チケット ぴあ あい みょん。 「あい-永遠に在り-」(アイエイエンニアリ)

ぴあ店舗|チケットぴあ

チケット ぴあ あい みょん

1990年02月 チケットぴあ九州 株 設立。 九州営業所開設 1990年03月 「チケットぴあ」九州地区でサービス開始 1990年11月 首都圏版「ぴあ」の発行サイクルを週刊に変更 1991年01月 「チケットぴあ」の法人会員制度「アフター5クラブ」発足 1993年05月• ・音声自動応答によるチケット予約「Pコード」予約を開始• ・「チケットぴあ」で大相撲マス席取扱いを開始 1995年04月 「けっこんぴあウエディングデスク」を開設 1996年05月 「ぴあベニュー・マネジメント・システム」の開発・運営事業を開始 1996年12月 「第18回オリンピック冬季競技大会長野1998」の「オフィシャルサプライヤー」に決定 1997年01月 「チケットぴあ」のコンピュータシステムをクライアント/サーバー型の オープンシステムに移行 1997年10月 ホームページ「@ぴあ」開設 1998年06月 「月刊スカイパーフェクTV」を自社発行 1998年09月 ファミリーマートと業務提携。 「チケットぴあ」販売ネットワークにファミリーマートが参加 1999年02月 NTTドコモのネット接続サービス「iモード」にてチケット販売サービス開始 1999年04月 ぴあデジタルコミュニケーションズ 株 設立 1999年06月 PFFの共同運営事業体としてTBS、レントラックジャパン、FM東京、日活、イマジカとオフィシャルパートナーズ制構築 1999年09月 TV情報誌「TVぴあ」に東海版、福岡・山口版、北海道・青森版が加わり全国5エリアをカバー 1999年10月 株 シティ・ネット設立 1999年12月 ・チケット販売専用のWebサイト「@チケットぴあ」開設 ・飲食店の検索・予約専用のWebサイト「@グルメぴあ」開設 2000年04月 北海道営業所開設 現・北海道支局 2000年05月 「2002FIFAワールドカップ TM 日本・韓国」の国内第一次販売におけるチケット管理業務をJAWOCから受託 2000年11月 TBS、日音と音楽レーベル「BLITZ・PIA RECORDS」を設立 2001年01月 「2002FIFAワールドカップ TM 」のチケットセンター運営業務を受託 2001年03月 「スポーツ振興くじ toto」の本格販売開始。 当社は販売店舗開拓等の運営面で協力 2001年04月 アメリカ・ソルトレーク市で開催される「第19回オリンピック冬季競技大会」の国内チケット販売を開始 2001年11月• ・セブン-イレブンと提携。 都内1200店舗においてチケット販売を開始• ・「2002FIFAワールドカップ TM 」の国内2次販売の電話受付業務を受託 2001年12月• ・J-フォン 現ソフトバンクモバイル のネット接続サービスにおいてチケット販売サービス開始• ・「けっこんぴあnet」開設 2002年01月 東京証券取引所市場第二部に上場 2002年04月 広島事務所設立 現・中四国支局 2002年05月 ぴあシティ・ネット 株 を子会社化 2002年06月 「チケットぴあ」の販売ネットワークにサンクスが参加 2002年09月 中国最大の文化イベント「中国上海国際芸術祭」のチケットを販売 2002年10月 ぴあ総合研究所 株 設立 2002年11月 東宝とシステム連携。 当日券を含む映画鑑賞券のオンライン販売を開始 2002年12月 英会話本「ベラベラブックvol. 1」が100万部を突破 2003年02月• ・セブン-イレブンの全9500店で「チケットぴあ」のサービスを開始• ・日本最大級の音声認識システムによるチケット販売を開始 2003年04月 「ぴあ」首都圏版通巻1000号を達成 2003年05月 東京証券取引所市場第一部に上場 2003年06月 仙台事務所設立 現・東北支局 2003年10月 電子チケット本格商用サービススタート 2004年02月 ぴあデジタルコミュニケーションズ 株 を完全子会社化 2004年06月 早稲田大学と映画・映像クリエーター育成システムにおける相互交流で提携 2004年07月 ぴあ総合研究所が日本初の「エンタテインメント白書」を発行 2004年09月 Yahoo! JAPANとの提携によるオンラインチケット販売サービス「Yahoo! チケット」がスタート 2004年10月• ・「ぴあ」がモデルチェンジ。 発売日を木曜日に変更、サイズをA4変形判に拡大• ・au携帯電話のネット接続サービス「EZweb」においてチケット販売サイト「電子チケットぴあEZ」を開設 2004年11月 ジャパン・アーツのチケット販売業務を全面的に受託した「ジャパン・アーツぴあ」がスタート 2004年12月 Vodafone 現ソフトバンクモバイル 携帯電話のインターネット接続サービス「Vodafone Live!」においてチケット販売サイト「電子チケットぴあV」を開設 2005年3月 2005年日本国際博覧会「愛・地球博」公式ガイドブック制作共同事業体に参画し 「愛・地球博 公式ハンディブック」を発売 2005年05月 PFFスカラシップ作品「運命じゃない人」 監督: 内田けんじ がカンヌ映画祭批評家週間にて「フランス作家協会賞」をはじめ、4賞を受賞 2005年06月• ・連結子会社ぴあシティ・ネット 株 の全株式を日本みらいキャピタル 株 が運営するファンドに譲渡• ・JOCオフィシャルチケッティングマネジメント契約を締結 2005年08月 ぴあアジアパシフィック 株 を香港に設立 2005年10月 サークルK全店にて「チケットぴあ」サービスを開始 2005年12月 JALと提携し、「@JALチケットぴあ」をスタート 2006年03月 株 ナノ・メディアとの共同出資会社「 株 NANOぴあ」がサービスを開始 2006年04月 セブン-イレブン店舗でのチケット販売サービスを休止 2006年08月 企業価値向上委員会を創設 2006年09月• ・ファミリーマートと映画前売りチケット販売における連携を強化• ・映画情報のウェブサイト「シネマぴあ」を開設 2007年04月 東京六大学野球の前売りチケットの取り扱いを開始 2007年05月 買収防衛策を導入 2007年08月 「ぴあ」表紙イラストレーター及川正通氏が表紙イラスト制作最長記録で「ギネス世界記録」認定 2008年01月 基幹チケッティングシステムを全面刷新 2008年02月• ・PFFスカラシップ作品「パーク アンド ラブホテル」 監督・脚本:熊坂 出 がベルリン国際映画祭フォーラム部門にて最優秀新人作品賞受賞• ・「PFFアワード2007」グランプリを獲得した石井裕也監督が第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞 2008年03月 PFFスカラシップ作品「14歳」の廣末哲万監督が芸術選奨にて文部科学大臣新人賞受賞 2008年06月 凸版印刷 株 、 株 経営共創基盤への第三者割当増資を実施 2008年07月 「第30回ぴあフィルムフェスティバル」開催 2008年08月 チケット販売業務において演劇集団キャラメルボックスを運営する 株 ネビュラプロジェクトと提携し、新サービス「ぴあごん」スタート 2008年10月• ・チケット販売業務において吉本興業 株 と提携し、新サービス「チケットよしもと」スタート• ホームページ「@ぴあ」もリニューアル 2009年02月 株 NANOぴあ 全株式を同社に譲渡 2009年03月• ・JTBグループにぴあのチケッティングシステムをASP提供• ・構造改革推進に伴い、「けっこんぴあ」サービスを休止 2009年05月 「中国2010年上海国際博覧会」入場券販売開始 2009年06月 iTunes Storeの音楽配信と連携したチケット予約サービスを開始 2009年07月 ぴあフィルムフェスティバルを東京国立近代美術館フィルムセンターと共催 2009年08月• ・映画ポータルサイト「ぴあ映画生活」スタート• ・日本相撲協会の主催者販売分チケットを全面的にサポート 2009年10月 「第21回オリンピック冬季競技大会 2010/バンクーバー 」の観戦チケット受付開始 2009年12月 セブン&アイグループと業務・資本提携。 エンタメ領域の生活インフラ構築へ 2010年04月 株 東京音協がぴあグループとして営業開始 2010年05月 ファミリーマートでのチケット販売サービスを終了 2010年06月• ・セブン-イレブンでのチケット販売サービスを再開• ・ 株 リンクステーションとチケットビジネス領域における包括的業務提携に合意• 「既存の言葉に雑誌のイメージを縛られたくない」と、あえて意味のない言葉を雑誌名に。 将来的に多くの方々に受け入れられる雑誌になったときに初めて、読者の方に具体的な意味やイメージを持ってほしいという思いから名付けたものです。 途方に暮れる彼らを助けてくれたのは、当時の紀伊國屋書店・田辺茂一社長と日本キリスト教書販売・中村義治専務。 矢内は当時発行されていた「日本読書新聞」を見て田辺氏に直接電話し、突然の連絡にも関わらず田辺氏は中村氏を紹介してくれました。 中村氏には止めるよう諭されるもの、その翌日に『ぴあ』を置いてほしい書店のリストを持っていくと、その次の日にはそれらの書店宛に中村氏の直筆サイン入りの紹介状が用意されていました。 それを持って再度書店を回りなおしたところ、なんと89店の書店が置いてくれたのです。 後に矢内は「お二人に出会っていなければ、ぴあ株式会社もないし、現在の私もない。 人生の大恩人である」と述懐しています。 2人一組となり、『ぴあ』をリュックに詰め、路線別に地域を決めて営業を行ないました。 一人は入場券を買い、もう一人は目的地までの乗車券を買う。 一人だけ1店分の『ぴあ』を持って出札し、書店へ。 もう一人は駅の中で待つ。 この方法であれば二人で電車に乗っても一人は入場券だけで済むわけです。 そうして交代で各駅を回るものの、置いてくれたのは10軒回って1軒くらい。 また、『ぴあ』の認知度を少しでも高めようと、持ち帰った前号の返本は車内の網棚の上に置き、コンサート会場にも出向いて配布するなどPR活動にも励みました。 映画部門では小津安二郎、大島渚、スピルバーグら著名な映画監督が20代で撮った作品47本を2会場で上映する他、審査で選ばれた自主映画作品も上映。 演劇部門では東京ヴォードヴィルショー、ミスター・スリム・カンパニーなどが出演し、その他音楽イベントやライブ・パフォーマンスも開催。 同イベントは一度きりとなりましたが、自主製作映画展だけは翌年も続け、79年には「オフ・シアター・フィルム・フェスティバル」へ、そして81年には「ぴあフィルムフェスティバル」と名前を変え、現在まで続いています。 半年ほど経ち、『ぴあ』は当面なくならないという見通しを得たのですが、それを境に、自らを出版社ではなく情報伝達業であると改めました。 この出来事が『ぴあ』のコンピューター編集、そして「チケットぴあ」を生み出すことになるのです。 1回目は「新宿東口」の地図を取り上げ、以降、毎月1エリアずつ掲載。 映画館、劇場、ライブハウス、美術館などの文化・娯楽施設の情報を視覚で表し、地番や行政界は省略。 しかし、すべての道を歩いて確認し行き止まりの路地さえも省略することなく描かれました。 これまでにない画期的な地図として当時の若者から絶大なる支持を集め、1982年にムック化されました。 浅利氏は「キャッツ」を日本では初となるロングラン公演として実現したい、コンテンツ、小屋も用意できたので、あとはコンピューターでチケットを売るシステムが必要。 ぴあが開発中のシステムを使わせてほしい、と。 そのために計画を前倒しして、1983年10月に「キャッツ」専用のシステムとして間に合わせました。 10万枚のチケットを3日半で売り切ることができ、大成功を収めたのです。 4ヵ月の期間限定で誕生したテントシアターです。 若手アーティストに活躍の場を設けたいとの思いから、松下電器(現パナソニック)やサントリーの全面協力を得て、レベッカ、米米クラブ、世良公則、沢田研二、プリンセス・プリンセスらロック界をリードするメンバーが出演しました。 72日間の公演期間中に16万人が来場。 この成功はぴあを新たな段階へと導くものでした。 当初は赤字になるとの予想も、日本選手の活躍も相まって、結果的にはチケット販売率は89%と当時の冬季五輪では過去最高を記録しました。 五輪終了後のパーティーではサマランチIOC会長(当時)から「ぴあのおかげで長野五輪は黒字になった」とお褒めの言葉をいただいたほど。 しかし、海外での販売を担っていた英国の代理店がチケットを大量に売り残していることが判明し、その残券の販売もぴあが担当することに。 一枚でも多く販売し一人でも多くの方にご覧いただくため、急きょ全国10カ所のワールドカップ開催地にブースを特設し、スタッフは徹夜で対応しました。 結果、すべてのスタジアムが満杯になったというエピソードも。 音楽コンサート、演劇ステージ、映画、遊園地・テーマパーク、スポーツの5ジャンルにおける公演回数、動員数、市場規模を基本指標として統計データを集約し、2009年までの毎年、「エンタテインメント白書」を発行。 現在、ぴあ総研の活動は休止中ですが、業界からの支援を受けつつ、調査は継続して実施しています。 チケットの仕入れを抑制するとともに、完全な復旧までインターネット販売を中止しました。 結果、2008年3月期の決算では赤字が25億円まで膨らみ、大規模な再建策を迫られました。 凸版印刷、経営共創基盤、セブン&アイ・ホールディングスとの資本・業務提携、事業の抜本的な見直し、希望退職等を断行。 大規模な構造改革に取り組んだことで、現在では過去最高の売上高を更新するとともに、チケッティングシステムを活用した各種サービスも好調です。 ブログやツイッター等で休刊を惜しむ声が数多く寄せられ、新聞や雑誌、テレビなど様々なメディアにて「ネットの先駆け」「ひとつの時代が終わる」「自分たちの青春そのものだった」などとして取り上げられました。

次の

‎「ぴあ」をApp Storeで

チケット ぴあ あい みょん

映画、音楽、ステージ、アート、クラシックの作品情報や開催情報のほか、ニュース、エッセイ連載などをひとつのアプリに凝縮! 自分の「みたい」「みた」をすべて登録できる「マイノート」機能や、評論家や専門家がいまみるべき1本をオススメしてくれる「エンタメ水先案内」など、情報の探しやすさだけでなく、「エンタテインメントとの偶然の出会いと発見」を提供します。 初めてよくばりぴあ二ストに登録される方は、1ヶ月間無料で体験いただけます。 ・「マイノート」の「みたいリスト」「みたリスト」「ブックマーク」を、登録数上限なし、期間無制限で利用できます。 ・アーカイブ化された連載コンテンツをいつでも読むことができます。 ・よくばりぴあニスト専用のマルぴ(映画館や美術館の入場料割引クーポンサービス)が利用できます。 pia. 思わず「は?」と声が出ました。 まずは途中まで読ませた記事にきちんとジャンプしてください。 無料アプリだとしてもそのくらいはして欲しい。 また、検索機能ですが、作品名やアーティスト名での検索はかけられるようですが、ニュース記事の検索はわざわざアーティスト名などのキーワードで検索をかけてから必死に探す必要があり面倒でした。 連載もトップページからは数日分しか遡れず読みたいものにたどり着かなかったです。 元の記事のタイトルから検索できるなどの工夫が欲しい。 記事に関連するアーティスト名で検索をかけ、そこからひたすらスクロールして読みたい記事になんとかたどり着きましたが、UIが堅すぎると言わざるを得ません。 デベロッパの回答 、 この度はご迷惑おかけし申し訳ございません。 「続きはアプリで」の遷移については、お使いの端末にぴあアプリがインストールされている方向けの機能となっております。 ご混乱を招かぬよう、表現について見直してまいります。 またご指摘いただいた検索機能については、現在大幅改善に向けて鋭意開発中になります。 11月中には改善した検索機能を公開できると思いますので、今暫くお待ちいただけましたら幸いです。 今後もお使いの皆様にご満足いただけるようなサービスを目指してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

次の

沿革|企業情報|ぴあ株式会社

チケット ぴあ あい みょん

店頭販売・インターネット販売・ファミマのファミポートは販売自体がない(もしくは発売日の遅い時間)場合もあるので、そのあたりは発売日までにご自分でお調べください。 さて、店頭もある場合ですが、店頭で1番で並べば結構な確率で取れることが多いです。 ただ、店頭の場合はオペレーターの腕しだいなところがあります。 同じチケットで、店頭で1番に並んだけど買えなかった人もいれば別の売り場で2番目に並んだ人まで買えた、という場合もあります。 オペレーターの腕までは経験がある場合以外は分からないので確実ではないかもしれません。 ファミマのファミポートは、実質電話回線と同じ回線を使用していると聞いたことがあります(真実のほどは分かりませんが) なので、販売時間ちょうどの混み合う時間帯だとファミポートでもつながるまで時間がかかるかもしれません。 電話は、チケット取りを生業としてる業者がリダイヤル機能があるソフトで自動応答してますので、一般固定電話ではつながったころにはもう売り切れ、ということが多いと思います。 インターネットも同様で、光回線などできるだけ高速の回線を使っていればいいのですが、そうでないとなかなか繋がらないことが多いような気がします。 店頭も含めて販売があるのであれば、店頭に並びつつオペレーターが操作している間に携帯電話でも電話する、という手がいいのではないかと思います。 携帯電話でも加入者数によりつながりにくい等ありますが。。。 いずれにせよ一般発売分の数は少ないと言われていますので、どうしても行きたい公演は先行販売情報を調べて先行で入手したほうが楽だと思いますよ。 アーティストにも依るのですが、ぴあの場合、プレリザーブ(ぴあ会員向けの先行販売)で発売されるチケットなら、それを狙ったほうが確実だと思います。 年会費が4000円前後かかりますが、ぴあカードの会員になっておけば、プレリザーブでWチャンス待遇ですので、抽選に当たる可能性はかなり上がると思います。 抽選だと、つながる・つながらないとか気をもむ必要がありませんし、そこでダメでも一般発売で再チャレンジできます。 一般発売の場合、私はぴあだと電話・ネットともまともに買えた試しがないので、ローソンのLoppiに発売日の発売時間に陣取るようにしています。 先行発売はぴあもイープラスも全滅だったアーティストのチケットがLoppiで取れたことがあります。 ファミマの端末は試したことがありません。 尚、コンビニ端末の通信回線が電話回線であっても、伝送する情報量自体が少ないし、直接予約受付コンピュータとつながりますので、さほど問題になりません。 むしろユーザーが操作になれておらず、もたついたり、間違えたりすることでの時間ロスのほうが大きいでしょう。 (ぴあ店頭で窓口の人によって当たり外れがあるのも、そこらの要領の良し悪しということかもしれません。 ) ぴあカードでプレリザーブWチャンス狙い、ダメならコンビニ端末で一般発売初日発売開始時間ということでトライされてはどうでしょうか。 (いずれのルートでも狙っているチケットの発売の有無は事前にネットでよく調べておかれたほうがよいでしょう。 ) Q 金曜日発売のチケットを取るため、駅ビルにあるぴあに8:00から並びました。 並んでいるのは私ひとり。 (駅ビルの入り口の前に並びました。 この日、他のアーティストのチケット販売はありませんでした。 ) ぴあの従業員の方が受け付け用紙を回収しに来られたのは、9:58分のことでした。 私はそのチケットをとることができませんでした。 同じ日、違う場所のぴあで同じチケットを購入しようとした友人は、寝坊して9:45頃ぴあについたとのこと。 やはり、並んでいる人はいなかったそうです。 そこのぴあは、総合文化センター内にあるらしいのですが、ぴあの方は9:00ぐらいから来ているそうで、友人はこの日もぴあに到着後すぐ、受付用紙を回収していただいたとのこと。 友人はチケットを購入することがきました。 私がいつも行くチケットぴあは、土日でもぴあの方は9:45頃に現れます。 ちなみに、その金曜日は9:50頃出勤なさっていました。 二時間も待っていたのに、チケットがとれなくて、非常に残念でした。 ぴあのお店によって、チケットのとりやすいお店、とりにくいお店があるのですか?とりやすいお店があるとしたら、どのような条件を満たしているお店なのでしょうか? また、10:00前に回収された受付用紙は、その後どのようにしてチケットをとるかたちになるのでしょうか? どなたか知っている方、教えてください!お願いします! 金曜日発売のチケットを取るため、駅ビルにあるぴあに8:00から並びました。 並んでいるのは私ひとり。 (駅ビルの入り口の前に並びました。 この日、他のアーティストのチケット販売はありませんでした。 ) ぴあの従業員の方が受け付け用紙を回収しに来られたのは、9:58分のことでした。 私はそのチケットをとることができませんでした。 同じ日、違う場所のぴあで同じチケットを購入しようとした友人は、寝坊して9:45頃ぴあについたとのこと。 やはり、並んでいる人はいなかったそう... A ベストアンサー 過去に、よく徹夜で並んでいた事を思い出しました。 ぴあの店頭でチケットが取れるか取れないかは、 はっきり言って、店員の要領の良さと技術にかかってます。 並んでいる人が少ないからって、取れるとは限らないのです。 要領のよい所では、申し込み用紙は整理番号入りで早めに回収。 10:00の発券時までに打ち込み終わり、 10:00ちょうどに、Enter押すだけ。 端末操作も慣れてる人の方が作業が早いです。 逆に、10:00になってから打ち込んでるようでは 取れるものも取れないですよ。 9:58に回収って、それは遅すぎです。 店員さんも、慣れてますから。 事前に様子を見に行くとか、地道に対応のよい所を探すしかないですね。 最近は、ローソン扱いが増えてるので、並ぶことも少なくなりました。 参考までに。 大体はぴあより、ローソンの方が持ってる枚数多いです。 A ベストアンサー あ、既にそのようにやられていましたか。 失礼いたしました。 では少し専門的?な、もう少し掘り下げた話でも… ネットに接続するにはご存知の通り、どこかのプロバイダとの契約が 必要になりますが、そのプロバイダには実は一次、二次、三次などの 違いがあります。 現在はあまり「このプロバイダは一次プロバイダだから~」などと いう言い方はしませんが、構造的には今でも同じです。 簡単に言いますと、一次プロバイダ、これがネット接続の大元です。 あまり名前の知られていないようなプロバイダは、どこかの一次 プロバイダにぶら下がっているというイメージになります。 要するに、 一次プロバイダよりは接続力が弱い(という表現が正しいかは分かり ませんが、ニュアンス的にお考えください)のです。 三次は更に 二次からぶら下がっています。 トーナメント表みたいな感じです。 なので、二次プロバイダよりは、一次プロバイダの方がどう考えても 有利なのです。 ちなみにどこが一次プロバイダかと言いますと、OCNとニフティは 確かそうです。 あとはあまり知りません。 私の契約しているPLALAは OCNにぶら下がっている二次プロバイダです。 OCNに問題が生じますと こちらにも影響が出ることがあります。 まあその分安いんですけど。 ネット検索にて「一次(二次)プロバイダ」などと検索をかけますと 色々な情報が出てくると思います。 一次プロバイダと契約すること、これが一番の必勝法かも知れません。 回線の種類より、こちらの方が影響が大きいです。 チケットの争奪をかなりの頻度で行うのでしたら、プロバイダの乗り 換えも考えてみるべき?かも知れません。 あ、既にそのようにやられていましたか。 失礼いたしました。 では少し専門的?な、もう少し掘り下げた話でも… ネットに接続するにはご存知の通り、どこかのプロバイダとの契約が 必要になりますが、そのプロバイダには実は一次、二次、三次などの 違いがあります。 現在はあまり「このプロバイダは一次プロバイダだから~」などと いう言い方はしませんが、構造的には今でも同じです。 簡単に言いますと、一次プロバイダ、これがネット接続の大元です。 あまり名前の知られていないようなプロバイダ... Q ゴスペラーズの10月の公演のチケットを 先行でとれなかったため、一般でとりたいと 思っているのですがCNプレイガイド(電話)、 チケットぴあ(電話)、ローソンのLoppiと 3箇所で同時に発売されるようなんです。 それで、電話とLoppiのどちらが人気チケットを とるのに有利なのかな?と思いまして。 電話だとつながったと思ったら sold outなんてことをよく聞きますし・・ ここはLoppiに挑戦したほうがいいのでしょうか? それとも正攻法でやはり電話でいったほうが いいのでしょうか? それと、Loppiを使ったことがある方、 人気チケットをとるにあたって気をつけたほうが いいことなどがあればぜひ教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 電話よりLoppiの方が確実だと思いますよ。 よく利用してます。 気をつけることは、まずLoppiを取られないようにすることです。 ひとつのローソンに一台しかありませんからね。 わたしは以前出遅れて、自転車でローソン3軒はしごしたことがあります 苦笑。 全部使用中で結局チケット取れませんでした。 週末の朝10時はチケット発売がいくつも重なってるから 他にもチケットを取ろうとする人がいるかもしれません。 あとは、10時前にLoppiを操作して欲しいチケットの申し込み画面にしておき、10時になったと当時にボタンを押すのがコツです。 時間がたつと回線が混んで、Loppiでもつながらなくなることがあります。 あと、一度だけコンピューターのトラブルかなんかでチケットの受付が停止していたこともあります。 だから絶対確実とはいえませんが…。 A ベストアンサー こんばんは。 チケットの席は気になりますよね。 先行予約に申込むと必ずよい席なのか 残念ながらNOです。 「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。 早い者勝ちの「先行」ではありません。 イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。 一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。 指定期間内に登録を行った者の中から「抽選で」チケットを割り振っていきます。 だから登録期間がスタートして直ぐに申し込んでも、よい席どころかチケットが手に入らない 落選 可能性もあります。 でも自分は一般発売の電話予約よりは格段に入手率は上がりましたよ!でも良い席だった事はほとんどないなあ~ 悪くないっていうレベルが2回ほど… 笑 問題は、「良い席」がどこに流れているか、です。 自分も色々本を読んで調べたりしたんですが、やはり良い席のほとんどが「ファンクラブ」に流れているようです。 そういう事って主催者がイベンターとかプレイガイドとかと相談して決めるらしいですよ。 きっと「この辺の席はAチケット、こっちはBチケット…」みたいな。 どこのプレイガイドでとってもスタンド席に当たった事があるので、極端な偏りはないでしょう ファンクラブでスタンドってのも経験あり ただ、どこでも一般発売の先着順なら、今もっている席の前の方から埋めて行くのは当たり前じゃないでしょうか? 要は「良い席は運次第」って事ですよ!自分もかなりの回数LIVEに行ってても一番前は1回だけ… LIVEはステージに近い遠いより、いかに楽しむかがカギですよ! こんばんは。 チケットの席は気になりますよね。 先行予約に申込むと必ずよい席なのか 残念ながらNOです。 「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。 早い者勝ちの「先行」ではありません。 イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。 一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。 指定期間内... A ベストアンサー こんにちは。 確実性が高いのは当たり前ですが店頭です。 徹夜でも何でもして最初に並べば勝ちですからね。 電話、ネットともに「必勝法」は存在しません。 「噂」はいくらでもありますが、どれもいい加減な噂です。 しかし、人気チケットは初日店頭販売しないことも多いので、結局電話、ネット勝負になることも多い。 その場合は、単純に確率を上げる以外に方法は有りません。 つまり、携帯と家電、ネットを全て同時にやるのです。 電話はもちろん事前に一度かけておき、リダイヤルで良い様にしておきます。 これで午前9時59分からとにかくアタックしまくる。 協力者が居るなら出来るだけ多く声をかける。 万が一ダブったら売り飛ばすか、引き取らなければ良いだけ。 健闘を祈ります。 Q 氷川きよしくんのコンサートチケットの一般発売が明日なので、こないだ電話で漏れてしまったため初めてチケットぴあに並んでみようと思っています。 調べて見た感じ店頭販売しかないみたい? 朝10時発売&開店なのですが、だいたい何時くらいから並ぶものなのでしょうか?人気なのでかなり早いのかなーとも思いますし。。 また、チケットぴあの店頭で購入する場合何か書いたりするのでしょうか? A ベストアンサー 氷川きよし君のチケットは電話予約と同時に店頭販売もあるようですね。 ここで注意しなければいけないことは 明日は金曜日だということです。 土日に発売するチケットが集中するため、 お店によっては整理券を出したり、店頭まで誘導してくれるところもありますが 平日の場合はそんなことをしてくれないところが普通です。 そして明日発売のチケットをざっとチェックしましたが 敵はジャニーズ系の出演者のいるミュージカルくらいでしょうか。 ですから徹夜などしなくても十分だと思います。 もちろん渋谷、新宿、横浜などの大きなところより 地元の小さなぴあスポットの方をねらった方が一番をとれる可能性大です。 じゃあ楽勝~!と思うのは間違いです。 ライバルがいないということは、全国一斉に氷川きよしファンが購入することになるのです。 ぴあの店舗は全国に何百もありますし、 電話でトライする人もいます。 電話なんてかからないと思っても、 チケットゲッターといって、必ずつなげるテクニックを持った人もいます。 そして最近では、インターネットでチケットを買えたりもするのです。 (ただしアクセスが集中するためつながらない状態になります) ですから、アリーナではなくホールでのコンサートでもありますし、 ぴあで一番をとっても買えないこともあるかも!! とにかく最善を尽くしましょう。 絶対に一番をとること。 そして、入り口からぴあのお店にすぐかけつけられるスポットを選びましょう。 デパートの中にあるスポットなんかだと 10時開店でエスカレーターを駆け上ってカウンターにたどり着いて注文している間に 間違いなくチケットは売り切れているでしょう。 注文用紙は今日のうちに手に入れて、記入していきましょう。 ですから、ねらうお店が決まったら足を運んで 「明日発売のチケットを朝一番で購入しますからよろしく」と言っておきましょう。 じゃないと、平日は気を抜いて遅刻してくる店員さんもいますから。 どこに並べばいいかとかも確認しておいてください。 そのとき、徹夜している人がいないかもチェックしましょう。 店員さんに「あら、そういう人がさっきもいたわ」と言われたら 絶対負けないように頑張るか、別のお店に変更してくださいね。 それからファミリーマートやサンクスでは12時からの発売になりますから ぴあのお店に並びましょう。 頑張っておばあちゃんを喜ばせてあげてくださいね。 氷川きよし君のチケットは電話予約と同時に店頭販売もあるようですね。 ここで注意しなければいけないことは 明日は金曜日だということです。 土日に発売するチケットが集中するため、 お店によっては整理券を出したり、店頭まで誘導してくれるところもありますが 平日の場合はそんなことをしてくれないところが普通です。 そして明日発売のチケットをざっとチェックしましたが 敵はジャニーズ系の出演者のいるミュージカルくらいでしょうか。 ですから徹夜などしなくても十分だと思います。 もちろん... Q 一般発売開始直後、30分、15分以内に売切れ必須の某人気アーティストについてのライブチケットの入手方法についての質問です。 (オークション等は利用しません。 某アーティストに対して、失礼にあたるので) チケット購入は初めてなもので高い確率で購入できる方法(電話を掛けるタイミングなど)、または良席を取れる方法がわかりません。 もし、よろしければご教授願います。 今週の土曜日が一般発売の日(10月20日AM10時発売)になりますのでその日の前日までに回答をお願い致します。 今まで調べたことを自分なりに調べたことをリストアップします。 自分なりにはロッピー購入が比較的に購入しやすいかと思います。 (オークション等は利用しません。 某アーティストに対して、失礼にあたるので) チケット購入は初めてなもので高い確率で購入できる方法(電話を掛けるタイミングなど)、または良席を取れる方法がわかりません。 もし、よろしければご教授願います。 今週の土曜日が一般発売の日(10月20日AM10時発売)になりますのでその日の前日までに回答をお願い致します。 今まで調べたこ... A ベストアンサー ぴあ店頭は止めた方が無難です。 人気があるチケットは先ず取れません。 自分も何度か玉砕しました。 自分の経験則ですが、電話で購入の場合は開始時間の2分前後くらい前までは繋がります。 のでオートアンサーの時間を入れて(チケット会社に直に繋がる前までで)うまく開始の合う様にすると良いと思います。 自分はこれで何度か上手くいきました。 回線さえ繋がれば掛かりながら切れるという事が無い為だと思われます。 が上手くタイミングが合わなければそれまでです。 一番良いのは、これと店頭(ロッピー含む)とインターネットを併用する事です。 どうしても手に入れたくてオークション等を利用しないのであればみっとも等とは言っていられませんので、試してみたらどうでしょう。 又、失敗となっている方法ですが、チケットを取れる確率から言ったらこれらの方が上だと思います。 今回は運が無かったかもしれませんが是非もう一度試してみて下さい。 後、地元に拘らないのであれば、先行は違うプロモーターだと違うチケット会社を使用する事もあるので色々なチケット会社に登録しておいて常に情報が入る様にする方が良いと思いますし一般販売の場合も然りです。 ぴあ店頭は止めた方が無難です。 人気があるチケットは先ず取れません。 自分も何度か玉砕しました。 自分の経験則ですが、電話で購入の場合は開始時間の2分前後くらい前までは繋がります。 のでオートアンサーの時間を入れて(チケット会社に直に繋がる前までで)うまく開始の合う様にすると良いと思います。 自分はこれで何度か上手くいきました。 回線さえ繋がれば掛かりながら切れるという事が無い為だと思われます。 が上手くタイミングが合わなければそれまでです。 一番良いのは、これと店頭(ロッピー含む)とイ... A ベストアンサー 店頭で並ぶ方が確実かもしれませんが、その場合、必ず取りたいのなら、一度並ぶ予定の店舗に電話したり、出向いて確実にその日にその店頭で何時から販売があるのか聞いておいた方がいいと思います。 またその際、過去に同様 15時発売開始 ジャニーズのチケット発売のときにその店ではどんな感じだったか(この時間設定はおそらく徹夜組を出さないための対応かもしれませんね)を聞いておいた方がいいかもしれませんね。 その際、電話なら必ず「失礼ですがお名前は?」と対応した人の名前を控えた方がいいかもしれません。 何か手違いで、話が違う!!!となったときの為にも・・・。 ちなみに劇団四季では徹夜組を防ぐために、電話・ネットは10時から、チケットボックス 劇場チケット売り場)では正午からと発売開始時間が違います。 ですから、念には念を入れてまずは発売情報を確認しましょう! 検討を祈ります! Q 某アーティストのライブに行きたいと思い、チケットを取ろうと思っています。 抽選のプレリザーブと違って、先行発売は先着順だし、ある程度良席もあるのかな・・・と なんとなく思うのですが、今ひとつ仕組みの違いもよくわかりません。 席はともかく、まずはチケットの確保!ということなら、プレリザーブから申し込んでおくのが 良いのかな?とも思ったり。 でもやっぱり少しでも良い席が取れそうな方がいいし・・・皆さんそうなんでしょうけど; FCに入っていないアーティストのチケットを自分で取るのが今回初めてで、すごく迷います。 皆さんの今までの経験やアドバイスなど、教えていただければと思います。 よろしくお願いします! 某アーティストのライブに行きたいと思い、チケットを取ろうと思っています。 A ベストアンサー 捉え方が違いますね。 プレリザーブは「席の確保」が最大のメリットです。 人気チケットは先行、一般云々よりも入手自体が困難ですから。 「席の確保をしてあげますよ。 でも良い席というより普通の席ですよ。 」というのがプレリザーブです。 先行発売は基本的に文字通りの意味で、先着順に良い席が無くなって行きます。 どれが良いか、という問題ですが、何とも言えませんね。 結構まちまちなんですよね。 スポンサー系、FC、関係者、プロモーターに配分た結果、一般プレイガイドにはほとんど枚数が残らないなんてのはよくあることですし。 例えば一般発売が良い席の比率が高いとしても、それが10枚しかなければ意味が無いでしょ?プレリザーブや先行、先々行が行われるようなアーティストであれば、そもそも取れない可能性の方が高い訳で、そう考えると全部アタックするのが正解という事になります。 ちなみに、過去の経験上、(関係者パスを除いて)一番良い席が取れたのはやはりFC(コンスタントに良い席)、次が一般発売(でも悪い席の確率の方が高い)、その次が先行orリザーブ系orプロモーター系(普通の席が多い)といった感じ。 チケット入手の確率はFCは別格で、次がリザーブ系かプロモーター系、先行や一般はギャンブルの世界です。 プレリザーブは「席の確保」が最大のメリットです。 人気チケットは先行、一般云々よりも入手自体が困難ですから。 「席の確保をしてあげますよ。 でも良い席というより普通の席ですよ。 」というのがプレリザーブです。 先行発売は基本的に文字通りの意味で、先着順に良い席が無くなって行きます。 どれが良いか、という問題ですが、何とも言えませんね。 結構まちまちなんですよね。 スポンサー系、FC、関係者、プロモーターに配分た結果、一般プレイガイドにはほとんど枚数が残らな...

次の