チョコレートスコーン 作り方。 スコーンのレシピ・作り方:イギリス式のティータイムをおうちで!

スコーンのレシピ・作り方:イギリス式のティータイムをおうちで!

チョコレートスコーン 作り方

この記事のもくじ• スタバ風チョコレートチャンクスコーンの材料• 強力粉 100g• 薄力粉 100g• ブラウンシュガー 40g• 塩 ひとつまみ• ベーキングパウダー 10g• 無塩バター 60g• 牛乳 100g• チョコレート 80g バターと牛乳は冷えたものを使います。 また、今回ブラウンシュガーを使ってますが、グラニュー糖と比べて、結構仕上がりの味が変わるので、できたらブラウンシュガーを用意してみて下さい。 普通にスーパーで買えると思います。 スタバ風チョコレートチャンクスコーンの作り方 チョコレートチャンクスコーンをつくる手順は、ざっくりこんな感じです。 生地づくり(20分)• 冷蔵庫で生地を休ませる(60分)• 成型(10分)• 焼成(20分) 作り始めてから、焼きあがるまで大体2時間弱。 作業自体は30分程度になります。 特に難しい工程はありませんが、冷やしたバターを、切るようにして粉類と混ぜていくことと、なるべく捏ねずに生地を圧し固めていくのが、サックリしたスコーンを作るポイントです。 動画で観る 画像とテキストで見る 1、冷えたバターを1cm角に切って、使うまで冷蔵庫で冷やしておきます。 2、ボールに、強力粉、薄力粉、ベーキングパウダーを振るい入れます。 3、そこにブラウンシュガーと塩、冷やしておいたバターを加えます。 4、スケッパーでバターを切るようにしながら、粉類と混ぜ合わせていきます。 5、バターが米粒大になったら、手のひらで擦り合わせるように、馴染ませていきます。 手の熱でバターを溶かさないように、多少バターの粒が残っている状態で大丈夫です。 6、冷えている牛乳を加えます。 7、スケッパーやゴムベラで、捏ねないようにさっくり混ぜます。 8、多少粉っぽさが残っている状態で、台に出してまとめていきます。 9、捏ねずに、圧すようにしながら固めていきます。 10、ひとまとまりになったら、チョコレートを加えます。 11、チョコレートをまとめながら、生地を広げて折りたたみ、90度回転させます。 12、広げて、折りたたみ、回転させるのを3回繰り返します。 13、最後に丸い形に圧し固めます。 14、ラップで包んで、冷蔵庫で60分休ませます。 15、打ち粉をして、生地を伸ばしていきます。 16、2cm厚の円形にします。 17、包丁で6等分します。 このとき、切り口に触らないように注意。 18、断面をつぶさないように、優しく天板に乗せていきます。 20、クーラーの上で荒熱を取ったら完成です。 実食 焼いた当日は、ザックリした食感で、小麦の香ばしさとバターの風味を強く感じられます。 それがゴロゴロ入ったチョコレートと混ざりあって、リッチな味わいを楽しめます。 翌日になるとほどよくサックリ、中はパサつくことなく、しっとりと落ち着いた味わいになって、かなりスタバのチョコレートチャンクスコーンに近い味になってるかなと思います。 焼いた当日と翌日で、違った味わいを楽しめるので、一気に食べないように気を付けてくださいー.

次の

オレンジチョコレートスコーン 作り方・レシピ

チョコレートスコーン 作り方

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の

フードプロセッサーでチョコレートチャンクスコーンの作り方【レシピ】|甘色の研究

チョコレートスコーン 作り方

この記事のもくじ• スタバ風チョコレートチャンクスコーンの材料• 強力粉 100g• 薄力粉 100g• ブラウンシュガー 40g• 塩 ひとつまみ• ベーキングパウダー 10g• 無塩バター 60g• 牛乳 100g• チョコレート 80g バターと牛乳は冷えたものを使います。 また、今回ブラウンシュガーを使ってますが、グラニュー糖と比べて、結構仕上がりの味が変わるので、できたらブラウンシュガーを用意してみて下さい。 普通にスーパーで買えると思います。 スタバ風チョコレートチャンクスコーンの作り方 チョコレートチャンクスコーンをつくる手順は、ざっくりこんな感じです。 生地づくり(20分)• 冷蔵庫で生地を休ませる(60分)• 成型(10分)• 焼成(20分) 作り始めてから、焼きあがるまで大体2時間弱。 作業自体は30分程度になります。 特に難しい工程はありませんが、冷やしたバターを、切るようにして粉類と混ぜていくことと、なるべく捏ねずに生地を圧し固めていくのが、サックリしたスコーンを作るポイントです。 動画で観る 画像とテキストで見る 1、冷えたバターを1cm角に切って、使うまで冷蔵庫で冷やしておきます。 2、ボールに、強力粉、薄力粉、ベーキングパウダーを振るい入れます。 3、そこにブラウンシュガーと塩、冷やしておいたバターを加えます。 4、スケッパーでバターを切るようにしながら、粉類と混ぜ合わせていきます。 5、バターが米粒大になったら、手のひらで擦り合わせるように、馴染ませていきます。 手の熱でバターを溶かさないように、多少バターの粒が残っている状態で大丈夫です。 6、冷えている牛乳を加えます。 7、スケッパーやゴムベラで、捏ねないようにさっくり混ぜます。 8、多少粉っぽさが残っている状態で、台に出してまとめていきます。 9、捏ねずに、圧すようにしながら固めていきます。 10、ひとまとまりになったら、チョコレートを加えます。 11、チョコレートをまとめながら、生地を広げて折りたたみ、90度回転させます。 12、広げて、折りたたみ、回転させるのを3回繰り返します。 13、最後に丸い形に圧し固めます。 14、ラップで包んで、冷蔵庫で60分休ませます。 15、打ち粉をして、生地を伸ばしていきます。 16、2cm厚の円形にします。 17、包丁で6等分します。 このとき、切り口に触らないように注意。 18、断面をつぶさないように、優しく天板に乗せていきます。 20、クーラーの上で荒熱を取ったら完成です。 実食 焼いた当日は、ザックリした食感で、小麦の香ばしさとバターの風味を強く感じられます。 それがゴロゴロ入ったチョコレートと混ざりあって、リッチな味わいを楽しめます。 翌日になるとほどよくサックリ、中はパサつくことなく、しっとりと落ち着いた味わいになって、かなりスタバのチョコレートチャンクスコーンに近い味になってるかなと思います。 焼いた当日と翌日で、違った味わいを楽しめるので、一気に食べないように気を付けてくださいー.

次の