ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ。 ホワイトニング歯磨き粉<海外製>の実際

市販のホワイトニング歯磨き粉に歯を白くする効果はありますか?

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

クレストの歯磨き粉がホワイトニング効果があることはお分かりになることができたでしょうが、このクレストの歯磨き粉はどれくらい使うことで自分の目でもその違いを感じることができるのかをご案内して参りましょう。 クレストはあくまでもホワイトニング効果のある歯磨き粉です。 なので歯磨き粉としての役割にプラスしてホワイトニング効果があるため、1度できれいになるものではありません。 使い続けることが大切です。 また、クレストの歯磨き粉はどのくらいで効果を感じられるかはもちろん状態によっても様々ではありますが、2本使い終わったくらいでなんとなく白くなったという印象を受ける方が多くいらっしゃいます。 毎日見る自分の歯ということで変化を感じづらいという点もありますが、使い続けていくうちに前よりも白くなったと感じる方が多いため、持続して使い続けるようにしましょう。 アメリカ発の歯磨き粉クレストには3Dシートもある! クレストでは、歯磨き粉に加えて歯に直接貼れる3Dシートというホームホワイトニングがあります。 この3Dシートは、クレストの歯磨き粉に加えて効果が目に見えてわかり、さらに貼って置くだけという手軽さがとても魅力です。 こちらは、クレストの歯磨き粉よりも過酸化水素が多く含まれており、この過酸化水素は、いわゆる漂白剤です。 手早くホワイトニングをしたいが歯医者に行く時間がないという方におすすめな便利グッズとなっています。 クレストの3Dシートは即効性がある! クレストの3Dシートは歯磨き粉に比べて即効性があります。 だいたい1週間〜1か月でその効果を感じることができます。 早く白くしたいという方にはとてもおすすめです。 しかし、即効性があるということは歯に負担をかけてしまうこともあります。 ホワイトニングは、歯医者さんで受けるのも同じですが、この過酸化水素が歯に染みるということがあります。 知覚過敏の方や歯ぎしりのクセがある方はだいたい歯に傷があり、その傷に過酸化水素が染みて痛いということがあります。 あまりにひどい場合は、直ちにやめるようにしましょう。 また、毎日のように使い続けるのもあまり良くないので、クレストの歯磨き粉を使いながら月に 1回程度この3Dシートを使用し、普段はクレストの歯磨き粉で白さをキープするようにしましょう。 クレストの3Dシートはどこで手に入る? クレストの3Dシートは、一般的な日本の薬局では取り扱いを禁止されております。 成分的に日本国内の基準を超えているため、残念ながら手に入れることができません。 しかし、海外直輸入しているサイトや代行サイトなどで手に入れることが可能です。 クレストの3Dシートを試してみたいと思われた方は、そんな直輸入サイトを利用して探してみると良いでしょう。 使用を頻度を十分に注意して使用するようにして下さい。 まとめ いかがでしたか?アメリカで人気のクレストは、ホワイトニング効果が感じられるという口コミが多く、使ってみる価値があることがお分かりになられたのではないでしょうか。 また、歯磨き粉以外にも3Dシートなども発売されておりますので、歯の黄ばみが気になる方は是非試してみてはいかがでしょうか。 クリーニングはしたいけれど、 ・持って行く、持って帰るが面倒… ・営業時間に間に合わない… CMで話題のリネットなら「ダンボール」や「袋」に詰めるだけで、 簡単OKです。 当日集荷翌日配達でクリーニングが出来ます。 リネットは、 筆者愛用品です。 特別な加工剤を使い、一般的にオプションになるクリーニングをデフォルトで行ってくれます。 仕上がりの満足度が 高いです。 万が一事故が起きて洋服が汚れたり、壊れたりしても、1注文20万を上限に補填を受けられます。 申込みから集荷までの 簡単さ ・クリーニングの 品質 ・翌日仕上がりといった 利便性は離れられません。 詳細はをご覧ください。 服だけでなく、 布団のクリーニングもあります。 人は寝ている間に、コップ1杯の汗をかきます。 1年間では ペットボトル144本分です… 定期的なお手入れをすることをおすすめします。 詳細はをご覧ください。 なかなか洗えない 靴のクリーニングもありますので、こちらもおすすめです。 スニーカーからビジネスシューズまで、あらゆる靴に対応しています。 詳細はをご覧ください。

次の

アメリカで人気のホワイトニング用歯磨き粉をご紹介!歯科医おすすめの商品も!米国人は歯が命

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

今回はその海外製(主にアメリカ製)の歯磨き粉の中でも特に話題の製品について、専門家の視点からレビューさせて頂ければと思います。 流行のクレストホワイトニング歯磨き粉 クレストというアメリカの会社の物は、海外製歯磨き粉の中でも有名で、比較的お手軽に入手できる物の中の一つです。 まずはこちらから試してみました。 アメリカのドラッグストアで簡単に入手できる製品という事もあり、成分は詳しくは書かれておりませんでしたが、おそらく 「本来のホワイトニング効果(脱色効果)」を発揮する「過酸化水素」は含まれていないようです。 そのため、約1か月続けて使用してみましたが『より白くなる』という効果は実感しませんでした。 5シェードほど上がったかな?という印象です。 このクレストシリーズの歯磨き粉の中でも「3Dホワイトブリリアントブースト」という製品は、フッ素が入っていないので歯質強化の効果は無いのですが、逆に 着色を取る効果は高いのでしょう。 オフィスホワイトニングをする前後のお手軽なケアには良い製品だと思います。 こちらの使用方法は歯磨き粉の様に簡単ではありません。 テープ(ストリップス)状になっているので、こちらを歯の表面に伸ばして貼り付けて、2~3秒指で押し付けて1時間待つ。 というのが1回の使用法とのことです。 (添付の説明によると) こちらはもちろん、成分にもしっかり過酸化水素が含有されていると明記されています。 そして気になるのが1年半ものホワイトニング効果を発揮すると書いてあることです・・。 比較し易いように、上の前歯のみ貼ってみました。 が、 …… 1時間頑張るつもりでしたが、、 15分ほど経ったあたりで、 歯茎がヒリヒリ痛い!! なんとか、さらに10分我慢しましたが、歯茎が痛くて一旦、剥がして見てみました。 歯が白くなる前に、歯茎が白くなちゃいました!! これは歯茎がヒリヒリ痛いはずですね。 そうなのです。 普段、本物のホワイトニング施術をしている立場としては当然のことなのですが、 本来のホワイトニング=漂白の効果を出す過酸化水素を使用する場合のホワイトニングは、歯茎を先に保護するなど、 ホワイトニング薬剤が歯茎には付かないようにする必要があります。 しかし、この ホワイトニングテープ(ストリップス)はあくまでもテープなので、歯茎のガードができないのです。 身をもって体験しましたが、このような製品をご家庭で、自身の判断で使用するのはとても危険です。 今回使用した製品が特に濃度が濃く、強すぎる効果だった可能性もありますが、やはりまだホワイトニングテープは濃度や歯茎の保護など改良の必要があり、日本人には危険だという印象を受けました。 (当院のホワイトニングは術前にしっかりと歯科医師が歯茎の保護を行いますので、ご安心下さいね) 手軽に自宅でホワイトニングをするなら、ホワイトニングペンもおすすめ ホワイトニングペンは、名前の通りペン型のホワイトニング製品です。 この様な、<純海外製の>製品はインターネット通販でも入手困難な事が多く、よく当院にご来院の患者様にもご質問を頂きます。 しかし、やはり当院でも在庫が少なく、現在はをお申込みの方のみにお渡し可能となっております。 残り約10個となっておりますので、気になる方はお早めにどうぞ! ホワイトニングペンの使い方 このようにペン型なので簡単です。 後ろのつまみ部分をくるっと回すと、先端のハケにホワイトニング液が出てきます。 このようにハケで歯の上だけ(歯茎はもちろんダメ)に塗って乾くまで30秒待つだけです。 薬を塗ったままで気になる際は、約30分後にうがい・歯磨きをして落としてください。 30分間の間も、唇につかないかな?と心配な場合は、に付いているホームホワイトニングのトレーをはめて頂いてもOKです! 気になるホワイトニングペンを試した結果 一日4回まで使用し、約一週間使用後の結果です。 (分かり易いように 上の前歯のみの使用です) 少し白くなっていますね!(効果にはもちろん個人差はございます) パーフェクトホワイトニングをして一気に白い歯になっても、少し日が経って色が付いてきた時にも、毎日の歯磨き後にプラスして行う事で、白さを取り戻せる商品です。 このホワイトニングペンだけでも欲しい! という方も多くいらっしゃいますが、申し訳ございませんが、人気商品で入手困難で在庫が少ないためにをお申込みの方のみとなっておりますことをご理解下さい。 しかし、10,000円以上もお得なセットメニューとなります。 お申し込みはお電話か、 からとなります。 ホワイトニングペンの在庫僅少な為に、お申込み頂いても時期によってはお受けできない場合もございます事もご了承くださいませ。 <まとめ>海外製のホワイトニング歯磨き粉は危険な物も良い物もある 流行っているからと言って、気軽に通販などで入手して自宅で気軽に試すと歯茎や唇が真っ白になってしまった!という事もありますので、 取り返しのつかないことにならない様に、かかりつけの歯医者さんに相談するか、当院へお気軽にご相談下さい。 安全な商品を選び、適切に使用すれば、日本の数少ない商品よりも、白い歯維持に良い商品も多くあります。

次の

歯磨きで美白!おすすめ歯磨き粉やセルフホワイトニングアイテムをご紹介

ホワイトニング歯磨き粉 アメリカ

アメリカ人のホワイトニングに対する意識 アメリカでは、歯並びや歯の色が家庭の経済状況を表したり、仕事の評価にも大きく影響します。 歯が白いというだけであらゆる面でメリットがあり、いい印象を持たれるので 人々のホワイトニングに対する意識は高めです。 また、医療制度が日本とは異なり、歯の治療に保険が適用されません。 治療すると高額になるため、虫歯を事前に予防するという意識が高いそうです。 そうすると自然と定期健診の受診率は上がり、歯のクリーニングなども受けることになります。 キスやハグなどを挨拶として日常的に交わし、人との距離が近いという文化的な背景も影響しているといわれます。 アメリカと日本ホワイトニングの違い ホワイトニングに対する意識が高いということもありますが、ホワイトニングに関して、日本と大きく違う点があります。 それは、 市販のホワイトニンググッズに過酸化物(過酸化水素や過酸化尿素)を配合できるという点です。 過酸化物とは歯を化学的に漂白する成分のことです。 はっきりいって、 過酸化物が入っていないと歯を本来持つ色以上に白くすることは不可能です。 日本では、安全性の面で、過酸化物は市販品に配合できないことに法律で決まっています。 日本で売られているホワイトニンググッズは、歯の表面の着色を落とすことで本来の歯の色を取り戻すという効果だけなんです! アメリカで人気のホワイトニング アメリカではOTCホワイトニングといって、一般に向けてホワイトニング薬剤が売られています。 OTCとはOver The Counterの略で、医師の処方箋なしに購入できる医薬品のことです。 カウンター越しに販売されることが語源にあるそうです。 アメリカでは漂白効果のある過酸化物入りのOTCホワイトニンググッズが手軽に購入できるんです。 OTCホワイトニンググッズにも大きく分けて3種類あります。 ドラッグストアライン(低価格帯)• 百貨店ライン(高価格帯)• 手軽に使える歯磨き粉タイプやシールタイプを好んで使う人が多いようです。 また、アメリカのショッピングモールにはキオスクホワイトニングという場所があります。 ドラッグストアなどで自分で薬剤を購入し、自分で薬剤を歯に塗って、LEDライトを当てられるホワイトニングバーのような場所です。 100ドル以下というお手頃な値段でちゃんと効果が出るため人気だそうで、アメリカの歯医者さんたちは恐恐としてるそうです。 日本のセルフホワイトニングは、過酸化物を使えないので、何回通ってもあまり白くならないのでご注意を。 こういったキオスクホワイトニングや、市販で購入できるホワイトニングとの違いを出すために、歯医者さんでのホワイトニングは高い濃度の薬剤をどんどん使う傾向にあるようです。 まとめ はっきりいって日本のホワイトニング文化は遅れていると思います。 外国の人からみて 日本人の歯は黄ばんでいるとか、口臭にがっかりしたというアンケート結果もあるほどです。 過酸化物配合のグッズが禁止されているのは仕方ありません。 すんごい慎重、これが日本のデメリットでもあるけどメリットでもあるからです。 でも、今日本で買えるホワイトニンググッズでも 歯の着色を落として、本来持つ歯の色に近づけることは可能です。 出来る限りの努力をして、グローバルレベルの白さに近づきましょう!.

次の