セプテンバー 歌詞。 うじたまい 独りうた ~September調子はどうだい~ 歌詞&動画視聴

【歌詞和訳】Earth, Wind & Fire「September」実は12月の歌だった!?

セプテンバー 歌詞

RADWIMPSを知らない人でも、「セプテンバーさん」という言葉を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。 「セプテンバー」とは、日本語で「9月」を意味します。 そんな「セプテンバー」を擬人化したような言葉となっている『セプテンバーさん』。 これはRADWIMPSの人気曲の曲名なのですが、9月に入るとなんとこの「セプテンバーさん」というワードがTwitterのトレンドに入ることも。 そのため、RADWIMPSの曲を知らなくてもこの言葉を目にすることがあり、9月になると多くのRADWIMPSファンが思い出す曲ということからも、この曲がどれだけファンに愛されている楽曲であるかがわかります。 AimerとRADWIMPSといえば、2016年8月17日にリリースされたAimerの11枚目のシングル曲『蝶々結び』を野田洋次郎が楽曲提供とプロデュースしたことで話題となりました。 実は、その『蝶々結び』のカップリングに、Aimerが『セプテンバーさん』をカバーした楽曲が収録されているのです。 Aimerと野田洋次郎のコラボはもともと多くのファンを歓喜させていましたが、この『セプテンバーさん』のカバーもファンにとっては嬉しいコラボとなりました。 Aimerがカバーした『セプテンバーさん』は女性ボーカルの優しいサウンドが魅力的で、本家に比べて切なさの中によりキラキラとした輝きを感じられるアレンジとなっており、本家とはまた別の魅力があると高い評価を受けています。 Aimerのしっとりした声と、本家の楽曲にある優しい耳心地の雰囲気が絶妙にマッチした作品です。 10年以上前に発表された『セプテンバーさん』ですが、最近ではTikTokで使用されたことで再び話題になっています。 TikTokではRADWIMPSが演奏するものはもちろん、Aimerがカバーしたものも多く使用されており、これによって『セプテンバーさん』という曲を知る人も少なくありません。 Aimerの『セプテンバーさん』をTikTokで聴いて本家を知ったり、多くの人がRADWIMPSの楽曲に興味を持つきっかけともなっているのです。 「好きなの」「もう少しだけここにいさせて」と、ちょっとキュンとしてしまうようなフレーズがたくさん盛り込まれている『セプテンバーさん』は、かわいくてキラキラのTikTokにぴったり合っておりたくさんの人に使用される人気曲となっています。 「セプテンバー」を擬人化したような言葉の『セプテンバーさん』。 このタイトルは、「セプテンバー3」、つまり9月3日が由来と言われています。 なぜ9月3日が由来となっているかと言うと、この日はRADWIMPSにとって大切な日だからです。 2005年9月3日、RADWIMPSは横浜BLITZにて初めてのワンマンライブを行いました。 そしてこれは、彼らにとってインディーズ最後のライブとなり、『セプテンバーさん』はその大切な日である9月3日のライブで初めて披露されました。 この日、彼らはメジャーデビューを発表し、そこからこれまで以上の功績を重ねる日々が始まったのです。 RADWIMPSにとって大切な9月3日が由来となっていると知ると、『セプテンバーさん』という言葉にも彼らの強い想いがこもっているんだなと改めて考えさせられます。

次の

Septemberの歌詞

セプテンバー 歌詞

RADWIMPSを知らない人でも、「セプテンバーさん」という言葉を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。 「セプテンバー」とは、日本語で「9月」を意味します。 そんな「セプテンバー」を擬人化したような言葉となっている『セプテンバーさん』。 これはRADWIMPSの人気曲の曲名なのですが、9月に入るとなんとこの「セプテンバーさん」というワードがTwitterのトレンドに入ることも。 そのため、RADWIMPSの曲を知らなくてもこの言葉を目にすることがあり、9月になると多くのRADWIMPSファンが思い出す曲ということからも、この曲がどれだけファンに愛されている楽曲であるかがわかります。 AimerとRADWIMPSといえば、2016年8月17日にリリースされたAimerの11枚目のシングル曲『蝶々結び』を野田洋次郎が楽曲提供とプロデュースしたことで話題となりました。 実は、その『蝶々結び』のカップリングに、Aimerが『セプテンバーさん』をカバーした楽曲が収録されているのです。 Aimerと野田洋次郎のコラボはもともと多くのファンを歓喜させていましたが、この『セプテンバーさん』のカバーもファンにとっては嬉しいコラボとなりました。 Aimerがカバーした『セプテンバーさん』は女性ボーカルの優しいサウンドが魅力的で、本家に比べて切なさの中によりキラキラとした輝きを感じられるアレンジとなっており、本家とはまた別の魅力があると高い評価を受けています。 Aimerのしっとりした声と、本家の楽曲にある優しい耳心地の雰囲気が絶妙にマッチした作品です。 10年以上前に発表された『セプテンバーさん』ですが、最近ではTikTokで使用されたことで再び話題になっています。 TikTokではRADWIMPSが演奏するものはもちろん、Aimerがカバーしたものも多く使用されており、これによって『セプテンバーさん』という曲を知る人も少なくありません。 Aimerの『セプテンバーさん』をTikTokで聴いて本家を知ったり、多くの人がRADWIMPSの楽曲に興味を持つきっかけともなっているのです。 「好きなの」「もう少しだけここにいさせて」と、ちょっとキュンとしてしまうようなフレーズがたくさん盛り込まれている『セプテンバーさん』は、かわいくてキラキラのTikTokにぴったり合っておりたくさんの人に使用される人気曲となっています。 「セプテンバー」を擬人化したような言葉の『セプテンバーさん』。 このタイトルは、「セプテンバー3」、つまり9月3日が由来と言われています。 なぜ9月3日が由来となっているかと言うと、この日はRADWIMPSにとって大切な日だからです。 2005年9月3日、RADWIMPSは横浜BLITZにて初めてのワンマンライブを行いました。 そしてこれは、彼らにとってインディーズ最後のライブとなり、『セプテンバーさん』はその大切な日である9月3日のライブで初めて披露されました。 この日、彼らはメジャーデビューを発表し、そこからこれまで以上の功績を重ねる日々が始まったのです。 RADWIMPSにとって大切な9月3日が由来となっていると知ると、『セプテンバーさん』という言葉にも彼らの強い想いがこもっているんだなと改めて考えさせられます。

次の

Aimer

セプテンバー 歌詞

Love was changing the minds of pretenders While chasing the clouds away Our hearts were ringing In the key that our souls were singing. As we danced in the night Remember how the stars stole the night away Ba de ya say do you remember Ba de ya dancing in September Ba de ya never was a cloudy day My thoughts are with you Holding hands with your heart to see you Only blue talk and love Remember how we knew love was here to stay Now December found the love that we shared in September Only blue talk and love Remember the true love we share today Ba de ya say do you remember Ba de ya dancing in September Ba de ya never was a cloudy day Ba de ya say do you remember Ba de ya dancing in September Ba de ya golden dreams were shiny days インデックス• 1,805• 138• 105• 137• 102• 207• 126• 110• 1,783• 128• 350• 168• 103• 121• 112• 169• 102• 173• 102• 4 最近の公開• 最近のコメント• に eikashi より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 夏樹 より• に eikashi より• に eikashi より• に 夏樹 より• に eikashi より• に eikashi より.

次の