サウスト シーン カード ランキング。 【サウスト】支援★5シーンカード総合力ランキング一覧│墨猫の館

【サウスト】リセマラ当たりランキング

サウスト シーン カード ランキング

サウストシーンカード総合力ランキング サウスト内で使用されているシーンカードの合計値をランク形式で紹介していきます。 (アーロン)」「レッド・フォース号と共に(シャンクス)」の2枚が総合同率1位にランクインしました! 総合ステータスのランクは戦士の「黒縄・大龍巻の威力(ゾロ(新世界))」と奇襲の「ローの生きる理由(トラファルガー・ロー(新世界))」が同率で1位となっています。 全体的に見ると、戦士・奇襲・中衛あたりが総合的なステータスが高い印象を受けますね! 攻撃力ランキング 攻撃力をランク形式で紹介していきます。 」まで、7枚のシーンカードは攻撃力・防御力etc…すべてステータスが一緒です。 つまり、これらシーンカードを入手した場合、タイプ別においてもTOPクラスのカードなので、必ず育てるようにしましょう。 間違っても、エサにしないように気を付けてくださいね。 ちなみに、7位~10位と同じ攻撃力が1140のシーンカードは上記掲載以外にも「兄貴は心配なんだ(エース)」「人の夢は! 終わらねェ!! 物理防御力ランキング 次に、物理防御力ランキングです。 2位の「本当に現れた! 」~「アラバスタ王国最速集団」までは、すべて同じステータスになっています。 ちなみに8位~10位と同じステータスのシーンカードが他にも「おれ達が相手をしてやる! (シャンクス)」「ぐちぐち言ってんじゃねェ(黒ひげ)」「いやァ…! もっと上だ…! 属性防御力ランキング 次に、属性防御力をランク形式で紹介していきます。 属性防御では、クザンの「殺して行くぞ?」がわずかの差で1位となっています。 2位~4位の「どけェ!! (ゾロ)」「これが噂に聞く結婚…!? (ハンコック)」「地獄へ墜ちろ(マゼラン)」が同じステータスなので、数値だけみれば上位はほとんど変わらないですね。 また、5位の「待っていた(くま)」が物理防御力でもランクインしていたので、このシーンカードを引いたら育てた方が良さそうです。 HPランキング 次に、HPをランク形式で紹介していきます。 (アーロン)」「レッド・フォース号と共に(シャンクス)」が総合HPにランクインしてきました!やはり、HPの数値が大きいと総合でも優位に働きやすいですね。 HPランキングでは1位と2位が。 そして、3位~6位までが同ステータスとなっています。 これらは攻撃力だけを見れば同じ数値なので、上位のカードを入手したらメインとまでは行かないまでも育ててみると良いでしょう。 ちなみに、9位~10位と同率ステータスのシーンカードに「しらほし姫様ァ~!!!! (しらほし)」があります。 SPランキング 最後に、SPをランク形式で紹介していきます。 ただ、攻撃力を見ると4位から急激にステータスが下がっていますが、逆にHPは跳ね上がっているので、他のランキングも見ながら育成は総合的に考えると良いでしょう。 ちなみに、10位の「勝手に謝らないで」と同率ステータスのシーンカードに「サウスト2周年チョッパー(チョッパー)」と「エース! 貰うぞお前の技! (サボ)」があります。

次の

【サウスト】支援★5シーンカード総合力ランキング一覧│墨猫の館

サウスト シーン カード ランキング

サウストシーンカード総合力ランキング サウスト内で使用されているシーンカードの合計値をランク形式で紹介していきます。 (アーロン)」「レッド・フォース号と共に(シャンクス)」の2枚が総合同率1位にランクインしました! 総合ステータスのランクは戦士の「黒縄・大龍巻の威力(ゾロ(新世界))」と奇襲の「ローの生きる理由(トラファルガー・ロー(新世界))」が同率で1位となっています。 全体的に見ると、戦士・奇襲・中衛あたりが総合的なステータスが高い印象を受けますね! 攻撃力ランキング 攻撃力をランク形式で紹介していきます。 」まで、7枚のシーンカードは攻撃力・防御力etc…すべてステータスが一緒です。 つまり、これらシーンカードを入手した場合、タイプ別においてもTOPクラスのカードなので、必ず育てるようにしましょう。 間違っても、エサにしないように気を付けてくださいね。 ちなみに、7位~10位と同じ攻撃力が1140のシーンカードは上記掲載以外にも「兄貴は心配なんだ(エース)」「人の夢は! 終わらねェ!! 物理防御力ランキング 次に、物理防御力ランキングです。 2位の「本当に現れた! 」~「アラバスタ王国最速集団」までは、すべて同じステータスになっています。 ちなみに8位~10位と同じステータスのシーンカードが他にも「おれ達が相手をしてやる! (シャンクス)」「ぐちぐち言ってんじゃねェ(黒ひげ)」「いやァ…! もっと上だ…! 属性防御力ランキング 次に、属性防御力をランク形式で紹介していきます。 属性防御では、クザンの「殺して行くぞ?」がわずかの差で1位となっています。 2位~4位の「どけェ!! (ゾロ)」「これが噂に聞く結婚…!? (ハンコック)」「地獄へ墜ちろ(マゼラン)」が同じステータスなので、数値だけみれば上位はほとんど変わらないですね。 また、5位の「待っていた(くま)」が物理防御力でもランクインしていたので、このシーンカードを引いたら育てた方が良さそうです。 HPランキング 次に、HPをランク形式で紹介していきます。 (アーロン)」「レッド・フォース号と共に(シャンクス)」が総合HPにランクインしてきました!やはり、HPの数値が大きいと総合でも優位に働きやすいですね。 HPランキングでは1位と2位が。 そして、3位~6位までが同ステータスとなっています。 これらは攻撃力だけを見れば同じ数値なので、上位のカードを入手したらメインとまでは行かないまでも育ててみると良いでしょう。 ちなみに、9位~10位と同率ステータスのシーンカードに「しらほし姫様ァ~!!!! (しらほし)」があります。 SPランキング 最後に、SPをランク形式で紹介していきます。 ただ、攻撃力を見ると4位から急激にステータスが下がっていますが、逆にHPは跳ね上がっているので、他のランキングも見ながら育成は総合的に考えると良いでしょう。 ちなみに、10位の「勝手に謝らないで」と同率ステータスのシーンカードに「サウスト2周年チョッパー(チョッパー)」と「エース! 貰うぞお前の技! (サボ)」があります。

次の

シーンカード狙撃タイプ最強ランキング

サウスト シーン カード ランキング

狙撃シーンカード総合力ランキング 狙撃シーンカードの合計値をランク形式で紹介していきます。 」が同ステータスで1位を獲得しています。 また、総合値で同率1位だったのがドフラミンゴの「コラソンは大切な実の弟」ですが、このシーンカードはHPが高いシーンカードなので、実質的には1~2位のシーンカードの方が良い内容かもしれません。 ただ、ここにランクインしている多くの狙撃シーンカードが過去に行われたイベントのクリア報酬として配布されたものなので、今では手に入らないものがほとんどとなっています。 攻撃力ランキング 攻撃力をランク形式で紹介していきます。 また、9位にランクインしている「口先だけのルーキー」は、攻撃力が高いのでランクインしていますが、全体的な数値としてはそれほど高くは無いので無理に強化する必要はないでしょう。 物理防御力ランキング 次に、物理防御力ランキングです。 狙撃シーンカードの防御力ランキングはドフラミンゴの「いずれも手に余る曲者揃い」が1位を獲得しました。 このカードはシーンカード全体で見てもトップの防御力で、狙撃はあまり数値の高いものが少ないので貴重な一枚になりそうです。 ただ、これも同じく過去イベントのクリア報酬として配布されたものなので、現在は入手することが出来ません。 属性防御力ランキング 次に、属性防御力をランク形式で紹介していきます。 キッドの属性防御は断トツですね! 狙撃シーンカードの属性防御ではエースの「この時代の名」と、ドフラミンゴの「いやァ…! もっと上だ…! 」「七武海のドレスコード」が同ステータスで1~3位を占めていますが、いずれのカードも過去イベントで配布されたものなので、現在は入手することが出来ません。 ただ、9位の「兄貴は心配なんだ」は通常のガチャで入手することが出来るので、もし手に入れることが出来たら強化素材にしない様気を付けましょう。 HPランキング 次に、HPをランク形式で紹介していきます。 数値だけで見るとHP特化型のようなので…タイプレベルを上げる素材にしても良さそうですね。 ここまで、すべてのランキングで顔を見せていますね!これは、個人的にも絶対に育てます。 HPランキングではドフラミンゴの「コラソンは大切な実の弟」が1位を獲得しましたが、このシーンカードは防御ランキングでも2位の好位置につけており、非常に優秀な数値のシーンカードとなっています。 他のシーンカードについても、すでに攻撃力や防御力ランキングでランクインしているカードしかないので、優秀なのは言うまでもありませんね。 SPランキング 最後に、SPをランク形式で紹介していきます。 SPランキングでは、属性防御ランキングに続きエースの「この時代の名」、ドフラミンゴの「いやァ…! もっと上だ…! 」「七武海のドレスコード」が1位を獲得しました。 これから手に入れることはできませんが…狙撃の中では間違いなく上位ステータスのカードと言えますね。 また、SPの数値だけで見ると1位~10位までほとんど変わらないので、ここの数値だけで強化の判断をすることはおススメしません。

次の