百箇日 法要。 百箇日法要とお返しマナー/香典返し・法事のお返し・49日引き出物専門店[ギフトニシバ]

百箇日(ひゃっかにち)法要のマナー|お供え物やお供え花の基礎知識

百箇日 法要

まず最初に百箇日法要とは何かについて簡単に解説させていただきます。 百箇日法要とは、故人が亡くなってから100日目に行われる法要のことを指します。 故人が天国に向かうのか地獄に向かうのかを決める最後の節目の日となり、ここで親族が法要を行うことで天国に向かいやすくなると言われています。 また百箇日は別名「卒哭忌」(そっこくき)と呼ばれており、悲しみが落ち着く時期であるとか、故人の死が辛く悲しいものであっても泣き喚くのをやめようという時期とされています。 つまり百箇日は故人にとっても残された人たちにとっても、重要な日であるということが分かりますね。 「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。 百箇日法要についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。 では次に気になる百箇日法要のお布施の金額の相場について見ていきましょう。 百箇日法要のお布施の金額の相場は大体 3万円~5万円とされているようです。 葬儀の際のお布施の金額の相場が20万円~35万円とされていることを考えると、大分落ち着いてきた印象を受けますね。 先にも述べたとおり、百箇日法要は省かれてしまうことも多い法要です。 あまり大々的には行われず親族のみでしめやかに営むことが多いせいもあってか、お布施の相場は四十九日法要と比べるとほぼ同じ、もしくは少し低い相場に設定されています。 ただし地域によって特性がでるのがお布施です。 あくまで相場と捉え、地域の方々のお話を伺っておくこともお勧めします。 場合によっては菩提寺にたずねてみても良いでしょう。 浄土真宗の場合は? 地域によってお布施の金額が変わるというお話をしましたが、宗教や宗派によっても相場の金額が変わることもあるようです。 先ほど述べたお布施の相場は仏教のものとなりますので、それ以外の宗教の方は要確認が必要です。 では亡くなればすぐに天国にいけるとされている浄土真宗の場合はどうなのでしょうか。 初七日や四十九日法要などは故人が天国にいけるための法要という考えで行われていますが、すぐに天国にいけるという浄土真宗の教えの場合、法要は不要となってしまいますよね。 それでも日本の浄土真宗の場合は法要を行っています。 それは故人を思う気持ちであったり、残された人たちの心の整理のためであったりもします。 ですから浄土真宗で百箇日法要を行っても何ら問題はありません。 そこで気になる浄土真宗の百箇日法要のお布施の金額ですが、 こちらも3万円~5万円程度とされています。 浄土真宗だから飛びぬけて高額であるとか、小額でもいいというわけではなさそうなことが分かりますね。 百箇日のお布施袋の書き方 続いて 百箇日のお布施袋の書き方の解説に移りたいと思います。 丁寧にしっかりと仕上げていきましょう。 表書きの書き方 百箇日のお布施袋の表書きには 「御仏前」を用いるのが一般的です。 ただし仏教ではない可能性もありますよね。 「御仏前」は仏教のみが使用する表書きとなります。 キリスト教のプロテスタントの場合の表書きは「御花料」、カトリックの場合の表書きは「御ミサ料」となります。 また神教(神式)の場合は「御玉串料」や「御榊料」となります。 「御霊前」は仏教であればオールマイティに使えるものですが、通夜、葬儀、告別式のお布施に使用します。 それ以降の法要の場合は「御仏前」を使用しておけば間違いないでしょう。 注意したいのは浄土真宗の場合の表書きです。 浄土真宗の場合は亡くなってすぐに天国にいけるという教えであることから、「御霊前」という言葉は使用しません。 浄土真宗の場合のみ、通夜からその後の法要まで一貫して「御仏前」となることを覚えておきましょう。 気になる表書きの文字の濃さですが、薄墨を用いて表書きを書くのは四十九日法要までです。 百箇日のお布施袋の表書きには濃い色の墨を用いて問題ありません。 名前の書き方 「御仏前」もしくは「御供物料」と書いた 下にフルネームで名前を書きましょう。 基本的には施主の名前のみで結構です。 もしも連名で書きたい場合は、同じ字の大きさで右から立場の上の方の名前を書いていくようにしましょう。 夫婦連名で書く場合は右側に夫となる人の名前を書き、左側に少し小さめの文字で妻となる人の名前を書いておくとよいです。 この方法は法要に呼ばれたときにも応用が利きますから、ぜひ覚えておきましょう。 金額の書き方 中包み、もしくは 中袋にはお布施の金額を書くものですよね。 どのように書くかと言いますと、中央に「金〇萬円也」と書きます。 数字はアラビア文字ではなく、漢字表記で書きましょう。 例えば3万円のお包みをした場合の金額の書き方は「金参萬円也」となります。 三ではなく参となりますので注意してください。 また表ではなく裏に書く場合もあるようですから地域柄の特性を事前に確認しておくとよいでしょう。 近年の市販の熨斗袋では金額などを書く場所などがあらかじめ印刷されているものもあります。 その場合はその印刷にしたがって書くようにしましょう。 百箇日のお布施袋の包み方 相場の金額をお包みし表書きもしっかりと書けたなら、今度は包み方を学びましょう。 包み方にも様々な種類があるようです。 奉書紙に包む 奉書紙とは和紙の一種のことで、昔から大事な文章や公文書を記載する紙として扱われてきました。 そんな奉書紙ですが現在は祝儀袋、不祝儀袋にも用いられており、心をこめて大切な人に贈るものを包む時に使用されます。 不祝儀袋を用いずに奉書紙を用いて包む場合は、お札の入った中包みを「上包み」という包む方で包むだけです。 上包みのやり方ですが、上側の折返しに下側をかぶせましょう。 慶事に使用される包み方ですが、お布施自体は不祝儀の扱いを受けませんので上包みで問題ありません。 ちなみに裏表ですが、つるつるとした面が表でざらざらした面が裏です。 奉書紙を用いて包むのが一番の丁寧な形式と言われていますから、不祝儀袋を用いずにあえて奉書紙を使用してみてはいかがでしょうか。 封筒に包む 丁寧な包み方が奉書紙を用いたものであるというだけであって、封筒を用いてはいけないということはありません。 封筒を用いて包む場合は白い封筒を用意しましょう。 このときに注意したいのが、 郵便用の白封筒を用いないことです。 郵便用ですと表側に郵便番号を書く枠が設定されていることがほとんどです。 これがあれば台無しになってしまいますから、表面が無地の白封筒を準備しましょう。 また封筒にお布施を包む場合は中包みは不要とされる場合があります。 そのまま封筒にお札を入れても良いでしょう。 その場合は封筒の裏側に金額と住所など、中包みに書くべき項目を記載します。 ただ白い封筒の特性として透けやすいことも考えられます。 気になるようでしたら半紙でお札を包むなどしておいたほうが良いでしょう。 百箇日のお布施の渡し方 お布施の準備ができたなら渡し方についても学んでおきましょう。 百箇日法要以外でも使用できますので、覚えておいて損はありません。 お盆にのせて渡す お布施の手渡しは厳禁です。 お盆にのせてお渡しする場合は広蓋(ひろぶた)、もしくは 切手盆(きってぼん)を使用しましょう。 広蓋を用いるのが主流でしたが大げさに見え過ぎることや簡略化の進みもあって、現代では切手盆の使用が主流となりつつあります。 袱紗に包んだお布施を切手盆の上にのせ読経が終了したときに、お礼の言葉と共に差し出すのがマナーとなります。 ちなみにお盆を使用するのは法要を家など出向いて行って頂いた場合になり、お寺に出向いて法要をする場合は袱紗のみで結構です。 この切手盆は冠婚葬祭ごとで活躍するアイテムとなっています。 今後の一周忌、三周忌などの法要に向けて購入しておけば安心ですね。 袱紗に包んで渡す お盆がなく袱紗に包んだ状態のお布施をお渡しする方法の解説をします。 まずお布施の包み方ですが、紫色や暗い色の袱紗を用意し、正方形の状態から45度右へ回します。 ちょうど角が上にきて、ダイヤのような形になりますね。 左側から包む場合は慶事となりますので、今回は右側から包む事を意識しましょう。 お布施の包み方は以上となります。 肝心の渡すときですが、もちろん 袱紗を開いてお渡しします。 そのとき開いた袱紗はお布施と同じくらいの大きさに畳みましょう。 そしてその上にお布施を置き、お礼の言葉と共にお渡しするのがベストな渡し方となります。 僧侶にお布施以外に渡す謝礼金 お布施について総合的に説明してきました。 しかし百箇日法要に必要なお金はこれだけではありません。 他に必要に費用についてここで解説していきます。 お車代 お車代とはお寺で法要をせずに、お坊さんに家や 法要場所まで出向いて頂いた場合にお渡しするものになります。 お坊さんがタクシーで来られた場合でも、自分で運転して来られた場合でも必ずお渡ししましょう。 このお車代の相場ですが、おおよそ3千円~1万円とされています。 しかしお布施と同様に、価格差が地域によってあるものです。 先に挙げた金額はおおよそであると認識し、地域の方などにもたずねておいて損はありません。 お布施とは一緒にお包みせず、お車代として単独でお包みしましょう。 お渡しする際は、一緒にお渡しして問題ありません。 御膳料 御膳料とは法要を行った後、お坊さんが 会食などの食事に参席なされなかった際にお渡しするものになります。 基本的にお坊さんはお忙しいので参席されないことがほとんどですから、まず用意しておいたほうがいいものと言えます。 こちらの相場は5千円~1万円程度で、地域によって差があるようです。 渡し方ですが御車代と同じく個別にお包みし、法要後にお渡しします。 詳細に御膳料について知りたい方は下記リンクを参照にしてみてください。 百箇日法要以外での御膳料の相場についても知ることができますよ。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

百ヶ日(ひゃっかにち)|法要(法事,仏事)に関する基礎知識|霊園・墓地検索サイト『ハナミズキ』

百箇日 法要

百箇日法要とは? 百箇日(ひゃっかにち)法要とは、読んで字のごとく故人が亡くなってから 百日目の法要のことをいいます。 四十九日は比較的大きな法要を行うため、百箇日法要は省略されることも多いのですが、この日は、故人がその家の先祖として祀られる最初の法要であり、とても重要です。 そもそも法要とは何のために行うのでしょうか。 法要は故人を偲ぶための大切な場であり、ふだんあまり集まることの少ない親族が一堂に会して語り合う機会でもあるわけです。 つまり、法要とは故人のためにあるのと同時に、 現世を生きる私たちのためにもあるといえるのです。 百箇日法要は省略されることが多いと聞いたので特に何もしないとお決めにならず、この記事をご覧になられたのなら、百箇日法要を営まることをぜひご検討されてはいかがでしょうか。 百箇日法要の別名 百箇日法要は、別名を 「卒哭忌(そっこくき)」といいます。 難しい漢字ですが、声をあげて激しく嘆き悲しむことを慟哭(どうこく)といいますが、哭とはこの意味を指し、卒は卒業の「そつ」なので、卒哭忌とは、故人が亡くなったことを嘆き悲しむのをこれで終わりにするという意味が込められているわけです。 百箇日法要の準備は? 百箇日法要の規模・招く人の範囲 では百箇日法要はどのように執り行うのでしょうか。 法要の行い方は、四十九日法要と特に変わることはありません。 どれぐらいの規模で行うのか、どれぐらいの人を招くのかによって準備の仕方が決まります。 もっとも小規模な法要としては家族のみで行う場合です。 次に規模を広げると、親戚を招いて行うことになります。 四十九日の法要では親戚まで招いて行う場合が多いでしょうから、規模としては同じ程度になるでしょう。 百箇日法要に知人や友人まで範囲を広げて呼ぶことは少ないでしょう。 法要を行うことを知ってどうしても参列したいという方がいれば別ですが、 四十九日以降の法要は、家族、あるいは親戚の集まりが中心と考えて問題ないでしょう。 百箇日法要を行う場所 自宅あるいは菩提寺で僧侶を呼んで読経してもらい、参列者全員で焼香を行います。 法要としては読経がメインとなります。 家族以外の親戚(あるいは知人)を招いた場合は、法要のあとに会食を行うケースが多いでしょう。 遺族にとっては、四十九日よりも時が経ち、以前によりも落ち着いた気持ちで故人について語りえる機会となるはずです。 会食にレストランなどを使うときは、あらかじめ予約を取っておきましょう。 予約の際は 法要のお斎(とき)で用いることを伝えておくようにします。 百箇日法要は、四十九日以降の法事なので、特に禁じられている料理はありません。 ただし鯛やイセエビなど、慶事で用いられる食材は法事の場にはふさわしくありませんので、避けてもらいましょう。 自宅で法事を行う場合は、家族の手を煩わせないよう、仕出し弁当などを注文するとよいでしょう。 百箇日法要の服装は? 法要の服装の原則は喪服です。 家族だけで法要を営む場合もできるだけ 喪服を着用することをお勧めします。 法要は日常の行事ではありません。 百箇日法要だから、多少ラフな格好でもよいという考えは感心しません。 故人の供養の場であることを心得、できるだけきちんとした格好をすべきだと考えます。 ただし、正喪服とされるモーニングや紋付き袴を用意する必要はありません。 黒の礼服(スーツ)に弔事用の黒いネクタイなど、略式の喪服でいいでしょう。 百日法要に親族として招かれた場合、 略式の喪服を着用します。 参列者が施主よりも上の喪服を着てはマナーに反しますから、正喪服は着るべきではありません。 知人として招かれた場合、やはり略式の喪服か、ダークスーツなどの地味な平服を着用します。 百箇日法要のお返しのマナー 百箇日法要を行う際は、あらかじめ人数分のお返しを用意しておくようにします。 品物としては他の法事と同じく「消えもの」がよいでしょう。 お菓子やお茶、タオルなどが一般的です。 季節によっては、そうめんやうどんなども喜ばれますが、持ち帰る人のことを考えて、あまり重くならない品物を選ぶようにしましょう。 なお、表書きは 「志」や「粗供養」とし、水引は黒白か、黄白の結びきりにします。 まとめ ・百箇日法要は、故人にとっても遺族にとっても大切な法要の一つ。 ・百箇日法要の服装は、基本的に黒を基調とした略式の礼服で臨もう。 ・百箇日法要のお供えや香典のお返しには「消えもの」を用意しょう。

次の

百箇日の意味とは?百箇日とは何か、解説いたします|終活ねっとのお坊さん

百箇日 法要

世間一般では、よほどでないと、100カ日法要はとばさないでしょう。 禅宗や密教系ではきわめて一般的なことであり、7x七日法要・100ヶ日・一周期・三回忌・七回忌・十三回忌・三十三回忌の13をもって13仏という信仰はあたりまえの事です。 まことに失礼な言い方をするならば、「なんまいだ」だけの浄土宗がどうなのか?という辺りだけです。 当時の相当に無知な一般人向けの宗派ですから、その習慣がいかなるものか、その点は私は存じません。 我が家で100ヶ日を飛ばすような法要はいたしません。 近所も変わりありません。 尚、「私は嘘のことを言っている」らしいので、詳しくは詳しい人に聞いてください。 弘法大師を「誇大表現詐欺商法」呼ばわりするような人は、さぞ立派な宗教学を修めていらっしゃるのでしょう。 大師の書かれた経典の中に既に18仏まであるということ、一方で「なんまいだ」だけからスタートした宗派、間違いは一切ないという史実を基に書かせていただいております。 あまり「押し売り宗教談話」もいい加減でいいかと存じます。 浄土宗にても、百か日法要は行われます。 意義につきましては、以下(浄土宗の公式HP)をご覧ください。 お寺が何もいってこられないのは、おそらく押し付けのように思われることを懸念して遠慮されているの でしょう。 最近は、都市部では百か日法要を省略してしまうことが多いのも事実です。 しかし、中陰法要は悲しみを和らげるものですし、またその後の法要については浄土宗ではお念仏を 称える機会でもありますので、年忌法要を行うことは無意味ではなく、むしろ有意義であると思います。 また、中陰(中有)の期間は魂が留まるという考え方は、必ずしも仏教本来の考え方とはいえないと 思います。 これは、輪廻転生を前提とした考え方ですが、そもそも仏教は輪廻から解脱することを目指す教えです。 浄土宗では、輪廻から解脱し、極楽浄土という仏さまの国に往生されたと考えるわけですから、中陰に ついての魂云々という考えは採りません。 ちなみに、「十三仏事」が定着するのは、室町時代頃です。 それまでも、年忌法要自体は存在していました。 例えば、奈良時代には、聖武天皇の一周忌が行われたことが知られています。 それが後の時代にいわゆる「十王信仰」と融合し、「十三仏事」が誕生したのです。 何ゆえ、十三回忌や三十三回忌など中途半端な数になっているのかは、諸説ありはっきりしていません。 なお、浄土宗について相当に無知な一般人向けの宗派であるとお書きになっている方がおられますが、 極めて失礼かと思いますが指摘させていただきますと、これは全くの誤解です。 確かに、浄土宗の宗祖法然上人は、盗賊の耳四郎という人に対しても説法したことが知られていますが、 一方で関白九条兼実も深く法然上人に帰依していたことが知られています。 また徳川家康以来、将軍家の宗旨も浄土宗であったことは、有名です。 法然上人は、貴賎隔てなく平等に教えを説かれたのです。 本当のことを言うと、死んだ人の魂(あるかどうかは死んだことがないから分からんのですが)は、最長49日はこの世に留まっておりますが(この状態を「中有」といいます)、それが過ぎると「転生」するというのが仏教の本来の考え方です。 したがって、100か日以降の法要は無意味です。 鎌倉時代に道教に基づく地獄思想が入ってきて、日本で神仏習合した結果、地獄の十王(閻魔さんが特に有名です)の本地仏である十仏信仰が成立、これが十二仏から十三仏になり、いまじゃさらに増えております。 その分だけ、法事が増えているのが実態です(このあたりの事情は「チベット死者の書」を読めば、本来は49日でお仕舞だということが理解できますよ)。 だだし、今日の日本では、いろいろと先祖供養をするのが習慣化されてますから、通常は100か日の法要はしますね。 我が家は真言宗ですが、省略できるなんて聞いたことがないですよ。 もちろん、「無意味じゃねえか?」などというようなことは知っていてもお坊さんにはいえませんがね、ただ、そのことを大学で仏教学を教えておられる先生(僧侶です)に確かめたことがあって、そのときの返事は「自分でも無意味なことはわかってるんだけれど、先祖代々40数代にわたってやってきた法要をやめられないからねえ、心苦しいのですが・・・」ということでした。

次の