こどもちゃれんじ 保育園。 こどもちゃれんじのDVDをコピーしてしまっておきたい。

こどもちゃれんじと保育園について。1歳になったばかりですが共働きになる...

こどもちゃれんじ 保育園

こどもちゃれんじぷちクリスマス12月号 の内容と実際に使ってみた様子をご紹介しています。 現在息子は1歳10か月ですが、1歳3か月だった2018年4月より毎月受講をしています。 現在8か月目ですが、どんどん息子も私も好きになっている気がします。 こどもちゃれんじぷちは1~2歳向けの教材ですが、毎月エデュトイという知育玩具が届く盛りだくさんのコースです。 こどもちゃれんじぷち12月号は、クリスマス特大号といことでその内容も盛りだくさん。 11月27日にいつもより豪華なエデュトイ 「音でなりきりキッチンセット」が届きました。 息子も大喜びで遊んでいる「音でなりきりキッチンセット」や12月号の内容をレビューしていきたいと思います。 エデュトイ:やりとりがひろがる!おとでなりきりキッチンセット• えほん• こどもちゃれんじぷち通信 でした。 いつもは郵便ポストに投函してあるのですが、今回の12月号がキッチンセットが入っていたこともありポストに投函できなかったので、配達員の方が玄関まで届けに来てくれました。 玄関で一緒に受け取った息子はしまじろうの描かれた特大号の袋を見るや、大はしゃぎで「早く開けて~」とせがんできます。 成長して理解力や表現力が豊かになってきたのかも知れませんが、いつもよりはしゃいでいたような気がします。 明らかに袋が大きかったので、面白そうなおもちゃが入っていることが分かったのでしょうか。 もしくは11月号のDVDで、12月号のエデュトイの紹介をしていたので、事前に何が届くか分かっていたのでしょうか。 もしそこまで理解していたなら2歳手前と言えども、さすがです。 まぁそこまで考えてはないと思いますが~笑 音でなりきりキッチンセットの感想レビュー! 12月号の目玉は、おとでなりきりキッチンセットです。 10月号で届いた リトミックドラムの左側につけて使います。 リトミックドラムは背面にセットされた2本のスティックでドラムを叩くことで、太鼓の音・猫の鳴き声・車の音が出たり、しまじろうの歌声が流れたりする楽しいエデュトイだったのですが、 その左側に今回届いたシンク部分を取り付けることで、更にパワーアップした感じです。 今まで押しても作動しなかったボタンも、このシンクを付けたことで新しく使えるようになりワクワクします。 シンク・フライパン・ヘラ・お皿2枚・食材(卵の殻・目玉焼き・ハンバーグ・にんじん・ブロッコリー)がついてくるかなりの充実セットです。 遊び方はにて、動画で詳しく解説されていました。 食材もただのおもちゃとは違い、色々と工夫されているのがいい。 卵の殻は柔らかい素材でできていて本物の質感と似ているし、子どもの力でも割りやすく作られています。 目玉焼きが布でできているのですが、くるくると丸めて中に入れると、殻を割ったときに本物のように卵が広がる仕組みになっています。 かなり考え込まれているな~と感心です。 遊び方を特に私が教えるでもなく、普通にフライパンの中に食材を入れて「ジュージュー」と楽しそうな笑顔。 シンクのレバーを上に開くとシリコン製の水が蛇口から出てくるし、本格的な水の流れる音が流れて面白いようで、なんども上げ下げして遊んでいました。 水を流し続けると、しまじろうが「水がもったいないよ~」と教えてくれるのも良いですね。 まだもったいないという意味を理解していないだろう息子ですが、将来的に私からではなくしまじろうに言われることで効果もあるだろうと思います。 遊び場のキッチンセットでもフライパンを持って「ジュージュー」と遊んでいた息子ですが、このキッチンセットのフライパンには裏面に磁石が入っているようで動かすと本当に「ジュージュー」という音や「火は危ないよ~」という声が流れているので、よりリアリティもあり息子はのめり込んで遊んでいました。 エデュトイは軽く子どもでも手に持ちやすいのに、安っぽいチープな感じもなく、毎度さすがだなぁと思います。 音でなりきりキッチンセットは、はんぶんこセットと一緒に使っても 11月号で届いた「やりとり はんぶんこセット」は、布製でできたピザ・ドーナツ・フランスパンと青いトングがついていました。 同じ食材なので、今回届いた2つに分かれるブロッコリーのように、はんぶんこにしてお皿に盛るのも楽しいと思います。 お皿も2枚あるので、子ども用と親用に分けて盛り付けてもらい「はいどーぞ」してくれる遊びができるのがいいですね。 1月号はもしもしスマートフォン 10月号のリトミックドラムが、12月号でキッチンセットとしても遊べるようになったのですが、1月号ではさらに「もしもしスマートフォン」が届き、新しい遊びもできるようになります。 スマートフォンということで時代も反映していますし、1つで3通りの遊びができるのも凄いですよね。 12月号ということで、クリスマスの内容も入っていました。 絵本を読むことで、季節ごとの行事を自然と教えられるのが良いですね。 今月の歌は「もみの き」でした。 歌はDVDでも流れているので、親がもともと知っている歌でなくても、一緒に歌詞を見ながら覚えることができます。 嫌がることの多い手洗いですが、絵本を通じて自分で洗うことの楽しみを分かってもらえたらと思います。 この内容はこどもちゃれんじぷち通信ともリンクしていますね。 生活習慣を学ぶ内容も毎月入っています。 1・2歳というと公園遊びも盛んになってきて、滑り台の順番を待つ機会も増えるかと思いますが、 しまじろうとお友達がしっかり順番を守って滑ることで、順番を守るという基本マナーを身につけることができます。 息子も最近徐々に「じゅんばんばん」の意味が分かるようになってきた気がします。 パンダくんがキッチンセットを使ってレストランでお料理をしている物語です。 仕掛けを開くと、フライパンの上で卵をパカっ!と割ったり、ブロッコリーをはんぶんこしたり、水でニンジンを洗ったり・・・ キッチンセットで実践できることをパンダくんが実践してくれるので、 子供たちも自然と「自分でやってみたい!」という気持ちを誘発するのだと思います。 DVDでも同じ内容でパンダくんがお料理しているのでよりリアリティが伝わります。 こどもちゃれんじぷち通信:おうちのかた向け情報誌 12月の1・2歳向けおうちのかた向け情報誌の内容は、• 特集「楽しい」だけじゃない!ごっこ遊びが育む力• お悩み解決レンジャー「手洗い・うがい」• 2・3歳向け教材「こどもちゃれんじ ぽけっと」の「オムツはずれ応援プログラム」の紹介 がメインのコンテンツとなり、 その他コンサートやこどもちゃれんじ知育プラスコースの紹介、紹介制度で貰えるプレゼントなどの記載がありました。 今回のエデュトイ「音でなりきりキッチンセット」の狙いはごっこ遊びから相手とのやり取りの仕方を学ぶということなので、ごっこ遊びがなぜいいのか、ごっこ遊びがもたらす今後への効果について解説がありました。 また風邪やインフルエンザなども流行ってくるシーズンになりましたが、1・2歳児だとまだ手洗いうがいも十分にできないので、その解決法や練習の進め方なども解説されています。 毎号全部で40ページなのですが、メインの内容はそのうち半分の20ページくらいなので、忙しい育児中でもちょっとした隙間時間に読むことが可能です。 そして普段普通にしていたら誰も教えてくれないようなことだけど実はとても大事な生活習慣についてなど、専門家の方が詳しく解説してくださっているので、親としてとても勉強になっています。 音でなりきりキッチンセット! こどもちゃれんじぷち12月特大号まとめ こどもちゃれんじぷち12月号、クリスマス特大号で届いた内容と実際に使ってみた感想をご紹介しました。 こんなに盛りだくさんの内容が毎月約2,000円で継続して届くこどもちゃれんじぷちは、本当にコスパが良く良い教材だと思います。 息子も絵本・DVD・エデュトイを一緒に使うことで、どんどん理解力も深まり、こどもちゃれんじ大好きになっているような気がします。 実際に読んで~と持ってくる絵本のほとんどは、こどもちゃれんじぷちのしかけ絵本です。 エデュトイも大好きで、他の市販のおもちゃに比べても飽きずに遊んでいるので、最近はほとんどおもちゃを買っていません。 毎月約2,000円で絵本もおもちゃも手に入り、教育的要素も充実しているので、親としては大助かりです。 こどもちゃれんじぷちに申し込むか検討中の方に、ご参考になれば嬉しいです。

次の

こどもちゃれんじほっぷ 4月号で遊んだ感想【2020年版】

こどもちゃれんじ 保育園

ベネッセコーポレーションの提供する「こどもちゃれんじ」は、3月18日にリアルタイムで学習コンテンツを無償提供する「オンライン幼稚園」を開園した。 同サービスは、新型コロナウイルス感染症対策のために幼稚園や保育園、こども園などの休園が相次いだことで、利用者が増加。 4月14日時点では、90カ国以上の国と地域で、利用者数が20万人を突破している。 shimajiro. YouTubeでも視聴できる)。 園と同じ生活リズム(平日の午前10時〜午後2時頃:コンテンツによって終了時間が前後する)を保つオリジナルカリキュラム、24時間視聴可能な「こどもちゃれんじ」Webコンテンツを配信している。 リアルタイム配信のコンテンツは、おねえさんが語りかけるコーナーを繰り返し設けることで、子どもが能動的に映像と関わり、人とのやりとりを疑似体験できるように配慮されている。 また、国内外の反響、在宅の長期化を受けて、時間を問わず配信翌日まで前日の分を視聴できる「見逃し配信」の機能も加わった。 「こどもちゃれんじ」Webコンテンツは、子どもの感染症予防に役立つ情報や、特別な道具を使わず作ることができる「おうちでおやこアート」、気軽に親子で楽しめる「おうちでおやこあそび」などが利用可能。 さらに「こどもちゃれんじ」会員限定のしまじろうアニメ約50本が鑑賞できる「おうちシアター」、ひらがな、数、めいろ、間違い探しなどに取り組める「おかわりワーク」(20ページ以上を無料でダウンロード可能)などの提供もスタートしている。 「こどもちゃれんじ」責任者・縄井一郎氏は「こどもちゃれんじのお客様相談窓口やSNSには、子どもたちのストレスを軽減したり自宅での時間を充実させたりするために苦慮されている保護者の方からの声が今もなお寄せられています。 また幼稚園や保育園などの現場では、登園自粛のお願いや休園を決定する際に、保護者の方から『どのような過ごし方をさせたらいいか分からない』といった相談を受けている先生方も多くいらっしゃいます。 そういった方たちにも安心して活用したり、薦めたりしていただけるよう、こどもちゃれんじがこれまで蓄積してきた様々なコンテンツを『オンライン幼稚園』を通じて皆さまにご提供していきたいと思っております」とコメントを寄せている。 外部サイト.

次の

こどもちゃれんじほっぷ(3・4歳)2020年7月号レビュー

こどもちゃれんじ 保育園

こどもちゃれんじほっぷ2020年7月号の教材 こどもちゃれんじほっぷ2020年7月号の教材はこちらです。 こどもちゃれんじほっぷ 2020年7月号• エデュトイ「はしれ!はいたつやさん」• ほっぷDVD(7・8月号) 今月は付録が少ない印象でしたが、この 「はしれ!はいたつやさん」は見た目以上に良く考えられたエデュトイです。 7月号のテーマは「論理」! 7月号は「論理」! 年少クラスから論理・・・。 論理的思考は大人になっていきなり身に付くものではないんですよね。 時代の流れを感じます。 キッズワークに取り組む いつものように「ひらがな かず ぶっく」は、 はてなくんを使って自分でやっていました。 キッズワークは一緒に取り組みます。 キッズワークに取り組む 5・6月号のドーナツ屋さんがまた出てきました。 過去の教材を問題を変えながら連動することで、さらに理解を深めていきます。 オリジナルドーナツを描く 『ほっぷえほん』もやりがい十分! 次に、ほっぷえほんを読んだり、工作やゲームをやったりしました。 えほんの工作やゲーム の良いところは、 教材のバランスが良いところです。 絵本を読む、DVDを観る、切ったり貼ったりして工作をする、できあがった作品を手で動かしてどうなるか試してみる、と多方面からさまざまなアプローチをしていきます。 その分一緒に取り組む親の手間は増えるのですが、テキスト以外のクイズを出したり、子どもがじっくりと考える時間を作ることで、 何がどのぐらいできるのか・理解しているのかを把握することができます。 これなあに? バンパーって何? とバンパーの名前や役割を学んだりもできますね。 さっそく絵本の見本のとおり、 りったいパネルブロックをつなげていきます。 直線(水色・オレンジ色)とカーブ(黄色・黄緑色)の溝があるブロックに分かれていて、 組み合わせることで目的地に沿った道を作ることができます。 りったいパネルブロックをつなげてレールを走らせる くねくね道、橋など、ひととおり見本の道を作ったら、自分ですべてのブロックをつなげて 「ずっと走り続ける道」を作っていました! 駐車場なしでずっと走るひとつなぎの道を作る さらに遊びを発展させる これは筆者の勝手な検証実験で、 「ドーナツは荷台に何個乗るのか?」をやってみました。 最初から10個全部を縦に乗せてみます。 (答え)10個全部運べる。 別の日には親がスタートとゴールを指定して、自由に道を作ってもらいました。 駐車場ブロックにはまるのは凹の形だけなので、いろいろ試行錯誤してこんな道を作りました。 スタートとゴールを指定して道を作ってみた 余った下の道は「工事現場」だそうです。 立体を組み立てるヘリコプターにもチャレンジ! 6月号のヘリコプターも作ってみた 見本の写真で見えない場所は想像しながら組み合わせていました。 まとめ:ゴールを見据えて道を作る基礎を学ぶ 本記事では、 【こどもちゃれんじほっぷ(3・4歳)2020年7月号】のレビューをまとめました。 今回も 手を動かしながら考える体験ができる「こどもちゃれんじ」のメリットが実感できる内容でした。 目的地までの道を自分で設定し、合っていれば自動で荷物を運んでくれる仕組みは大人でも十分楽しいです。 「こうしたらどうなるかな?」「失敗したのはなぜだろう?」と学びの種をどんどん増やしていける 引き続き親子で楽しんで取り組みたいと思います。

次の