ご 祝儀 の 書き方。 上棟式のご祝儀・費用・表書き

【結婚式】ご祝儀袋 書き方のマナー 表書き・中袋・金額はどう書けばいい?

ご 祝儀 の 書き方

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• それでは不祝儀袋の正しい書き方についてご説明していきます。 不祝儀袋の書き方のポイントは 表書きと中袋です。 大切なのはご遺族が一番初めに目にする表書きを正しく書くことです。 表書きの書き方 表書きの上段には何のためにお渡しする不祝儀袋なのかを書きます。 通夜や葬儀で香典料を包む場合が多いので「御香典」と書くことが多いですが、実は仏教に限った書き方です。 宗教で違うのはもちろん、仏教の中でも宗派によって違いがありますので、できれば事前にお渡しする相手先の宗教および宗派を確認しておきましょう。 共通点として、差し出す本人の名前はフルネームで下段に書きます。 仏教の場合 仏教でのご葬儀は 仏式となります。 ご葬儀での不祝儀袋の表書きには「御霊前」「御香料」「御香典」のいずれかを書きましょう。 四十九日を過ぎてからは「御霊前」の代わりに「御仏前」もしくは「御佛前」と書きます。 ただし浄土真宗では四十九日前でも「御仏前」もしくは「御佛前」が正しい書き方です。 水引は白黒・双銀・双白・白青の結び切りのものを選びましょう。 京都など地域によっては黄白の水引がマナーですので注意が必要です。 神道の場合 神道の場合は神式となります。 たいていの場で使用できる「御霊前」のほかに「御玉串料」「御神前」「御榊料」のいずれかを書きます。 神式ではお香を焚かないので「御香典」とは書きませんので 注意しましょう。 水引は双銀か双白で結び切りのものを用意します。 キリスト教の場合 キリスト教の場合は 御霊前もしくは「御花料」や「御ミサ料」とも書きます。 お香を焚かずにお花を捧げるため「御香典」とは書きません。 カトリックとプロテスタントでも書き方が違いますが、どちらでも使えるのは「御花料」です。 できれば事前に宗派を聞いておきましょう。 なお水引には特別な決まりごとはありません。 宗教がわからない場合 基本的にたいていの宗教でのご葬儀には表書きが 御霊前なら失礼にはなりません。 急なご不幸で準備が間に合わないときには相手先の宗教がわからない場合もあるため、覚えておくと安心です。 四十九日や一周忌などの法事の際には「御供物料」と書くといいでしょう。 市販の不祝儀袋には蓮の絵・十字架・ユリの絵といった模様が描かれているものもあります。 しかし宗教・宗派によっては相応しくない場合があるので、宗教がわからない場合は無地の不祝儀袋を選びましょう。 名前の書き方 名前はフルネームを不祝儀袋の表面の下段に縦書きで書きます。 薄墨の筆やペンで大きく丁寧に記入します。 会社名を入れる場合や連名での書き方についても解説していきましょう。 会社名はどうやって書く? 役職名と名前を中心にくるように書き、その右横に会社名を書きます。 名前が大きく目立つようにしましょう。 代理人としてお渡しする場合は本来行くべき方の名前の下に小さく「代」と入れます。 連名の場合の書き方 連名が三人までの場合は右から順に目上の方の名前から並べて記入します。 三人以上では中心に書く名前を一人決め、その左横に「他五名」というように書き添えます。 会社の所属部署でまとまって書く場合は中心に所属部署名を書き、その下に「一同」と付けます。 会社名は右横に書きましょう。 不祝儀袋の中袋の書き方 不祝儀袋の中袋にはお金を入れます。 あとでご遺族の方が香典返しやお礼状を送る際に確認しやすいよう、金額・名前・住所を必ず書きます。 住所を書き忘れてしまうと名前をたよりに住所を調べる手間がかかり、たいへん手間をとらせてしまいます。 特に金額は忘れないように注意しましょう。 香典返しはもらってすぐではなく時間が経ってから送るので、誰がどのくらいの金額だったのかわからなくなる場合があるからです。 それではどのように書くのが正しいのか詳しく解説していきたいと思います。 金額の書き方(表面) 表面には金額を書きますが、いくつか決まりごとがあるので注意しましょう。 まず金額の数字には漢数字を使うことになっています。 そして四と九は「死」「苦」という言葉を連想してしまう数字なので使いません。 書き方に迷う漢数字としては「一・二・三・五・十」があり、それぞれ旧漢字で「壱・弐・参・伍・拾」とも書きます。 「円・万」もそれぞれ「圓・萬」と旧漢字で書くこともあります。 しかしどちらでも失礼にはならないので、書き慣れないうちは字を間違えないよう通常の漢数字を使うことをおすすめします。 住所と名前の書き方 中袋への住所と名前の書き方は、裏面の左側に郵便番号から住所を、一番左にフルネームで名前を記入します。 ご遺族からの香典返しやお礼状は不祝儀袋に記入されている住所に送られます。 そのため氏名と住所・郵便番号をはっきりと書くようにしましょう。 市販の不祝儀袋にはあらかじめ書く欄が設けられているものもあります。 連名の場合は三人までなら中袋の裏側にそれぞれの住所と名前を書きます。 それ以上の人数での連名は別に用意した紙に全員分の住所と名前を記入して中袋に同封します。 中袋なしの場合はどうする? 中袋なしの不祝儀袋は中に入れる金額が小額の際に使います。 少なくとも一万円以上を入れる際には中袋を使うようにしましょう。 中袋なしの場合も表側には名前を記入し、裏側には中袋に書くときと同じように氏名・住所・金額を書きます。 不祝儀袋を書くときの注意点 大まかなマナーがつかめてきたところで、 不祝儀袋を書くときの注意点をまとめて確認しましょう。 一般的にはあまり知られていないことでも相手先にとっては大切な問題です。 ご遺族へ失礼のないよう宗教・宗派にあわせて不祝儀袋を準備しましょう。 浄土真宗とプロテスタントで御霊前はNG 不祝儀袋の表書きに「御霊前」と書くのはたいていの宗教・宗派でも失礼がないとはいえ、 二つの例外があります。 まず、浄土真宗は往生即成仏の考えによって「御霊前」という表書きはふさわしくありません。 「御仏前」もしくは「御香典」と書きましょう。 次に、キリスト教のプロテスタントでは「御霊前」はNGとされています。 「忌慰料」もしくは「御花料」と書きます。 同じキリスト教でもミサはカトリックですので、プロテスタントでは「御ミサ料」も使いません。 四十九日を過ぎたら御仏前と書く 仏式では 四十九日を過ぎると表書きには「御霊前」ではなく「御仏前」と書きます。 これは四十九日を境にして仏様になるという言い伝えからきています。 一周忌やそれ以降の法事では「御霊前」を表書きに書かないよう気をつけましょう。 御霊前と御仏前の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。 蓮の絵が描かれている不祝儀袋は仏式の葬儀でしか使えませんので、 購入するときには絵柄も注意して選びましょう。 キリスト教のために十字架やユリの花の絵が入った不祝儀袋もありますので間違えないようにします。 宗教がわからない場合は無地のものを選びます。 水引は銀色か黒白の結び切りのものを用意しましょう。 ただし京都など地域によっては黄白の水切りが使われていますので、事前によく確認しておくと安心です。 中に入れる金額によって不祝儀袋の種類が異なることも注意しましょう。 封筒の形をしている簡易タイプは小額の場合に使います。 正式とされるのは上包みができて水引がはずせるタイプですので、金額にあわせて選びましょう。 不祝儀袋を包む袱紗について• 宗教・宗派による表書きの書き方はどう違う? 葬儀では宗教や宗派によって表書きに違いがあるため、迷ったら「御霊前」と書くと失礼にならない。 ただし浄土真宗は「御仏前」、プロテスタントは「御花料」と書くのがふさわしい。 表書きへの名前はどう書く? 表書きへの名前は薄墨を使い下段に書き、会社名は右横に添える。 連名の場合は三人までは並べて、それ以上は代表者一名の左横に「他五名」などと書く。 会社の部署での連名は名前の部分に所属部署名を書き、すぐ下に「一同」と記入する。 中袋の正しい書き方は? 不祝儀袋の中袋には金額・氏名・住所を必ず記入し、中袋がなくても不祝儀袋の裏面に忘れず書く。 連名の場合は別紙に全員分の氏名・住所を書いて同封する。 不祝儀袋の注意点 葬儀では表書きに「御霊前」と書くのが一般的だが、四十九日をすぎてからは「御仏前」もしくは「御供物料」と書くようにする。 ただし浄土真宗とプロテスタントでは「御霊前」は使えない。 表書きは薄墨で書き、中袋は読みやすいよう黒のペンを使う。 絵柄には宗教ごとの意味があるので注意が必要。 特に宗教や宗派によって表書きの書き方が大きく変わってくることがポイントです。 今回の記事をお読みになり不祝儀袋の正しい書き方の参考にしていただけたら幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

結婚祝いに贈るご祝儀袋の疑問を解消!中袋の書き方は?書きやすさに定評のペンをご紹介

ご 祝儀 の 書き方

もくじ• はじめに ご祝儀袋、お見舞い、香奠・香典などで数字を縦書きにする場合は、ルールが2つあります。 一つ目は「金額は濃い黒で書くこと」 二つ目は「数字は漢数字で書くこと」です。 そしてこの漢数字、いざご祝儀袋に「三万円」を包む場合、 「金参萬円(万円)」と書いたりしますよね。 三ではなく参…そう、漢数字は 旧字体を使うのです。 10」は「壱・弐・参・拾」と書くのです! なぜ旧字体で書くんでしょう。 なぜ金額の前に「金」と書くのでしょう。 大きい金額の場合はどうするかなどの疑問と一緒にまとめました。 ・「万円」「萬円」はどちらでもOK! これさえ押さえていれば大丈夫! 以下金額一覧です。 長いので区切って収納しました。 クリックしてね!• 「お目当の金額が見つかった!」という人も見てもらえると嬉しいです。 ご祝儀袋や香典は一旦人の手に渡ります。 例えばどこかで誰かが、「 三万円」と書いてある頭に十を足して「 十三万円」と書いたとしましょう。 でも中身は三万円、受け取った人は混乱してしまいます。 また、逆に「 十三万円」に少し書き足して「 金三万円」にする人が居たとしましょう。 中身を抜き取られても分かりません。 極端な例ですが、こんな風に人の手が入らないようにするために、金額の頭に「金」と書くのです。 小切手の金額の最初と最後にも、書き足せないように記号が付きますね。 なぜ旧字体で書くの? 意図は先ほどと同じです。 金額を書き足せないようにしているのです。 その点、旧字体で書けば安心です。 「万」と「萬」どっちで書けばいいの? どちらでも良いそうです。 貰う人からしても、「万」でも「萬」でも気にしません。 トラブル防止の意味で使用する旧数字と違い、本当に好みだと思います。 「数字が旧漢字(壱弐参拾)なら万も合わせて旧漢字にするべき?」と思う方も居るかもしれませんが、そうなると「円」は「圓」でなくて良いの?という話になってしまいます。 「三万円」なら「参万円」「参萬円」「参萬圓」のどれかで、どれでも良いと覚えておくと良さそうです。 私個人的には「万円」派です。 「〜万円也」の「也」って要るの? これもどちらでも良いそうです。 でも付けるなら 高い金額、「10万円を超える場合」が多いです。 ご祝儀袋の金額別選び方 最後に「ご祝儀袋」の基本の選び方をまとめました。 共通の書き方 ・文字の色は必ず「濃い黒」で書く ・お祝い事には基本、新札を用意して包む ・「中包み」の表には金額(写真右下)を記入、裏面に郵便番号・住所・氏名を書く ・お札は肖像がある面を前にして入れる ・祝儀袋の裏側は「上向き」に重ねる ・祝儀袋の表には名前を書いた「のし」を付ける ・水引の結び方は「結び切り」もしくは「あわじ結び」(「蝶結び」の水引は、何度でも結び直せることから結婚のお祝いに使うのに向いていない) 「包む金額とご祝儀袋の格をあわせる」というのが大事です。 豪華さやランクによって金額と釣り合いが取れるようにしましょう。 パッケージに「〜万円用」と書いてあることも多いので、それを参考に買うと良いです。 1万円を包む場合 ・相場より低めなので、シンプルなご祝儀袋が良い。 ・水引が印刷されたものを使う人が多いらしい。 2〜3万円を包む場合 ・ご祝儀としては平均的な額なので、立体的な水引がついたスタンダードなご祝儀袋が良い。 つまり豪華すぎなければなんでもいい。 ・5万円のものより大き目が良い。 100万円を包む場合 ・デザインは10万円以上の豪華なものと一緒で大丈夫。 ・100万円の場合、桐箱などに入れることも出来る。 ・封筒でも箱でもどちらでも良い。 まとめ 「金」「旧漢字」「万円」「也は10万から」 これさえ押さえていれば大丈夫! でも貰う人はそこまで注意して見ている訳では無いと思います。 しいて言えば、100円ショップのご祝儀袋は意外とバレるので注意。 100円ショップは便利な反面見掛ける機会も多いのです…! 以上!ヒカリビタミンでした。 おわり。 モダンで可愛い!.

次の

ご祝儀袋の中袋の書き方は?金額は横書きでもOK?ボールペンはNG?

ご 祝儀 の 書き方

卒業祝いに贈るご祝儀袋の基本知識 卒業祝いのご祝儀袋の選び方 卒業祝いに使うご祝儀袋には、さまざまなデザインがあります。 選ぶ際は、 お祝い金額に見合ったものを選ぶことがポイントですが、一般的にはお祝い金額の1%が相場だと言われています。 お祝い金額が高くなるほど豪華なご祝儀袋にグレードアップする、と考えましょう。 また水引には 紅白の蝶結びを使用します。 ご祝儀袋には、水引が印刷されたものと本物のひもが使われているものがあります。 10000円未満のお祝いを贈る場合は水引が印刷されたものを、10000円以上であれば本物のひもが使われているご祝儀袋を選びましょう。 ご祝儀袋の書き方を解説 表書きの書き方 卒業祝いに贈るご祝儀袋の表書き(上部)には、 毛筆や筆ペンの濃い墨で「祝御卒業」「御卒業御祝」「卒業御祝」のいずれかを書きます。 なお、入学祝いや就職祝いも兼ねる場合は「御祝」でもかまいません。 記入するにあたり、ボールペンやサインペンを使用することはマナー違反になるので注意しましょう。 表書きの下には 贈り主の名前をフルネームで書きますが、表書きの文字より大きくならないように注意してください。 2~3人の連名で贈る場合は、名前を並べて書きます。 4人以上で贈る場合は、代表者の名前とその左横に小さめに「他〇名」と書き、別紙に贈り主全員の名前を書いて同封しましょう。 内袋の書き方 内袋の表には 包む金額を書き、内袋の裏には左下に 贈り主の郵便番号と住所、名前をフルネームで書きます。 内袋の金額は、格が高く書き換えがされにくい 旧字体で縦書きに書きます。 また、表も裏も濃い墨の毛筆や筆ペンで書くようにしましょう。 また、金額を書く際は内袋の中央に大きめの字で書きます。 「金 〇〇円」のように「金」と書いたあとに1文字スペースを空けると、バランスをとりやすくきれいに書けるのでおすすめです。 なお、10万円以上包む場合は、「金 〇〇円也」というように「也」をつけて書きましょう。 正しいお金の包み方 ご祝儀袋に入れるお金は、折り目やシワがついたりしていない きれいな新札を選びましょう。 新札は「この日のために用意しました」という気持ちを表します。 万が一手元にない場合は銀行などで交換してもらうか、あて布をしてアイロンをかけることで、ピンとしたきれいなお札を用意できます。 お札を内袋に入れるときには、 肖像画が内袋の表側、鳳凰が内袋の裏側になるように入れます。 さらに、 肖像画や鳳凰の絵が内袋の上側にくるようにするのがマナーです。 ただし、地域によってもマナーに違いがあるので、一度贈る相手の地域のマナーを確認してから入れましょう。 ご祝儀袋のとじ方 ご祝儀袋をとじるときは「たとう折り」が一般的ですが、次の手順で行います。 卒業祝いのご祝儀を渡すときのマナー そもそも卒業祝いは贈るべき? 一般的に、卒業祝いを贈るのは「 自分の子ども、孫、兄弟姉妹、甥姪などの3親等まで」と言われています。 しかし、卒業祝いを贈りたいと思う友人の子どもや、親しい間柄の相手に贈っても失礼にはあたりません。 その際は、あまり高価なものを贈ってしまうとかえって気を遣わせてしまいかねません。 そのため、 気にせずに受け取ってもらえるような品を選ぶことをおすすめします。 卒業祝い・入学祝い・就職祝いはどれを贈る? 卒業や入学と就職は近い時期にあるので、どちらを贈れば良いか迷う人もいるでしょう。 お祝いをどちらかひとつにしたいときには 入学祝いや就職祝いを優先して贈ると良いです。 また、卒業祝いと入学祝いや就職祝い、全てをかねて贈っても喜ばれます。 ただし、贈る相手の卒業後の進路がはっきりしていない場合や、浪人してしまった相手に贈る場合であれば「卒業祝い」として贈りましょう。 卒業祝いを贈る金額相場は? 卒業祝いを贈る金額相場は以下の通りです。 小学校卒業:3000円~10000円• 中学校卒業:3000円~10000円• 高校卒業:5000円~30000円• 大学卒業:10000円~30000円 贈る相手との間柄によっても変動しますが、 小・中学校の卒業には5000円前後、 高校・大学の卒業には10000円前後で渡す人が多いです。 しかし、祖父母からのお祝いは高額になることが多く、高校や大学の卒業祝いに50000円ほど贈る場合もあります。 なお、卒業祝いを贈る際は、縁起が悪いと言われる 「4」「9」などの数字は避けましょう。 卒業祝いにご祝儀を贈るタイミングは? 卒業祝いのご祝儀を渡すタイミングは、 卒業式の1週間前が一般的です。 渡すタイミングが遅くなってしまうと、入学祝いや就職祝いと勘違いされてしまうこともあるため、できるだけ早めに贈るように心がけましょう。 もしも、贈るタイミングが 卒業式を過ぎてしまう場合は、3月中には贈るようにすると良いです。 こだわった素材やデザインのご祝儀袋を受け取れば、 卒業を祝う気持ちがより一層相手に伝わり、特別感を強められます。 いま、 二次利用できるご祝儀袋が注目されています。 そこで、ご祝儀袋として受け取ったあとは、巾着袋として使えるものや手ぬぐいとして使えるものなど、卒業祝いに喜ばれるおしゃれなご祝儀袋をご紹介します。

次の