月21日閲覧。 Bibel, Sara 2014年12月12日. TV by the Numbers. 2014年12月12日閲覧。 Bibel, Sara 2015年1月9日. The Futon Critic. 2015年1月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年1月30日. TV by the Numbers. 2015年1月30日閲覧。 Bibel, Sara 2015年2月6日. TV by the Numbers. 2015年2月6日閲覧。 Bibel, Sara 2015年2月20日. TV by the Numbers. 2015年2月20日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年2月27日. TV by the Numbers. 2015年2月27日閲覧。 Bibel, Sara 2015年3月6日. TV by the Numbers. 2015年3月6日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年3月13日. TV by the Numbers. 2015年3月13日閲覧。 Bibel, Sara 2015年4月3日. TV by the Numbers. 2015年4月3日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年4月10日. TV by the Numbers. 2015年4月10日閲覧。 Bibel, Sara 2015年4月17日. TV by the Numbers. 2015年4月18日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年4月24日. TV by the Numbers. 2015年4月24日閲覧。 Bibel, Sara 2015年5月1日. TV by the Numbers. 2015年5月1日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年5月8日. TV by the Numbers. 2015年5月8日閲覧。 TV by the Numbers. 2015年9月22日閲覧。 Dixon, Dani 2015年9月29日. TV by the Numbers. 2015年9月29日閲覧。 Porter, Rick 2015年10月6日. TVbytheNumbers. 2015年10月6日閲覧。 Porter, Rick 2015年10月13日. TV by the Numbers. 2015年10月13日閲覧。 Porter, Rick 2015年10月20日. TV by the Numbers. 2015年10月20日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月3日. TV by the Numbers. 2015年11月4日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月6日. TV by the Numbers. 2015年11月6日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月13日. TV by the Numbers. 2015年11月13日閲覧。 Porter, Rick 2015年11月20日. TV by the Numbers. 2015年11月20日閲覧。 Porter, Rick 2015年12月11日. TV by the Numbers. 2015年12月11日閲覧。 Porter, Rick 2015年12月18日. TV by the Numbers. 2015年12月18日閲覧。 Porter, Rick 2016年1月8日. TV by the Numbers. 2016年1月8日閲覧。 Porter, Rick 2016年1月15日. TV by the Numbers. 2016年1月15日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月5日. TV by the Numbers. 2016年2月5日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月12日. TV by the Numbers. 2016年2月12日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月19日. TV by the Numbers. 2016年2月19日閲覧。 Porter, Rick 2016年2月26日. TV by the Numbers. 2016年2月26日閲覧。 Porter, Rick 2016年3月11日. TV by the Numbers. 2016年3月11日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月1日. TV by the Numbers. 2016年4月1日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月8日. TV by the Numbers. 2016年4月8日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月22日. TV by the Numbers. 2016年4月22日閲覧。 Porter, Rick 2016年4月29日. TV by the Numbers. 2016年4月29日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月6日. TV by the Numbers. 2016年5月6日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月13日. TV by the Numbers. 2016年5月13日閲覧。 Porter, Rick 2016年9月20日. TV by the Numbers. 2016年9月21日時点のよりアーカイブ。 2016年9月20日閲覧。 Porter, Rick 2016年9月27日. TV by the Numbers. September 29, 2016時点のよりアーカイブ。 2016年9月27日閲覧。 Porter, Rick October 4, 2016. TV by the Numbers. October 5, 2016時点のよりアーカイブ。 October 4, 2016閲覧。 Porter, Rick October 11, 2016. TV by the Numbers. October 12, 2016時点のよりアーカイブ。 October 11, 2016閲覧。 Porter, Rick October 18, 2016. TV by the Numbers. October 19, 2016時点のよりアーカイブ。 October 19, 2016閲覧。 Porter, Rick October 28, 2016. TV by the Numbers. October 29, 2016時点のよりアーカイブ。 October 28, 2016閲覧。 Porter, Rick November 4, 2016. TV by the Numbers. November 5, 2016時点のよりアーカイブ。 November 4, 2016閲覧。 Porter, Rick November 11, 2016. TV by the Numbers. November 12, 2016時点のよりアーカイブ。 November 11, 2016閲覧。 Welch, Alex November 18, 2016. TV by the Numbers. November 19, 2016時点のよりアーカイブ。 November 18, 2016閲覧。 Porter, Rick December 5, 2016. TV by the Numbers. December 5, 2016時点のよりアーカイブ。 December 5, 2016閲覧。 Porter, Rick December 16, 2016. TV by the Numbers. December 18, 2016時点のよりアーカイブ。 December 16, 2016閲覧。 Porter, Rick January 9, 2017. TV by the Numbers. January 10, 2017時点のよりアーカイブ。 January 9, 2017閲覧。 Porter, Rick January 23, 2017. TV by the Numbers. January 25, 2017時点のよりアーカイブ。 January 23, 2017閲覧。 Porter, Rick February 3, 2017. TV by the Numbers. February 4, 2017時点のよりアーカイブ。 February 3, 2017閲覧。 Porter, Rick February 10, 2017. TV by the Numbers. February 11, 2017時点のよりアーカイブ。 February 10, 2017閲覧。 Porter, Rick February 17, 2017. TV by the Numbers. February 18, 2017時点のよりアーカイブ。 February 17, 2017閲覧。

次の