第 5 人格 夢 小説。 【第五人格】During reminiscencE【夢?】

第五人格の検索結果 フォレストページ

第 5 人格 夢 小説

あなたは二重人格です。 意識がない時にもう一人の自分が動き出しています。 周囲の注目を集めるスターになりたい願望があります。 小説でもなんでも、とにかくこの道を極めていきたい人です。 自分の中での目標があるので、他人に評価されたい願望は薄め。 自分の力でなにかをコントロールし、統率することに意欲があります。 自分だけの世界を構築したいと願う人です。 小説でも絵画でも自分を表現し、それを認めさせたい願望があります。 たしかに、酒池肉林を作りたい願望はあるな。 男子なら同意してもらえるはず……! はず…….

次の

第5話 あなたは二重人格

第 5 人格 夢 小説

サブではヴィオレッタ、エマ・ウッズの夢小説にもなります ハンターに二人、サバイバーに一人オリキャラが登場します なお、この3人は義理の兄弟です [newpage] 晩ご飯の時間が終わり、ペレイは自室で液状のお粥を流し込んでいた。 ホープ「喉の火傷も結構よくなってきたみたいだね。 もう、それぐらいのお粥は痛みない?」 「!!」 ペレイはコクコクと頷いていた。 ペレイの喉は昔の火事で火傷を負っており、治るまで時間がかかるためにホープが喋ることを禁止にしていた ホープ「だけど完全に治らない火傷じゃないのが救いでしたよ。 兄さん、これ薬とスムージー」 「!!」 粉状の薬をスムージーに溶かしてゆっくり飲み終わるとホープは壁にかかっている時計を見ていた ホープ「そろそろマリー様がいらっしゃいますよ。 制限時間は40分ですので気をつけて下さいね」 「!!」 時間をセットしてある時計をペレイに渡すとホープは部屋の外に出て、マリーの到着を待っていた マリー「ホープ!!来たわよ!!」 ホープ「お待ちしておりましたマリー様。 兄さん、入ってもらっても大丈夫でしょうか?」 ペレイは大きな丸を作りホープに合図を送っていた。 黄緑色の両眼で優しそうな雰囲気を出している青年?がベットに座っていた ホープ「マリー様、紅茶を入れてきますので」 「あら、ありがと」 紅茶の葉を渡すと手際良く紅茶を入れてくれて温度も丁度良かったのはびっくりですわ ペレイ「………」 「?」 ペレイさんはベットの周りを見渡して何かを探しているようで、すっとホープから一冊のノートとペンが差し出されていた ペレイ「!!」 ペレイはノートに『ありがとう!!』と書いてホープに見せていた。 ホープ「……じゃあ、私は退出しますね。 マリー様、こちらが紅茶のおかわりになります」 「おかわりまでありがと」 パタンと扉が閉まると音がしてペレイさんを見ると恥ずかしそうにノートで顔を隠していましたわ。 ペレイ「『はずかしいのであまり見ないで下さい…』」 「見ないと話せませんわよ?」 ペレイ「『うっ…。 』」 おずおずとノートを下ろしたペレイさんは恥ずかしそうにしていましたけど、何かを書いたと思ったらそれを見せてくれました ペレイ「『ペレイ・アルト。 血の女王マリー様ですよね?ゲームをよく観戦させてもらっています』」 「ご丁寧に礼儀正しいですわね。 マリーって言いますの。 よく観戦者がいらっしゃると思いましたらペレイさんでしたの」 よくゲームをしていると観戦者がいる事が多々ありまして、それがペレイさんだと言うのなら納得ですわ。 ペレイ「『ご覧の通りこの通りですので荘園の主が許可をくださったのです』」 「それで大丈夫になるまでの療養という事ですわね?」 ペレイさんはコクリと小さく頷いていた。 紅茶を一口飲むといい具合の味になっていて、ペレイさんも美味しそうに飲んでくれていた ペレイ「!!」 パッと笑顔になって周りにお花が飛んでいる感じに見えてキュンと来る感じがして私まで嬉しくなったわ 「美味しいようで嬉しいですわ」 ペレイ「『マリー様の持ってきてくれた茶葉が良かったのもありますよ』」 「ふふ、それは褒めすぎよ。 私、ペレイさんの事を初めて聞いた時から話してみたいと思っていたんですの」 ペレイ「『それは嬉しいです。 実を言うと僕も話してみたかったんです』」 ペレイさんはハンターである私達のことをレオ達から聞いていたみたいで、嬉しそうにしていました ペレイ「『容体が安定したら庭とかは散歩してもいいみたいなので一緒にお散歩とかしてみたいんですよね』」 「まぁ!その時はご一緒させていただきますわ!!」 ホープが無表情に近いからペレイさんもそんな感じだと思っていましたが、真逆で表情豊かで今も嬉しそうにノートに文字を書いていた ペレイさんと話してるのは楽しくて気がついたら時間になっていた。 ホープ「兄さん、話の邪魔して悪いけど…」 ペレイ「『もう時間なの?』」 ホープ「はい。 今日の協力狩りで相方でしたので疲れているでしょうからリラックスできる紅茶を入れ、それに合うお菓子を用意して持っていくと興味津々、と言うよりも現在調合中の薬をじっと見ていました 「ヴィオレッタ嬢」 ヴィオ「あっ、ごめんなさい。 気になってしまって」 「触らないでくれれば大丈夫ですよ。 紅茶とお菓子を用意したのでどうぞ」 ヴィオ「あ、ありがとう…」 私の部屋に来る人といえば義弟のガレッジとヴィオレッタ嬢ぐらいですよ、本当に 「私の部屋に来るなんて本当物好きですね」 ヴィオ「わ、私の部屋だと誰か来るんですもの…。 ゆっくりホープと話すなんてホープの部屋でしかできないから…」 「ふふっ、それもそうですね」 ヴィオレッタ嬢は私と話たがってる事が多く度々私の部屋にいらっしゃる事が多いです。 私も嫌な気持ちじゃないんでお招きしてしまいますがこの薬の匂いで充満している部屋に入った後は匂いが付着してバレてしまうのが嫌なんですよね… 「(またジョーカー辺りに揶揄われそうですね…)」 ヴィオ「ホープ?」 「いえ、なんでもないですよ。 明日はblackjackで対戦でしたよね」 ヴィオ「ええ、そうね。 私は祭司とペアだったわ。 ホープは?」 「今回私は囚人さんとでしたね」 サバイバーを模したクッキーを一つ口に入れるとふんわりと優しい苺味がした。 ふふ、弟に教えられたのが身を幸しましたね ヴィオ「これ美味しいわ!」 「それならよかったです。 急がなくても取る人はいないのでゆっくり食べてください」 仮面を外してニコニコと食べるヴィオレッタ嬢を見てると私の心が暖かくなっていました.

次の

Identity V

第 5 人格 夢 小説

しかし、占い師が天眼でハンターを観察し伝えようとしていたが占い師は言葉を詰まらせていた イライ「……」 ルカ「ハンターは誰なんだい?」 占い師は困っていた。 予想では血の女王が来るかと考えていたが今見えているハンターは一度も姿を見たことがないペレイだったからだ イライ「ごめん!見たこともないハンターだ!!」 「「「え!?」」」 今日のゲームに参加していた占い師、囚人、パティシエ、医師は見たこともないハンターを相手に翻弄するかと思われた。 しかし ガレッジ「(見たこともないハンター…?あ、もしかして!!)」 ガレッジははっとして即座にチャットで解読に集中してを打ち、ハンターを見にいっていた イライ「えっ、ガレッジ君!?」 エミリー「なんで自分からハンターに向かって行ってるの!?」 ガレッジはゆっくりと移動しているペレイを見つけるとパッと表情を変えていた ガレッジ「兄さぁぁぁん!!」 ペレイ「……ガレッジ?ああ、そうだったね」 抱きついてきた弟を受け止めたペレイは兄、ペレイがハンターをできるまで回復していた事に嬉しさを隠していなかった ペレイ「ガレッジ、今日の俺は優鬼だからこのマップを案内してくれ」 ガレッジ「了解です!!」 この事を他の3人にも伝え、通電すると二人のもとに3人が集合していた ペレイ「画面越しで見るよりも実際見るのはやっぱり違うんだね…」 ガレッジ「そうだね。 兄さん、そっち海だよ」 ルカ「こっちにもう一つのゲートがあるよ。 ゆっくりでいいから観に行こうか」 イライ「降りますので足元気をつけてくださいね」 ペレイ「ははっ、介護される老人みたいだね」 エミリー「ガレッジから話は聞いてるから貴方の体が強くない事を皆さん知ってるのよ」 イライとガレッジに手を引かれてもう一つのゲートを見にいくとゲートには主かナイチンゲールに許可を貰ったのかホープ、マリー、ヴィオレッタが立っていた ホープ「ああ、良かった。 運よくいましたね」 ペレイ「あれ、なんでいるの?」 ホープ「兄さん視察は協力狩りで行く事になってたのを忘れていましたでしょう。 ガレッジ達もありがとうね」 マリー「体調を崩してないようで安心しましたわ。 ホープなんて焦って薬を間違えるところでしたわよ」 エミリー「いつも冷静沈着のハンターホープが?」 ホープ「マリー様、その事は言わないでください…」 イライ「ふむ、家族のことが大切なんだね!!」 ガレッジ「ホープ兄さんはペレイ兄さん大好きだし。 僕もペレイ兄さんが大好きだからね!」 ガレッジの言葉が止めになったのかホープは手で顔を隠していた。 隠してきれてない耳まで真っ赤なのでバレてるが 十分に観察したペレイは地図の状況を頭の中に叩き込んでいた。 サバイバーと別れた後、ペレイはマリー達と一緒にロビーでお茶を飲んでいた ホープ「恥ずかしい目に遭いました…」 美智子「事実やないんどす?」 ペレイ「俺はホープもガレッジも好きだし、この館全員嫌いじゃないよ」 ホープ「私も兄さん達は好きですよ…って、何言わせるんですか。 」 ペレイ「ごめんごめん」 ホープは注射器片手に怒っていたが器用に点滴を付けていた。 ホープ「栄養剤を入れてるので終わったら部屋で寝てくださいね」 ペレイ「は〜い、ママ」 ホープ「誰がママですか!!!」.

次の