カメラマン 雑誌。 ジャニーズ頼みに組織崩壊のニコン…老舗「カメラマン」休刊でささやかれるカメラ雑誌の苦境|日刊サイゾー

カメラをしている人にオススメするカメラ雑誌!

カメラマン 雑誌

【Special 1】 写真家10人のヌードフォト2020 『ハダカが好きです!! 』 松田忠雄/江森一明/堂野一圭/酒井よし彦/上野 勇 舞山秀一/萩原和幸/藤里一郎/水谷 充/安達 貴 【Special 2】 同じ場所&同じ持ち時間で、同じモデルを8人の写真家が競作! 『ポートレート・バトル 2020 NUDE! 』 水谷 充/松田忠雄/上野 勇/堂野一圭 舞山秀一/藤里一郎/萩原和幸/江森一明 【Special 3】 簡単&効果絶大『これだけは知っておけ! レタッチ術』 ~超初心者も、ベテランも必見必読! ポートレート&風景写真がグレードアップ!! 8 Di III VXD(Model A056) ・フォクトレンダー NOKTON 60mm F0. 95 ・フォクトレンダー NOKTON 35mm F1. 2 Aspherical SE ・シグマ 45mm F2. 8 DG DN Contemporary L-mount ・シグマ 24-70mm F2. 」 〇RAILWAY:長根広和 「水を活かした春の表現法」 〇SPORT:岸本 勉 「スポーツ写真でほっこりしたい!! ・マミヤ セコールE マクロ50mm F3. (一部除く).

次の

カメラマンの最新号

カメラマン 雑誌

老舗カメラ雑誌の月刊誌「カメラマン」が2020年4月20日発売の5月号をもって休刊することが、22日に発行元の「モーターマガジン社」のウェブサイトで発表された。 同誌は1978年創刊。 カメラによる撮影の基礎的な技術はもちろん、プロも唸る高度なテクニックまで網羅する、カメラを愛する人にとってマストの存在として出版され続けてきた。 最終号となる5月号では表紙に女優の飯豊まりえさん(22)を迎えているほか、中3ページで飯豊さんのグラビア写真を掲載している。 休刊について同社ウェブサイトでは、「読者の皆様におかれましては、長年にわたりご愛読いただき、深く感謝申し上げます」としているほか、同誌のウェブ版「Webカメラマン」については、「豊富なコンテンツを用意して発信してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます」としている。 「(略)校了業務はリモートできません」 同号では、「簡単&効果絶大 これだけは知っておけ! レタッチ術」といった特集が組まれているほか、編集後記では、新型コロナウイルスの流行を受け、「編集作業の半分以上は元々リモートワークですが、写真プリントや送付物を扱う作業、校了業務はリモートできません」といった、この時期ならではの編集部員からのメッセージが寄せられている。 休刊の発表を受け、ネット上ではツイッター上を中心に、「休刊は本当に本当に寂しい」といった、休刊を残念がる声が続々。 「直感的に新カメラが把握出来る月刊カメラマン休刊とは... 」と、同誌に掲載されるテクニックの高さを惜しむ声も上がっている。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

カメラマンの最新号

カメラマン 雑誌

雑誌は冬の時代。 休刊・廃刊していく雑誌は多々あります。 しかし、雑誌は目利き力を備えた編集者の、 時代と読者をつなぐ創造力こそ大きな魅力であり、読者を引き込み楽しませるパワーを持っています。 上質なものに触れ感じて体に染み込ませていくことで、あなたの価値観や審美眼に大きな影響を与えてくれます。 ここでは、初心者からプロフェッショナルな写真家までをも満足させるカメラ専門誌・月刊誌・雑誌をご紹介します。 1.ナショナル ジオグラフィック日本版 世界で850万人が愛読するビジュアルマガジン。 雑誌とデジタル版の2つから選ぶことができます。 最高品質の記録写真を求める写真家に最適の書籍です。 毎月30日発売。 2.CAPA 学研の発行するカメラ誌。 カメラの最新情報と写真撮影テクニックが満載で新製品紹介が充実しています。 毎月20日発売。 雑誌だけではなくCAPAカメラネットをWEBで展開してくれていますので楽しめますね。 3.フォトコン 入選作品から学んで写真がメキメキ上達する月刊誌。 全国のコンテストや大小さまざまなコンテストの入賞作品を豊富に掲載。 毎月20日発売。 4.アサヒカメラ 朝日新聞出版から発行されている歴史あるカメラ・写真雑誌。 老舗ならではの重厚な雰囲気があります。 毎月20日発売。 5.風景写真 1989年(平成元年)に季刊として創刊された風景写真の専門誌。 美しい風景との出会いと記録をサポートするメディアとして立ち上げられました。 隔月刊。 6.コマーシャル・フォト プロフォトグラファーと広告クリエイターのための専門誌。 クリエイティブな業界のプロフェショナル達から、圧倒的な支持を受けている月刊誌です。 毎月15日発売。 7.日本カメラ 歴史あるカメラ雑誌社。 30代~40代を中心に、幅広い層に支持されているカメラ専門誌です。 毎月20日発売。 8.デジタルカメラマガジン デジタル時代のカメラ専門誌。 新製品レビューからデジタルカメラの可能性を広げる撮影、画像処理、ビジネス活用法まで詳細に解説されています。 毎月20日発売。 9.カメラマン 若年層・初心者向けに最初に創刊され、支持されてきたカメラ&写真専門誌。 毎月20日発売。 10.フォトテクニック デジタル 初心者~ハイアマチュアまで愉しく分かりやすい写真専門誌。 デジタルに特化した写真、カメラの専門誌として人気を集めています。 毎月20日発売。 11.カメラ日和 カメラを中心としたライフスタイルマガジン。 カメラのある生活をもっと楽しめる情報が満載。 奇数月20日発売。 12.女子カメラ 女性向けデジタル一眼カメラ専門誌。 発行は年4回の季刊誌です。 (1月、4月、7月、10月の20日発売) 13.PHaT PHOTO 新感覚フォトマガジン。 偶数月20日発売。 14.Marine Photo デジカメダイバー必見の情報満載。 始めたばかりの人にピッタリな水中写真専門誌。 季刊(1月、4月、7月、10月の7日発売) 15.ビデオSALON 映像制作のための情報マガジン。 毎月20日発売。 まとめ 良い撮影をするためには、良い感覚や感性に触れることが何より重要だと筆者は考えています。 この記事があなたが写真の世界を今以上に楽しまれるきっかけになれば嬉しく思います。

次の