剣 盾 ロトム。 【ポケモン剣盾】巣穴(マックスレイドバトル)出現ポケモン

【ポケモン剣盾】最強ロトムはどのフォルム?ロトムが強い理由教えます【種族値と育成論】

剣 盾 ロトム

ウォッシュロトムの基本データ HP 50 タイプ でんき こうげき 65 みず ぼうぎょ 107 特性 ふゆう とくこう 105 とくぼう 107 夢特性 (なし) すばやさ 86 ウォッシュロトムの特徴 でんき・みずタイプが耐性面で優秀 ウォッシュロトムは 特性「ふゆう」であるため、 本来は効果が抜群であるじめんタイプを無効化することができます。 これによって、 ウォッシュロトムの弱点は実質くさタイプのみとなります。 使える変化技が豊富 ウォッシュロトムは優秀な変化技をたくさん覚えるポケモンです。 おにび、サイドチェンジ、トリックなど従来のウォッシュロトムも使用する技に加えて、 ソードシールドでは新たに てだすけと わるだくみを習得しました。 これにより、サポートとアタッカーの両方の点で強化されています。 ウォッシュロトムの技 有用な攻撃技 ハイドロポンプ タイプ一致技。 命中不安がネック。 10まんボルト タイプ一致技。 命中安定で使いやすい。 ほうでん タイプ一致技。 範囲技で追加効果の3割まひも強力。 ボルトチェンジ タイプ一致技。 交代しながら攻撃できる。 かみなり タイプ一致技。 ダイマックス技のベースにして、威力を上げたい時に。 あくのはどう ひるみの追加が強い。 イカサマ 相手のAを使って攻撃する便利な技。 有用な補助技 おにび 物理ポケモンの弱体化を狙える。 トリック 相手にこだわり系統の持ち物を渡すことで動きを窮屈にさせる。 サイドチェンジ うまくいけば実質このゆびとまれのように使える優秀な技。 わるだくみ ソードシールドで新規習得した積み技。 ひかりのかべ 特殊技の威力を軽減する。 まもる 大事に扱いたい時に。 てだすけ 味方の火力をサポートする。 リフレクター 物理技の威力を下げる。 おにびの命中不安を嫌う場合はこちらの選択肢もある。 でんじは 相手をまひ状態にできる。 採用されることはあまりない。 また、 いかくでウォッシュロトムが受ける物理ダメージを軽減します。 ドリュウズ ウォッシュロトムは ドリュウズではあまり打点の出ない アーマーガアや、いかくやおにびが厄介な ウインディに強く出ることができます。 トゲキッス トゲキッスとウォッシュロトムは 相性補完が優れた並びです。 このゆびとまれ+わるだくみ、トゲキッスのダイマックス+てだすけなどの立ち回りができます。 ウォッシュロトムの対策 ドリュウズ ドリュウズは特性が かたやぶりであるため、ウォッシュロトムの ふゆうを無視してじめん技で弱点を突くことができます。 ウォッシュロトムからのおにびはラムのみ、ハイドロポンプでの攻撃はきあいのタスキやじゃくてんほけんを持たせることでカバーします。 カットロトム カットロトムはタイプ一致の リーフストームでウォッシュロトムの弱点を突ける上に、 ウォッシュロトム側からの攻撃をいまひとつで受けることができるポケモンです。 トリトドン トリトドンは ウォッシュロトムとタイプ一致であるみず・でんき技をどちらも無効化することができます。 しかし、トリトドン側からもあまり打点はないので、ウォッシュロトムを倒すには時間がかかります。 さいごに ダブルバトルにおけるウォッシュロトムの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 ポケモン初心者。 みんてぃあと共にサイトの機能面を担当。 自我が目覚めた時には既にポケモンをやっていたらしい。 関連する記事• 2020. 03 レンタルチームID: 0000 0001 KMXR GJ 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 14 目次 1. ウインディの基本データ2. ウインディの特徴2. 何でも出来る地方ダブルの便利屋2. […][…]• 2020. 07 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. エース […][…]• 2019. 30 レンタルチームID: 0000 0003 RT8L J4 目次 1. はじめに2. 構築経緯2. […][…]• 2020. 06 レンタルチームID:0000 0007 V7HG HM 目次 1. 実績2. はじめに3. ポケモン […][…].

次の

【ポケモン剣盾】ロトムを通常フォルムのまま使いたい。【育成論?】【ゴースト統一】#4|スロー|note

剣 盾 ロトム

ポケモンソード・シールド(剣盾)で 「ロトム」の出現場所、進化フォルムチェンジするためのロトムのカタログ入手方法、各育成論・種族値や強さについて記載していきます。 ヒートロトム・ウォッシュロトムが対戦でも使えるので人気だ。 出現場所・出現条件 電光石火のように動き回る 出現場所:ワイルドエリア 「げきりんの湖」(天候:雨・豪雨のみ) 姿は見えるが小さい光ですばしっこく動き回っている。 出現確率が低いため走り回って小さい光を探そう。 フォルムチェンジの入手場所• シュートシティの右側にある 住宅街の奥から2番目の家に入る• リーグスタッフとバトル。 使用ポケモン:ロトム(3匹)• 勝利すると 「ロトムのカタログ」が入手できる ロトムのフォルムチェンジ(進化) 6種類から選べる 道具>たいせつなもの>ロトムのカタログで 「電球・電子レンジ・洗濯機・冷蔵庫・扇風機・芝刈り機」の6種類から選べます。 そしてカタログは 何度も使用できるので無くなる心配はありません。 フォルムチェンジの姿 全部で6種類ですが、ロトム自転車やスマホロトムなど様々なロトムが今回の旅で役に立っています。 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 50 50 77 95 77 91 440 ロトム種類と各育成論 ロトム・電球(電気・ゴースト) 倍率 タイプ ばつぐん 2倍) 地面・ゴースト・悪 いまひとつ 0. 25倍 電気・毒・飛行・虫・鋼 効果なし ノーマル・格闘 ヒートロトム・電子レンジ(電気・炎) 倍率 タイプ ばつぐん 4倍) 地面 ばつぐん 2倍) 水・岩 いまひとつ 0. 5倍 炎・草・電気・氷・飛行・虫・フェアリー ばつぐん 0. 25倍) 鋼 4倍弱点の地面は、特性「ふゆう」で地面は無効になります。 5倍 炎・氷・水・飛行 いまひとつ 0. 25倍 電気・氷・飛行 ポケモン唯一の電気・氷タイプです。 スピンロトム・扇風機(電気・飛行) 倍率 タイプ ばつぐん 2倍) 氷・岩 いまひとつ 0. 5倍 草・格闘・飛行・虫・鋼 効果なし 地面 ダイマックスありきで、飛行の ダイマックス技「ダイジェット」(素早さを上げる)が使える。 また悪だくみ(特攻を2段階上げる)も使えるため人気。 カットロトム・芝刈り機(電気・草) 倍率 タイプ ばつぐん 2倍) 炎・氷・毒・虫 いまひとつ 0. 5倍 水・草・鋼 いまひとつ 0. 25倍 電気 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の

【ポケモン剣盾】ロトムの入手方法【ポケモンソードシールド】

剣 盾 ロトム

こんにちは、ワジです。 剣盾からちょいちょいポケモン復帰して触っています。 ランクマッチで使っているクッション型のウォッシュロトム(以下ミトムと略します)の使い勝手が良かったので、型の一つとして紹介したいと思います。 また今作剣盾(第8世代)からポケモンを始めたという新規勢の方も多いと聞いているので、なるべく理解しやすいように説明を交えながら説明していきたいと思います。 何かわからないこと等ありましたら、コメントにて聞いていただければ答えられる質問には答えたいと思っています。 それでは、本題に入っていきましょう。 対特殊方面のアタッカーに関しては、 ・タイプや数値的にそもそも勝てないポケモン(サザンドラ、ジュラトドン、ニンフィア…etc)に関しては、そもそも撃ち合うべきではないので調整する理由がない ・タイプ的に有利を取れる相手(トゲキッス、ヒートロトム、水タイプ系統…)に関してはタイプ相性的に戦える ということから、D(特防)方面よりもB方面の耐久を重視しています。 ~B方面~ ・A252ドラパルトドラゴンアロー:35. 6~43. 3% ・A252ミミッキュ珠じゃれつく:35. 0~42. 0% ・A特化ガラルヒヒダルマとんぼかえり:30. 5~36. 3% ・A252ドリュウズ地震:77. 7~92. 8~104. 4% 抜群技はさすがに厳しめですが、切り返すことは可能です。 ドラパルトは型次第ではイカサマで対面処理も可能です。 ~D方面~ ・C252珠サザンドラりゅせいぐん:84. 7~100. 0%(最高乱数以外耐え) ・C特化フォルムチェンジロトムこだわり眼鏡ボルトチェンジ:51. 5~61. 1% サザンドラの珠流星群程度までならギリギリ仕事が出来ます。 眼鏡は無理です。 ロトムミラーになった際、ボルチェンで半分以上削られたらこだわり眼鏡だと断定しましょう。 技構成について ~確定技~ ・ ボルトチェンジ このポケモンを採用するメリットのひとつ。 相手の交代や技を読んでサイクルを有利に回せる最強技の1つです。 ダイサンダー追加効果のエレキフィールドですが、自身の特性が「浮遊」のため恩恵を受けることが出来ません。 H4ギャラドス:98. 2~119. 2%の高乱数1発 H252アーマーガア:46. 8~55. ダメージ量の目安になります。 ・ でんじは 相手のダイマックスポケモンや交換先に積極的に打ち込みます。 ダイジェットなどの強引な抜き戦術をストップできるだけでなく、ドラパルトなどをはじめとする高速アタッカーの機能停止、麻痺ワンチャン狙いなど様々な点で役に立ちます。 個人的には現段階のダイマックスへの回答の1つになり得ると思っていますが、命中率が90%なのが非常に残念。 ボルトロスいないし95%くらい欲しいところ。 ~選択技~ ・ ハイドロポンプ 電気技を無効にしてくる地面タイプへの遂行技。 今作はガブリアスがいないので、ボルチェン無効の地面に対して水技を抜群で通しやすいです。 ただ、C 特攻 無振りなため火力は期待できない上に命中も80%なので基本的には撃ちたくない技です。 そのため正直採用しなくてもいいかなとは思いますが、ドリュウズへの遂行と、ミトムにダイマックスを切る展開になった時に力を発揮します。 無振りドリュウズ:100. 5%~の確定1発 H252振りヒートロトム:77. 7~92. 9% D4振りサザンドラ:20. 9~25. 1%で身代わりが最高乱数以外耐えてくる 低耐久ポケモンなら弱点を突ければ一撃で落とせます。 サザンドラは身代わり持ちが一定数いるので電磁波やドロポンで突っ込むのはやめましょう。 ・ イカサマ 相手の攻撃力の高さを逆手にとれる技です。 火力に努力値を割いていないこのミトムの型とはかなり相性がいいと思います。 主にドラパルトやミミッキュに終盤撃ち込んでいきます。 命中安定で相手の攻撃力依存の技なので、相手の物理アタッカーへの削りとしても優秀です。 注意点として、 ダイマックス時に「ダイアーク」として撃っても、物理技扱いの技となるので全くダメージが出ません。 効果抜群だからといって安易に撃たないようにしましょう。 A特化H無振りドラパルト:88. 3~104. 2%(低乱数1発) A252H4振りミミッキュ:38. 9~46. ・ 10まんボルト 居座り電気技として優秀です。 ボルチェンを撃ちたくないけど、ボルチェン以外に有効打点がないケースが構成上発生してしまう(トゲキッスと撃ち合いたいのにボルチェンしかない…など)ので、それを防げます。 枠的にはイカサマと選択になりますね。 パーティと相談して決めるといいかと思います。 H4振りトゲキッス:59. 6~70. 8%(ダイマックスしてくると乱数3発) ・ おにび 物理ポケモンの機能停止を狙います。 定数ダメージを稼げる点もGOOD。 バンギラスやカビゴンなどの低~中速物理アタッカーポケモンに撃ち込めると強いです。 相手の交代に合わせて動けると強いですが、命中率が85%なので外しが怖いですね。 運用方法 主に先発投げして相手次第で動きます。 技選択に困ったら電磁波を撒いておくと後々活きてきます。 相手のパーティ次第でロトムの役割対象(後出しから勝ちに行けるポケモン)がいれば後発に待機させます。 電磁波をばら撒きながらサイクルを回して退場し、最後に剣舞ミミッキュで全抜きを狙う動きがシンプルに強いのでオススメです。 HP回復手段が持ち物しかないのでHP管理が難しいですが、雑に扱っても十分に仕事をしてくれるので使い勝手自体はかなりいいと思います。 ダイマックスを切るケース クッション型のポケモンになるので、基本的にはダイマックスを切りたいポケモンではないです。 しかし、 ・ダイジェットを使用してくるポケモンへの切り返し(トゲキッスやアーマーガアなど) ・電気技で居座りたい(主に水タイプに対して) ・どうしても厳しい相手に対して無理矢理処理を遂行したい(ドリュウズなど) といった場面ではダイマックスを切ることも多いです。 ダイマックスポケモンへの切り返しでダイマックスを切る分には構わないのですが、こちらが 処理のためにダイマックスを切ってしまうと、後の展開が厳しくなってしまうので(相手のダイマックスに押し切られる)のでその点は注意しましょう。 もし突破されても電磁波の補助で後続のポケモンで削り切れるケースが多いです。 オボンのみだと、ダイマックスを切った時の恩恵が少ない点が少し気になってしまうんですよね…。 ~素早さ調整~ ロトムミラーで後攻ボルチェンを仕掛けたいために素早さを無振りにしているのですが、無振りロトムのミラーを考えると、「 素早さの個体値自体を落とす」ことによって素早さをさらに調整することも視野に入ります。 ただ、厳選が難しい(めんどくさい)ということもある上に、最後のロトムミラーで負ける可能性等もあるので一概にS個体値を落とすことが正解であるとは言い切れません。 逆に、「でんじは」を採用している分、Sに少し振る調整も候補に入ります。 もうお分かりですよね?今回紹介しているミトムが素早さ実数値「106」ですから、素早さに努力値を「4」だけ振れば麻痺したドラパルトの上からイカサマが確実に打ち込めることになります。 相手の持ち物判定(スカーフ)が出来るケースもあるので、調整する理由としては一理ありますね。 この型の多さを利用して、今回はクッション型のミトムを紹介してみました。 超火力ポケモンの少ない現環境であればかなり動きやすい型になっていると思うので、気になった方は是非参考にしてみてください。

次の