あ つもり あさり。 臭いの強い「あさり」とそうでないもの違いは?

【業務スーパー】冷凍むきあさり500gの大ファン!絶品アレンジレシピ紹介

あ つもり あさり

業務スーパーの冷凍「むきあさり」 【業務スーパー】冷凍むきあさり 500g 業務スーパーの冷凍コーナーにある「むきあさり500g」を購入しました! むきあさり 500g ¥398(税別) あさりだけが500g入っているなんて贅沢です。 500gは、一度じゃ使い切れない量です。 我が家(大人2人)では、パスタ・スープ・かき揚げ・炊き込みご飯の4回に分けて500gを使い切りました。 家族の人数によって異なるとは思いますが、 3~5回分はあさり料理を楽しめると思います。 コスパは良いですよね! シーフードミックスには、エビ・イカ・あさりが入っていたりしますよね。 業務スーパーの徳用シーフードミックスは今まで何度もリピート買いするほど好きです。 あさり料理って、砂抜きの手間が面倒なんですよね。 しかも、砂抜きがうまくできていないと 砂をジャリっと口の中で感じてしまいます。 砂抜きの手間がいらないだけでなく、砂もほとんどありませんでした! 業務スーパーの冷凍「徳用シーフードミックス」は、何度か砂を噛んでしまった経験があるので、冷凍「むきあさり」は砂が少ないなぁ、と感じています。 砂がジャリとなる回数が極端に少なかったのは、嬉しいことでした。 【業務スーパーのあさり】中国産 業務スーパーの「むきあさり」は、中国産です。 「むきあさり」自体、中国産であることが多いようです。 これは価格の安さを考えても仕方がないかもしれませんね。 あさりは、低脂肪食材なので健康にも良いです。 また、鉄分・ビタミンB12などの栄養素が豊富に含まれています! 美味しい上に、栄養いっぱいな食材です。 【業務スーパーのあさり】冷凍のまま調理できる! 「むきあさり」は、冷凍された状態のまま調理できる便利な食材です。 1粒1粒がバラバラになった状態なので、スープに入れたり炊き込みご飯に入れる時も、あさりの量を調節しやすいです。 スープ・炊き込みご飯・パスタには、凍ったままのあさりを使いました。 凍ったままでも、すぐに氷は解けます。 しかし、かき揚げだけは解凍して水分を拭いた上で調理しました。 料理によって、凍ったまま使うか解凍するか決めると良いと思います。 業務スーパーの冷凍「むきあさり」を使ったアレンジレシピ 冷凍むきあさりで「ボンゴレビアンコ」 ボンゴレビアンコは、殻付きあさりで作る場合が多いですが「むきあさり」でも美味しく作れました! あさりのうま味を吸ったパスタが、絶品! 自分で作るオイル系(ペペロンチーノ)は、いつも完成の味がバラバラになり安定しないんですが…「むきあさり」を使うと絶対に美味しく作れます。 あさりの出汁が、味に深みを出してくれるんですね、きっと。 冷凍むきあさりで「炊き込みご飯」 冷凍あさりがあれば、簡単に「あさりの炊き込みご飯」ができます! 本当なら解凍したあさりを入れるべきですが、私は凍ったまま炊飯しています。 でも、問題なく美味しく炊けます。 冷凍むきあさりで「クラムチャウダー」 クラムチャウダーも、今までは業務スーパーの冷凍「徳用シーフードミックス」を使っていましたが「むきあさり」のみで作ってみました。 あさりのみのクラムチャウダーも良いですね。 あさりって、なんでこんなに美味しいんでしょうか? 旨みいっぱいのダシが出て…美味しい! 加熱することで、多少は縮みますが予想の範囲内です。 加熱しても固くなることはありません。 冷凍むきあさりで「味噌汁」 あさりの味噌汁が手軽に作れるのは、とても良いですよね! スーパーで殻付きのあさりを買ったとしても、わざわざ味噌汁にしちゃうのはもったいない…と思っていました。 冷凍あさりなら、少量ずつ使えるので味噌汁にもできちゃいます! 冷凍むきあさりで「かき揚げ」 かき揚げは、玉ねぎ・スナップエンドウ・冷凍あさりで作りました。 冷凍あさりの量を、もう少し増やしても良かったかも…。

次の

潮干狩りのあさりが死んでるかどうかの簡単な見分け方!

あ つもり あさり

さらに生のまま冷凍すると、調理時に旨み成分が出やすくなるといわれています。 冷凍したあさりは使いたい分ずつ凍ったまま調理できるので、とっても便利! 【あさりの冷凍方法】殻付きのまま冷凍で3週間保存可能! 冷凍方法 1 砂抜きをし、水けを拭き取る あさりは砂抜きし、ペーパータオルなどで水けをしっかり拭き取る。 2 冷凍用保存袋に入れる 冷凍用保存袋に重ならないよう平らに入れて、空気を抜いて(ストローを使って空気を吸うと、抜きやすい)袋の口を閉じる。 3 トレイやバットの上に置き、冷凍する アルミやステンレスのトレイやバットの上に置き、冷凍庫で急速冷凍する。 3週間程度保存可能。 【あさりの解凍/使い方】凍ったまま料理に使える! 殻付きで冷凍したあさりは自然解凍すると、加熱しても殻が開かなくなってしまうので、必ず凍ったまま調理しましょう。 一気に加熱するのがポイント。 鍋に湯を沸かし、沸騰したところに冷凍あさりを入れて一気に火を通す。 殻が開いたら、味噌などで調味する。 酒蒸しを作る場合、耐熱容器に冷凍あさりを並べ、酒をふりかけ、ふんわりとラップをする。 あさり200gにつき電子レンジ(600W)で3分加熱する。 途中で取り出し、全体を混ぜ、ふんわりとラップをして電子レンジでさらに1分加熱し、殻が開いたらできあがり。 フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ、弱火にかける。 香りが立ってきたら冷凍あさりを加え、白ワインを回しかけてふたをしてさらに加熱。 殻が開いたらゆでたパスタを加え、全体を絡めて完成。 【番外編】あさりのむき身も冷凍できる! あさりはあらかじめ加熱して、むき身にしてから冷凍する方法も。 天ぷらや炊き込みごはんなど、殻の必要ない料理を作るとき重宝します。 あさりの汁も旨みいっぱいなので、捨てずに冷凍しておくと便利! むき身、汁ともに冷凍庫で約3週間保存可能。 冷凍方法• フライパンに砂抜きしたあさりを並べ、酒を回しかける。 中火にかけ、ふたをして2分ほど蒸し煮にする。 あさりの殻が開いたら火を止めて、ザルを重ねたボウルにあける。 スプーンなどを使って、あさりの身を殻から取り出す。 粗熱がとれたら1食分ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 あさりの汁は冷凍可能なシリコンカップや、小さめの冷凍用保存容器に入れ、ふたをして冷凍する。 解凍方法/使い方 凍ったままスープやパスタに加えたり、冷蔵庫で解凍して天ぷらや炊き込みごはんに加えたりして使う。 旨みいっぱいのあさりのゆで汁も捨てずに活用して。 【あさりの砂抜き】常温なら2〜3時間で完了 基本のあさりの砂抜き方法を紹介します。 目安として水1カップに対し、塩小さじ1(6g)を溶かすとちょうどいい。 4 アルミホイルをかぶせて、そのまま置く ふたをするかアルミホイルをかぶせて暗くし、常温の場合は2〜3時間(ただし夏場など、室温が高くなる場合は冷蔵庫に入れて4〜5時間)、そのまま置く。 5 最後に真水で洗えば、砂抜き完了 砂抜きしたあさりはザルにあげて水を捨て、真水で軽く塩分を流す。 そのまま調理に使う。

次の

【業務スーパー】冷凍むきあさり500gの大ファン!絶品アレンジレシピ紹介

あ つもり あさり

たった2工程でフライパンで簡単にできます。 15秒で作り方がわかるレシピ動画あり。 フライパンで作ることができるパエリアのレシピです。 あさりは200gどっさりと使います。 20秒のレシピ動画があります。 殻付きのあさりを使います。 20秒のレシピ動画があります。 あさりの缶詰を使っても作れます。 パスタのゆで時間は表示時間よりも2分早めにするのがポイント。 殻が開いたあさりやプチトマトがあると華やかですね。 使う魚はタラ、イサキ、スズキなど。 パエリアの人気検索で1位になったことがあるレシピ。 まとめ クックパッドからあさりの人気レシピをご紹介しました。 酒蒸し、パスタ、クラムチャウダー、パエリアなどが殿堂入り。 ぜひ参考にしてみてください。

次の