白井 家 週刊 文春。 文春がまたやった!志村どうぶつ園の白井家が馬を違法解体していた疑い

白井家(志村動物園)が文春砲でやばい?放送中止・打ち切りの可能性も

白井 家 週刊 文春

白井家で元競走馬フルハートを違法解体?不適切飼育に続き文春砲 今回の件について、週刊文春は以下のように報じています。 フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。 そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。 「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。 ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。 そこで彼らは 衝撃の現場を目の当たりにしました」 ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。 傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。 「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。 そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、 頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」 出典: 非常にショッキングな報道に、TwitterなどのSNSでも大きな反響が出ています。 今回の フルハートの解体疑惑について、週刊文春は白井家に直撃取材をするなど積極的に報じていますが、一家の大黒柱でもある由紀子氏はこの疑惑を 否定しています。 四肢が切り落とされた状態であるとされる写真が 計3枚掲載されています。 確かに、写真を見ると馬体のようなものが横たわっているようで、一部には血のような赤色も見ることができます。 ただ、全体的にモザイクが掛かっており、本当に馬体なのかどうかは不明です。 このモザイク無し写真は、週刊文春が運営している有料サービスのなかで公開されています。 しかし、肝心の解体面などにはモザイクが掛かっており、完全なモザイク無し写真というのは現在ネット上には存在していません。 ちなみに、今回馬の解体で問題になっている白井家は、冒頭にも掲載したとおり、 過去にも不適切な飼育問題が取り沙汰されていました。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 志村どうぶつ園の番組自体、動物に対する扱いが愛情を感じないことが多いので あんまり好きではない 何故あんなに続いているのか不思議なのは自分だけか ボランティアで手を貸した人たちって 何かこの家族にボランティア以上の強要的な事をされてるのか? そうでなかったら、1月に馬がそんな風に処理されてた時に通報できてたんじゃないだろうか? やっぱりさ! 保護してる家族とかをテレビで放送するべきじゃないと思う! 放送することによって保護の数が増えて世話が無理になってくるのは当たり前! これは志村動物園にも責任がある!.

次の

【衝撃】白井家のフルハート(馬)が違法解体された場所(現場)はどこ?

白井 家 週刊 文春

Contents• なかでも長男・鴻明氏、次男・迅氏は「イケメン大学生兄弟」としてファンも多い。 しかし今までにも白井家が多くの問題を抱えていることが明らかになっている。 「不適切飼育」や「近隣トラブル」、「疑惑の蹄鉄販売」など、その飼育姿勢には疑問を禁じ得ない。 白井家をよく知るAさんが、ショックを隠せない様子で語る。 「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。 そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ死体。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」 その死体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。 引用: なんとフルハートはバラバラに解体されていたとの報道…。 解体されたフルハートの画像は以下に掲載されています。 文春さんは現場で取材した写真を載せていますので、これが嘘ということはなく事実であることは間違いなさそうですね…。 ちなみにフルハートは10年前に白井家に引き取られ、多頭飼いしている白井家の中の動物でも古株です。 まさに白井家の象徴とも言えるフルハートは、人間でいうと100歳を超える年齢でした。 以前の放送でもありましたが、フルハートは 座る際にたまたま転倒して複雑骨折したのが原因で亡くなってしまいました。 そして死後4日ほど経ってからこの解体作業が行われたというのです。 フルハートが解体された白井家の場所 現場 はどこ?? 白井家のツイッターアカウントに、過去ツイートでこんなものがありました。 なので、この 静岡県浜松市西区大山町付近に白井家はあるのだと思われますね。 馬の解体を個人でやるのは違法!? この報道によれば静岡の畜産関係者曰く、 庭先で馬の解体をするなんて聞いたことがないとのことです。 そもそも死んだ獣畜の処理は 法律で厳しく定められているそうです。 死んだ馬や牛は『化製場』という施設に専門業者が運び、そこで専用の機械を使って処理されることになっています。 そもそも馬を運搬するのに2トントラックでは小さすぎますよ。 普通は4トントラックを使います。 馬はウインチという運搬設備で引っ張って積み込みますので、一般の人が手伝うこともありません。 そういった設備が揃った業者じゃなければ、行政の許可は下りないと思うのですが……」 引用: 普通は4トントラックに機械を使って積み込むところを、 2トントラックに解体した馬をボランティアの方々に手伝ってもらい積み込んだというところはいかがなものかと思いますね…。 ちなみに詳しい法律の内容については「化製場等に関する法律」に記載されていました。

次の

【白井家】フルハート(馬)のモザイク無し解体画像は?不適切飼育と文春砲

白井 家 週刊 文春

白井家で元競走馬フルハートを違法解体?不適切飼育に続き文春砲 今回の件について、週刊文春は以下のように報じています。 フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。 そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。 「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。 ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。 そこで彼らは 衝撃の現場を目の当たりにしました」 ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。 傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。 「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。 そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、 頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」 出典: 非常にショッキングな報道に、TwitterなどのSNSでも大きな反響が出ています。 今回の フルハートの解体疑惑について、週刊文春は白井家に直撃取材をするなど積極的に報じていますが、一家の大黒柱でもある由紀子氏はこの疑惑を 否定しています。 四肢が切り落とされた状態であるとされる写真が 計3枚掲載されています。 確かに、写真を見ると馬体のようなものが横たわっているようで、一部には血のような赤色も見ることができます。 ただ、全体的にモザイクが掛かっており、本当に馬体なのかどうかは不明です。 このモザイク無し写真は、週刊文春が運営している有料サービスのなかで公開されています。 しかし、肝心の解体面などにはモザイクが掛かっており、完全なモザイク無し写真というのは現在ネット上には存在していません。 ちなみに、今回馬の解体で問題になっている白井家は、冒頭にも掲載したとおり、 過去にも不適切な飼育問題が取り沙汰されていました。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 志村どうぶつ園の番組自体、動物に対する扱いが愛情を感じないことが多いので あんまり好きではない 何故あんなに続いているのか不思議なのは自分だけか ボランティアで手を貸した人たちって 何かこの家族にボランティア以上の強要的な事をされてるのか? そうでなかったら、1月に馬がそんな風に処理されてた時に通報できてたんじゃないだろうか? やっぱりさ! 保護してる家族とかをテレビで放送するべきじゃないと思う! 放送することによって保護の数が増えて世話が無理になってくるのは当たり前! これは志村動物園にも責任がある!.

次の