教え て いただき ありがとう ござい ます。 「わざわざありがとうございます。」は正しい敬語?

「教えてもらった」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

教え て いただき ありがとう ござい ます

「教えてもらった」を目上の方に使う場合には「教えていただいた」と言葉を変える必要があります。 「教えてもらった」という言葉をそのまま使ってしまうと、この人は敬語がきちんと使えない人なんだという認識になってしまいます。 「教えてもらった」は同僚など身分が同じくらいの方などに使うようにしましょう。 「教えてもらった」という言葉は、お客様からご連絡先を教えていただいた場合や、上司から仕事のやり方などを教わったときにお礼を伝えるときの言葉のひとつとして使うことも多いです。 「教えてもらった」方にも恥ずかしい思いをさせないためにも正しい敬語表現を覚えておきましょう。 敬語の種類 敬語の種類は大きく分けて、丁寧語・尊敬語・謙譲語の3つに分けられます。 細かく分けると5つに分かれますが敬語を覚えるのにはこの3つを覚えておくといいでしょう。 丁寧語はそのままの意味で物事などを丁寧に表現する敬語です。 尊敬語は相手をたて、敬意を表す敬語です。 謙譲語は自分や自分の身内についてへりくだって、相手を立てる敬語です。 どれも敬語あり、立場や状況に合わせて使い分けます。 敬語を覚えるにはまず敬語の種類を覚えてどんな敬語があるのかを知ることが大切です。 敬語の上手な使い方 敬語を使うのが上手な人は立場や状況に合わせて、瞬時に敬語表現ができる人です。 生まれつき敬語が得意な人はいません。 誰しも少なからず敬語について学んだため、敬語表現ができるようになります。 日本では中学生になってから上下関係を学び、敬語を覚える方が多いです。 社会に出れば上下関係や敬語は切っても切り離せない存在になります。 そういったときに自分が恥ずかしい思いをしないためにきちんとした敬語を学びます。 メールでの使い方 「教えてもらった」は「もらった」の敬語になるので、「教えていただき、ありがとうございます」という謙譲語の表現になります。 主語が自分になり、自分の立場を低くする敬語表現です。 「教えてもらった」を「教えてくださり、ありがとうございます」と表現する場合もあります。 こちらは相手が主語となり、相手に敬意を表す尊敬語になります。 どちらも敬語として成り立っており、どちらを使っても失礼にはあたりません。 「教えてもらった」場合には「教えていただいた」も「教えてくださった」もどちらも正しい敬語表現です。 お礼 「教えてもらった」場合、お礼を伝えることが多いです。 例えば、初めて取引先に伺う場合に上司の方に取引先までの道を教えてもらった場合には、「詳しく教えていただきありがとうございます」などと表現します。 お礼を伝えるときには感謝の気持ちを表現する「感謝しております」や「ありがたく思っております」などを使います。 「この度は、丁寧に教えていただきありがとうございます」など「教えてもらった」だけではなく、「丁寧に」や「細かく」などをつけるとより良い印象になります。 連絡先 連絡先を「教えてもらった」場合には「連絡先をお教えいただきありがとうございます」や、もう少し難しい表現であれば「連絡先のご提示ありがとうございます」などと表現します。 「お教えいただきありがとうございます」は比較的よく聞く敬語表現ですが、「連絡先のご提示ありがとうございます」は聞いたことがない方もいるでしょう。 ビジネスシーンで立場がはるかに上の方に使う場合には「連絡先のご提示ありがとうございます」を使う方が良いでしょう。 いつも顔を合わせているような上司であれば「連絡をお教えいただきありがとうございます」でも良いでしょう。 立場や状況に合わせて使い分けると良いです。 「教えてもらった」の別の敬語表現例 「教えてもらった」にはたくさんの敬語表現があります。 よく聞く敬語表現でえれば「教えていただいた」「教えてくださった」があります。 難しい表現になると「ご教授いただいた」や「ご指導いただいた」などがあります。 さまざまな敬語表現がありますが、どれも敬語ですので失礼にはあたりません。 しかし、立場や状況などを見極めて使い分けましょう。 「教えてもらった」という場合には、後で改まってお礼を伝える場面がある多いので「教えてくださりありがとうございます」や「教えていただきありがとうございます」が使われることが多いです。 いただいた 「教えてもらった」を敬語表現するときに一番使いやすいのが「教えていただきありがとうございます」という言葉です。 「教えてもらった」を敬語表現するときに間違えやすいのが「教えてもらえませんか」や「教えてもらっていいですか」などの表現です。 「教えていただけますか」や「教えていただいてもいいですか」などと表現しましょう。 何かを「教えてもらった」場合にはお礼を伝えるのが一般的なので「教えてもらった」の敬語表現は必ず覚えておきましょう。 また「教えてもらった」で終わらずにそれをどうこれから活かすのかも大切です。 「教えてもらった」の類語.

次の

ダウンロードありがとうございました。って・・・ダウンロードが始まらない

教え て いただき ありがとう ござい ます

人生は、学びの連続です。 学校を卒業して社会に出てからも、学びの場面は多々あります。 会社の同僚や先輩、上司、取引先の担当者など、接する人が多くなる分、その人たちから学ぶことも多くなっていきます。 社会に出てからの学びは一生ものです。 あなたのこれからの人生の糧となっていきます。 そんな大事なことを教えてくれた人たちに「教えてくれてありがとう」という気持ちを、あなたは伝えられますか。 同期入社の同輩や親しい友人になら「教えてくれてありがとう」で十分伝わりますが、先輩や上司、取引先など目上の方にはどうでしょう。 友人たちと同じノリで「教えてくれてありがとう」と言ってしまうと失礼になり、せっかくの気持ちが伝わりません。 こんな時、どうすれば「教えてくれてありがとう」という気持ちがきちんと伝わるのでしょうか。 そう、「敬語」を使います。 「教えてくれてありがとう」を敬語で表現すると? 私たちは皆、小学校の国語の授業で敬語を学習しています。 「敬語」という言葉自体が教科書に登場するのは高学年になってからですが、小学校に入学したての1年生の時から、ていねいな言葉の使い方を学び、「先生と話す時の言葉と、友だちと話す時の言葉は違うのだ」くらいのことはわかるようになります。 しかしそれだけ小さいころから敬語について学んでいるのに、大人になってもきちんと敬語を使いこなせている人は決して多くありません。 社会に出てから、「これって敬語で何て言えばいいんだろう」と悩むことは、誰しも、一度や二度ではないでしょう。 「教えてくれてありがとう」を敬語で言うとどうなるか。 あなたはパッと思い浮かびますか。 そもそも敬語って何? それだけ「何となく」しか身についていない敬語ですが、そもそも敬語とは何なのでしょうか。 それは、話している相手や、話題にのぼっている人物に対する敬意を示す表現の仕方のことをいいます。 「あなたを(または話題の中の人物を)尊敬しています」ということを直接的に言わなくても、会話の中で使う表現によって尊敬の念を伝えることができるもの、それが敬語です。 「教えてくれてありがとう」をきちんと敬語で表現できれば、感謝の気持ちだけでなく、尊敬する気持ちも伝えることができます。 敬語にはどんな種類がある? 「教えてくれてありがとう」を敬語で表す方法は、一つだけとは限りません。 国語の授業で敬語を学んだ記憶のある方なら、敬語にはいくつかの種類があることを覚えていることでしょう。 実際、敬語には一般的に3つの種類があります。 丁寧語 丁寧語は、今、会話をしている相手に対する敬意を示す敬語です。 ていねいな言葉というと、単語の頭に「お・ご・御」をつけたり、最後を「です・ます調」にすることが真っ先に思い浮かびますが、それこそが丁寧語です。 「教えてくれてありがとう」を丁寧語で表すとしたら、「お教え下さってありがとうございます」となります。 最も使いやすい敬語といえるでしょう。 尊敬語 尊敬語は、会話をしている相手もしくは話題の中の人物を、自分より高めることによって敬意を示す敬語です。 「いらっしゃる(いる)」、「おっしゃる(言う)」、「召し上がる(食べる)」などはすべて尊敬語です。 先ほどの「お教え下さってありがとうございます」の「(~して)下さる」も、尊敬語表現の一つです。 従って、「教えてくれてありがとう」を尊敬語で表しても、やはり「お教え下さってありがとうございます」となります。 謙譲語 謙譲語では、自分を、会話をしている相手もしくは話題の中の人物より低めることによって敬意を示します。 「おる(いる)」、「申し上げる(言う)」、「いただく(食べる)」などが代表例です。 「教えてくれてありがとう」を、謙譲語で表すなら、「ご教示いただき、感謝申し上げます」となります。 「(~して)いただく」と「申し上げる」が謙譲語です。 「教えてくれてありがとう」こんな場面でこう使う! さて、「教えてくれてありがとう」の敬語表現をいくつか見てきましたが、これを社会の中のさまざまな場面で実際に使うにはどうすればいいでしょう。 「教えてくれてありがとう」の気持ちを伝える場面を思い浮かべて下さい。 提出した企画書について上司からいくつかの指摘をされた時、プレゼンの準備中に先輩からアドバイスを受けた時、取引先とのランチの時に、先方の担当者から聞いた話が本当に自分の役に立ったのでメールでお礼の気持ちを伝えたいと思った時など、いろいろな場面がありますが、大きく分けると、直接言葉で伝える場面と文書で伝える場面とがあります。 話す時と書く時では違う 言葉には「口語」と「文語」がある、ということも、学校の国語の授業で学んだ記憶があるでしょう。 口語は話し言葉のことで、その語のとおり、話してみて自然に感じる言葉です。 文語は書き言葉のことで、書いてみて自然に感じる言葉です。 話す時に文語を使うと何だか堅苦しくて不自然な感じがしますし、書く時に口語を使うと不真面目な感じがします。 つまり言葉には、話すのに向いている言葉と書くのに向いている言葉がある、ということです。 オフィスや商談の場など、直接自分で伝えるなら、話してみて自然な形にしましょう。 例えば、謙譲語表現の「ご教示いただき、感謝申し上げます」を、実際に自分の口で言ってみて下さい。 あまりにも堅苦しすぎると感じませんか。 いくら相手が自分の会社の社長だったとしても、これでは不自然に感じられ、せっかくの「教えてくれてありがとう」の気持ちが伝わらなくなってしまいます。 「ああ、そんな方法があるんですね。 勉強になります。 お教え下さってありがとうございます。 」 これで十分、「教えてくれてありがとう」の気持ちは伝わりますし、むしろこの方が自然です。 メールなどの文書で使うなら メールや手紙など文書で伝えるなら、少し堅苦しい表現も交えた方が、「きちんとした言葉がわかっている人」という印象を相手に与えます。 先日、取引先で担当者に聞いた話が非常にためになったのでそのお礼のメールをしよう、という時に、口語と同じように「ああ、そんな方法があるんですね。 勉強になります。 お教え下さってありがとうございます。 」と書くと、あまりにも薄っぺらく感じてしまいます。 「そのような方法があるとは存じ上げませんでした。 大変勉強になりました。 ご教示いただき、感謝申し上げます。 」 文章なら、これくらい堅めの表現を使った方が「教えてくれてありがとう」という感謝も、相手を尊敬する気持ちも十分伝わります。 「教えてくれてありがとう」の気持ちをさらに強めるなら.

次の

「ご指摘ありがとうございます」の意味やビジネスでの使い方を例文で解説

教え て いただき ありがとう ござい ます

教える• すると「お教えいただきありがとうございます」の意味は… 「教えてもらい、ありがとう」となります。 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「お教えいただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「お教えいただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「お教えいただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語 「教える」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」で 「お教えいただく」• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「教える」に謙譲語「お・ご」で 「お教え」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「お教えいただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 会議日程の ご連絡• 忘年会開催の お知らせ• 販売状況の ご報告• 転勤の ご挨拶• 貴社ご訪問の お願い こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お(ご)」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お(ご)」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お(ご)」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 いっぽうで尊敬語の「お(ご)」は、「部長が お戻りになりました」などのようにして、相手の行為をうやまって使う敬語です。 お(ご)〜する お(ご)〜します• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 使い方 つづいて「お教えいただきありがとうございます」の使い方について。 文字どおり教えてもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 お礼ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 例文「お教え いただきましてありがとうございます」 とするとなお丁寧な敬語になります。 まぁ「お教えありがとうございます」だけでも十分ではありますが…丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 たとえば、• お教え+恐縮(申し訳なく思うこと) 「お教えいただき誠に恐縮です」 「お教えいただきまして誠に恐縮でございます」 「お教えくださいまして誠に恐縮でございます」• お教え+恐れ入る(申し訳なく思う) 「お教えいただき大変恐れ入ります」 「お教えいただきまして誠に恐れ入ります」 「お教えくださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「お教え」の例文 あとは「ありがとう」だけでなく「感謝申し上げます」「深謝いたしております」などとしても丁寧です。 お礼の敬語フレーズは本当にいろいろありますが、代表的な例文だけを紹介しておきます。 例文「お教えに感謝申し上げます」• 例文「お教えに深謝いたします」• 例文「お教え頂きお礼申し上げます」• 「お教え」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずお教えいただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずお教えいただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずお教え〜」• 会話や電話シーンであれば「お教えいただきありがとうございます」あるいは「教えていただきありがとう」というフレーズを使います。 が、 ことビジネスメールにかぎっては「お教え」という語を使うのは一般的ではなく… 「ご教示=教えること」に言い換えた敬語フレーズを使います。 たとえば… ご教示(読み:ごきょうじ)のそもそもの意味は… 「教えること」「教え示すこと」 「教示」に尊敬語or謙譲語の「お・ご」を使うと「ご教示」という敬語の完成。 「自分がご教示する」のであれば謙譲語の「お(ご)」 上司・目上・社外取引先などの「相手がご教示くださる」のであれば尊敬語の「お(ご)」 というように2パターンあります。 【例文】ビジネスメール全文 つづいて「お教え頂きありがとうございます」を使ったビジネスメールの例文を紹介します。 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します。 使い方に迷ったときのご参考にどうぞ。 「 お教えいただきありがとうございます」と似たような表現には 「 お教えくださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 お教えいただきありがとうございます 意味は「教えて もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 お教えくださいましてありがとうございます 意味は「教えて くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「お教えいただく=教えていただく」なのか「お教えくださる=教えてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 お教えいただきありがとうございます」「 お教えくださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の