ウルガモス 育成論。 ウルガモスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン鎧の孤島】ウルガモスの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

ウルガモス 育成論

『ポケットモンスター ソード・シールド』(ポケモン剣盾)のランクバトルなどの対人戦において強力なポケモンである「ウルガモス」の育成論を紹介しております。 5倍 0. 25倍 無効 なし 解説 高い特攻と素早さを持っているにもかかわらず、強力な積み技である「 ちょうのまい」を覚えることから全特殊ポケモンの中でもトップクラスに強いポケモンであると言えます。 技範囲が広いことから対面性能も高いうえ、今作の中でも強力なダイマックス技であるダイジェットを「ぼうふう」に乗せてうつことができるためダイマックスとも非常に相性がいいです。 また、特性である「ほのおのからだ」によって物理ポケモンに対してやけどを狙いにもいくことができます。 種族値、特性、技範囲のどれをとっても優秀なポケモンであるため、様々な型を考えることができます。 「ラムのみ」を持っていることで相手の起点になることを回避しつつ積むことができます。 元の特防が高いうえ、耐久に努力値を割いているので 、特殊ポケモンの前で「ちょうのまい」を積む動きをとることが可能です。 他にも耐久ポケモンなど、火力がないポケモンの前では積極的に積むことができます。 「ちょうのまい」が積めれば、ダイマックスエースとして全抜きも狙えます。 性格に関しては、 おくびょうにすることで最速ミミッキュ抜きに、 ひかえめにすることで最速ロトム抜きにすることができるためパーティと相談して調整しましょう。 技構成は特定のポケモンで止まることを防ぐために通りの良い「ぼうふう」をメインに採用していますが、この枠は臨機応変に変更してあげるといいでしょう。 与ダメ(蝶舞1積) ほのおのまい H252アーマーガア 108. 2~128. 7% 確定1発 H4トゲキッス 54. 0~63. 9% 確定2発 H4ミミッキュ 70. 9~84. 7% 確定2発 ダイバーン 無振りダイマドリュウズ 120. 0~141. 6% 確定1発 H244きせきポリゴン2 57. 0~68. 0% 確定2発 ギガドレイン HD252カバルドン 50. 2~59. 5% 確定2発 H252アシレーヌ 57. 7~68. 4% 確定2発 無振りインテレオン 118. 6~140. 6% 確定1発 ダイソウゲン HD252カバルドン 86. 5~102. 3% 乱数1発 H252マリルリ 121. 7~143. 9% 確定1発 H252水ロトム 127. 3~150. 3% 確定1発 ダイジェット 無振りリザードン 84. 9~100. 0% 乱数1発 無振りドラパルト 87. 7~103. 6% 乱数1発 被ダメ 無振りカバルドン じしん 46. 0~54. 9% 乱数2発 A252ドラパルト ドラゴンアロー 60. 7~72. 2% 確定2発 C252水ロトム ハイドロポンプ 89. 0~106. 8% 乱数1発 C252ギルガルド シャドーボール 39. 7~47. 6% 確定3発.

次の

【ソードシールド】ウルガモスの育成論!全抜きも狙えるポケモン!【ポケモン剣盾】

ウルガモス 育成論

ゾロアークは悪タイプで「いたずらごころ」が効きません。 剣盾でやたら重宝される「いたずらごころ」のポケモン達に軒並み有利を取れます。 また、 イリュージョンのおかげで相手に自分が悪タイプだとバレずに相手の1ターンを潰すことができる可能性があります。 おそらく、 ゾロアークが解禁されれば「いたずらごころ」を使うプレイヤーは かなり難しいプレイングを要求されるでしょうね。 高速高火力 ゾロアークは攻撃、特攻、素早さの3点が優れた高速アタッカーです。 ドラパルトもそうですが、 環境で強いのは、いつもこの類です。 ゾロアークと同じ高速アタッカーのドラパルトとの差別化としては、 タイプの違いと 「つるぎのまい」「わるだくみ」ができる点、トリッキーな変化技が使える点です。 また、カウンターも覚えるのでその点も評価できます。 弱い点 耐久力がないに等しい ゾロアークはHP、防御、特防の種族値が全て60で悲しいくらい耐久力がないです。 どんな攻撃でも1撃が重く、ダイマックス相手にはかなり厳しいです。 そこを補うために 火力と素早さでうえから相手を倒していく戦法をどこまで通せるかがカギになります。 素早さ種族値が微妙に足りない ゾロアークのタイプ上 相性のいいタイプは 毒、格闘、ゴースト、エスパーなどが挙げられます。 その中でもドラパルトが特に今作では相性がいいと思います。 ドラパルトに打たれる悪、ゴーストをゾロアークは半減で受けられます。 さらに共に高速アタッカーなので、 相手によってはイリュージョンがバレにくく ずるずると相手は本当のドラパルトかどうかを引きずることになります。 また、微妙な素早さを補うために 素早さを上げてバトンタッチできる トゲキッスや ポットデスなども相性が良さそうです。 また、イリュージョンで相手が混乱している隙に「わるだくみ」を積むこともできるので 割と積み技が決まりやすいかと思います。 トリックで相手を阻害することも可能で、 いろんなことができてかなり活躍できそうです。 微妙に足りない素早さを補えるうえ、 元の火力が足りない技もダイマックスすれば高い火力で打つことができます。 これまでのゾロアークのイメージにない事が 物理型ならばできるので なかなか強いのではないかと思います。 まとめ 今回はゾロアークについてDLC追加前に剣盾環境で戦えるかどうかの考察をしました。 個人的には、 ゾロアークはかなり活躍できると思います。 特にドラパルトと相性が良い点や、 型が豊富に生まれそうな点で、使用率は高くなると予想します。 ここで、 ゾロアークを総括して一言で表すならば 型が豊富な万能型トリックスター です。 ちなみに色違いはこんな感じです。

次の

【ポケモン鎧の孤島】ハッサムの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

ウルガモス 育成論

サン・ムーンでは、野生のポケモンの「仲間を呼ぶ」を繰り返すことにより、確定で... ウルガモスおすすめ育成 特性 「 」・・・直接攻撃を受けると、30%の確率で相手をやけど状態にする。 毎ターン最大HPの8分の1のダメージを受け、さらに物理攻撃の威力が半減するやけど状態は非常に厄介なものです。 この特性のお陰で、相手の直接攻撃を牽制することができます。 性格 攻撃と特攻では特攻のほうがはるかに高いため、攻撃を下げる性格にするのは確定です。 そこから特攻を上げるか、素早さを上げるかの二択でしょう。 「ひかえめ」(特攻UP、攻撃DOWN) 「おくびょう」(素早さUP、攻撃DOWN) 努力値・個体値 努力値は、特攻と素早さを中心に振っていきましょう。 個体値もこの2項目を特に大切にしましょう。 技 :自分の特攻、特防、素早さを1段階ずつ上げます。 ウルガモスの基本戦術です。 :特殊むし攻撃。 10%の確率で相手の特防を1段階下げるほか、みがわりを貫通します。 :特殊ほのお攻撃。 威力を求めるのであれば「 」もあり。 「 」でステータスを上げ、それぞれタイプ一致の技で攻撃するのが基本となります。 残り一枠の候補は、「 」「 」など。 アイテム :HPが満タンのとき、一撃でひんしになるダメージを受けてもHPが1残る。 とりあえず1ターンは耐えてもらうためのきあいのタスキ。 ほかのポケモンと重複しやすいのが難点です。 それ以外では、攻撃力を上げる「 」やZクリスタルなども候補に挙がります。 関連ポケモン.

次の