ひなたの告白。 日向坂46、“ひなたの告白”に萌えるファン続出 オードリーも興奮間違いなし?|おたぽる

日向坂46、“ひなたの告白”の“スマートニュース”限定バージョン公開

ひなたの告白

『ひなたのブルー』 前話 12 話のあらすじは・・・ 百合沢が空に片想いしているという疑惑が晴れる。 百合沢は空と夜をカップリングと見立て、妄想して楽しむ腐女子だった。 百合沢の隠していた嗜好をなるが引くこともなく受け入れたことで、百合沢は救われる。 なるも空への気持ちを百合沢に打ち明け、二人は仲良くなる。 一方夜は、なるのお人好しな態度に調子が狂い、心が揺さぶられていた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 なるに思考が占領される夜 とある日、女子から呼び出しを受ける夜。 好きです、罵って下さい、と変わった告白をされるが、それを断る夜。 こういう類いが多いのは普段の自分の言動を思えばまぁわかる、と夜は思っていた。 自分でもそれは自覚している。 だけどなるは違っていた。 夜の優しさに助けられた、と先日なるが言った言葉が頭から離れない夜。 勝手に思考を占拠された気持ちになり、イライラした夜は自分の眼鏡を放り投げ、誤って割ってしまうのだった。 友達が増えたことに嬉しく思うなるだが、一つだけ気になることがあった。 それは百合沢は、空と夜をBLのカップルとして妄想するのが大好きな女子だということ。 なのに、自分は空の事が好きで空の特別になれるように頑張っている。 自分の空への気持ちが、百合沢の気持ちの邪魔になっていないかどうか、ということが気になっていたのだった。 それを百合沢に伝えると、百合沢はこう答えた。 確かにあの二人は自分にとって3次元で今一番熱いカップリングだけどそれはあくまで妄想で現実はまた別の話、だから邪魔とか嫌なんて一切思わない、むしろなるのことを応援したいと思ってる、と。 それを聞き、ほっとするなる。 なるは、百合沢と友達になれて嬉しかったのに自分のせいで不快な思いをさせてしまっていたらどうしよう、と悩んでいたことを正直に打ち明けるのだった。 なるに動揺する夜 生徒会室でなると百合沢が話をしていたところに夜が遅れてやってくる。 空は体育祭のことで実行委員長と打ち合わせがあるため席を外していた。 なるは夜の眼鏡がいつもと違うことに気づく。 それを夜に尋ねると、眼鏡が壊れたから新しいのができるまで昔のものを使うことにした、と答える夜。 なるは、昔の眼鏡もお似合いですね、と笑顔で伝える。 またも動揺する夜。 夜は、不愉快だ!と言い残し、部屋を出て行ってしまった。 自分が何か失礼なことをしてしまったのかもしれない、と焦るなる。 夜の事を冷静に見ていた百合沢は、きっと思春期なんだよ、となるに伝えるのだった。 百合沢に背中を押してもらうなる 再び生徒会室はなると百合沢の二人に。 百合沢はなるに、空の特別になるために頑張ると言っていたが具体的には何をするのかを聞く。 そこには、ボディタッチと上目遣いが効果的との記載が。 なると同じく恋愛経験がない百合沢は、それを鵜呑みにし、納得する。 だがなるは、ボディタッチや上目遣いは自分にはハードルが高い、と悩み始める。 すると百合沢は、そんな風にまごついているのなら自分が空と夜をくっつける、空の特別になりたいのならば、しのごの言わずに頑張らないとね、と話す百合沢。 なるは百合沢に背中を押してもらったのだった。 なるは空を落とす作戦を開始する 空と夜が加わり、生徒会のミーティングが始まる。 体育祭の前日祭は生徒たちで校内かくれんぼをすることに決まる。 生徒会活動が終わった今がチャンス! そう考えたなるは空に近づく。 まずはボディタッチ。 空の名前を呼び、服を端を少しつまむ。 驚く空。 すぐになるは恥ずかしくなり、ほこりが付いていた、と誤魔化す。 そして翌日。 なるは久しぶりに屋上で空と会っていた。 なるは今がチャンスだと考え、今度は上目遣いを意識し、空をじっと見つめる。 すると空から見つめ返されるどころか、近付いてきて頬を触られる。 思わぬ展開にドキドキするなるだったが、空はなるの頬についていたまつげを取ってあげただけ。 自分の勘違いに気づき真っ赤になったなるは、その場から急いで立ち去る。 なるの作戦はことごとく失敗に終わった。 百合沢に報告すると、百合沢は他の作戦を調べてくれていた。 だがその作戦は、髪型を変えたり、服装を変えたりするだけで、何も空には響いていない様子。 響くどころか、空はなるの様子がおかしいことを心配していた。 それを聞いた夜は何かを考える。 そしてなるのところへと向かうのだった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

小坂菜緒さんの魅力でタモさんも「おひさま」に!? 「ひなたの告白」受けニヤリ「マジになっちゃった」|文化・芸能|PICKUPニュース|徳島新聞

ひなたの告白

『ひなたのブルー』 前話 12 話のあらすじは・・・ 百合沢が空に片想いしているという疑惑が晴れる。 百合沢は空と夜をカップリングと見立て、妄想して楽しむ腐女子だった。 百合沢の隠していた嗜好をなるが引くこともなく受け入れたことで、百合沢は救われる。 なるも空への気持ちを百合沢に打ち明け、二人は仲良くなる。 一方夜は、なるのお人好しな態度に調子が狂い、心が揺さぶられていた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 なるに思考が占領される夜 とある日、女子から呼び出しを受ける夜。 好きです、罵って下さい、と変わった告白をされるが、それを断る夜。 こういう類いが多いのは普段の自分の言動を思えばまぁわかる、と夜は思っていた。 自分でもそれは自覚している。 だけどなるは違っていた。 夜の優しさに助けられた、と先日なるが言った言葉が頭から離れない夜。 勝手に思考を占拠された気持ちになり、イライラした夜は自分の眼鏡を放り投げ、誤って割ってしまうのだった。 友達が増えたことに嬉しく思うなるだが、一つだけ気になることがあった。 それは百合沢は、空と夜をBLのカップルとして妄想するのが大好きな女子だということ。 なのに、自分は空の事が好きで空の特別になれるように頑張っている。 自分の空への気持ちが、百合沢の気持ちの邪魔になっていないかどうか、ということが気になっていたのだった。 それを百合沢に伝えると、百合沢はこう答えた。 確かにあの二人は自分にとって3次元で今一番熱いカップリングだけどそれはあくまで妄想で現実はまた別の話、だから邪魔とか嫌なんて一切思わない、むしろなるのことを応援したいと思ってる、と。 それを聞き、ほっとするなる。 なるは、百合沢と友達になれて嬉しかったのに自分のせいで不快な思いをさせてしまっていたらどうしよう、と悩んでいたことを正直に打ち明けるのだった。 なるに動揺する夜 生徒会室でなると百合沢が話をしていたところに夜が遅れてやってくる。 空は体育祭のことで実行委員長と打ち合わせがあるため席を外していた。 なるは夜の眼鏡がいつもと違うことに気づく。 それを夜に尋ねると、眼鏡が壊れたから新しいのができるまで昔のものを使うことにした、と答える夜。 なるは、昔の眼鏡もお似合いですね、と笑顔で伝える。 またも動揺する夜。 夜は、不愉快だ!と言い残し、部屋を出て行ってしまった。 自分が何か失礼なことをしてしまったのかもしれない、と焦るなる。 夜の事を冷静に見ていた百合沢は、きっと思春期なんだよ、となるに伝えるのだった。 百合沢に背中を押してもらうなる 再び生徒会室はなると百合沢の二人に。 百合沢はなるに、空の特別になるために頑張ると言っていたが具体的には何をするのかを聞く。 そこには、ボディタッチと上目遣いが効果的との記載が。 なると同じく恋愛経験がない百合沢は、それを鵜呑みにし、納得する。 だがなるは、ボディタッチや上目遣いは自分にはハードルが高い、と悩み始める。 すると百合沢は、そんな風にまごついているのなら自分が空と夜をくっつける、空の特別になりたいのならば、しのごの言わずに頑張らないとね、と話す百合沢。 なるは百合沢に背中を押してもらったのだった。 なるは空を落とす作戦を開始する 空と夜が加わり、生徒会のミーティングが始まる。 体育祭の前日祭は生徒たちで校内かくれんぼをすることに決まる。 生徒会活動が終わった今がチャンス! そう考えたなるは空に近づく。 まずはボディタッチ。 空の名前を呼び、服を端を少しつまむ。 驚く空。 すぐになるは恥ずかしくなり、ほこりが付いていた、と誤魔化す。 そして翌日。 なるは久しぶりに屋上で空と会っていた。 なるは今がチャンスだと考え、今度は上目遣いを意識し、空をじっと見つめる。 すると空から見つめ返されるどころか、近付いてきて頬を触られる。 思わぬ展開にドキドキするなるだったが、空はなるの頬についていたまつげを取ってあげただけ。 自分の勘違いに気づき真っ赤になったなるは、その場から急いで立ち去る。 なるの作戦はことごとく失敗に終わった。 百合沢に報告すると、百合沢は他の作戦を調べてくれていた。 だがその作戦は、髪型を変えたり、服装を変えたりするだけで、何も空には響いていない様子。 響くどころか、空はなるの様子がおかしいことを心配していた。 それを聞いた夜は何かを考える。 そしてなるのところへと向かうのだった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

日向坂46、“ひなたの告白”の“スマートニュース”限定バージョン公開

ひなたの告白

『ひなたのブルー』 前話 12 話のあらすじは・・・ 百合沢が空に片想いしているという疑惑が晴れる。 百合沢は空と夜をカップリングと見立て、妄想して楽しむ腐女子だった。 百合沢の隠していた嗜好をなるが引くこともなく受け入れたことで、百合沢は救われる。 なるも空への気持ちを百合沢に打ち明け、二人は仲良くなる。 一方夜は、なるのお人好しな態度に調子が狂い、心が揺さぶられていた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 なるに思考が占領される夜 とある日、女子から呼び出しを受ける夜。 好きです、罵って下さい、と変わった告白をされるが、それを断る夜。 こういう類いが多いのは普段の自分の言動を思えばまぁわかる、と夜は思っていた。 自分でもそれは自覚している。 だけどなるは違っていた。 夜の優しさに助けられた、と先日なるが言った言葉が頭から離れない夜。 勝手に思考を占拠された気持ちになり、イライラした夜は自分の眼鏡を放り投げ、誤って割ってしまうのだった。 友達が増えたことに嬉しく思うなるだが、一つだけ気になることがあった。 それは百合沢は、空と夜をBLのカップルとして妄想するのが大好きな女子だということ。 なのに、自分は空の事が好きで空の特別になれるように頑張っている。 自分の空への気持ちが、百合沢の気持ちの邪魔になっていないかどうか、ということが気になっていたのだった。 それを百合沢に伝えると、百合沢はこう答えた。 確かにあの二人は自分にとって3次元で今一番熱いカップリングだけどそれはあくまで妄想で現実はまた別の話、だから邪魔とか嫌なんて一切思わない、むしろなるのことを応援したいと思ってる、と。 それを聞き、ほっとするなる。 なるは、百合沢と友達になれて嬉しかったのに自分のせいで不快な思いをさせてしまっていたらどうしよう、と悩んでいたことを正直に打ち明けるのだった。 なるに動揺する夜 生徒会室でなると百合沢が話をしていたところに夜が遅れてやってくる。 空は体育祭のことで実行委員長と打ち合わせがあるため席を外していた。 なるは夜の眼鏡がいつもと違うことに気づく。 それを夜に尋ねると、眼鏡が壊れたから新しいのができるまで昔のものを使うことにした、と答える夜。 なるは、昔の眼鏡もお似合いですね、と笑顔で伝える。 またも動揺する夜。 夜は、不愉快だ!と言い残し、部屋を出て行ってしまった。 自分が何か失礼なことをしてしまったのかもしれない、と焦るなる。 夜の事を冷静に見ていた百合沢は、きっと思春期なんだよ、となるに伝えるのだった。 百合沢に背中を押してもらうなる 再び生徒会室はなると百合沢の二人に。 百合沢はなるに、空の特別になるために頑張ると言っていたが具体的には何をするのかを聞く。 そこには、ボディタッチと上目遣いが効果的との記載が。 なると同じく恋愛経験がない百合沢は、それを鵜呑みにし、納得する。 だがなるは、ボディタッチや上目遣いは自分にはハードルが高い、と悩み始める。 すると百合沢は、そんな風にまごついているのなら自分が空と夜をくっつける、空の特別になりたいのならば、しのごの言わずに頑張らないとね、と話す百合沢。 なるは百合沢に背中を押してもらったのだった。 なるは空を落とす作戦を開始する 空と夜が加わり、生徒会のミーティングが始まる。 体育祭の前日祭は生徒たちで校内かくれんぼをすることに決まる。 生徒会活動が終わった今がチャンス! そう考えたなるは空に近づく。 まずはボディタッチ。 空の名前を呼び、服を端を少しつまむ。 驚く空。 すぐになるは恥ずかしくなり、ほこりが付いていた、と誤魔化す。 そして翌日。 なるは久しぶりに屋上で空と会っていた。 なるは今がチャンスだと考え、今度は上目遣いを意識し、空をじっと見つめる。 すると空から見つめ返されるどころか、近付いてきて頬を触られる。 思わぬ展開にドキドキするなるだったが、空はなるの頬についていたまつげを取ってあげただけ。 自分の勘違いに気づき真っ赤になったなるは、その場から急いで立ち去る。 なるの作戦はことごとく失敗に終わった。 百合沢に報告すると、百合沢は他の作戦を調べてくれていた。 だがその作戦は、髪型を変えたり、服装を変えたりするだけで、何も空には響いていない様子。 響くどころか、空はなるの様子がおかしいことを心配していた。 それを聞いた夜は何かを考える。 そしてなるのところへと向かうのだった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の