背景 映像。 Zoomの背景を動画にしてみる

【HTML入門】背景画像を繰り返し・固定・全画面表示にする方法

背景 映像

リモートワークは、思ったほどラクじゃない。 なかでも話題になっているのが、ビデオ通話や会議で 画面に映り込んでしまう自分の背景。 プライベートの様子が丸見えになるので、ビデオ会議のたびに周辺を片付けるなど、かなり面倒です。 そこで、 自分の背景を好みの画像に変更したり、なんと! 自分の外見を補正することもできる、ビデオ会議の定番ツール「」の無料版を活用。 定例の編集会議をリモートで試してみたので、基本機能と試用感を紹介します。 2クリックで迷うことなく会議に参加できる手軽さがうれしい ビデオ会議の予約を設定。 「招待のコピー」をクリックして、招待URLを参加者へ送ります。 Screenshot: ライフハッカー編集部 zoomは、ビデオ会議の開催や参加がとても簡単。 主催者がアプリ上で開催日時を設定して 招待URLを発行。 参加者はメールやチャットなどで送られてきた招待URLをクリック。 さらに、画面上に表示された「 zoom. appを開く」をクリックするだけ。 また、招待URLをクリックした後、画面上の「こちら」をクリックして名前を入力する方法でもビデオ会議に参加できます。 無料版は 100人までが同時に参加でき、 3名以上のビデオ会議は1回40分まで、 1対1の場合は時間無制限で利用できます。 40分制限について、編集部員は「時間制限があることで、 効率的に進められる」「報告や相談などは時間を意識するので、 時間短縮につながる」と好意的。 一方で、「多人数の意見を集約するような会議や打ち合わせの場合は 時間が足りない」といった意見も。 ただ、40分で時間が足りない場合は、事前に12時30分〜13時10分、13時10分〜13時50分と2回分の設定をしておけば事足りるので、時間制限が大きなネックになることはありませんでした。 zoomが利用できるデバイスは、パソコンのほか、スマホやタブレットでも可能。 Photo: ライフハッカー編集部 背景を画像や動画に変更。 それとなく自分らしさを演出できるのがおもしろい バーチャル背景機能を使って、各自で設定した背景画像。 今回は自然を背景画像にした人が多かった。 Screenshot: ライフハッカー編集部 さて、冒頭で紹介したとおり、ビデオ会議の最大の悩みとも言えるのが、参加者全員に映し出される自分の顔や表情と背景。 家で過ごすラフな 服装を着替え、生活感を感じさせない場所へ ノートパソコンを移動させ、背景に映り込む範囲の 片付けをしてと、準備に手間がかかります。 でも、zoomの「 バーチャル背景」機能を使うことで、 背景を好みの画像や動画に差し替えることができるので、映り込む背景を逆に楽しむことができ、編集部員各自のキャラが感じられるなど、 ビデオ会議を和ませる役割を果たしてくれました。 変更する場合は、追加した中から1つ選んでクリックします。 Screenshot: ライフハッカー編集部 編集部員からは「 デフォルトで画像が用意されていたらもっと便利」「洋服の色や照明によって 背景がキレイに映らないことがあった」「ビデオ会議の アイスブレイクとして効果的」「それとなく 自分らしさを醸し出すことができるのがいい」などさまざまな意見が。 画像や動画の追加はメールに添付ファイルを追加する感覚で使用でき、背景の映り込みは会議がはじまる前に確認できるので、 時間に余裕があれば事前にチェックしておくのがよいと思いました。 また、バーチャル背景の設定画面で「 グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れ、無地の壁やカーテンを背景にすると、zoomが 背景色を検出してよりクリアに映し出すそうです。 外見の見栄えをよくすることもできるのが便利 左が外見の補正前、右が外見の補正後。 肌のつやと滑らかさに大きな違いが出ました。 Screenshot: ライフハッカー編集部 zoomは背景だけでなく、 映し出される本人の顔など外見を補正してくれる機能もあります。 これは、見た目を ソフトフォーカスで映すことで、 肌の色合いを滑らかにしてくれるもの。 Macの場合は「ビデオフィルタを適用する」、Windowsの場合は「外見を補正する」にチェックを入れて、事前に試してみましょう。 編集会議で試したzoomの基本機能、使い心地はほぼ満足でした Screenshot: ライフハッカー編集部 zoomには、会議や打ち合わせで利用できるさまざまな機能があり、無料版でも試すことができます。 そこで、それぞれの機能と編集部員の試用感をまとめてみました。 【無料版で試用した主な機能】 ・画面共有:デスクトップ全体、ブラウザの画面、特定のアプリで開いた画面、ホワイトボードなどを参加者のモニターで共有できます。 編集会議では、ブラウザ画面やアプリの画面を共有して議論を進行。 音声とチャットツールで意見を交わしました。 試用感については、「難しい操作は不要。 簡単に見せたいものだけ映せるので便利」「同じ資料を見ながら意見を出し合う ブレストで役立つ」「実際に集まり、モニターに映し出して行っている、これまでの会議と同じ感覚だった」などの意見が。 確かに、会議室で行っている編集会議とほぼ同じことがリモートでも利用でき、参加者全員が自分のデバイスから自由に画面を共有できたのは便利に感じました。 ・ホワイトボード:画面共有でホワイトボードを選択すると、白地のボード上で参加者が自由にテキストを書いたり、図を描いたりできます。 編集会議では、ある案件についてのブレストで試してみました。 試用感については、「テキスト入力は問題ないが、 絵を描くのはマウスでは難しい」「formatボタンで参加者が 各自で色を決めてコメントを書いたのでわかりやすかった」「画像や資料の挿入など、もっとグラフィカルな編集ができると使いたくなりそう」「 書いたり描いた内容を後で編集できず、位置の移動は会議の主催者しかできないので不便」などの意見がありました。 音声で意見を交わしながら、 アイデアなどを視覚的にまとめていく目的としての活用はありだと思いますが、参加者の自由度が制限されているので、会議の主催者が意見を集約してホワイトボードに記して整理していくのがよい気がしました。 Screenshot: ライフハッカー編集部 結局、zoomを使ってみて、どうだった? 最後に、を使ってみた感想をまとめてみました。 「ハウリングもなく 音質がクリアで、リモートでも問題なく会議ができました」 「ビデオ会議の使い勝手は、 リテラシーがそれほど高くなくてもやりたいことがある程度できるので便利。 ただ、細かな設定変更がどこにあるのか階層がわかりづらいことや、ホワイトボード機能については、ほかのサービスと比べてあと一歩な気がします」 「ネット環境さえよければ、不具合はまったく感じません。 カフェやコワーキングスペースなど声を出しづらい環境だと、ヘッドセットをしても難しい気がするので場所の確保が課題。 ビデオ会議は、 対面より素の感じや生活感が垣間見えておもしろかった」 「話している人の顔を見ながら聞くので、 内容が頭に入りやすい気がします。 背景の設定は雑談のネタにもなり、事前に映り込みを確認しておけば、外部とのミーティング時などでも有効な気がします」 ということで、zoomの試用では、実体験からさまざまな意見が出ました。 皆さんのリモートワークやビデオ会議の参考になれば幸いです。 (2020年4月7日) あわせて読みたい.

次の

AIでwebカメラの背景を変更「XSplit」|ソースネクスト

背景 映像

センサーはCMOSやToFなど数種類を合計33個配置。 AIや通信、クラウド技術も活用した車載ソフトウェアの制御により、様々な角度で快適な運転や安全をサポート。 各機能は継続的にアップデートされる。 安全や快適さだけでなく、映像や音楽などエンターテインメント性も重視しているのも特徴。 没入感のある立体的な音響を実現するソニーの360 Reality Audio 360RA を車載向けに最適化して搭載。 各スピーカーにエンクロージャーを設け、音響をコントロールしながら車外への音漏れも防ぐといった細かいこだわりも、オーディオを手掛けるソニーならではの特徴だ。 3D空間キャプチャによるバーチャル制作技術のデモ。 背景映像は、ソニー・ピクチャーズのスタジオにあるセットを高解像度な3次元データとして取り込んだもので、カメラが移動するとセンサーで感知して背景映像もリアルタイムに変化。 平面的なカキワリのような絵ではなく、適切な視点と奥行きを持った背景映像を撮影可能な点が特徴。 スタジオを模したコーナーで、実際にカメラが移動すると、それに合わせて背景の建物の見え方も変化。 ここでは、歩道の縁石よりも奥側がCrystal LEDの映像で、風に吹かれる落ち葉はCGで合成されたものだが、カメラで撮影された映像をモニターで観ると、後ろに実際の建物があるかのように自然な立体感を表現。 担当者が「IMAXのような大画面でも気づかないはず」と自信を見せる通り、とても背景が平面ディスプレイの映像だとはわからなかった。 様々な背景のデータを保存しておくことで、セットの実物が無い場所でもその背景を使って撮影が可能。 また、グリーンバックを使う場合とは異なり、照明の反射などを気にせずに撮影しやすいのもメリットだという。 背景にディスプレイ映像を使う技術は以前からあったとのことだが、Crystal LEDのリアルな映像表現によって、さらに自然な合成が可能になったという。 映画などの制作において、今後強力な武器になりそうな技術だと感じた。 「視線認識型ライトフィールドディスプレイ」のデモ映像 ライトフィールドディスプレイの技術は以前からあるものだが、多くの視点の映像を作ろうとするほど、1視点分の映像は解像度が落ちるという課題があった。 ソニーの高速ビジョンセンサーや、顔認識アルゴリズムを活かして、従来にはない超高精細な立体空間表現を可能にしたという。 この技術により、VRやARのコンテンツ、プロダクトデザインなど様々なクリエイターに汎用性の高い立体コンテンツ制作環境を提供することを目指す。

次の

【レビュー】WEBカメラ「Logicool C922」グリーンバック無しで背景を透過できるのはスゴイ

背景 映像

リモートワークは、思ったほどラクじゃない。 なかでも話題になっているのが、ビデオ通話や会議で 画面に映り込んでしまう自分の背景。 プライベートの様子が丸見えになるので、ビデオ会議のたびに周辺を片付けるなど、かなり面倒です。 そこで、 自分の背景を好みの画像に変更したり、なんと! 自分の外見を補正することもできる、ビデオ会議の定番ツール「」の無料版を活用。 定例の編集会議をリモートで試してみたので、基本機能と試用感を紹介します。 2クリックで迷うことなく会議に参加できる手軽さがうれしい ビデオ会議の予約を設定。 「招待のコピー」をクリックして、招待URLを参加者へ送ります。 Screenshot: ライフハッカー編集部 zoomは、ビデオ会議の開催や参加がとても簡単。 主催者がアプリ上で開催日時を設定して 招待URLを発行。 参加者はメールやチャットなどで送られてきた招待URLをクリック。 さらに、画面上に表示された「 zoom. appを開く」をクリックするだけ。 また、招待URLをクリックした後、画面上の「こちら」をクリックして名前を入力する方法でもビデオ会議に参加できます。 無料版は 100人までが同時に参加でき、 3名以上のビデオ会議は1回40分まで、 1対1の場合は時間無制限で利用できます。 40分制限について、編集部員は「時間制限があることで、 効率的に進められる」「報告や相談などは時間を意識するので、 時間短縮につながる」と好意的。 一方で、「多人数の意見を集約するような会議や打ち合わせの場合は 時間が足りない」といった意見も。 ただ、40分で時間が足りない場合は、事前に12時30分〜13時10分、13時10分〜13時50分と2回分の設定をしておけば事足りるので、時間制限が大きなネックになることはありませんでした。 zoomが利用できるデバイスは、パソコンのほか、スマホやタブレットでも可能。 Photo: ライフハッカー編集部 背景を画像や動画に変更。 それとなく自分らしさを演出できるのがおもしろい バーチャル背景機能を使って、各自で設定した背景画像。 今回は自然を背景画像にした人が多かった。 Screenshot: ライフハッカー編集部 さて、冒頭で紹介したとおり、ビデオ会議の最大の悩みとも言えるのが、参加者全員に映し出される自分の顔や表情と背景。 家で過ごすラフな 服装を着替え、生活感を感じさせない場所へ ノートパソコンを移動させ、背景に映り込む範囲の 片付けをしてと、準備に手間がかかります。 でも、zoomの「 バーチャル背景」機能を使うことで、 背景を好みの画像や動画に差し替えることができるので、映り込む背景を逆に楽しむことができ、編集部員各自のキャラが感じられるなど、 ビデオ会議を和ませる役割を果たしてくれました。 変更する場合は、追加した中から1つ選んでクリックします。 Screenshot: ライフハッカー編集部 編集部員からは「 デフォルトで画像が用意されていたらもっと便利」「洋服の色や照明によって 背景がキレイに映らないことがあった」「ビデオ会議の アイスブレイクとして効果的」「それとなく 自分らしさを醸し出すことができるのがいい」などさまざまな意見が。 画像や動画の追加はメールに添付ファイルを追加する感覚で使用でき、背景の映り込みは会議がはじまる前に確認できるので、 時間に余裕があれば事前にチェックしておくのがよいと思いました。 また、バーチャル背景の設定画面で「 グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れ、無地の壁やカーテンを背景にすると、zoomが 背景色を検出してよりクリアに映し出すそうです。 外見の見栄えをよくすることもできるのが便利 左が外見の補正前、右が外見の補正後。 肌のつやと滑らかさに大きな違いが出ました。 Screenshot: ライフハッカー編集部 zoomは背景だけでなく、 映し出される本人の顔など外見を補正してくれる機能もあります。 これは、見た目を ソフトフォーカスで映すことで、 肌の色合いを滑らかにしてくれるもの。 Macの場合は「ビデオフィルタを適用する」、Windowsの場合は「外見を補正する」にチェックを入れて、事前に試してみましょう。 編集会議で試したzoomの基本機能、使い心地はほぼ満足でした Screenshot: ライフハッカー編集部 zoomには、会議や打ち合わせで利用できるさまざまな機能があり、無料版でも試すことができます。 そこで、それぞれの機能と編集部員の試用感をまとめてみました。 【無料版で試用した主な機能】 ・画面共有:デスクトップ全体、ブラウザの画面、特定のアプリで開いた画面、ホワイトボードなどを参加者のモニターで共有できます。 編集会議では、ブラウザ画面やアプリの画面を共有して議論を進行。 音声とチャットツールで意見を交わしました。 試用感については、「難しい操作は不要。 簡単に見せたいものだけ映せるので便利」「同じ資料を見ながら意見を出し合う ブレストで役立つ」「実際に集まり、モニターに映し出して行っている、これまでの会議と同じ感覚だった」などの意見が。 確かに、会議室で行っている編集会議とほぼ同じことがリモートでも利用でき、参加者全員が自分のデバイスから自由に画面を共有できたのは便利に感じました。 ・ホワイトボード:画面共有でホワイトボードを選択すると、白地のボード上で参加者が自由にテキストを書いたり、図を描いたりできます。 編集会議では、ある案件についてのブレストで試してみました。 試用感については、「テキスト入力は問題ないが、 絵を描くのはマウスでは難しい」「formatボタンで参加者が 各自で色を決めてコメントを書いたのでわかりやすかった」「画像や資料の挿入など、もっとグラフィカルな編集ができると使いたくなりそう」「 書いたり描いた内容を後で編集できず、位置の移動は会議の主催者しかできないので不便」などの意見がありました。 音声で意見を交わしながら、 アイデアなどを視覚的にまとめていく目的としての活用はありだと思いますが、参加者の自由度が制限されているので、会議の主催者が意見を集約してホワイトボードに記して整理していくのがよい気がしました。 Screenshot: ライフハッカー編集部 結局、zoomを使ってみて、どうだった? 最後に、を使ってみた感想をまとめてみました。 「ハウリングもなく 音質がクリアで、リモートでも問題なく会議ができました」 「ビデオ会議の使い勝手は、 リテラシーがそれほど高くなくてもやりたいことがある程度できるので便利。 ただ、細かな設定変更がどこにあるのか階層がわかりづらいことや、ホワイトボード機能については、ほかのサービスと比べてあと一歩な気がします」 「ネット環境さえよければ、不具合はまったく感じません。 カフェやコワーキングスペースなど声を出しづらい環境だと、ヘッドセットをしても難しい気がするので場所の確保が課題。 ビデオ会議は、 対面より素の感じや生活感が垣間見えておもしろかった」 「話している人の顔を見ながら聞くので、 内容が頭に入りやすい気がします。 背景の設定は雑談のネタにもなり、事前に映り込みを確認しておけば、外部とのミーティング時などでも有効な気がします」 ということで、zoomの試用では、実体験からさまざまな意見が出ました。 皆さんのリモートワークやビデオ会議の参考になれば幸いです。 (2020年4月7日) あわせて読みたい.

次の